■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 申込済
225 2017.11 申込済
226以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

TOEICは新しいものがお好き
TOEICのPART7でよくある設問は、「新しいのは何?」という問いかけです。アタマが疲れてきたSP後半か、DPで問われることが多く、NOT問題で出題されることも多いですね。

新しいものとは、すなわち、これまで無かったものだから、簡単に分かりそうなものだけど、これが時間に追われて焦っているとなかなか見つからない。一見、何気ない言葉でサラッと記述されているからです。わざとそうしています。

だから本文中のキーワードを見落としちゃいけないの。

例えば、
new
newly
この2つは決定的なキーワードです。ストレートに新しいと書いてあるわけですから、本文中にこれらが出てきたら疑う余地がない。あ・た・ら・し・い、んです。

曲者なのが、
add
addition
です。加えるとか、追加する、ということですから、やっぱり「新しい」のであります。new とは言わずに add なんです。このほうが分かりにくいからそうしてる。

また、動詞でよくヒントになっているのが、新しく発売系、新しく導入系です。まあ、つまり始めるってことです。次のような「始める系」の動詞は要注意なんであります。今までやってないことを示しているに違いないから。

introduce
adopt
launch
initiate
begin
start
commence
などです。そして、これらの動詞に関連して重要なのが時制です。今、新しいのは何?って聞かれているので、既に導入していないといけない。だから、時制は「過去形」か「現在完了形」じゃないとダメなんです。

未来形は、これから導入予定だけど、まだ今はないってことだから、ひっかけのことが多いわけです。現時点、既にあるもので、最近になって新しいものは何?って聞いてくるのがTOEICの癖です。

まあ、稀に、article問題の最後の設問なんかで、「来年、何が起こりますか」的なことを聞かれて、「4月に社員用のカフェテリアを作る」なんてのもありますが、新しいものは基本、「最近導入したもの」と思っておけば、このような例外にも十分対応可能です。

ちなみに、improve とか、decorate とか、renovate とか、repair とか、remodel、restore なんかは、既にあったものに手を加えることだから、新しくありません。

フィットネスセンターが広くなったって、プールのレーンが増えたって、駐車場を2階建てにしたって、それは新しくないんです。元々あった屋内プールに加えて、屋外プールを新しく作ったら、それは新しいということになりますけど。でも、ほら、「加えて」「新しく」でしょ?Newly added です。

あと、意外性があるのは、
buy
purchase
かな。買っちゃいました系です。Rabbit Inc.が従業員の福利厚生のために、どっかから図書館を買った!その図書館は30年前に建てられたオンボロかもしれないけど、Rabbit Inc.にとっては、あくまでも New なんであります。

こんな風に考えながら隅々まで読んでいくと、TOEICの文書は決して退屈なんかじゃないでしょ?トピックとしては限定的かもしれませんが、非常に奥が深いのです。

TOEICのリーディングは、受験者が文書を正確に読めているかどうかを判定します。だから文字の上っ面を追いかけているだけでは正解できないように、アイテムライターは手を変え品を変え工夫しているんです。

過去~現在~未来といった時間の流れや、一体、今は何がいくつあるかといった数の認識は、ネイティブの最大の関心事だから、そこをしつこく突いてくるんです。

面白れえ、相手になってやろうじゃないの。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト
未分類 | 15:31:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
公開テストの前置詞問題を予測する
明後日の公開テストに出題される前置詞を予想する。前置詞は超上級者でさえ、時に足元をすくわれる厄介な相手だ。R100問正解は前置詞が握っていると言っても過言ではない。ということで、無責任にも予想してみました。

toward
個人的には大好きな前置詞です。方向性に加えて、対象に向けての語り手の意思だとか、躍動感を感じます。product targeted toward young children 「子供を対象とした商品、子供向けの商品」ですね。上記targeted は geared でも置き換え可能、PART7の本文に頻出の表現です。

alongside
実は色々な意味があるんですが、TOEICでは、圧倒的にwithと同じニュアンスで出題されることが多い。ですが、さすがに知らないと怖くて選べませんね。知っていさえすれば何てことない。

throughout
直後に時間や場所を表す名詞を置く。場所の場合「至る所に」、時間の場合「その間ずっと」という意味になります。throughout the World「世界中の至るところで」、throughout the year「年間を通してずっと」です。

among
~の間に、という意味ですが、直後に複数形の名詞をとって、one of と同義になる。among the leading companies in Japanです。one of と置き換え可能かどうかで判断しましょう。稀にamongst で見かけます。amongと同じです。

beyond
~を超えて、越えて、が原義ですが、守備範囲が広い前置詞です。僕が出題予測するのはthan との使い方の区別。PART5で空欄の前が比較級だったらthan ですが、原級だったらbeyondか、後述のoverだ。

over
これこそ恐ろしく沢山の意味がある前置詞ですが、TOEICでは、直後に期間を表す名詞がきた時に正解の可能性が高くなる。over the summer vacation、over the construction period などですね。意味的にはduring に近い。

against
動詞との相性で出そう。decide against「~しないことに決める」、advice against「~しないように助言する」、vote against「~に反対投票する」などですね。against が持つ「反対」の意思、イメージを感じとりたいところです。

into
これも動詞との相性で出そう。into は「変化するもの」との相性が抜群なんです。transform A into B、convert A into Bなど。あとは新しい場面に打って出るような状況とも相性が良い。新しい局面に食い込んでいくイメージ。例えば、expand our proud service into Europe みたいな使い方ですね。

opposite
across

この2つは似て非なるものです。across は突っ切って横切るイメージ、あるいは上を越えていくイメージです。郵便局の反対側にレストランがある、というような位置関係を示す場合には、opposite です。辞書で確認しましょう。

near
~の近くに、側に、という意味です。close to、next to、adjacent to はいずれも前置詞のtoを伴って近い意味になりますが、near は1語単独で機能するということを覚えていなくてはいけません。

besides
同じ前置詞でbeside と区別して覚えていないと間違えます。in addition to、as well as と置き換え可能です。s がつきますよ、sが。

within
直後に期間を表す名詞を置いて出そう。ズバリ、時制は未来形だ。within a week「1週間以内に」などですね。in a week だと「1週間後」というニュアンスですね。まあ、選択肢にwithin とin が一緒に並ぶことはありません。within には次のような、「~の中、内部」という意味もあって重要です。The replacement for current vice president will be selected from within our company. 副社長の後任は社内から選出される、ということです。from within と、前置詞が2つ並んだからといって驚かないように。

worth
これも前置詞。直後に名詞または動名詞が置かれる。PART6の常連だ。worthyやworthwhile といった重要語句と区別してきっちり覚えたい。

unlike
これもPART6に良く出る。~とは違って、という意味ですが、前後の文脈から、「対比」が相応しい場合に選ぶことになります。

barring
いつか出て欲しい前置詞。~がなければ、という意味です。韓国では何度も出題されているのに、日本では出ない不思議な前置詞。

given
~と仮定すると、~を考慮すると、~を前提として、という意味です。接続詞にもなる便利な単語ですね。article問題の本文によく出てきますが、PART5に出てきても不思議じゃない。

前置詞じゃなくて副詞だけど、そろそろ、
altogether
accordingly
respectively

あたりが正解の選択肢に登場しそうな予感がするなあ・・・。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 12:08:20 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad