fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Rabbit流公開テストStrategy(Reading編)
前回のListening編に続いてReading編です。僕のやり方は多分ちょっと変わっています。

リスニングが終わって、おそらく多くの人は直ぐにPART5へ、あるいはPART7に取り掛かるのだろうと思いますが、僕は直ぐには手をつけません。1分半~2分位の間、リーディングセクションの問題を眺めています(←そんなことしてる場合か!)。

時間配分のestimateをしています。それぞれのPARTの難易度だとか、自分との相性だとかを計っています。先ずはPATR5の選択肢をざっと見ていきます。101番~140番まで。特に語彙問題に注意して。その後、PART6の選択肢を同じように見ていきます。特に時制問題と接続副詞問題に注意して。articleとかadvertisementなんかは念入りにざっと見ます。

PART7は読まなくてはならない分量と文書の種類、やはり、article、instruction、reviewなんかがどの位あるかを見ていきます。ここまで確認するとおおよその時間配分が分かりますよね。模試を数こなしていくと誰でも分かるようになります。時間配分だけでなく、どこでどれだけ飛ばすか、この時点で決めます。

そして、マークシート用紙の下段にラップタイムを薄く書いていきます。見積もりに2分使うので、13時48分がスタートですね。PART5の140問目の下に14:00、PART6の152問目の下段に14:03、PART7のシングルパッセージの180問目の下段に14:30、ダブルパッセージの200問目の下段に14:55というような感じですね。

全体を見渡して、この時点で今日は大したことないなと思ったら、PART5は文末まで全部読みます。時間的にヤバそうだなと思ったら、文頭だけで解答できる問題はカンマの後は読みません。カンマまで行ったらそこでタスク終了です。形だけで判断できず、意味から判断しなくてはならない場合は当然最後まで読みますけど。とにかく省力化してできる限りPART7に時間を蓄えます。貯金を作るということですね。

なので、毎回の各PARTにかける時間は同じではありません。毎回違います。この見積もりに2分近くかけても取り返す自信があります。自分がゴールまでどんな道を歩くのか、その行程がどんな長さなのか確認しないまま、言ってみれば、地図も磁石も持たずに、やみくもに突き進むことのほうがよっぽど危険だし、時間を浪費すると思うからです。信頼できる地図と磁石を手に入れるまでは僕は決して歩き始めません。

そしてスピードを上げ下げしながら解いていきます。粗っぽく解いていって、怪しい問題は後で戻ってきてもう一度考えるのか、ゆっくりじっくり解いていってもう見直しはしないのか、についても途中で決めていきます。これは模試を解く過程で培ってきた感覚がものをいいます。細かく説明できることではありません。

基本的にはどんなに時間がかかっても3分~5分は残すようにはしています。とんでもないウルトラマークミスを発見するためにその位の余裕は必要だからです。

これで2時間1分のテストが終了するわけですが、余裕があれば、自分が悩んだ問題を記憶しておくようにしています。あとで正誤を確認できるように。

リーディングセクションは時間が足りない人がほとんどだとは思いますが、時間配分は重要だと僕は思っています。考えようによれば、リーディングセクションは75分間を誰でも自由に使えるのです。これを自分のペースに持ち込まない手はないのです。どんな時も必ず10分以上余る人はこの限りではありません。でもそれは満点ホルダーか、満点に限りなく近い人だけでしょう、おそらく。

ということで、やたら長々とすみませんでした。でも、PART7よりは短かったでしょ?

応援のアヒルさんクリックお願いしますo(^▽^)o!



スポンサーサイト



未分類 | 01:49:31 | トラックバック(0) | コメント(0)