fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Despiteの夢
昨夜は公開テストの興奮からなかなか眠れず、妙な夢を見てしまいました。Despiteの夢・・・。

こんな変な夢を見たのはおそらく、最近のTOEIC公開テストに出てくるのはDespiteばっかりで、In spite ofの出番が少な過ぎるなあと常々思っていたからに違いありません。

その夢っていうのはこんな感じ。Despite君を僕が叱っている夢なのです(意味不明なので興味のない方は読み飛ばしてくださいね)。

黒Rabbit「おい、Despite、最近お前、いい気になってねえか?」

Despite君「えっ、な、何がですか?」

黒Rabbit「何がですか?じゃないだろ。お前、In spite ofさんの気持ちを考えたことあんのか?」

Despite君「えっ、彼女が何かあるのでしょうか?」

黒Rabbit「当たり前だのクラッカーだ(古過ぎない?)。ここ最近はお前ばかりセンターで踊ってて、彼女はいつも後列に甘んじてるじゃないか。彼女、泣いてたぞ。」

Despite君「・・・・・」

黒Rabbit「いいか、PART5ってのはTOEICの華なんだよ、華(中尾彬風)!お前らは2人でここまで成長してきたんじゃないのか?苦しい時も、悲しい時も協力し合って。澄子先生の千本ノックなんか2人でどんだけ出たんだ(そこ、関係あるの?)!」

Despite君「すみません。最近あまりにも忙しくて自分のことだけで精一杯でした・・・。今後はIn spite ofさんとも連絡を密にして出番が偏らないように調整します。彼女には直接謝ります。」

黒Rabbit「そうか、分かってくれたか、Despite!やっぱりお前はいい奴だな!素晴らしい前置詞だ。前置詞の鑑だっ!俺は前からそう思ってたんだ(どう思ってたんだよ?)。」

Despite君「有難うございます、Rabbitさん。光栄です(ホントか?)。初心を思いだして、今後も2人で協力し合って頑張ります!」

黒Rabbit「ああ、頼むぞ!AlthoughとEven thoughの奴等なんかに絶対負けんじゃねえぞ!あいつらは接続詞だから、とにかく長ったらしいんだよ。そこへいくとお前ら前置詞はスッキリとした文章を作ってくれる。トーイッカー達の期待も大きいんだ。」

Despite君「誰ですか?その、トーなんとかって人達???」

黒Rabbit「知らねえのか、お前?いや・・・・いいんだ・・・。何でもない・・・。悪かったな、時間とらしちまって・・・。」

とまあ、大まかこんな感じの夢だったんですけど、僕はTOEIC病におかされてるんでしょうか?

※黒Rabbitっていうのは、ひと昔前に流行った「ちょい悪オヤジ」の親戚で「ちょい悪Rabbit」のことです。すみませんm(__)m。

公開テストが終わった日は大抵少し変なんですよね。たぶん、脳に相当負担がかかってるんです、僕の場合。

やっと正気に戻ったRabbitでした。

スポンサーサイト



未分類 | 00:56:21 | トラックバック(0) | コメント(6)