fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

8年目の再スタート!
昨日の結果発表から一夜明け、今朝から再スタートを切りました!初990点はもの凄く嬉しいけど、もう過去のことです。過去の良き思い出として頭の片隅に追いやって、次なる目標に向かって走り出します。

今から17日後には公開テスト、そして、その6日後にはリバティアカデミーのIPテストが待ち構えています。どんな問題と出会えるのか、楽しみは尽きません。

さて、昨日から今朝にかけてですが、4月の公開テストは何が上手くいったのか、振り返ってみました。3月までとは何が違ったのか、きちんと確認しておくことが、新たなスタートの第1歩になるからです。

実は4月の公開テストでは今までと違うことをいくつか試しました。その手の内を明かします。

<テスト前>
テスト当日に韓国模試を2セットやった(4時間です)
<リスニング>
PART3&4の先読みの方法を変えた(問題文2回、選択肢1回で3問目の選択肢は読まない)
<リーディング>
PART7に取り掛かる前にPART5&6を2回解いた(プチあ~るさん方式)
PART7の解答根拠探しに拘った(先送りせずにその場で1問ずつ決着をつけた)
<テスト全般>
問題の暗記をやめた(暗記のための時間を全て問題を解く時間に使い切った)

補足すると、以下の通りです。

これまでは、テスト前に模試を解くことは御法度にしていましたが、今回は初見の模試を2セット解きました。無茶だという批判はこの際無視して2セットやりました。本番のテストが始まったら、いきなりエンジンを全開にぶん回すためです。これは、英語部仲間のふなっきーさんからヒントを得ました。

リスニングは解きまくる会で試して上手くいった方法を思い切って取り入れました。それがPART3&4の先読みなんですが、こういうこと。41番から43番の問題を例にとると、先ず41,42,43の問題文だけ読んでリテンションします。HUMMER式要約リテンションですね。

そして、41,42の選択肢を4つすべて読みます。ここからが重要。43番の選択肢は読まない。何でって?読んでもどうせ頭に入らないし、無理に頭に入れようとすると全てが間に合わなくなって先読みのリズムが崩壊するからです。つまり、今の僕の実力では3問全部選択肢まで読んでリテンションするのは無理なんです。2問がやっとです。

3問目なんか、どうせ読み上げの最後のほうに言うに決まってるから読まなくても何とかなると、決め込みました。最初のほうで言われちゃったら困るわけだけど、それでも問題文は読んでいるから何とかなる、何とかならなかったら仕方ない、と腹を括りました。結果、1度も困らなかった。

リーディングは、いつもはPART5&6を15分で駆け抜けるのですが、今回は25分かけてもいいと決め込んでいました。その代わり、52問を2回解く。25分で2周しました。絶対に52問全問正解するためにそうしました。PART5&6の10,000問プロジェクトをこなした後、僕には25分で2周なら絶対できるという確信がありました。

そしてPART7では、従来のように「自信がない問題の番号に印をつけておいて先送りする」ということは止め、その場で1問ずつ確実に決着をつけていきました。つまり、もう見直しは一切しないということです。結果、2分しか余らなかったわけですが、おそらく48問全問正解か、どんなに悪くても1ミスで切り抜けたはずです。

加えて、今回から問題の暗記を一切止めました。いつもは10分程度を暗記の時間に使っていたのですが、一切止めました。そんなことしてる場合じゃないと気づいたからです。持ち時間目一杯、200問を解くことだけに集中しました。不思議なもので、それでも7割くらいは覚えていましたけど。

以上が、4月に僕が新しく試した方法です。公開テスト前夜にこの戦略を立て、100%実行に移しました。これらが正しかったかどうかは分りません。しかし、この方法で990点を獲ったことは事実です。

日頃の学習方法も然りなんですが、上手くいかないんだったら思い切ってやり方を変えてみるっていうことです。僕は今回はどうしても990点が欲しかったから、勝負に出たわけです。下手をしたらボロボロになって900点すら割り込むかもしれないけど、少なくとも、先月と大して変わり映えしない実力のまま、従来と同じやり方で漫然と臨んだのでは、満点獲れる確率はゼロだと、見切ったんです。

ただし、僕はテスト当日、いきなり新しいことをやったわけではありません。毎週のように参加している「解きまくる会」で、毎回、必ずテーマを持って、ひとつずつ試していきました。解きまくる会でやっている2時間のフル模試を本番の公開テストに見立てて試行錯誤しながら、実験を重ねていったんです。

5月も同じスタイルでいくかどうかは分かりません。おそらく少し何かを変えると思います。僕も毎日、少しずつ進化しているからです。

本稿が少しでもどなたかの参考になれば幸いです。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



スポンサーサイト



未分類 | 19:25:17 | トラックバック(0) | コメント(6)