FC2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』

2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得
2017年10月のIPで990点取得
2017年11月のIPで990点取得
2018年10月の公開で990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 480 465 945
225 2017.11 475 480 955
226 2017.12 485 470 955
227 2018.01 495 460 955
228 2018.03 480 475 955
229 2018.04 465 480 945
230 2018.05 475 450 925
231 2018.06 495 490 985
232 2018.07 465 485 950
233 2018.09 475 475 950
234 2018.10 495 495 990
235 2018.11 480 450 930
236 2018.12 495 480 975
237 2019.01 480 485 965
238 2019.03 490 480 970
239 2019.04 495 470 965
240 2019.05 495 480 975
241 2019.06 495 480 975
242 2019.07 495 485 980
243 2019.09 申込済
244 2019.10 申込済
245回以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

TOEIC®L&Rテスト サラリーマン特急 新形式リスニング
このところ、昼休みにやっていることは、このブログを書くことと、八島晶さんの「TOEIC®L&Rテスト サラリーマン特急 新形式リスニング」の復習です。最近、新バージョンが出たので、もう一度やり直しているのです。もうだいぶ忘れちゃってるから。

サラ特新形式りすにんぐ

そこで、僕が一番重視しているのが、「音の上書き」です。そうです、リスニングの上達に最も欠かせないのが、この「音の上書き」作業なんですね。この地味で地道な作業をすっ飛ばす人は絶対、リスニングが上達しない。上達しているように見えても、ある時、ピタリとスコアが伸びなくなる。

新形式リスニングのPart2から一つ引用すると、八島さんは次のように書いています。「Why don’t we⇒ウワイドンウイ」と。宜しいですか? 「Why don’t we」は、「ホワイ・ドント・ウィー」ではなく、「ウワイドンウイ」 です。「ホワイ・ドント・ウィー」だと頑なに信じている人は、その間違った音を正しい音に上書きしなくちゃいけない。

同じく同書に出てくる「When can I」は「ホエン・キャン・アイ」ではなく、これは僕流ですけど、「ウエンケナイ」です。もう一度言います。「When can I」 は、「ホエン・キャン・アイ」 ではなく、「ウエンケナイ」 です。上書きしましょう。電車の中とかで声に出せない場合は、それでも口だけは動かしてくださいね。

決して大袈裟ではなく、この取り組みをやらないとリスニングのスコアがいつかピタッと止まりますよ。たぶん、470点とか475点くらいまでなら獲れるでしょう。ひょっとしたらマグレで485点くらいまで獲れるかもしれません。でも、495点は絶対に獲れない。予言しておきます。獲れる筈がない。だって聴こえてないんだもの。TOEICはそんなに甘くない。

ホワイ・ドント・ウィー、ホエン・キャン・アイという、英語圏ではあり得ない不自然な発音から抜け出せない人は、ネイティブの英語は永久に聴こえるようになりません。耳から聴こえる「音の上書き」ができていないからです。音の上書き作業はサボったらダメなんです。カタカナで構わないから上書きしましょう。地味で時間がかかる作業ですけど、慣れると楽しいですよ、いや、ホントの話。

しつこく繰り返しますけど、本当に簡単な英語だって、上書きをやらない人には正確に聴こえないんですよ。試しに、僕は周りの人達を対象に実験した。たった6語の短い文で、かつ、中学1年生レベルの単語だけで構成されている次の英文を使って。結果、きちんと発音できた人はゼロでした。

Tell us about what you need.

アナタはどうですか? 正しく発音できますか? あ、バカにしてますね、その顔は・・・。簡単すぎるって? ああ、そーですか。じゃあ、読んでみてくださいよ。発音してみてくださいよ。さあ、どーぞ!

テル・アス・アバウト・ホワット・ユー・ニード!←本当にこう言った人がいた。

コラっ、そんな英語あるわけねーだろ?!真面目にやれっ!←キテます、キレてます。

「Tell us about what you need.」は、八島さん流のカタカナで表せば、「テラサバウt ウワッチューニーd」くらいの感じかな。最低10回繰り返してください。さあ、どーぞ!

テラサバウt ウワッチューニーd!
テラサバウt ウワッチューニーd!
テラサバウt ウワッチューニーd!
テラサバウt ウワッチューニーd!
テラサバウt ウワッチューニーd!
テラサバウt ウワッチューニーd!
テラサバウt ウワッチューニーd!
テラサバウt ウワッチューニーd!
テラサバウt ウワッチューニーd!
テラサバウt ウワッチューニーd!

冗談抜きで、これが大事なんです。詳しくは「TOEIC®L&Rテスト サラリーマン特急 新形式リスニング」を隅から隅まで読んでくださいな。人によってビビッと感じる箇所は違うと思うけど、必ず、参考になる部分がありますから。僕が保障します。この「音の上書き」は僕が一番ビビッときたところなので、本稿で取り上げているわけですけど、他にも色々なチップがぎっしり詰まっています。

本は、できればKindle版じゃなくって紙版がいい。綺麗に使おうなんて考えずに、何でも思いっ切り書き込んでください。僕が使っているテキストは、やはり紙版で、黄色のマーカーと赤のボールペンを活用しています。どうやって活用しているかはご想像にお任せします。

9月の公開テストは月末だし、まだ間に合いますよ。書店に行くなり、Amazonでポチるなり、お好きな方法で入手してください。リーディングは5点刻みでしか伸びていかないけど、リスニングは、何かきっかけを掴むと一気にブレークしますよ。50点くらいボーーーンと上がる可能性があります。

あれこれ中途半端にやってないで、この1冊に賭けてみませんか?

あ、ちなみに、近日中に、このテキストのAmazonレビューを書こうと思ってます。今、書かないのは、まだ研究が足りていないからです。レビューを書けるようなレベルに達していない。8月の終わりか、9月の初め頃には書けるでしょう。お楽しみに!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



スポンサーサイト
TOEIC国内本レビュー | 14:23:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
860点達成のご連絡が続々と
最近になって、10名程度の方から、860点を奪取しました!というご連絡をいただいております。直接、お聞きする場合もあれば、Twitterやメール、ブログのコメントなどでいただく場合もあります。

いずれも、長年、壁になっていた860点をようやく超えることができました、という喜びの声です。既にだいぶ前に800点まで到達していて、そこで止まってしまっていたという方が多いようです。

これらの成功者の方達には共通点が幾つかあります。

一つ目は、860点奪取の方法を何度も繰り返しました、というものです。やはり、一度では気付かない点も多々ありますし、繰り返すことによって自然と身についていくのですね。中には20回も30回も繰り返したという方がいらっしゃって、それは著者の想像を超えております。凄いですねえ・・・。

《発売からちょうど半年が経ちました》
860点奪取

ココをクリックしてくださいね↓
【CD付】TOEIC L&Rテスト 860点奪取の方法 (目標スコア奪取シリーズ 4)

共通点の2つ目です。それは、860点奪取の方法を教科書と位置付けて勉強し、ETSの公式問題集を模擬テストに見立てて演習をした、というものです。問題数の不足を公式問題集で補っているのですね。賢いやり方です。

共通点の3つ目は創意工夫です。人によって方法は様々ですが、独自の工夫をされています。お一方だけ紹介しますね。Aさんは、テキストと別冊を何度も繰り返すだけではなく、Part5部分は例題、例文、問題をすべてエクセルに打ち込み、それをシャッフルする形でランダムに順番を変え、繰り返し勉強したということです。

こういう工夫は大切だと思います。工夫することで、より主体的に、より積極的に学習できるようになりますし、何より自分のことは自分が一番分かっていますものね。

Aさんが一生懸命取り組んでくださった、このテキストのPart5は最も練りに練った部分でもあります。TOEICに出ない英文は1つもないと、自信を持って言い切ることができます。例文とて一切手抜きはしていません。

実は、Part5の例題、例文、練習問題、別冊ハーフ模試の問題を合計すると、70個の英文に触れることができるように仕込んであります。これら70の英文はどれもTOEIC頻出の表現集であり、いわば基本英文70選なんであります。

作成の段階では、僕が作成した英文は200以上手元にありました。それらを煮詰めてTOEICのエッセンスを凝縮させましたから、ひとつも取りこぼすことなく吸収していただきたいと思っています。これらはPart5の正答率を高めるだけではなく、TOEICのリーディング全体の読解力を劇的に引き上げることを目指して書きました。是非、もう一度、読み直してみてください。何かしら新たな気づきがある筈です。

860点を達成された皆様、本当におめでとうございます!そして、拙著をお使いいただきまして、心より御礼申し上げます!次なるステージに向けて頑張っていきましょう!

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 10:58:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
TOEIC OLPCがサービス開始!
TOEIC学習者待望のオンライン学習ツールがついにリリースされました。OLPCとは、「公式TOEIC(R) Listening & Readingオンライン対策プログラム:TOEIC(R) Official Learning and Preparation Course」の略称です。

≪ドーン!ドドーン!ドドドーン!コレだあっ!≫
OLPC

パソコンでできる公式TOEIC(R) L&R対策! が最大の特徴なのですが、何は凄いって、この教材を作成しているのはETSです。Educational Testing Serviceです。

従って、このプログラムに収録されている問題はすべて公開テスト本番と同様の品質であり、その音声も本番と同じナレーターが吹き込んでいます。まさしく本物なんであります!

本番と同じなら、自分にはまだ難しいかなと腰を引き気味のアナタ! 心配無用です。このプログラムでは、初級・中級・上級の3つのモジュールから、自分にあったレベルを選択して学習することができるのです。初級(545点未満)、中級(550点から780点)、上級(785点より上)を目安として、ご自分に合ったモジュールを選んで学習してくださいね。

公開テスト本番では、問題を解いても果たして正解だったかどうか分かりませんが、このプログラムでは瞬時に正解が分かり、予想スコアレンジと苦手分野の詳細を確認することができます。まさしくTOEIC学習者が待ち望んでいた学習ツールと言えましょう。

この商品をご購入いただき、開封すると、以下2点が付いています。
1.TOEIC(R) OLPC 1モジュール分を90日間ご利用いただけるコードが記載されたカード
2.TOEIC(R) OLPCの魅力や機能・始め方を紹介したガイドブック

とても分かりやすいパッケージですので心配は不要です。

この商品は、言うなれば、進化した公式問題集です。紙をベースとした公式問題集に対し、OLPCはPC画面をベースとしています。また、公式問題集はレベル別に作成されているわけではありませんが、OLPCは3つのモジュールから選ぶことができます。更に、自分が間違えやすい問題を繰り返し解くことで弱点克服が容易になりますし、ゲーム感覚で楽しみながら実力アップが望めます。

え? 何故、そんなに詳しいのかって? 

確かに、僕は問題の中身までよく知っています。実を言うと、僕はOLPC開発のモニターの一人なのです。そして、僕が知る限り、少なくとも僕以外に3人のTOEIC講師がこの開発に協力しています。ここで御名前は出しませんが、皆様、よくご存知の先生方ですよ。

実は、このプログラムはスピーキングにも対応していますので、L&Rだけでなくスピーキングにも興味がある学習者のニーズにも合致しています。詳しくはパッケージを開けてみてのお楽しみです。

90日のライセンス期間、毎日、時間を決めて取り組んでみてください。多少値が張るツールではありますが、毎日使う人にとっては、1日100円です。これは安いと思う。90日という期間が長いか短いかは使う人次第ですが、三か月のインテンシブトレーニングと考えると、適切な長さであろうと考えます。

いずれにしても、きちんと使う人は絶対に損はしません。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 14:40:16 | トラックバック(0) | コメント(3)
Amazonレビュー一番乗り!
先週から発売されている公式問題集5を解いてみたところで、Amazonのレビューを書いてみました。反映されるまでに2~3日はかかると思いますが、以下のようなレビューです。ポイントは、リーディングセクションにも音声ダウンロードの特典がついた! ということです。皆さんは、試してみましたか?

公式5

≪ここからレビューです≫
TOEIC受験者のバイブル

本書は勿論のこと、Educational Testing Serviceが出版している〝公式問題集〟シリーズは、全てTOEIC®L&Rテスト受験者のバイブルです。最短距離で目標スコアを獲得したいなら使わない手はありません。TOEIC®L&Rテストは、自身の英語力をチェックするために時折、活用しているという学習者にとっては、この限りではありません。

さて、本書は、その内容は折り紙付きです。本家本元が作成している問題集ですから、間違いなく本物ですし、何よりもリスクングセクションのナレーターが、TOEIC®L&R公開テストのナレーターと同じという点が他のTOEIC本を凌駕しています。他の出版社は真似できません。

本書を使ってテストに出る英文や出題形式に慣れるということは当然、大切ですが、〝本番と同じ声に慣れておく〟ということはもっと大切です。日本人同士の会話であっても、知っている人の声は、何度も聴いていて声色や癖を知っていますから、聴きやすい筈です。ノンネイティブの我々にとっては、英語の場合、その傾向はより顕著になります。

音声に関連して、ここで一つ重要なチップをお伝えしたいと思います。本書はこれまでの〝公式シリーズ〟とどこが違うのか? それは付属音声がカバーしている範囲です。これまでの問題集では、音声はリスニングセクションだけでしたが、本書ではリーディングセクションの音声も特典としてダウンロードできるようになっています。

リーディングセクションの英文を覚えてしまうくらい読み込んだ後は、スマートフォンなどのツールを使って、気軽にリーディングセクションの音声を楽しみましょう。ネイティブナレーターの音読のリズムや強弱など、様々な気づきが得られます。

本書の使用方法として推奨するのは、収録されている2回分の模擬テストを本番さながらに解き、テストの内容や時間配分も体感する。一度解いて終わりではなく、何度も繰り返し解く、その後も収録されている英文を全てスラスラと読むことができ、ストレスなく聴くことができるレベルを目指す、ということかなと思います。

最後に、内容が進化した分の代償としてなのでしょうか、値段がこれまでの3,024円から3,240円に7%ほど上がりましたが、使勝手の良さが向上していますので、このくらいは許容範囲内かなと思います。以上、ご購入を検討されている方の参考になれば幸いです。
≪レビューここまで≫

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 12:38:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
公式ファイブを買いに行く
昨日の夜、職場近くのブックファーストに新しい〝公式問題集5〟を買いに行ったのですが、まだ展示されていなくて諦めて帰ってきました。まあ、どうせ昨日はできなかったと思うから全く問題はありません。

そして今日、日高屋さんでダブル餃子定食のランチをとり、その足でいそいそとブックファーストに向かったわけですが、あれ? まだ展示されていない。不思議に思ってTOEICのコーナーを巡っておりましたら、例のボキャ本は並べられていました。思いっきりTOEIC初心者向けのボキャブラリー本ですけど、例文が良いですね。さっすが、本家本元でごわす。←西郷どんなの?

≪この子ですよ、この子! きゃわゆい!≫
公式ボキャブラリー

※正式名称は「TOEIC Listening & Reading 公式ボキャブラリーブック」です。

で、しばらく、ボキャ本を眺めながら、ハッ! そうだ、コレじゃない! と、本来の目的を思い出し、再び公式5を探し始めました。やっぱり、ない・・・。諦めかけたけど、TOEICのコーナーから外れて、英検のコーナーに向かおうとしたその時、TOEICコーナーと英検コーナーの角にワゴンが置いてあって、その中に15冊くらい積んでありました! あった、あった! バンザーイ!

でもよく考えたら、まだワゴンに入ったままの書籍をレジに持っていくのはルール違反だろうなあと考え、手に取った公式5を元の場所に戻しました。その後、お店のお姉さんが偶然、通りかかるのを10分くらい待っていたのですが、世の中、そう期待通りにはいかないもので、誰も通りかかりませんでした。

あっ、もう昼休が終る時間になってしまった・・・。というわけでございまして、後ろ髪引かれる思いで新宿ブックファーストを後にしたのでした。くそお~、そこに見えてるのになあ・・・。仕方ない、退社後にまた来るか・・・。流石にその時間には並んでるでしょうね???

≪おいっ、おまえは一体いつ並ぶんだ?!≫
公式5

買ったら、明日は休日なので、朝4時に起きて、とりあえずTest1をやろうかなっと。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 12:46:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ