■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得
2017年10月のIPで990点取得
2017年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 480 465 945
225 2017.11 475 480 955
226 2017.12 485 470 955
227 2018.01 495 460 955
228 2018.03 申込済
229 2018.04 申込済
230以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

日常英会話5000
こんな本、一体、いつ買ったんだろう?そして、どういうつもりで買ったのであろうか?まったく覚えていません。書棚を整理していたら、何だか、やたら分厚い本が出てきて驚きました。

日常英会話5000

買ったからには何かするつもりだったのでしょうね。別売りの6枚組のCDまで併せて購入しています。未開封の無傷だからネットで出品したら高く売れるかもしれません。

こんな500ページを超える本を勉強するつもりだったのかなあ。2008年に買っているみたいなので、僕がTOEICを受け始めた頃ですね。何をしていいか途方に暮れていた時期だったので、手当たり次第だったのでしょう。

10年ぶりに、というか、初めてじっくり中を見てみたら、とても良い本です。5,000を超える英文を使えるレベルとして吸収できるかどうかは別として、きっちりやれば、スピーキングの引き出しとしては十分だと思います。

レッツスピークの岩村圭南先生が選んだ英文だから、きっと、無駄なものはないでしょう。僕は、おそらく、この本が一番分厚かったから購入したものと思われます。やるなら徹底的にやらないとダメだ!そう思ったんだろうな。

せっかく手元にあるから、一通りは眺めてみようかな。全く陽の目を見ないのでは本が可哀想ですからね。1日100ページやれば5日で終わるもんね。楽勝、楽勝!

皆さんは、積ん読状態で手つかずになっているテキスト持っていませんか?

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト
TOEIC国内本レビュー | 13:24:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
最新版千本ノック
中村澄子先生の最新版千本ノックを昨日、入手しました。新宿のブックファーストの話題の新刊コーナーに並べられていました。勿論、早速、購入です。

201712千本ノック

13年連続シリーズ出版、累計92万部突破の千本ノックシリーズの真骨頂は何だと思いますか?沢山ありますけど、概ね、以下の通りです。

① 公開テスト本番の既視感があること(つまり、オーセンティックであること)
② ちょっと長くて難しい構文になっていること(語数が多く、英文の骨組みがやや複雑)
③ ちょっと難しい語彙を散りばめていること(難易度が高いビジネス単語が入っている)
④ 解説が不親切なこと(分からなければ自分で納得いくまで調べろってことです)
⑤ 手のひらサイズ(特急シリーズ同様、携帯性が抜群)
⑥ 文字が大きい(フォントが大きく作られています、ホントです)

デジャブ感があることは重要ですよね。本番の公開テストの傾向と、かけ離れたものなら、誰も買いません。全ページに亘って、何だか見たことあるな、という感触が醸し出されています。いいですねえ。

そして、英文がすこしだけ難しいんですね。語彙の難易度を時折上げて、かつ、修飾テクニックを駆使して英文の構造をわざと複雑にしています。これはPart7を意識してのことですね。著者は仰っています。Part5の英文が読めなければ、Part7の長い英文は読めませんと。このテキストを何度も繰り返し、解くことで、その延長線上にあるPart7の攻略に繋がるという狙いがあるのです。

解説が不親切。いいじゃありませんか?ひとつくらい解説が少ないテキストがあったって。日本語の解説なんて、いくら読んでも英語力は上がりません。理解の手助けをするだけです。だったら自分で調べたほうが身に付きますよ。文法書も辞書も使わずに英語力を底上げしようなんて虫のいい話です。学問の真髄は探究する心にあるのです。

更に、携帯性抜群なのは素晴らしいですね。スラックスの後ろのポケットにも、ジャケットの内ポケットにもスッポリ入ります。千本ノックシリーズと特急シリーズは本当に学習者思いですよね。

最後ですが、文字が大きい。我々50代のローガンズには有難いことです。一日中、PCとにらめっこをしながら働いた後は、活字が見えないんです・・・。ですが、このテキストは字が大きい。Part5は大きくても、Part6になると、いきなり小さくなるテキストもありますが、このテキストに限って言えば、Part6も大きい。だから全問正解できました。本当です。

さて、皆さんは、何周くらいやりましたか?

えっ?千本ノック最新刊、まだ買ってない?そ、そんな・・・。

持っていない方はとりあえず買ってくださいな。864円で、これだけ質の高い情報を得られるなら決して高くはありません。明日の昼ご飯を抜いてでも買うべきです。

追伸:ちなみに僕は2問だけ間違えました。ちょっと油断したかな・・・。間違えたのは、Lesso1の22問目とLesson2の8問目です。よく考えれば間違えるような問題ではありませんが、雑に解くと間違えるんですよね。おそらく公開テストでも同じことをやってます・・・。

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 10:05:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
柴山かつのさんのテキストより
以前にもこのブログで、柴山かつのさんの〝場面別ビジネス英会話〟をご紹介させていただきましたが、再び、取り上げさせていただきます。このテキスト、好きなんですよ。

場面別ビジネス英会話

会社務めしていて、英語を使えるような立場になったら必ず出くわすようなシーン満載なんですね。海外出張の折には本当に役に立ちました。

このテキストの中から、今日、紹介したいのは、〝日本人が間違いやすい表現〟です。柴山先生は、テキストの中で、〝日本人が間違いやすい表現〟を纏めてくださっているのですね。

知っていれば、そんなの当たり前じゃん!っていう表現ばかりなのですが、知らないとヒヤッとします。当たり前っていうことは、イコール、知らないと非常識ということです。

さて、それでは、先ず一つ目。「あなたをお待ちしてたんですよ。」英語で何ていいますか?簡単でしょ? I have been waiting for you. ですか?あー、言っちゃいましたね・・・。それ、シチュエーションにもよりますけど、「(遅れている)あなたをずっと待ってましたよ。)」というニュアンスなんです。

正しくは、I have been expecting you. です。「あなたをお待ちしていました。(来てくださって嬉しいです。)」というニュアンスになります。どっちが良い印象を与えるか一目瞭然ですよね。知らないと、言っちゃうんですよ。I have been waiting for you.ってね。

もう一つだけ。「どうぞお座りください。」って、どういうふうに言いますか?正解は、Please take a seat. もしくは、Please have a seat. ですね。これがスマートな言い方です。

逆に、あまり好ましくないのは、Please sit down. あるいは、Please be seated. です。これ、使っていませんか?Please sit down. は、先生が生徒に向かって使う命令口調の表現です。ビジネスの相手方に使うのは避けるべきです。

また、Please be seated. も実は、上から目線の表現です。偉い人が講演などで聴衆に向かってかける言葉、面接で試験官が受験者に言う言葉、法廷で裁判官が被告などに向かって言う言葉だそうです。

というようなことが、柴山先生のテキストに書いてあります。参考にしていただければ幸いです。ちなみに、僕は柴山先生とは全く面識はありませんよ。良いテキストだから紹介しているだけです。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 18:14:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
英単語ターゲット1900(5訂版)
大学受験を控えている学生必携の書と言っても言い過ぎではないでしょう。英単語ターゲット1900はあまりにも有名です。実際の大学入試問題に出題された英単語をコンピューターに取り込み、データベース化する手法は旺文社さんのお家芸ともいえます。特に、1900は、同社が総力を挙げて作り上げた渾身作です。

英単語ターゲット1900

なぜ、学生でもない、受験生でもない僕がこのテキストを見ているかというと、勿論、TOEICのためです。1,900の英単語のうち、どのくらいの数がTOEICの出題範囲と重複しているかを見極めようと思ったからです。相当な数がかぶっていますよ。おそらく、その重複率は8割程度です。これは絶対出ないなと思われる単語は1割未満です。TOEIC学習者も一度はやってみる価値がありますよ。

もう一つ、僕がこの単語集を見ている理由は、負けたくないからです。え、何に?それは当たり前でしょ?若い世代にです。彼らは大学受験をこのテキストで乗り切ってきているわけです。つまり、このテキストに掲載されている単語はマスターしていると考えていいでしょう。

その人達が今度はTOEICに挑んでくる。このテキストの中から、僕は知らないけど、彼等は知っている語彙が、公開テストに出されたら、僕は負けちゃうでしょ?そんなの絶対許されない。たいしてTOEICのことを知らない若い世代なんかに負けてたまるか!真剣にそう思ってこのテキストに取り組んでいるわけですよ。まだ3日目だけど・・・。

これ1冊マスターするのに1週間はかかりませんよ。そもそも知らない単語とか、意味が曖昧な単語は100個くらいしか出てこないので、それを潰せばいいだけですからね。でもやってみる価値がある。よく知っている単語だけど、思ってもみない意味があることに気づいたりします。結構楽しい。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 23:25:49 | トラックバック(0) | コメント(2)
新形式900特急やってます
名古屋出張の際にジュンク堂で手に入れた〝新形式対応の900点特急〟を解き始めました。その前に、〝旧形式版の900点特急〟を何度も見直しました。このステップを踏まないと、何処が変わったか分からないからです。

新しいテキストは、まだ裏ページの解説を一切読んでいません。何回か解き終わった段階で楽しみに読みます。一旦、自分で解説してから、加藤先生の解説を読む。このほうが断然、頭に入り易いし、記憶として定着するからです。

従来からの900点特急ファンの皆様、早々に手に入れた方もいらっしゃるようですが、もう解いてみましたか?なんだ、同じ問題が多いな、と思っていませんか?同じじゃないですよ。ちゃんと進化しています。

新形式900点特急

同じように見えても、問題文の語彙が微妙に変わっています。選択肢の語彙が変わっています。問題の配列が変わっています。そこには、必ず、加藤先生の意図がある筈なんです。僕は新旧両方を机に置いて検証しながら解いているので分かります。

前作と全く同じ問題も少しだけあります。それは変える必要がないか、変えると、逆に質が落ちる可能性があるから、そのまま残しているのでしょう。決して手を抜いたわけじゃありません。何度も綿密に検証した結果、そのまま残すことがベストだと判断されただけです。

勿論、新問もあります。探してみてください。それと、初めて本書を解く人は、最初は、問題文のページ下にある〝Katoの眼〟は隠して解いてみることをお勧めします。これは決定的なヒントになっていることが多いので、上級者はこれを見ずに自力で一旦、答えを出して、その後に、見てください。そのほうが2倍楽しめます。

あ~、本当はもっと具体的に書きたいのですが、リリースされたばかりのテキストの中味は書けません。長い間、楽しみにしていた学習者も多いので、ネタバレ記事は御法度でしょう。もう少し時間が経過した段階で詳しいレビュー記事を書きます。

そこではテキストの内容に深く触れることになります。そして、このテキストを使った学習会を、僕はいつかやるでしょう。完璧なテキストだから、完璧な学習会をやりたいですね。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 21:35:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad