fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

もしもこんなTOEICがあったらシリーズ【PART1】
2012年7月22日(日)~都内某大学の教室にて

リスニングセクション中にPART5の解答ができなくなったことを未だに諦め切れないRabbitは、周りに聞こえない程度にブツブツ文句を言いながら、Directionの間に何をしようかと思案していました。

「PART3&4の選択肢を先読みしてもどうせ覚えてられないし、意味ないかな?」
「仕方ないからPART1の写真を隅々まで見ておこうっと。だって暇だし・・・。」

しかし、1枚目から10枚目まで写真を見終えて、Rabbitは愕然とする。
「人が居ねえ。一人も・・・・。」

そうです。1枚でも厄介なのに10枚全部、人物なしの風景写真だったのです。全国のTOEICマニア達が歓喜の喝采を上げる。「よ~し、やったあ!」←よ~し、じゃねえっつうの!

①無人の建設現場にわざとらしくクレーン車が1台、何か穴みたいのが掘ってあるような・・・。
②古い建物に無意味に立て掛けられた長さが違う2つの梯子、1つは屋根まで届いてる。屋根は傾斜している。窓はどれも同じ大きさ、同じ形だけど1つだけ開いてる。
③デパートらしき店内に陳列された商品、スカーフかな?横にエスカレーターが見える。
④ミーティングルームと思しき部屋に長机と整然と並べられた10個の椅子、机には何故か花瓶が置いてある。中に花はない。
⑤公園のど真ん中にお約束の噴水、上の方に鳥が飛んでるような・・・。
⑥湖畔が沼か分からんけど桟橋に繋がれたボートが一艘、オールが2本ボートの中にある。
⑦楽器売り場らしき場所に垂直に立て掛けられた沢山のギター、だけど奥に1つだけピアノが見えてる。
⑧湖を見下ろすように、遠くに見える高さが微妙に違う高層ビル群とその奥に不気味に聳え立つ山並み。
⑨何の目的なのかさっぱり分かんないけど野外に張られた大きさが違う2つの三角テントとタープ、ロープが木に括り付けられてる。
⑩不思議の国のアリスに出てきそうな森へと続く曲がりくねった小道、気のせいか両脇に枯葉らしき物が・・・。

予想外の展開に焦りながらも、Rabbitは必死に出てきそうな単語を超高速で想定する。
こんな感じ?↓

①construction site, crane, dip, hole, under construction
②ladder, roof, window, prop up against, lean against, slanted, identical,
 close, open
③scarves, escalator, near to, display, hang, rack, shelves
④rectangular table, chair, unoccupied, vase, in a row
⑤park, fountain, radiate, birds, flying
⑥boat, oar, lake, pond, water, tied up, dock, pier
⑦musical instrument, stringed instrument, guitar, piano, upright
⑧overlook, mountain, in the distance, skyscraper, high-rise building
⑨tent, set up, rope, cast, shade, different size
⑩path, lead to, forest, wood, fallen leaves

現在完了と受動態がビシバシ読み上げられ、BEYOND990の高地トレーニングを思い出しながら必死に食らいつく。しかし、消去法でも対応できず、撃沈。

近い将来、PART1にInfer問題とNot問題が出るようになったら、どこか遠くに逃げよう(どこへ?)と決意するRabbitなのでした。

                  そして誰も居なくなった(And Then There were None)。


スポンサーサイト



未分類 | 13:55:51 | トラックバック(0) | コメント(0)