FC2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

TOEICで後悔していること<その2>
TOEIC初受験の準備中にテストの内容が大幅に変わってしまうというアクシデントに見舞われてしまった。そんな大改定なら事前にアナウンスはあった筈で、知らない奴が悪いわけなんだが、なにせ当時は周りにTOEICをやっている知り合いなど一人もいなかったわけで、それも仕方ないことであった。

いつまでもブツブツ言っていても仕方ないので、一旦はやると決めたことだし、テストの内容が変わったくらいで逃げるわけにもいかないから、そのまま受験することにした。最初は700点を一発で獲って止める予定だったけど、長期戦を覚悟して、目標を何と無謀にも900点に定めた。

そして英語学習再開から1年半後、学習時間が累計1,000時間を超えた時、初受験を迎えた。名古屋市内の大学で2時間の戦いを終え、何とか700点はいったんじゃないかなと勝手に思った。が、しかし、スコアはL245 R305 のトータル550点だった・・・。

愕然とした。あれだけ勉強したのに700点どころか600点にも届かないなんて・・・。テスト問題の持ち帰りができないことも受験当日に知ったので結果が返ってくるまでは目標を達成したと信じていた。スコアシートが届くのを楽しみにしていたくらいで・・・。トホホホ。

結果、惨敗で、それから、確か13回くらい600点台のスコアを獲ってようやく700点に到達した。しかし700点に到達しても次のテストではちゃんと600点台に落ちた。実によくできたテストである。感心している場合ではない!

もうあれもこれもやるのは無理だ。リスニングが絶望的にできなかったので、当面、リーディングの勉強は封印してリスニングばかりの毎日。それでも光は全く見えてこない。Part3とPart4は相変わらず何を言ってるのか全然聴きとれないので、もう諦めてPart1とPart2だけやることにした。

でもバカの一つ覚えも捨てたもんじゃない。Part1とPart2はほぼ正解できるようになったんだよね。そこでPart3とPart4は各セットの1問目だけは正解できるように特訓した。つまり木問題は捨てて森問題に絞ったわけね。

そうすると、Part1の10問、Part2の30問、Part3&4の森問題の20問、これらの合計60問のうち55問くらい正解できるようになった。残りの40問は全部塗り絵でも、四択なんだから確率1/4で10問は当たる筈だ。となると65問は正解が見込める。いくら何でも少しは分かる問題もあるだろうから70問くらいで正解できるんじゃない?

本当にそうなった。

この辺りからリーディングの勉強も再開。Part6とかPart7は長すぎて無理!Part5に絞って、当時40問あったPart5を30問正解できるようになるまで頑張ろうということにした。で、しばらくPart5だけやっていたら、本当に30問正解できるようになった。

そろそろPart6とPart7の短いセットだけならいいかなと思い、読んでみたら、あれ?あれれ?おかしいな・・・。割と読めるぞ。なんでだろう?何となく知らない単語も減ってきたような・・・。試しにPart6とPart7だけ公式問題集を1セット解いてみたら半分以上できちゃった。

その証拠に、直後の公開テストでは確か、765点を獲った。キャリアハイだ。それで、自分が正解できる問題と手に負えない問題を徹夜で仕分けしたんだよね。そうしたら、900点まで伸ばすにはあと25問くらい正解数を増やせばいいことが分かり、どのPartのどの問題を解けるようになればいいのかも分かった。

日曜日の朝から飯を食うのも忘れてこの作業をやっていて、月曜日の空が白んできた頃、ああ、もう会社に行かなきゃ!と思ってベランダに出たら、真っ白の月が見えたんだよね。ウサギが餅をついている姿まではっきり見えて。で、思ったんだ。

なんだ、

900点は獲れるな。

別に夢でも何でもねーや。

もうすぐ獲れるじゃんって。

この恐ろしい思い込み、というか、勘違いは900点を突破するまで揺らぐことはなかった。バカじゃねーの?何という単純な性格なんだろう。引き算と割り算だけで900点なんか楽勝だと思い込んでしまった。で、それから1年半くらいかかったけど、ホントに獲っちゃった。910点だった。

まぐれかな?とも思ったけど、翌月の公開テストでは925点に上がったので、やっぱり、まぐれではなかった。まぐれで2回連続はないだろうから。どうやら、この独学のテキトーな勉強法でついに900点の実力を身につけてしまったらしい。喜んでいいものかどうか悩んだけど、かつて自分が描いていた900点ホルダーの姿とはだいぶ違っていたので、目標を上方修正することに決めた。

こうなったらあそこまで行くしかねーだろ。もう後へは引けねーぞ。←そんなことないけど・・・。

そうさ、狙うは、

990点の高みだ!←なんでそこまで飛躍するんだ?

オレならきっと獲るに違いない!←なんなんだ?その根拠のない自信は?

ああ、やっぱり<その2>では終わりませんでしたねえ。明日、この続きの<その3>を書くことにして、今宵はここまでとさせていただきますわ。ホホホ。ホホホホ。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



スポンサーサイト



未分類 | 23:23:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
TOEICで後悔していること<その1>
TOEIC初受験は2007年3月だったけど、TOEICを意識して英語の勉強を開始したのは2005年10月だった。大学の卒業を最後に英語からは全く離れていたので、いきなり受験しても300点すら獲れないだろうと思い、勉強開始から1年半後の2007年3月に照準を定めた。

毎日最低1時間、毎月最低45時間を学習ノルマとして、使い終えたカレンダーの裏側に手書きの表を作って、毎日、学習時間を書き込んでいった。ノルマ表はキッチンの冷蔵庫のど真ん中に貼っていたのを覚えている。そこなら否が応でも毎日見るだろうと思ったからだ。

仕事で疲れて帰ってきた夜、冷蔵庫の缶ビールに手を伸ばそうとすると、学習時間ゼロのノルマ表が目に入る。缶ビールを冷蔵庫の奥のほうに戻し、近所のコメダ珈琲店に向かい、最低ノルマの1時間をそこでこなした。

TOEIC未受験・想定スコア300点の頃の話だ。

想定外のことも起こった。1年半の準備期間の間にTOEICテストに大改定が行われてしまったのだ。確か、記憶では2006年5月のテストからTOEICテストは完全に生まれ変わった。そうでなくとも十分難しいテストだったのに、その難しさは桁が変わった。

もたもたしているうちに大変なことになってしまった。新形式になったテストに対応した公式問題集なるものを名古屋のラクダ書店で立ち読みして、僕は雷に打たれたようなショックを受け、公式問題集を平置きされていた元の場所に戻すと、失意のもとに自宅に程近い行きつけの居酒屋に向かい、苦い酒をあおった。

しかし、よく考えたら酒に逃げている場合ではなかった。もう一度、書店に戻り、公式問題集なるものを1冊手に取ると、迷いなくレジに進んだ。会計を済ませると、居酒屋ではなく、コメダ珈琲店に向かったのは言うまでもない。アイスコーヒーをブラックで飲みつつページを開き、どんなテストに変わるのか、確認し終えて思った。正直な話・・・・・・、

こりゃあ無理だわ・・・・・・。

奈落の底に突き落とされた僕は、かと言って、英検4級から始めようかな?とは思わなかった。せっかくTOEICの勉強を始めたのに半年も経たないうちに勝手にくそ難しいテストに変えやがってえ~!ふざけんなっ!テメエ、絶対ぶっ飛ばしてやるからなあ~!待ってろよおおおお~!

ひとりのおっさんの心に火がついた瞬間だった。

軽く書こうと思ってけど、なんだかこの話は長くなりそうな気配なので、一旦、ここで切ります。<その2>に続きますよお~。待っててくださいね。次稿は核心に迫ります。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 14:44:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
謎のTOEIC重役会議
8月21日の某所。7人の侍が集まる。てゆーか、50代と60代のおっさん限定で模試を解くだけですけどね。みんな、職場接種とか何らかの形でコロナワクチン打ってます。おっさんなので。みんな、何らかの持病もってます。おっさんなので。

細々と続けている先日模試会であります。何故、重役会議かというと、その部屋です。よくあるでしょ?高層ビルの最上階に楕円形の樫の木のテーブルがあって、20人くらい重役が座ってる感じの?ああいう部屋なんです。だから重役会議。

そんな広い部屋に思いっきりソーシャルディスタンスをとって各自が座り、円卓の真ん中にBluetoothのスピーカーが置かれるのです。考えるだけでもワクワクしますね。対面のおっさんが眉間にしわを寄せて難問に苦しんでいる光景が目に浮かぶようです。誰だ、それ???

塗り絵御法度、TOEIC重役会議!

次のTOEIC L&R公開テストまで1カ月を切りましたぞ。準備は宜しいか?夏真っ盛りの8月の公開テストは初めてですよね?かつて某所でIPテストは受けたことがあるけど、公開は初です。楽しみですねえ。どんな問題と出逢えるのか?うふふ・・・。

重役会議では韓国の既出問題2のTest6を使います。皆様も自宅とか、別荘とかで(そんなもん、ねーわ)、公開テスト前日に2時間ぶっ通しの前日模試に取り組んでみてはいかがですか?非日常を日常に変える効果が期待できますよ。公開テストの2時間を当たり前の2時間に変えた人が本番で勝ちます。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 06:36:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
要約してみる
Part6やPart7のようなやや長い文書になると、どうも途中で意味が分からなくなるという人がいます。英文は読めているけど、内容が順序良く整理された状態で頭の中に入ってこない。

そういう方には、パラグラフ毎の、つまり段落毎の意味、作者が「言いたいこと」をできるだけ短い言葉で要約してみることをお勧めします。勿論、要約は日本語で構いません。以下のような感じかな。

1段落目:面接のお礼
2段落目:不採用通知
3段落目:別の企業の職を斡旋
4段落目:返信メール待つ

1段落目は、先週、弊社の本社までアシスタントプランナーの応募面接に来てくれて有難ねーです。2段落目は、でもね、残念なお知らせがあります。今回は他の候補者を採用することになっちゃったのよお。ホント、ごめんなさい。

3段落目は、でもね、アナタの経歴にはすっごく感銘を受けたの。素晴らしい~って。だから、アナタのプロフはずっと保存しておくわ。あ、それと、うちの会社の同業なんだけど、今のアナタの経歴にピッタリの職が空いてるんだけど、興味ない?ホントにあなたにピッタリ、申し分ない職なの。

4段落目は、もし興味があったらもっと詳しいことお伝えするから、以下の宛先にメールちょうだいね。We are looking forward to hearing from you soon. じゃあ、またね~!です。

要約できれば意味は分かっていると思って間違いないでしょう。逆に要約できないなら分かってないってことかもしれません。これは個人差があるから、分かってないって言いきれないけど、大抵そうです。

やってみてください。短い言葉で要約です!

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 21:34:53 | トラックバック(0) | コメント(1)
夢の舞台へGo~!
いよいよ東京オリンピック開幕です!コロナ禍でのオリンピック開催につきましては、相変わらず様々な意見が飛び交っておりますが、参加する選手達に罪はありません。彼らは日頃、一生懸命研鑽している努力の結果を見せるだけです。

だから応援しましょう!理不尽な刃を無垢な選手達に向けてはなりませぬ。無観客でも自らを鼓舞しながら頑張る選手達の姿の何と凛々しいことか。テレビ画面を通して涙が出てきそうです。あ、先週、最新型のテレビ買いました。オリンピック用にえはなく、単に前のが壊れたからだけど。

とにかく、選手達と一緒に夢の舞台へGo~!

次のオリンピックが日本で開催されるとしたら50年後らいでしょう。その頃はコロナなんて容易に防げる病気になっているかもしれないけど、僕らの大半は生きていません。だから、生存中、最後の自国で行われる夢の祭典です。

議論は一旦、横に置きまして、応援しましょう。日本の選手達を!いえいえ、全ての国のアスリート達を!選手達を後ろから側面から支えている裏方さん達を!みんな、素晴らしい~!頑張れ~!

僕が最初に観戦するのは、おそらくソフトボールになるでしょう。公平感のある同一リーグ総当たり戦です。日本チーム、期待できそうですよ。楽しみにしています。

頑張れ、ニッッポン!頑張れ、世界中のアスリート達!

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:33:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ