fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スコア停滞の後ろにあるもの
TOEICテストを継続して受験していると、大抵の人がスコアの停滞を経験します。御多分に洩れず、僕もその一人です。停滞どころか、ダウンすることだってあります。

いつだったか、スコアダウンの理由について書いたことがありますが、話が複雑になるので、その時にはあえて触れませんでした。実はスコア停滞やダウンには隠れた秘密があります。

実力のアップが却ってスコアダウンの原因になる、そういう事象が発生している可能性があるのです。実力養成の過渡期に、この現象は度々表れます。

例えば、PART5で空欄の直後に doing がある。選択肢を見ると、
(A) During
(B) While
(C) However
(D) In addition to
こんなケースでは、つい最近まで During を選んで間違えていたけど、During は動名詞をとれないことを学んだので、(B) While を選んだ。素晴らしい進歩ですよね。During を排除できたんですから、一歩前進です。

ところが、実は、よくよく全文を見ると、空欄の後は名詞句で、意味的にも、(D) が正解だった。テストの直近で学んだ While doing に飛びついちゃったんですね。

最近までは During を選んで間違えてた。だけど、もっと前は何だか分からなくて適当に (D) を選んで正解してたかもしれない。

そうです。こんな時にスコアは落ちるんです。いずれは実力で正解を選べるようになるわけですが、成長の過渡期にはETSが仕掛けた罠に見事に嵌るんです。

だからスコアは落ちるんです。成長の過渡期、壁を突破する手前にいる学習者ほど、ETSのトラップに引っかかるんです。TOEICテストは、概ねそのように作られているからです。

TOEICテストは、上級者に近い中級者を落とし穴に落とすことを得意としています。だけど、初級者を罠に嵌めるのはあんまり得意じゃない。初級者は出題者の意図なんか分からないから、適当に勘で選んで正解しちゃう。そんな人を罠に嵌めるのは、全知全能の神だって不可能なんです。

ビギナーズラックって本当にあるんです。勿論、全体のスコアでは実力が上の人が、より高いスコアを獲得するわけですが、1問毎に正解率を分解すれば、初級者と中級者との間で逆転現象が起きることがあるんです。

こういう現象がたまたまいくつも重なると、その結果がスコアの停滞という形で現実になるのです。

同じ700点でも内容は違います。毎日のように勉強しているのなら、半年前の700点と今月の700点は内容に差がある筈なんです。

それに気づかずに、伸びないスコアに嫌気がさして諦めちゃう人が沢山いる。そういうパターンを何度も見てきた。そんな時、僕は心の中でいつもこう呟くんだ。

「あ~あ、もう少し、あと少しだけ頑張れば、絶対、大幅にスコアアップしたのになあ・・・。」

って。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



未分類 | 19:16:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
初めての香川にて
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


未分類 | 18:26:46