FC2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』

2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得
2017年10月のIPで990点取得
2017年11月のIPで990点取得
2018年10月の公開で990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 480 465 945
225 2017.11 475 480 955
226 2017.12 485 470 955
227 2018.01 495 460 955
228 2018.03 480 475 955
229 2018.04 465 480 945
230 2018.05 475 450 925
231 2018.06 495 490 985
232 2018.07 465 485 950
233 2018.09 475 475 950
234 2018.10 495 495 990
235 2018.11 480 450 930
236 2018.12 495 480 975
237 2019.01 480 485 965
238 2019.03 490 480 970
239 2019.04 495 470 965
240 2019.05 495 480 975
241 2019.06 495 480 975
242 2019.07 495 485 980
243 2019.09 460 480 940
244 2019.10 470 470 940
245 2019.11 495 485 980
246 2019.12 475 495 970
247 2020.01 申込済
248 2020.03 申込済
249回以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

TOEIC®L&R 壁越えトレーニング
いつの間にか、こんなテキストが出るのですね。全く知りませんでした。一挙に3冊、リスニング、Part5&6、Part7の3部作のようですね。8/11に刊行予定です。

壁越え

ということは、久しぶりの公開テストに間に合う。これは、おそらく偶然ではないでしょう。間に合わせましたね。壁越えという名称ですから、先ずは自分が苦手意識があるパート、あるいは、苦手ではないけれど、伸び悩んでいるパートに対応する1冊を購入してはいかがでしょうか?

まあ、TOEIC界の両巨頭が執筆したテキストですから、得意も苦手もありません。3冊まとめて買っちまえ~!おそらく、それで後悔も損もあり得ません。

いや、僕も中身を見たわけじゃないから100%責任は持てないけど、過去を振り返っても、このお二人のテキストに外れはありませんからね。ジャケ買いで宜しいのではないでしょうか?

壁にぶち当たっている方がいらっしゃるなら、そんなもん、さっさと乗り越えるか、ぶち破るしかないでしょ?壁は乗り越えるためにあるんだ。ぶち破るためにあるんだ。

いつまでも目の前に立ちはだかる壁を眺めて絶望している場合じゃない。9月には8ヵ月ぶりの公開テストがあり、10月には日本史上初、同月に2回のテストがある。ここを目指して頑張ろう!いつかではなく、この9月と10月の機会を捉えて、目標を達成してしまいましょう。

まだ、テキストの現物を手にしたわけじゃないから何とも言えないけど、手にしたら、レビュー記事を書かせていただきます。僕はTOEICテキストのレビューには自信がります。自分で言うのも何ですが、TOEIC書籍のレビューを書かせたら、僕の右に出る者はいません。おそらく日本一です。

しばしお待ちくださいませ。壁越えだぜえ~!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



スポンサーサイト



TOEIC国内本レビュー | 22:22:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
1日1分!TOEIC®L&Rテスト 炎の千本ノック!2
ゴールデンウィーク中、楽しみにしていた本が届いたので、早速チャレンジしてみました。相変わらず高品質な問題が揃っていますね。現行のTOEICの傾向から1mmも外れていません。

炎の千本ノック2

英文が本番より少し長めで、語彙も少し難しめに設定されているようですが、個人的にはもっともっと難しくしていただきたかったかなあ。あくまでも本番ではなく、練習の千本ノックだから難しくてもいいと思っています。

ゆっくり時間制限も設けずに解きましたので全問正解しましたが、難しいなと感じた問題は、次の5問です。英文をよく読んで意味を十分把握しないと間違えそうです。

018:括弧内の代名詞は何を指すのか、正確に捉える必要がある。
083:正解の選択肢の語彙レベルが高い。
084:この副詞がこういう文脈で使われるのか・・・・・・。
092:(B)でもいいかなと思ったけど解説を読んで納得です。
137:この語彙にこんな意味もあったのかという感じ。知らないと(B)を選ぶでしょう。

Part6は4セットしかなくて、どれも易しいと思いますが、TOEIC的な綺麗な英文なので、何度も音読して覚えてしまいたいですね。行毎に罫線が引いてあって読みやすい。

特典としてダウンロード式の音声もついていますので、スマホに落として聴きこみたいところです。同じ英文が2回続けて読まれますが、1回目より2回目のほうが少し速いスピードで読まれるので飽きさせません。

このテキストを買うか、買わないか、アドバイスしてくれと言われれば、現在のスコアレベルに関係なく、100%買いです。公開テストを毎回受験していないと、この本は書けない。問題の傾向もそうだけれど、使われている語彙がTOEICに出るものばかりで一切の無駄がない。

流石の一言です。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



TOEIC国内本レビュー | 10:00:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
TOEICテスト 究極のゼミ PART5 語彙・語法【超上級編】
語彙と語法、とりわけ語法の問題を強化しようと思い、手に取ったのがこのテキストでした。もう6年近く前に出版された本ですが、他に語法に特化した良質なテキストが見当たりません。部分的にフォーカスしているテキストはありますよ。1冊まるまる語彙・語法というテキストが日本にはないという意味です。

語彙・語法 超上級編

400ページ近くある分厚い本ですが、朝3時に起きて一気にやりました。10の章立てになっているので1章につき30分持ち時間として、30分×10章=300分=5時間でやり切る予定で取り組みました。1度こなしているテキストなので、実際には4時間半くらいだったかな?

この手のテキストは、ちまちまやっていないで一気に終わりまでやり切ることが大事です。始めたら一気通貫で最終ページまで走ってしまう。無理なく分割してゆっくりやっていると、最後のほうにたどり着いた時には最初のほうは忘れている。

だから、忘れるという現象が発生しないように最初から最後までエンジン全開でぶっ飛ばす。それぞれ事情があるでしょうから1日は無理としても、少なくとも1週間以内でやり切りたいところです。1冊を短期間でやり切ると多くの気づきがあるし、全体像が見えてくるものです。

日本史や世界史の勉強と同じです。まず1冊を最後まで通読して通史として全体を理解することが大事です。僕は受験生時代、日本史を選択していましたが、いつまでの原始古代・中世から抜け出せない受験生が周りに沢山いました。

そこだけ詳しくなっても仕方ないわけで、急いで近世・近代・現代と進んでいかなくては、いつまで経っても全体を見通すことができません。後半に進んでいく過程で、前半に分からなかったことが、ああ、あれはそうだったのね、と分かってしまうこともあります。1本の線で繋がるんですよね。

とにかく、早めに最後まで到達することが大事です。達成感も得られるから、そのテキストが好きになる。好きになると直ぐに2回目に取り掛かるものです。今日、この1冊を再度、俯瞰してみて気づいたことが3つありました。それだけで、休日を使った価値が十分あります。

さて、今からは夕方までは執筆作業に従事し、それが終わったら、昨日、読んだテキストを一気に読み直します。面白い関係代名詞の使い方が2つあったから、そこを見直すのが楽しみです。

Stay home! Stick to TOEIC! そうだ、コロナをぶっ飛ばせ!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



TOEIC国内本レビュー | 08:42:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
極めろ! TOEIC® L&R TEST 990点 リーディング特訓
新型コロナウイルスで世界中が縮こまっている中、その憂さ晴らしにはうってつけの物凄い本が出ます。実際には未だ見てないからどんなに物凄いかは分からないのですが、この出版社で、この著者だから、物凄いに決まっています。

出版社はご存じ、スリーエーネットワークさんです。元々は日本語教育に特化していた同社ですが、現在は日本語以外の外国語教材でも有名ですね。勿論、TOEICや英検などの英語学習教材にも力を入れていらっしゃいます。

忘れもしない2009年!「極めろ!シリーズ」で突然、TOEIC業界に殴り込みをかけてきた印象があります。そして翌2010年の「解きまくれ!シリーズ」でTOEIC業界でのその確たる地位を盤石のものとしました。今やTOEICファンで知らない人はいない出版社です。

そのスリーエーネットワークさんが、とんでもない隠し玉をぶっ込んできました!まさかの「極めろ!シリーズ」の大取り、「極めろ! TOEIC® L&R TEST 990点 リーディング特訓」です。しかも、著者が、あのTommyさんこと、大里秀介さんです。有名すぎて、もはや紹介は不要ですね。

《ドーン!ドドーン!ドドドーン!控えおろう、この表紙が目に入らぬか!》
990点リーディング特訓

いやあ、全く知りませんでした。驚きました。これは否が応でも期待は高まります。高まりまくります。「本気で満点を狙う人に贈る究極の一冊」と銘打っていますからね。獲れたらいいなあ、ではなくて、絶対に獲るんだ!何が何でも獲るんだ!という方のための本ですよ。TOEICの世界ではヘン〇イが多いから、この本、実は需要がメチャメチャ高い。

本番の模試形式の問題が200問、復習用Follow-upの問題が400問、合計600問の超ど級の問題量となっています。990点を目指す猛者達の新しいバイブルとなるか?舌の肥えたTOEICマニア達を唸らせることができるのか?

極上のテキストに期待は膨らむばかりです。4/30の発売で、Amazonでは既に予約が始まっていますね。僕はAmazonで予約はしません。大型書店には数日前に並ぶ可能性があるので、書店で買おうと思っています。

コロナの奴のせいでポッカリ開いていたゴールデンウイークの予定が決まったぜ!自宅に籠ってこれをやろう!Stay home!Stay home!ウワッハッハッハ!ウワッハッハッハッハッハア~!←誰なの( ;∀;)?

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



TOEIC国内本レビュー | 08:42:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
TOEIC L&R TEST パート5特急 420問ドリル
朝日新聞出版社の特急シリーズの中で僕が気に入っている本はたくさんありますが、5年前に出版された『TOEIC TEST パート5特急 400問ドリル』は相当やり込みました。何よりも400という圧倒的な量が好きだった。神崎正哉先生の名著で、TOEICの問題作成には定評があるDaniel Warriner氏との共著になっている。

400問

5年前、何度も繰り返し、知らない単語や意味が曖昧だった単語は全部覚えたし、全問、人に説明できるくらいのレベルまで仕上げました。実際、これを使って勉強会をやったのです。参加者に400問を全て解いてもらって、全て僕がその場で解説するというド派手な勉強会でした。実際には360問しかできませんでしたけどね。時間が足りませんでした。

その改訂版が生まれ変わって出てくる。4月7日発売予定です。本来であれば公開テストの5日前ですね。しかし、おそらく4月も中止でしょうから、4月7日から飛ばして勉強すれば、5月の公開テストには間に合う。420問は現行のテストに換算すればPart5を14セット分だから、毎日1セットずつコツコツやれば2週間で終わる換算だ。

420問

まだ改訂版を手に取って見たわけではないけれど、これは絶対お薦めです。TEX加藤先生の『でる1000』
の別冊のような体裁です。TOEICのPart5に頻出する問題がランダムに出てくる。それをひたすら迎え撃つ。

これで実力がつかないわけがない。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



TOEIC国内本レビュー | 15:45:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ