fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

韓国模試で遭遇した語彙
韓国模試に実際に出てきた単語で、難易度がやや高めのものをご紹介するコーナーです。たまにはTOEICブログらしい記事を書かないと叱られるので、書いてみました。

denounce
これは他動詞で「公然と非難する」「訴える、告発する」という意味です。TOEICでは「公然と非難する」のほうよく見かけますね。後ろに続く前置詞は、as か for が多いですね。英和活用辞典などで調べてみてください。

procrastinate
これは自動詞と他動詞の両方の用例があって、「ぐずぐずと引き延ばす」という意味です。PART5の誤答の選択肢でよく見かけます。「ぐずぐず遅らせる」イメージの言葉なので、あまり良い意味では使われません。

reinstate
他動詞で「復職させる」「元の地位に戻す」という意味です。PART7の設問に対する選択肢に登場しました。正解の選択肢でしたから、分からないと悩みますね。確か、病気でしばらく療養していたけど、健康を回復したので復職したというような文意でした。

adjourn
これも自動詞・他動詞両方あって、「休会する」「延期する」という意味ですが、TOEICで頻出するのは、自動詞の「休会する」です。PART7の本文でよく見かけます。セミナーに議事録なんかによく使われるんです。

bewilder
これは「当惑させる」「困惑させる」という意味の他動詞です。実は形容詞のほうがよく見ます。現在分詞と過去分詞が形容詞化したやつですね。bewildering はモノが主語になって「当惑させる」という意味、bewildered は人が主語になって「当惑した」「途方に暮れた」という意味です。リスニングセクションで出てきました。

どうですか?知らないものはありましたか?一見すると、英検に出てくるような単語ですけど、実際に定評があるTOEICの韓国模試で僕が見かけたものばかりですよ。だから覚えなくちゃいけないんです。全部知っていたという方は、おそらく950点以上のレベルにいる筈です。

韓国模試を解く過程で、上記のような興味深い単語を見かけたら記事にしますね。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



未分類 | 17:58:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
韓国模試との出会い
TOEIC韓国模試の現物を初めて見たのは、忘れもしない、2012年4月29日に開催された花田先生のチャリティセミナーだった。いや、厳密には、その後の懇親会の場だった。

僕はこの日までTOEICのイベントには一切出席したことがなかった。たった一人で独学を貫いて満点を獲ると決めていたからだ。

でも、東日本大震災から1年経過し、何か手助けができないかと思案していたところ、花田先生を中心にTOEICのプロ達が集まってセミナーをやるという。参加費は、その一切が義援金として被災地に寄付されると聞いて、その考えの一部を改めたんだ。

いざ行ってみると、当然のことながら周りは知らない人ばかり。特に、懇親会はどうしても旧知の人達が固まるから、TOEIC社交界デビュー戦の僕は、独りポツンと座って飲んでました。正直、つまんねー、と思いながら。最初はね。

でも、お酒が入って場がこなれてくると、そもそも話題がTOEICで共通してるから、結構いろいろな人と話ができる環境になってきた。そこで初めて目撃したのさ、世に言う韓国模試というやつを!

後にシリーズものの学習会でお世話になることになるKiYoさんが持ってきていて、周囲の仲間達に誇らしげに見せてた。僕は隣のテーブルに居たんだけど、何だか、ただならぬオーラを感じとって近づいていったんだ。

「あのお~、Rabbitと申しますけど、そ、それは何ですか!!!」

「え、これ?これは韓国模試ですけど・・・。」

「韓国?何で韓国なんですか?エコノミーって書いてありますけど・・・。」

「韓国は日本よりTOEICが盛んなので、こういうのが沢山あるんですよ。」

「それ、どうやって手に入れるんですか?本屋さんで売ってるんですか?」

「日本の本屋さんには置いてません。」

忘れもしない、あれは、Economy5のRCだった。ラベンダー色の表紙が神々しく光り輝いて見えた。欲しい・・・。僕もそれ、チョー欲しいんですけどおおおっ~!

それから入手方法を教えてもらって、数月後には手に入れた。実は、注文方法がよく分からなかったから結局は輸入代行業者に頼ったけど、とにかく手に入れた。

チャリティセミナーから約4か月後の2012年8月24日、自宅にYES24の段ボールが届き、胸を躍らせながらカッターで開封した・・・。部屋に運ぶのも待ちきれずに玄関先で・・・。

そこには夢にまで見た韓国模試達が5冊、確かに入っていた。1冊ずつ、ガラス細工でも触るかのように丁寧に手に取り、中をパラパラとめくった。間違いなくTOEICの模試であることを確認し、僕は独り歓喜した。

そして、誰も居ない部屋で、宝物を抱きしめながら叫んだ。

お前達を必ず990の高みまで連れて行く!

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 11:57:23 | トラックバック(0) | コメント(0)