fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第348回TOEIC L&R公開テスト感想
先週に続いて東京経済大学の国分寺キャンパスで受験してきました。地下の教室で先週とは違う教室だったのですが、席の位置は同じでした。周りを見渡すと、僕が座ったブロックは何だかオッサン率が高く、そういう配置だったのかなと思います。笑。

いやあ、テストそのものよりも花粉との凄まじい闘いの日でしたね。マスク&ゴーグルにピラノア錠を服用し、万全の態勢で臨みましたがやられました。目の痒みとくしゃみ・鼻水・鼻づまりは如何ともし難く、苦しい一日でした。でも不思議とテスト中の2時間1分だけは症状が比較的収まってくれていたのは幸いでした。

さて肝心の感想ですが、僕はPart1の最初の写真が2人のうち一人が絵を描いている写真のフォームで、テストの終了時間が12:21のフォームでした。2枚目は男性が2人、仲良さげに木のベンチに座っている写真でした。難しいフォームでしたよね。

Part1:普通(人がいない写真とエレベーターの写真が難しかったかも)
Part2:やや難(No.7からいきなり難しかった。No.7だけが速かったんですよね)
Part3:やや難(1問だけ自信なし。修理屋さんかインスペクターかどっちか悩みました)
Part4:難(3問クエスチョンマークがつきました。いずれも2択になり、結局勘で塗りました)
Part5:やや難(ちょっと傾向が変わった。動詞の語彙問題と副詞のコロケーション問題で悩んだ)
Part6:普通(ここは普通からやや難でしょう。文挿入問題は4つとも慎重に見直しました)
Part7:やや難(MPで1問だけ正解根拠が見つからず消去法で選んだ)

リスニングはPart3とPart4が難しくて、これは1週間前の傾向と同じかな。3ミスまでが満点とするならば、Part1とPart2で全問正解しておかないと満点が厳しくなりますよね。状況がふんわりしていて、はっきり掴めないセットが3つくらい出てくるのが特徴で、3人スピーカーや意図問題が入った長いセットのほうが解きやすかったと思います。僕はPart2で1問、Part3で1問、Part4で3問自信ありません。

リーディングに入って腕時計を見たら11:05:30秒でした。30秒もうけましたね。笑。Part5が3問悩みましたね。動詞の語彙問題「~に気づく」の意味の動詞を選べましたか?この動詞は拙著「990点到達への近道」で取り上げています。気づいた人いたかな?prefer の品詞問題も複合名詞を完成させるか、素直に過去分詞を選ぶかで悩んだ人いるのではないでしょうか?一応、このPartは全問正解したと思います。

Part6は文挿入が難しかったかもしれません。かも、というのは、この辺りからくしゃみをこらえるのに苦労して読解スピードが上がっていかなかったからです。調子が乗らなくて、問題が難しかったのか、単に体調が悪かったのか分かりません。泣。一応、200番まで塗り終えて9分くらい余っていたので、その時間で文挿入の解答を二重チェックしました。

Part7はいつもと異なる順番で解答しました。この辺りから鼻の具合がすごく良くなったので、再び花粉症の症状が出る前に長い文書のMPからやっつけておこうと思ったのです。DPの176番からTPの200番まで順番に解きました。1問だけTPのクロスリファレンス問題の正解根拠が探せず、消去法に頼ったのが不本意でした。ヘアーサロンのやつです。

Part7を終えたところで腕時計をチェックしたら35分くらい残っていたのでSPはゆっくり解きました。でも体感としては僕はMPよりもSPのほうが難しく感じました。結構、読む分量も多くて、最後の article 問題も文字量が多かったですね。僕はこの4問付きのセットを残して12分くらいあったので落ち着いて解きました。文字数に割には読みやすく内容も単純だったので直ぐ終わりました。2輪自転車と3輪自転車の比較のやつです。

リーディングは相変わらず、Part5とPart6では地味に時間を奪われ、Part7は文書の文字数が多く、かつ、正解根拠をみつけづらいという傾向でしたね。慌てて字面だけ追うと空回りするので、勇気を出してゆっくり正確に意味をとる訓練をしておかないといけませんね。スピードを落としてゆっくり読むと一発で内容が頭に入るので、問題文と設問・選択肢の間を行ったり来たりせず正解を特定できます。それができないと時間に間に合わないテストになってきていると思いました。

語彙も難しいものが当たり前に出てくるようになりました。黒のフレーズから advocate, discard, resourceful, replenish, edible が、暗黒のフレーズから tout が出ていました。それ以外でも、roundabout, spot, inquisitive, adherence が、変わったところでは、tricycle が出ていました。午後のフォームでは、sturgeon が出たとか?キャビアかっ!ちなみにチョウザメはサメじゃありません。笑。

さて、気になるところですが、各セクションの495点ラインは、Lが4つまで、Rは1つ、もしかしたら2つまで間違えても大丈夫のような気がします。そのくらい難しいフォームだったと思います。次回は少し間が空いて4月21日ですね。今回、判明した課題をきっちりこなして次に臨みましょう。まだ一か月以上あります。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



スポンサーサイト



公開&IPテスト | 07:43:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
第346回TOEIC L&R公開テスト感想
昨日はホームグラウンドの東京経済大学の国分寺キャンパスで受験してきました。いつもは自宅から会場まで歩くのですが、花粉がきつい季節なのでバスを乗り継ぎ、到着すると、門の入口で守衛さんに「あの、どちらに行かれますか?」と尋ねられてしまいました。怪しかったみたいです…。笑。

教室は地下で外部の音は聴こえないし、席はだいぶ後ろのほうでしたが音響は抜群でした。僕はあまり音が大きくないほうが集中できて好きです。音が大きいと先読みもしづらいですよね。

さて感想ですが、僕はPart1の1枚目の写真が「男性がコーヒーマグからコーヒーを飲んでいる」という描写のフォームでした。リスニング時間は47分です。

Part1:普通(人がいない写真が2枚ありましたね。正解記号にAがありませんでした)
Part2:普通(1問だけ悩みましたが割と素直な問題が多かった印象です)
Part3:難(今回のテストでは最難関のPartだったと思います)
Part4:やや難(シチュエーションが分かりづらいセットが2つありました)
Part5:普通(sequenceの前に入れる品詞だけ悩みました。コロケーションですね)
Part6:やや易(易しかったと思いますが、useの形でどれを選ぶか一瞬迷いました)
Part7:やや易(文字数は多かったけど易しかったと思います)

リスニングのPart3とPart4が難しかったですねえ。難しかったのか、僕の調子が悪かったのか、どっちか分かりませんが、クエスチョンマークが8つです。Part1とPart2は間違えていないと思いますけど、Part3とPart4がねえ…。半分当たっていたら495点だと思いますが、485点と予想します。

リスニングがダメダメだったので、開き直ってリーディングはゆっくり読み進めて行ったら逆に速く読めて12:05には200問の解答を終え、なんと17分くらい見直しの時間を確保することができました。ornithologist, heron, tease, converge など、TOEICではあまり見掛けない単語に遭遇して嬉しかった。correct sequence も難しかったかな。正しい手順という意味です。

Part7では同義語問題が3つも出ましたね。impact, feature, unique だったかな?どれも難しくて二択で迷いました。もしかしたら今回のPart7は同義語問題が一番難しかったかもしれません。僕も1問だけ怪しい。まあ、それでもリーディングは1問間違いでギリ495点と予想します。

今回の495点ボーダーラインはLで4つ間違いまで、Rで1つ間違いまでがセーフと予想します。Lはひょっとしたら、希望的観測を含め、5つまでセーフかも…。無理か??? でも皆様、来週もテストありますから、受験される方は次の準備を進めましょう。一喜一憂している場合ではありません。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



公開&IPテスト | 07:02:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
第344回TOEIC L&R公開テスト感想
昨日は東京経済大学で受験してまいりました。前回は体調最悪でしたが、今回は体調の管理もバッチリだと思っていたら花粉が…。でも眼が痒いだけでくしゃみの症状は全くなかったので問題なしです。

教室は地下で席は一番奥の端の列でした。右側からしかIiBCのスピーカーの音が聴こえてこないので嫌な感じでしたが面倒くさいので席移動はしませんでした。

僕が受験したのは午前で、Part1の最初の写真が「女性が商品棚に向き合っている」ものでした。比較的素直で易しめのフォームだったのかなと思っています。Part毎の難易度の印象は以下の通りです。

Part1:普通(人がいない写真が2枚ありました)
Part2:やや易(変化球のキレが甘かった印象です)
Part3:やや難(最後のセットだけよく分かりませんでした)
Part4:普通(Part3に比べるとずっと易しかった)
Part5:普通(素直な問題が多かったけど、文頭のEitherが難しかったかな?)
Part6:普通(接続副詞を選ぶ問題と文挿入問題が易しかった)
Part7:普通(同義語問題で悩んだくらいかな?これは難しかった)

Part1はそれらしい語彙が出てましたね。merchandise, fountain, potted plants など知っていて当たり前の単語ですね。人がいない写真が2枚ありましたが、難易度的には普通かなと思います。

Part2は20番までは易しかったので、そろそろ難しくなるなと思って待ち構えていたのですが、難しくならないまま終わってしまいました。これは2ミスとか3ミスまでした495点が出ないヤバいパターンだなと勘繰っていたら31番を聞き逃してしまいました。笑。

Part3とPart4は未知の傾向はありませんでしたが、Part3でところどころ難しかったような気がします。2問目の正解根拠を1問目より先に言うパターンが1つだけありましたね。あっという間に3つの根拠を言ってしまうパターンでした。グラフィック問題も易しかったかな?行程のStep1からStep4の問題は幾つかのステップに言及していてややこしいのですが、最後まで聴くとStep2が正解と分かるという…。笑。プレゼンの資料を作る、かなんかが正解だったと思います。

Part5は文法的な知識と文構造をきちんと見極める力があればあまり間違えなかったのではないでしょうか?Eitherを文頭に入れる問題は初めて見ましたけど、過去にBothを文頭に入れる問題も出ているので、その問題と類似していますので、後ろの名詞の単複を見れば答えは明らかでした。comfortablyの問題は文の最後に副詞を入れるという点が難しかったかもしれませんが、These tables seat up to six people comfortably. のように使いますね。Part6やPart7にも頻出していますよ。

Part6は接続副詞の問題が2つ?3つ?出ていましたね。文挿入問題が導入されてから、接続副詞問題は減少傾向にありましたが、今回のフォームでは多かったと思います。いずれも難しくはなかったと思いますが、読む分量が多いセットが2つありました。

Part7はMPよりもSPのほうがやや難しかったと思います。Part7に取り掛かる前に文章全体の文字数がどれくらいあるか、パラパラとページをめくってみたら結構多そうだったのでSPを飛ばしたら、MPに35分残っていたのでそこからはゆっくり読みました。同義語問題が地味に難しかったと思いますdirect と tough だったかな?どっちも二択で悩みまくったけど正解していたようです。

あ、それと、rust(錆び)を知らないと厳しいセットがありました。こういう簡単すぎる単語って、簡単すぎるがゆえに金フレにも銀フレにも出ていないし、意外と盲点なのですよね。TOEIC学習者って、学生時代には英語が苦手で、社会人になってからのやり直し英語組が多いから、意外とこういう日常使いの易しい単語を知らないんですよね。

いつだったか出題された pontoon boat がまた出ていましたね。平底船なんですけど、こういう単語はGoogleの画像検索で見ておくといいです。あんまり日本でな見ない形の船なんですけど、画像で見たら一発で覚えます。インパクトある形してるから。笑。

今回の495点ボーダーラインは、Lで3ミスまで、運がよくって4ミスまで、Rは1ミスまで、ひょっとしたらノーミスだけ?と予想します。

追伸:僕の教室では腕時計のアラームを鳴らしてしまった受験者がいました。その方、何故か、退場にはなりませんでしたけど、気をつけましょう。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



公開&IPテスト | 09:41:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
第342回TOEIC L&R公開テスト感想
テスト後、急激に体調が悪化し、ようやくブログが書けるまで復活したところです。39℃近い高熱にうなされ、一時はどうなることかと思いましたが、検査の結果、コロナでもインフルエンザのA型でB型でもなく、ただの風邪だったのは不幸中の幸いです。

初めての会場で遠くて寒かった。東京工科大学の八王子キャンパスでした。駅でバスを待っている時に悪寒を感じていて既にヤバい感じだったのですが、テスト中も、リスニングまでは良かったのですが、リーディングに入ってから急激に悪化していくのが自分でも分かりました。よく最後までもったなと思います。

さて、肝心の感想ですが、僕は髪を切ってもらっている男性のフォームでした。使役動詞の have が使われていましたね。理髪店の店内の描写でした。以下、Partごとの印象です。

Part1:普通(Part1特有の語彙が多数出てきましたね。金のパッケージで覚えましょう)
Part2:普通(普通とはしたものの25番くらいから難しくなった印象です)
Part3:やや難(3人スピーカーが2つ続きましたかね?)
Part4:やや難(そんなに速いスピードのセットはなかったと思います)
Part5:やや難(いつもより時間がかかりました。コロケーションで悩む問題が複数ありました)
Part6:やや難(接続副詞を選ぶ問題で二択になり相当悩みました)
Part7:やや難(MPは易しく、SPの難易度が高かったと思います)

Part1は、はっきり言って語彙問題になりましたね。このPart固有の語彙をあらかじめ知っていないと戦えないPartになったと思います。知らなくても消去法で正解を手繰り寄せることはできますが、ここであんまり労力を使いたくありません。サッと全問正解したいなら単語を覚えることですね。

Part2は、最初から中盤くらいまで今回は随分易しいなあと思っていたらそんなわけはありませんでした。後半に悩ましい問題がちゃんと出てきました。なぜか30番と31番は易しかった。

Part3とPart4はほぼ同じ印象ですね。意図問題とグラフィック問題は想定通りの感じで難しくはありませんでしたが、それ以外の従来式の問題が難しかったと思います。一瞬気を抜いて聴き落とすと正解できないパターンの問題が結構ありました。読み上げスピードは速くありませんでしたし、聴きにくいスピーカーもいませんでした。

Part5はここ2年くらいで一番難しく感じました。難しい語彙はないのに、コロケーションで手が止まりました。二択までは絞り込めるのにそこからどっちかなあ?と悩む問題が3つ。いつもは6~7分で通過するこのPartに10分かかりました。

Part6もまた不思議な難しさがありましたね。動詞の形や時制などで悩むことはないのですが、語彙問題、接続副詞問題、文挿入問題でやはり二択になってしまう問題が多く、ここも通常7分くらいで通過するのですが、今回は10分かかりました。結果的に、Part5&6は時間をたっぷりかけた分、間違えてはいないと思うのですが、時間を使いすぎてPart7が苦しくなってしまいました。

Part7はSPが難しかったと思います。最近のSPは最初の2問付きセットから妙に難しかったりするので油断できませんね。この辺りから体調が悪くなり、途中退出に追い込まれました。咳だけはそうしようもありません。他の受験者の迷惑になってしまうので抑えきれなければ教室を出るしかありません。

ヤバかったあ。MPに入った時点で残り13分!5セット25問を残して手持ち時間13分はいかにもヤバい!普通の解き方では絶対終わらないので、問題5問を先読みして本文を高速で全読みし、頭に残った内容だけを選択肢と照合して解答を特定していく。

200番まで塗り終えて顔を上げたら、試験監督さんが腕時計を見ていて、試験終了のアナウンスをする直前でした。試験終了です。問題用紙を閉じて筆記用具を置いてください!ヤバかったわあ。でも体調が悪い中、時間に追われまくりながらもよく頑張りました。MPが意外と易しかったかた助かったけど。DPは2セットとも2分くらいで解いたと思う。まさに火事場の馬鹿力でしたね。

今回はLもRも難易度高めだったと思います。Rは正直、普通の状態じゃなかったから分からないけど。笑。Lは4ミス、Rは2ミスまで495点が出るような気がします。僕はLは満点だと思うけど、Rは下手をすると460点くらいまで急降下するかもしれません。MPの正解数次第ですね。それでもまあ、今回は最後まで投げ出さずに頑張った自分を褒めてあげよう。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



公開&IPテスト | 10:13:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
第340回TOEIC L&R公開テスト感想
昨日は東京経済大学の国分寺キャンパスで受験してまいりました。例によって家から1時間以上テクテクと歩いて行きました。6㎞くらいあるので結構なエクササイズになります。笑。真夏は辛いけど今は季節的に楽ですね。

教室に向かおうとして集団の後ろについて行ったら何だか様子がおかしい。そもそも若い人ばっかりで変だなあと思ったら、入り口に「駿台模試会場」という表示が…。同じ大学内で駿台模試とTOEICテストが行われていました。汗。

無事に教室にたどり着くと席は一番後ろで微妙な場所でしたが、IIBCのラジカセは大きくクリアな音でよく聴こえました。音がこもっていたり、時折割れたりすると嫌だなあと思っていましたが、音的には完璧でした。天井から音が聴こえてくるよりラジカセのほうがずっと聴きやすいですよね。

さて肝心の感想ですが、僕は女性が執務室らしきところに座っていて、デスクトップのモニターをのぞき込んでいる写真が1枚目のフォームでした。Part1全体では人が写っていない写真は2枚ありました。ちなみに解答記号Aはありませんでしたね。そろそろAがくるかなと思っているうちに終わってしまいました。笑。Part毎の難易度の印象は以下の通りです。

Part1:普通(建物をビジネスって言っていた選択肢は知らないと戸惑ったかもしれません)
Part2:普通(妙な変化球もありましたが、全体的にゆっくりだったような気がします。)
Part3:やや難(詳細を問う設問が難しく4問?となりました。意図問題、グラフィックは易しかった)
Part4:やや難(場面を想像しづらいセットが4つもありました。意図問題、グラフィックは易しかった)
Part5:やや難(難問が2問ありました。選択肢に名詞が3つある問題と形容詞の語彙問題です)
Part6:普通(普通としましたが、文挿入が易しく、やや易に近いかもしれません)
Part7(SP):やや難(植物が出てくるセットが超難問でしたね。その他も時間がかかりました)
Part7(MP):普通(読む分量の割には問題は素直で易しかったと思います。)

Part1では人が写っていない写真を念入りに見ておきました。壁にモノが置かれている写真は予想通りの描写でしたが、外にテーブルが置かれている写真は意外でした。アンオッキュッパイドじゃないんだ?それなんだ?と思いましたね。笑。

Part2は比較的素直な問題が続き、時折、微妙な変化球が飛んできましたが、それは想定通り。21番の列にはいってそろそろ難しくなるなと身構えたのですが、難化せずにそのまま最後までいってしまったという印象です。ここは落としていないと思います。

Part3は、ナレーションが短いセットが難しかった。会話が短くて、あっという間に解答根拠を言ってしまうセットが4つありました。それを聴き逃しました。話の流れから二択までは絞り込めたのですが、自信がない問題が4つもあります。

Part4は、え?これってどんなシチュエーションなの?というセットが多かったですね。最後まで注意深く聴いていると、ああ、なるほどね、という感じなのですが、緊張しましたね。Part3で失敗したのでここはギアを入れ直し、全問正解したと思います。

Part5は、全然分からない問題が2問ありました。 pick up~by the (   )の問題と、(   ) seal that dries in seconds の問題ね。結局、2問とも勘で正解していたのですが、この2問で5分以上考えました。考え抜いた結果、最初に塗った解答を変えませんでした。やっぱり最初に感覚で選んだものが正解なんですよね。日本語で考えちゃうと大抵、間違えます。

Part6は読みやすい文ばかりでしたし、悩む問題はあまりなかったような印象です。文挿入問題もこれしかないでしょ?っている選択肢が多かったと思います。1問だけ、接続副詞を選ぶ問題で二択になり、文脈の捉えようによってはどっちでも入るよなあと思ったのがありましたが、見直しタイムに戻ってきたら、一つの選択肢は絶対違うっていう根拠を見つけて解答を修正しました。勘違いしていて危なかった。

Part7は全体を眺めたらSPが面倒くさそうな感じがしたのでMPから解くことにしました。MPは読む分量はそこそこありましたが、直感的に易しそうだなと思ったので。結果、その通りでした。SPは手強かった!なんだ、あの植物のセットは? このセットに8分くらい使いました。全問を塗り終えて腕時計を見たら12:18でした。終了3分前!SPから手を付けていて、そこでスタックしていたらたぶん危なかったわあ。

僕が受けたフォームは久しぶりに語彙レベルが高かったと思います。黒のフレーズと暗黒のフレーズのCランクとSランクの単語がこんなに出てきたのは初めてかもしれません。先月受験したフォームではこれは難しいなと思った単語は2~3個だったのに、今回は20個くらいありました。ムズイわあ…。

今回のLRの495点ラインですが、Lは4つ間違いまでセーフ、Rは1つか、もしかしたら2つ間違いまでセーフで495点が出るような気がします。語彙やコロケーション、フレーズなど、今後の執筆にとって収穫が非常に多い回でした。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



公開&IPテスト | 10:11:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ