■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 申込み済
220 2017.05 申込み済
221以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

HUMMERさんのプラチナリスニング出た!
もうプラチナシリーズとして有名になっているHUMMERさんの〝プラチナ講義〟ですが、その待望のリスニング版が本日、ジャパンタイムズ社からリリースされました!正式名称は〝TOEIC(R)テスト リスニング プラチナ講義〟です。

≪出ました!待望のプラチナリスニング!HUMMERさん、カッコイー!≫
プラチナリスニング

既刊の〝ボキャブラリー〟〝英文法〟〝リ―ディング〟の3冊も大変評判の良いテキストですし、今回のリスニングも間違いありません。まだ、ざっと見ただけですけど、使いやすそうな印象です。愛らしいペンギンちゃん達も健在です(笑)。

楽しみにしている人も多いかと思います。ネタバレするといけないので、ちょっとだけご紹介したいと思います。本テキストの構成は以下のようになっています。

講義を始める前に―TOEICに必要なリスニング力とは?
Chapter 1 こんな問題が出る
Chapter 2 英語の音を知る
Chapter 3 試験によく出る語句・表現を知る
Chapter 4 文法耳で聞く
Chapter 5 問題を解くときのポイントを知る
Chapter 6 模擬テストに挑戦

僕は、個人的には「Chapter 2 英語の音を知る」「Chapter 4 文法耳で聞く」が面白いと思いました。他のチャプターも非常に有益ですが、2章と4章は、類似の他のテキストではあまり見たことない切り口なんですよね。

模擬テストも付いていて、お得感満載ですねー。今日から店頭に並んでいますので、土日に間に合いました。公開テスト1週間前です。良かった、間に合って!いつもはテスト1週間前になったら新しいテキストには手を出さないことに決めていますが、これは特別扱いですね。特例中の特例で取り組んでみます。最近はリスニングに少し不安を抱えていましたから、僕にとっては丁度いいタイミングでの発刊でした。

明日は一日仕事で時間がとれませんが、日曜日は暇なので、チャレンジします!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト
TOEIC国内本レビュー | 19:04:39 | トラックバック(0) | コメント(3)
パート6特急出た!
ついに出た!パート6特急!3月7日リリースと聞いていましたが、大手の書店には既に並び始めましたね。TOEIC学習者待望の特急シリーズです。もはや、TOEICL&Rテストの第一人者といっても過言ではない大里秀介さんの新刊です。しかも、Part6専用のテキストです。カバーの色づかいも素敵ですね。ターコイズブルーという色のようです。

パート6特急

皆さん、ご存知の通り、特急シリーズという名前が市民権を得てから久しいのですが、過去、Part6に特化したテキストはありませんでした。Part6は、2016年5月から新形式が導入されて16問/200問になりましたが、新形式導入前の第二世代TOEICでは12問/200問でしたから、全体に占める割合が低いということも、特化型テキストになりにくいという背景になっていたのではないかと推察します。

僕はこのテキストの編集者とお話しする機会があって、その時、Part6だけの特急シリーズってどうですかね?と聞かれたことを覚えています。僕の回答は、確かにPart6の問題数は多くありませんから、学習者が16/200、僅か8%に時間とお金を割くということは難しいかもしれません、というものでした。

しかし、その後、こう続けました。気づいている人は少ないかもしれませんが、実は、Part6は英文ライティングの力を養うには最適のパートです。単に16問正解を狙うだけでなく、そこから発展させて、ライティング力向上を展望できるような内容なら、十分、需要はあるし、たくさん売れると思います、と。

著者の大里さんは、TOEIC SWテスト(スピーキング・ライティングテスト)にも造詣が深く、実際に、ご自身でも受験されています。かつ、著者履歴を見ても分かる通り、現役のビジネスマンで、カナダへの赴任経験もあり、実際にTOEIC英語を使って海外勤務をこなしてこられました。

リーディング力とライティング力の相関関係は熟知されている筈なのです。Part6特化型のテキスト執筆は、まさに、はまり役!僕は、この本が世に出るのを前々から楽しみにしていました。まだ現物を手に取ってみていませんから、レビュー記事は書けませんが、何だか、ただならぬ大ブレイクの予感がします。

すべてのページに目を通してから、いずれレビュー記事を書かせていただこうと思っています。先ずは、大里さん、新刊発売おめでとうございます!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 16:51:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
読解特急4~ビジネス文書編
今日の朝から読み直しているのが、神崎先生、TEX加藤さん、ダニエルさんの最強トリオによる〝新TOEIC®TEST読解特急4~ビジネス文書編〟です。

読解特急4

久しぶりに読み直していますが、気づく点が多いです。問題の答えなんて覚えてしまっているので、そんなところは読んでいません。本文をひたすら丁寧に読み、腑に落ちないところは日本語訳で確認しています。

隅々まで素早く読んで、内容を細部まで記憶できているかという点に拘っています。今の公開テストでは、これができないと時間不足に陥りますからね。

そして、究極の目標は、このテキストのレベルの英文を何も見ずに書けるようになることです。本書はすべてビジネス文書だから無駄がありません。

この程度の英文をサクサク書けるようにならないと、ビジネスでは通用しません。逆に言えば、このレベルの英文のストックが頭の中にあれば、海外出張で困ることもないんじゃないかなあ?

新しいテキストも魅力的ではありますが、かつて使い込んだテキストを繰り返して、そのエッセンスを余すところなく吸収するほうが実力が養われると思います。

さて、帰りの電車で残り半分に目を通すかな。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 17:22:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
新形式対応のお勧めテキスト
TOEIC L&Rテスト新形式移行に伴う変化の目玉は、〝文脈重視〟〝文脈理解〟ということかと思います。実際に公開テストを受けてみても、やはり、そう感じます。文挿入問題も位置問題も意図問題も、すべて文脈を正しく追えているかどうかが問われています。

その単語がどのような意図で、そこに使われているか?その位置で、その英文が果たす役割は何なのか?解答の決め手は、すべて文脈の理解です。文脈とは、〝話の流れ〟と言い換えてもいいかもしれませんね。

文脈理解が試される問題の対策として、受験者は我先にと、こぞって新形式対応の模試本やら何やらを買い漁ることになるわけですが、問題慣れするだけでは不十分なのではないかと、個人的には考えています。もっと根本にある、英語の理解が求められているように思えるからです。

前置きが随分長くなりましたが、現行の新形式と言われているTOEICテストにまさにピッタリとマッチしているテキストを1冊ご紹介します。最近になって発売されたテキストではありません。初刊は2012年です。

単語特急3

モリテツさん、こと森田鉄也さんの〝TOEIC TEST 単語特急3 頻出語言い換え集〟です。文脈を理解するうえでは最適な1冊といえます。文脈とは言っても、このテキストの英文は1文だけで構成されているのですが、文意をきちんと把握できないと正解を選べない作り込みになっています。丁度、Part7のclosest in meaningの言い換え問題、パラフレーズ問題のような体裁です。

英単語には様々な意味がありますので、ひとつの意味だけ知っていても用をなさないわけです。ひとつの意味とは、その英単語をひとつの日本語に置き換えた訳語、だと思ってください。それ以上の深い意味はありません。

テキストを一読したことがある方は分かると思いますが、筆者が意図している、このテキストの狙いは沢山あります。沢山ありますが、あえて2つに絞ると、ひとつは、単語の持つコアイメージを理解し、そこから発展させていくということ、もうひとつは、問題文となっている英文おいて、その単語が果たしている役割を正確に理解するということです。

これが、現在の新形式TOEICにドンピシャなんですね。5年くらい前に世に出てきたテキストなのですが、決して色褪せてはいません。むしろ、新形式移行を契機に、時代がこのテキストに追い付いてきたという感さえあります。と、絶賛してみる(笑)。

TOEICなど大して知らない著者が書いた駄本とは違います。英文の質が良いし、使われている語彙がTOEICど真ん中のそれです。加えて、僕が気に入っている点を幾つかあげると、問題文は語数が多くて、かつ長い。40語くらいのものもありますから、高地トレーニングができます。更に、問題文に使われている語彙、選択肢の語彙の難易度がやや高い。そんな、少し先を見据えた作り込みがTOEICマニアにはたまらないんですよね。

お勧めの学習法は、英英辞典と類義語辞典を適宜参照しながら読み進めていくことです。単語のイメージが、より掴み易くなりますよ。まあ、そこまでしなくても、気軽に持ち歩いてくださいな。通勤や出張のお供に最適です。忙しいサラリーマンの貴重な移動時間に、スマホばっかりイジっていては勿体ない。

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 19:25:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
TOEIC®テスト新形式精選模試
エッセンス講師陣の手による新形式模試が出ますね。リスニングとリーディングが別売りのタイプで、それぞれ5セットずつ入っています。このモニター模試に僕は参加しています。かなり前の事なので、もう記憶が・・・。

精選模試R

精選模試L

この模試は、僕がかつて熱心に取り組んでいた〝リスニングBOX〟と〝リーディングBOX〟の後継テキストという位置づけのようですね。実際には、僕は〝リスニングBOX〟しかやっていなくて、〝リーディングBOX〟は、ほぼ無傷のまま本棚に鎮座していますけど・・・。

このリスニング版は良かったんですよね。700点台の頃、こればかりやっていました。5セット入っていたし、携帯性に優れているから常に持ち歩いては音声を聴いて、聴きとれない箇所は、こまめにスクリプトで確認していました。リスニング400点突破に一役買ってくれた思い出深いテキストなんです。

その焼き直し版かな?モニターとしてテストは受けましたが、5セットぶっ続けだったので、詳しい中味の検証はできていません。5セット受けたご褒美に無料でいただけることになっているので、購入はしませんが、早く手に取って、じっくり見たいものです。

リスニングBOXは日本語訳が分かり易くて、初心者の僕には丁度良かった。公式問題集の和訳は、かなりこなれた日本語になっているので、和訳を参考にして英文の構造を読み解くのが難しいのですが、これは良い感じの和訳だったので、和訳から英文の構造を把握するのが楽だった。

新形式バージョンはどうですかね?楽しみです。

え?何故、リーディングBOXはやらなかったのかって?

それは・・・・・・。

それは・・・・・・。

リーディングBOXは、文字が小さくて見えなかったからです・・・。

今度の精選模試はどーかなあ?

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 18:06:46 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad