fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Jargon in TOEIC(ビギナー必読!)
最近TOEICの勉強を始めた知人と話していて、無意識にTOEIC専門用語(そんなもんがあるのか知らんが)を使っていることに気づいたRabbitです。僕の話がどうも通じないのです。ということで、初級者向けにTOEIC専門用語(jargon)を少しだけ解説しておこうというのが本稿の趣旨であります。

トーイッカーとは?
TOEICERもしくはTOEICerとも表記される。要するにTOEICの熱狂的なファン、信仰者のことで、TOEICオタクのことである。これに対し、最近ではTOEICファイターなる肩書きも誕生しているが、両者の区別は極めて難しい。両者の語源、明確な差異をきちんと説明できる人には未だ会ったことがない。いずれにしても、トーイッカーも度が過ぎると会社や家族から孤立しかねないので注意が必要だ。「来年はTOEIC10回受けるんだ」などと嬉しそうに呟いている輩を稀に見かけるが、普通の人の目には極めて危険な人種に映ることであろう。

先読みとは?
リスニングセクションのPART3とPART4において、ナレーターがスクリプトを読み上げる前に、問題文と選択肢を事前に読んでおくことを指す。問題文だけ読んでおく方法も推奨されている。「Rabbitさんは先読み派?」「うん、最近は問題文だけね」などと使うのが正しい用法である。短い文章やフレーズを素早く読んで内容を頭に叩き込む高度なスキルが要求される。テストの途中で先読みのリズムが狂うとメダパニ状態になって死にそうになるので、初級者にとっては諸刃の剣となろう。

先解きとは?
リスニングセクションのディレクションの間にPART5を解くことをいう。上級者になると20問位解いてしまい、リーディングセクションに貯金を作ることができたが、最近になってこの行為は禁止されてしまった。

塗り絵とは?
TOEICのテストにおいて、特にリーディングセクションで時間切れとなり、ろくに問題を解かずに半ばヤケクソでデタラメにマークすることをいう。全部「B」にマーク、全部「C」にマークなど、その人の性格や趣味によってマークされる記号は微妙に異なる。俺は全部「D」派だよ、などと自慢げにのたまっている奴をたまに見かけるが真似をしてはいけない。子供の塗り絵とは質が著しく違うため、色鉛筆が使われることはまずないのが特徴だ。「B」は赤で「C」は緑にしようかな、などと言っている場合ではない。

SPとは?
言うまでもないが、誰かを護衛する職業の人のことではない。リーディングセクションのPART7に出てくる文章のことで、シングルパッセージの略である。通常、このSPには問題が2つから5つ仕込まれている。後ろのほうに進むにしたがって難しくなる傾向が強く、決して侮れない。かなりの上級者でも「最後のSP、article問題だったから捨てたよ」などと悔しがることがある。

DPとは?
前述のSPに対してダブルパッセージの略である。ひとつの問題中に2つの文章などがあり、テスト終盤で疲れ切っている受験者を悩ませる難敵だ。広告と手紙、EメールとEメールの返信、記事と手紙、見積もりとEメールなど、その組み合わせは多種多様だ。両方の文章を細かく参照しないと解けないパズルのような問題が毎回必ず出され、トーイッカー達を喜ばせる。クロスリファレンス問題などと言われるのがこの種の問題だ。2つの文章に対して律儀にも必ず5つ問題が並んでいる。「あ~、時間なくってさあ、最後のDP、完全に塗り絵だよお」などと言っているうちは900点は覚束ないと心得るべきである。

パラフレーズとは?
言葉の言い換えのことである。TOEICは同じ事柄を違う英語で表現するのが大好きである。例えば、receiptはproof of purchaseだ。実力者ほど、このパラフレーズの引出しを沢山持っているものだ。リフレーズともいう。森田先生の単語特急3で特訓しよう!

消去法とは?
3つないし4つある選択肢の中で「これが絶対正解!」と確信が持てない時に、少なくとも(自分が正解として)選ばない残りの選択肢は全て間違っている筈だという怪しい根拠に基づき正解を選ぶことをいう。「PART5、微妙な問題が3つあったけど全部消去法で乗り切ったよ」などと表現される。なのに、やっぱり間違っていることが多いのは不思議でならない(←別に不思議じゃねえよ)。

卒業とは?
不断の努力によりTOEIC990点満点を取得し、目標を達成したためにもうTOEICは受けないこと、またはその決意を意味する。従って、500点位の人が「スコア上がんないし、俺もうTOEIC卒業しようかな」などと言うのは明らかに誤用だ。それは挫折もしくは逃亡という。卒業した後は、次なる飛躍のステージを求めてTOEFLに移行する学習者が多く、トーイッカー達の憧れの対象でもある。

いかがでしたでしょうか?次回は「テストフォーム(メジャーフォーム、マイナーフォーム)」「IP」「NOT問題」「Infer問題」「TBR」、教材の略称で「特急シリーズ」「緑本」「出ルボ」「イクフン本」「金フレ」「ウーゴ」「公式」などを取り上げてみようかなと思っています。他にもリクエストがありましたらお応えいたします。

最近まじめな記事ばかりだったので、少しくだけてみたRabbitでした。

スポンサーサイト



未分類 | 19:11:17 | トラックバック(0) | コメント(12)