FC2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』

2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得
2017年10月のIPで990点取得
2017年11月のIPで990点取得
2018年10月の公開で990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 480 465 945
225 2017.11 475 480 955
226 2017.12 485 470 955
227 2018.01 495 460 955
228 2018.03 480 475 955
229 2018.04 465 480 945
230 2018.05 475 450 925
231 2018.06 495 490 985
232 2018.07 465 485 950
233 2018.09 475 475 950
234 2018.10 495 495 990
235 2018.11 480 450 930
236 2018.12 495 480 975
237 2019.01 480 485 965
238 2019.03 490 480 970
239 2019.04 495 470 965
240 2019.05 495 480 975
241 2019.06 495 480 975
242 2019.07 495 485 980
243 2019.09 申込済
244 2019.10 申込済
245回以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

特急シリーズとの出会い
2009年4月。23年ぶりに地方勤務から生まれ故郷の東京に戻ってきた。大学卒業と同時に地方勤務となり、そこから全国を転々と回って帰ってきた東京は、僕の知らない街になっていた。

名古屋勤務時代に受験を始めたTOEICも3年目を迎え、相変わらず、行き帰りの電車の中や、早朝の誰もいない会社、昼休みなどを利用してコツコツと勉強を続けておりました。我ながら真面目だったなあ。

しかし、当時の僕の実力では公式問題集は歯が立たなくて、上手く使いこなせていませんでした。こんな難しい問題集を前全問正解できる人って、どんな人なんだろうと思っていた。僕はPart1とPart2、Part5しかやっていなかったのです。というか、それしかできなかった。

そこへ救世主が現れる。

それが特急シリーズだったのです。新書サイズでスーツのポケットにすっぽり収まるテキストは当時では画期的でした。特に通勤時間に威力を発揮してくれた。あのバカでかい公式問題集と違って、電車の中でストレスなくページをめくることができる携帯版TOEICは僕の生活までガラリと変えた。

TOEIC学習がより身近になった。昼休みの喫茶店でも、移動時の新幹線でも、仕事帰りの居酒屋でも、本当にどこでも気軽にページを開いてはぶつぶつ言いながら勉強した。

文法特急、単語特急、読解特急の3冊を僕は何処にでも連れて行った。

記憶が正しければ、秋葉原のヨドバシカメラにノートパソコンを買い行った日、偶然、有隣堂で特急シリーズを見つけた。パラパラとめくって数秒、僕は3冊を手に持ってレジに向かった。コレだ!と思った。

その日、自宅の部屋に着いて、先ず文法特急を読み始めた。面白かった。あんなにワケの分からないTOEICのPart5とPart6の問題が見事に解説されていて、時間を忘れて読み耽った。きちんと理解できるように所々スピードを落としながら読んだので、最終ページに到達した時には、外は明るくなっていた。

その日は一睡もせずに会社に出かけたけれど、疲れは全く感じなかったし、眠くもなかった。興奮状態が続いていたのだと思う。

その週末の土日で、僕は単語特急と読解特急を読破した。TOEICの勉強とはこんなにも楽しいものだったのかと思った。明るい希望の光が見えてきて、気持ちも明るくなってきた。

頭にきてベッドに投げつけた公式問題集は角が曲がったままで枕元に置いてあった。特急の3冊を抱えたまま、僕はそいつに向かって宣言した。

待ってろよ、いつか近いうちに、必ずお前を倒してやる!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



スポンサーサイト



TOEIC国内本レビュー | 17:01:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
新たな命が吹き込まれたみたいだ
先日の花田塾チャリティーセミナーで、花田先生が僕の860点奪取の方法を使って講義をしてくださいました。素晴らしかったですね。これぞプロのTOEIC講師だと思いました。

860点奪取

自分が執筆した本ですから、それこそ何度も何度も見直し、推敲しました。それなのに新しさに感動しました。まるでテキストに新しい命を吹き込んでくださったようです。

手前味噌で変な言い方かもしれませんが、花田先生が扱ってくださったことで、より一層、このテキストが好きになりました。

思えば2012年4月29日に初めて花田塾チャリティーセミナーに参加させていただいて、その時、初めて花田先生とお会いしました。まさしく雲の上の存在でした。

その憧れの先生と同じ舞台に立って、台風被害の皆様に向けてのチャリティーイベントを開催できたことは決して忘れることのない思い出となりました。感無量です。

僕には大したことはできませんが、これからも世の中の困っている人達に少しでも役に立てるよう、微力ながら頑張って参ります。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



TOEIC国内本レビュー | 23:58:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
ディクテーションはなぜ辛いのか?
OJiM監督(八島晶さん)がご自身のブログで、『ディクテーションはなぜ辛いのか?』という興味深い記事を書かれています。『English Journal』を素材として、どのように取り組んでいるかを詳しく書いていますので、是非、一読願います。必ず、参考になる筈です。

《OJiMさんの記事は下のURLをクリック!》
http://ojimstoeicdiary.blog.fc2.com/blog-entry-718.html

さて、僕が、この記事で面白いなと思ったのは、記事の後半の部分です。ディクテーションはなぜ辛いのか? という問い掛けに対して、OJiM監督は以下のように答えています。

それは、自分のリスニング力の低さが自覚できてしまうからです。「こんなに長く英語学習してきたのに、まだこんな単語も聞き取れないのか・・」という残酷な現実が目の前で可視化され、それを受け入れなければならないのですから、辛いに決まっています。

なるほどねえ、と思いました。確かに「残酷な現実」ですよね。大抵の人は、徹底的に打ちのめされて、同じような感想をお持ちになるんでしょうね。正しい音が書けないんだから、はっきり言って実力不足以外の何物でもありませんからね。

でも、僕はそう思わなかった。

はあ? と思っていますね?

いや、僕は独学でTOEIC990点まで辿り着くという目標を掲げていたから、何度も壁にぶち当たったわけです。相談する人もいないから、その都度、独りで悩みまくった。悩んでいた頃、何が辛かったかって、何が苦しかったかって、それは伸びが止まってしまった原因が分からないことでした。

ところが、このディクテーションってやつは、確かに残酷なんだけど、自分の弱点が目に見えるんですよね。つまり、そこに、目の前に、自分の伸びが止まった原因があるんです。下手くそな字で書かれたディクテーションのアルファベットの文字が。

僕は嬉しかった。飛び上がるほど嬉しかったんです。自分が書いたアルファベットをスクリプトと比較すると、全然合ってない。本当に嬉しかった。伸びが止まった原因を突き止めた瞬間だったから。できない辛さなんて問題じゃなかった。これさえ克服できれば、TOEICのリスニングは満点が獲れると勝手に確信しました。

実際はそんなに単純なものではなかったけど、性格は至って単純なので、僕はそのまま弱点を丁寧につぶしていき、満点まで駆け上がった。英語学習者が100人いたら、そのうちの99人はディクテーションを辛いと思うでしょう。だけど、僕は、辛いどころか、嬉しかった。

自分の文字とスクリプトの文字が一致することが多くなってくると、実力が上がってきていることを実感できるし、TOEIC満点というゴールが向こうのほうから近づいてくるのが分かるんですよね。是非、この感覚を味わって欲しい。やり方は下のテキストに書いてあります。

八島式

ディクテーションは辛いけど、嬉しいぞ。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



TOEIC国内本レビュー | 15:06:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
TOEIC国内本レビュー | 23:58:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
八島式TOEIC®L&Rテストの英語が聞こえるようになる本
このテキストは発売日の約1週間前に出版社から献本いただいておりましたので、現時点では、一般の読者の皆様より比較的じっくり読んで、聴く時間があったと思っています。つまり、今この時点では、僕はこの本について誰よりも詳しく知っている筈です。

八島式

予想していた通りの力作ではありますが、良い意味で期待を裏切られた部分もあります。なに? そうきたかあ~! というところですね。それでは、詳しくレビューしてまいります。

先ず、このテキストの狙い、つまり、読者に期待することは、ずばり2つです。1つは「英語の音を身に付けてもらうこと」、もう1つは「英語の語順を身に付けてもらうこと」です。学習者がこのテキストを終えた時に、英語の音をストレスなく聞き取ることができ、更に、英語の語順のまま聞き取ることができるという状態を目指しています。

そして、この2つのスキルを身に付けるために著者が推奨するトレーニング方法は2つあって、それが、「穴あきディクテーション」であり、「キモチを込めた音読」です。この2つのトレーニング方法は、言わば車の両輪であって、相互に補完しあいながら、付け焼刃でない本物のリスニング力の養成を追求していきます。このトレーニング方法については後に詳述します。

次に紹介したいのは本書の構成です。個人的な感想を述べると、このテキストは上下巻に分かれていると考えたほうがよい。すなわち、Part1とPart2が上巻で「英語の音を身に付ける」セクション、Part3とPart4は下巻で「英語の語順を身に付ける」セクションです。

ある程度の実力者であれば1冊を通して学ぶほうが効率的ですが、まだ英語の音がよく聞こえていない学習者であれば、Part3以降に進むのは一旦待って、Part1とPart2を納得いくまで繰り返したほうが、一見回り道のようでも結果的には近道になるように思えます。

基本的な音が聞こえる状態になっていないのに、一気に英語の語順を身に付けようとするのは飛躍しすぎだからです。急がば回れ。先ずは、自分の頭の中にある音とナレーターが発する音のギャップを埋める「正しい音への上書き」作業が先です。このステップを飛ばしてしまうと必ず先に行って行き詰るから。

さて、内容に踏み込んでいきましょう。前半のPart1とPart2は、一貫して「正しい英語の音を身に付ける」トレーニングを実践していきます。そこで推奨しているのが「穴あきディクテーション」です。著者の豊富な指導経験から、日本人学習者が聞き取りにくい音に焦点を当て、学習者が間違えて記憶している音を矯正していきます。

英語の音を聞き取るというと、とんでもなく難しく感じるかもしれませんが、実際にはそうでもありません。著者曰く、聞こえた音が正しい音だと。自分が頭の中に持っている音、つまり、こう聞こえる筈だと思っている音と、実際にナレーターが話す音とのギャップを埋めていく作業であり、慣れてくると楽しい。

この際に威力を発揮するのが、著者の独自の表記を使った発音記号なのです。日本人にはどうしても馴染みにくいのが英語の発音記号でしょう。どの辞書を開いても必ず出てくる英語表記の発音記号に辟易した経験は誰でもお持ちでしょう。

その苦い経験を覆すツールこそ、著者が考案した「カタカナとアルファベットの合成語」です。何と、大胆不敵! しかし、これが腑に落ちるというか、とにかく分かりやすい。幾つか例を挙げると、「street⇒stリーt」「where⇒wエア」「have to⇒ハfタ」などです。カタカナ表記のストリート、ホエアー、ハブトゥとはまったく違いますね。

いずれは英語表記の発音記号に進んでいくにせよ、最初の取っ掛かりはこれでよいと僕も考えています。要は、間違えて記憶していた音を、正しい音に上書きすればいいわけです。英語固有の、音が連結する場合や音が消える場合の聞こえ方も、この合成語を活用して乗り越えることができます。

後半のPart3とPart4では、「キモチを込めた音読」を軸に「英語の語順を理解し、聞こえてきた情報をその語順通りに頭の中で処理する」トレーニング方法が示されています。語順というと、英文法の範疇かと思われがちですが、決してそれだけではありません。

著者の着眼点は英文法の枠を超える範囲にまで及んでいます。すなわち、英語の抑揚などに関する考察です。「上がり調子」で聞こえた場合のその先の展開の予測、逆に、「下り調子」で聞こえた場合のその先の展開の予測、あるいは「一瞬の間」が意味するものは何か? 是非、著者が展開していく興味深い英語の語順の世界を楽しんでいただきたいと思います。

実を言うと、僕も音読は得意ではありませんでしたが、本書に触れることで、改めて音読の効能を見直した次第です。音読は、単純に文字を読む作業ではなく、英語の語順のままで話者のキモチを伝えていくトレーニングなのですね。話者が内に秘めているメッセージを言葉という形・音にして発信する練習なのだと思えば、俄然楽しくなってきます。あなたも是非、取り組んでみてください。

本書は徐々に難易度が高くなる構成になっていますが、ダウンロード音声も3通りが用意されています。易しい順に紹介すると、低速スピード⇒ナチュラルスピード⇒高速スピードです。最終章のPart4では、あえて、多くの初中級者が苦手としているオーストラリア男性とイギリス女性のナレーターを採用していますので、ナチュラルスピードでも十分速く感じます。このPartを高速スピードで聞き取るのは990点満点取得者の僕でも結構大変です。是非、挑戦してみてください。

最後に、本書は、八島晶さんがTOEIC講師としての豊富な経験を存分に活かして上梓した渾身の力作です。もはやTOEIC学習者のバイブルとして定着している同氏の名著「TOEIC L&R TEST サラリーマン特急 新形式リスニング」で書き切れなかった情報がすべてここにあります。

この1冊のスクリプトを全部覚えてしまうくらい何度も繰り返し、リスニングの基礎と応用力を養ったならば、一旦、このテキストは卒業し、英語界の大いなる海原に出て、いろいろな素材を聞いてみることを強くお勧めします。

その時、きっと、あなたの英語の世界は、既に大きく変わっている筈だから。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 12:37:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ