FC2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』

2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得
2017年10月のIPで990点取得
2017年11月のIPで990点取得
2018年10月の公開で990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 480 465 945
225 2017.11 475 480 955
226 2017.12 485 470 955
227 2018.01 495 460 955
228 2018.03 480 475 955
229 2018.04 465 480 945
230 2018.05 475 450 925
231 2018.06 495 490 985
232 2018.07 465 485 950
233 2018.09 475 475 950
234 2018.10 495 495 990
235 2018.11 480 450 930
236 2018.12 495 480 975
237 2019.01 480 485 965
238 2019.03 490 480 970
239 2019.04 495 470 965
240 2019.05 495 480 975
241 2019.06 495 480 975
242 2019.07 495 485 980
243 2019.09 申込済
244 2019.10 申込済
245回以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Test10ワンポイント解説~後半
本日の昼休みにアップしたブログの続き、ラビ&ブッチのPART5マシンガン!Test10のワンポイント解説の後半20問です。121番~140番ですね。

ではどうぞ!

121 ハンドバックについて描写されているわけですが、手荷物や身の回り品を収納する十分なスペースがあるということですね。ここに副詞の(C)conveniently を追加すれば、都合よく、便利に収納できるという意味になり、更に描写が鮮明になります。正解を選べましたか?

122 自社と他社の製品の価格について言及しています。他社は廉価な労働力を使っているので自社よりも安いということが言いたいわけです。Be動詞の補語となる形容詞(B)comparable を入れると文が完成しますね。comparable は、“匹敵する”“ひけをとらない”“比較に値する”などの意味がある形容詞で、前置詞はtoもしくは with との相性が抜群です。

123 Be動詞+過去分詞+to do の形をとることができる選択肢を探しましょう。(D)のadvised ですね。同様の形がとれる動詞を纏めて覚えてしまうとテスト本番で役立ちますよ。be required to, be instructed to, be encouraged to, be reminded to, be invited to などなどです。他にも沢山ありますよ。纏めて一気に覚えてしまいましょう!

124 文頭のWhileはAlthough に近い意味で使われています。“熱心な”“献身的な”という意味の(D)committed を入れれば、文意が整いますね。committed worker“ 一生懸命働く従業員”のことです。

125 it’s become のit は後にあるto 不定詞の形式主語です。不況から回復することがとても難しくなっているということです。正解は(A)harder です。後ろにthan がなくても比較級が使われることが間々あります。この文で正解を選ぶキーワードは、a lot です。これはmuch と同じで比較級を強める役割を果たしているのです。このa lot があるために、原級の(C)hard は不適当ということになるわけです。

126 「プレゼンは素晴らしかった」「そのオファーを断った」という2つの関係は逆接の関係ですね。逆接を導く接続詞は(A)Although です。Even though, Even as, As much as も同様の意味で使われます。どれが出てきても驚いてはいけません。

127 so that の前までに動詞がないことに気づかなくてはいけません。bonds(国債)はモノです。受動態を探してください。あった、(A)are allocated だ。are allocated fairly で“公平に割り当てられる”です。ここのfairly はTOEIC定番の“かなり”という意味ではありません。おさえておきましょう。

128 vending machines が必要とするのは、exact change ですね。(D)change が正解です。exact change は、“釣り銭が要らないちょうどピッタリのお金”という意味になります。日本語的な感覚だと(B)coin も何となく選びたくなりますが、exact coin とは言いません。

129 A rather than B の形ですから、AとBの等しい形が求められますね。Bに相当するのは because of the addiction itself という副詞句です。これに対応するのは副詞の(D)habitually ですね。“依存や中毒そのもの”ではなく“習慣的に”喫煙しているということです。

130 選択肢は全て接続詞としての機能を持っています。ここは意味を考えていくしかありません。そのジャーナリストは仕事以外ではdocile “大人しい”けれども、職場では非常にcynical “ひねくれた、皮肉っぽい”人だ、という意味ですから、やはり逆接の(A)Even though が相応しいと判断します。英検1級レベルの難語が登場していますね。

131 following は after と同義の前置詞ですね。形容詞化している現在分詞changing “変わりゆく”と相性の良いコロケーションは、(B)rapidly ですね。急速に変わりゆく消費者の趣味、関心ということです。

132 この文においてwork は明らかに名詞ですね。文頭にThe がありますから、ここに入るのは形容詞(あるいは分詞)か、複合名詞を形成する名詞の一部ということになります。しかし、選択肢に目をやると、(A)と(C)は動詞、(D)は副詞です。したがって、形容詞の(B)collaborativeしか正解の候補がありませんね。自信を持って(B) collaborative を選びましょう。

133 空欄に入るのは句動詞bring about の目的語です。bring about optimal efficiency で“最大の効率性を産み出す”という意味になり、文意が通ります。

134 前置詞Among の目的語proposals を文法的に適切に修飾できる形容詞は(D)several だけです。幾つかの提案の中から、CEOはJulieさんの提案を選んだということになり、意味も通りますね。

135 刑事というものは、単なる感情に基づいて決断するのではなく、常に確たる証拠を探し求めねばならぬ、という文意です。(C)evidence が正解です。TOEICにはあまり出てこないタイプのテーマですね。何だか犯罪の匂いがします。

136 timely が形容詞で、in a timely manner が“タイムリーに、タイミング良く”という意味の決まった表現だと知っていれば瞬殺できる問題ですね。知らないと悩んでしまいます。でも大丈夫です、今、覚えたでしょ?

137 政府はローンを止めさせ貯蓄を促す目的で金利の引き上げを決定した、という文意ですね。(A)In response to を入れれば、In response to its overwhelming debt load となり、“圧倒的な(多い)借金に応えて=圧倒手な借金の解決策として”という意味を形成できます。

138 there are ですから、空欄には複数形の名詞が必要です。それは(D)remedies しかありません。remedy は、TOEICでは“改善策”という意味で使われることのほうが多いのですが、ここではズバリ病気に対する“治療法”のことですね。

139 軍隊に所属することは非常に厳しい、困難を伴うということですが、その理由をbecause of を使って述べているわけですね。(A)rigorous を選べば、not only because of the rigorous training, but also the unfair treatment “厳格な、厳しいトレーニングだけでなく、不平等な取扱い、処遇のために”という意味になり、文意が整いますね。

140 John は直ぐにカスタマーサービスに電話して不満を訴えたとあります。空欄にはきっとネガティブな意味合いの言葉が入るに違いありません。“過ち”“過失”という意味の(B)lapse を選べば前後が上手く繋がりますね。

以上でした。参考にしていただければ幸いです。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



学習会 | 15:50:49 | トラックバック(0) | コメント(4)
Test10ワンポイント解説~前半
昨日は折角の祝日にも関わらず、ラビ&ブッチのPART5マシンガン!にご参加いただき誠に有難うございました。時間の制約から9セットしか終えることができず、本当に申し訳ありませんでした。

そこでお詫びとして、最後のセットTest10のワンポイント解説をブログにアップします。長いので前半後半の2回に分けて掲載させていただきますね。今回が前半、101番~120番です。

それではどうぞ!

101 when以下が過去の一時点を示しているので現在完了形は不適切、現在形は論外ですね。過去形の(B)taughtを選びましょう。

102 場所・空間・時間などの一点を示す(A)Atが相応しいですね。129番を見れば答が分かってしまいます。作り込みが甘いですね(笑)。

103 文頭にAllがあって空欄直後に前置詞のtoが見えています。複数形名詞が入ることが分かりますので、正解は選択肢(A)か(B)に絞られます。were advised to apply の部分に着目すれば“人”が入ることが明らかですね。正解は(B)applicants です。

104 代名詞の格を問う問題です。release の目的語となる名詞のかたまりを作れるのは所有格の(D)their しかありません。their はもちろんcompanies を表しています。

105 組織の“誰か”がどの方向へ向かうか、つまり組織のリーダーがどの方向に舵を切るかにかかっているという文意なので、(B)leader が適切と判断します。

106 この文章の主語はbill です。ここでは請求書ではなく、法案という意味で使われています。空欄直後にsmoking という目的語が見えていますから、能動態で、かつ三人称単数に対応する動詞が求められますね。(B)restricts が正解です。

107 文頭に前置詞Without が置かれ、Kevin’s という所有格が続いています。この後は名詞が入るしかありません。選択肢に名詞は一つだけ、(D)assistance です。

108 ask 人 to do の形で、do に何が入るかを特定するわけですが、空欄直後にher intention という目的語が見えています。(B)complyと(D)agree は自動詞ですから、前置詞の力を借りないとこのまま単独では機能できません。彼女の意図を確認するという文意を形成する(A)confirm が適切です。

109 代名詞の格を問う問題です。何でも自分でやりたがるという文意を作る再帰代名詞の(C)himself が相応しいですね。by himself, on his own でも同じ意味になります。3つ纏めて覚えてしまいましょう。

110 Issac氏は引っ越してきて、そのことを郵便局に伝えていないから郵便物を受け取れないという文意ですから、“最近”という意味の(A)recently を入れればピッタリですね。recently は現在完了形との相性もバッチリです。

111 パイプラインシステムが駐車場フロアの直下、真下に建設されるという文意です。(C)under を選んでright under という“真下”というイメージの表現を完成させましょう。

112 all for it は、Be動詞を伴って、大賛成であるという意味になります。イディオムとして覚えてしまいましょう。話し言葉でも使われますから、PART2にも時折出てくる表現です。

113 品詞問題です。ピリオドまで一気に読めば既に文が完成していることが分かります。完成している文に入ることができるのは副詞です。礼儀正しく、恭しく、という意味の(A)respectfully を選んで動詞tell の意味を補足してあげましょう。文がグッと引き締まりますね。

114 空欄の先に目を走らせると、and が見えますね。both A and B の定型パターンです。(D)both が正解です。both when to be stubborn and when to step back and quietly observe the situation at meetings の意味が分かりづらいかもしれません。会議では自分の意見を譲ってはいけない時と、一旦は引いて状況を静かに見守るべき時があるということですね。押す時と引く時を両方教えてくれたということです。

115 文頭のUntil は接続詞です。parts という“モノ”が主語になっていますから、受動態を探します。ひとつしかありませんね、(C)have been installedです。態だけでなく、人称、時制もバッチリです。

116 空欄はThe とof に挟まれていますから、ここには名詞が入ります。名詞は(B)growth だけですね。日本の英和辞典などを参照すると、(D)growing も“成長”“発育”などの意味で出てきますが、ロングマンやオックスフォードなどネイティブの国の辞書では名詞として扱われていません。ここは素直に(D)を選ぶべきです。TOEICテストを作成しているのは米国だということを忘れてはいけません。

117 has gained trust from his colleagues で同僚から信頼を得ているということですが、このtrust の味付けとして相応しいのは (D)complete ですね。全面的な信頼、全幅の信頼という意味になります。(C)sturdy も惜しいですね。“頑丈な”という意味の他にも、“揺るぎない”という意味もありますので、sturdy trust で “揺るぎない信頼”という意味になるのではないかと考えてしまいます。しかし、調べましたが、sturdy にはそのような使い方は確認されませんでした。

118 so ~ that の構文ですね。ここでは動作を補完する副詞が相応しいわけですが、副詞は一つしかありません。(A)eagerly が正解です。

119 選択肢には他動詞がズラリと並んでいます。これは全体を読んで意味を考えるしかありません。毎日2回、工場の全ての部分を点検するという意味を作れば文が完成します。(B)inspects を選びましょう。

120 この文の主語はfact ですね。直後のthat は関係代名詞ではなく接続詞です。The fact that で、“~という事実”ですね。TOEIC頻出表現です。この英文の意味は、消費者が不況の間はお金を使わずに蓄える傾向があるという事実は地元の企業にとっては明らかだが、受け入れ難い、ということです。問題の解答は(B)during です。(A)while は接続詞ですから不適ですね。同じ前置詞のthroughout ならOKですね。

121番~140番は近日中にアップします。しばしお待ちくださいませ。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 12:46:10 | トラックバック(0) | コメント(4)