■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 申込み済
220 2017.05 申込み済
221以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

152日目に思う
今日で152日を数えることになりました。え???何がって???ブログの連続更新記録ですよお!!!え???そんなもん知るかって???そ、そですかあ・・・。

昨年の大晦日に突如決意して始めたことなんですよね。これはTOEIC界の大御所であるTommyさんの影響が大きかったと思います。それまであまり接点がなかったのですが、彼のブログを度々訪問していて気づいたんですよね。長いこと毎日欠かさずに更新されているという事実にね。

正直な感想を言うと、「凄い」と思った。稚拙な表現で申し訳ないが、それ以上に適切な表現が思い浮かばない。自分の心の中にあることを、どんな形であれ、毎日、外部に向かってアウトプットし続けることの難しさを僕は分かっているつもりだから。

それで思ったんだ。僕も1ヶ月だけやってみようと・・・。1ヶ月やってみてできたから、もう1ヶ月やってみようと・・・。そして現在に至るわけです。

そしてあることに気づいた。大事なのは「習慣化」なんだと。困難を感じるのは、それが習慣化できていないからなんだね。自分の中でいつの間にか日常化されてしまえば、それはもはや当たり前のことであって、困難なことではなくなるんだね。毎朝の歯磨きと大して変わらない。

実は仕事や英語学習も同じなんだよね。そのことに気づいてから、僕は考えたんだ。では、習慣化するにはどうしたらいいんだ?って。ここで詳しく書くつもりはないけれど、非日常を日常に変える工夫をし続けてきました。答えは、実は割りと簡単なことだった。ただ、簡単すぎて誰もやらないことだった。

TOEICにおいても、一定の成功を収めている人に共通していることは、英語学習を日常化し、続けているということだ。彼らはそれを決して特別なこととは考えていなくて、当たり前の日常のプラクティスだと思っているわけです。英語学習を期間限定の特別な努力だと考えている人間が勝てる相手ではないんだ。

キーワードは「習慣化」「日常化」なんだ。新しいTOEIC本が出版されて、今は周りの皆と一緒に一生懸命それを勉強するわけだけど、1ヶ月経ったら半分に減る。3ヶ月経ったら1割に減るだろう。1年後にまだしつこくやっている人は果たして何人残っているのだろう?数える程しかいないはずさ。

そりゃあ、そうさ、その人こそ、数少ない、賞賛に値する勝者なんだから。いつの時代も、どの土地でも、勝者の数はそうう多くはないものだ。

僕がやっていることは、たかがブログの更新です。1日15分あれば誰でもできる易しいことです。だけど、それを愚直に続けることができる人は意外と少ない。だからこそ続けるんだ。今はまだ雲の上のあの人達に、いつか追いつくために。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト
未分類 | 19:54:40 | トラックバック(0) | コメント(2)
昨日はお祝い会でした
昨日はPoohおじさん勉強会に出席してきました。一旦、僕はこの勉強会は離れるのですが、参加者の皆様から御礼の品やら金一封やらいただいてしまって恐縮至極です(大汗)。本当に有難うございました。

この勉強会が末永く続いていくことを祈っていますし、これからも蔭ながら応援していくつもりです。あくまでも一旦、形のうえで退くだけです(涙)。とらさん、あとは任せましたよ。主催者のPoohさんを全力で支えていってください。

本当はSeason 2の打上に参加したかったのですが、これまた僕の親友のとあるお祝い会があったので、欠席せざるを得ませんでした。誠に申し訳ございません(平謝り)。

とあるお祝い会は新宿某所で実施されたわけですが、楽しかったですねえ・・・。TOEICという同じ志を持った面々が一同に介し、互いの幸せを祝うということは素晴らしいことですね。言葉では表せない感動がありました。泣きそうになる心を抑えて笑いました。←なんでやねん?

主賓がお帰りになった後も、残った参加者をとあるミャンマーにお連れし(←とある、じゃねーし)、終電間際まで楽しく懇談しました。楽しすぎて何を話したのかすっかり忘れてしまいました・・・。←ダメじゃん・・・。

覚えていることといえば、レバーと赤ウインナーとカレーを注文したことくらいでしょうか?あ、刺身も食ったかな・・・。まあ、どうでもいいや、そんなこと・・・。

今日は朝から、月曜日に控えている出張の準備に追われ、あっという間のこの時間です。明日の今頃は僕は汽車の中あ~、間違えました、おそらく博多です。勿論、行きます、中洲に・・・。あ、それはどーでもいいですね・・・。

旅のお供は勿論、TEXさんの新刊です。移動時間を有効の活用して1019問を読破します。羽田空港のラウンジで、でる1000を解いているダンディなうさぎさんを見かけたらそれがおそらく僕でしょう。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 19:13:32 | トラックバック(0) | コメント(2)
本日でSeason 2終了!
本日の勉強会をもってPoohおじさん勉強会のSeason 2 が終了します。通算で20回も開催したことになりますね。僕は1回だけどうしても出席できなかったので、19回参加したことになります。

今年は本業が忙しく、仕事がパンク寸前だったり、体調面で優れない時もありましたから、我ながらよく頑張ったなと思います。たまには自分を褒めてあげてもいいかな・・・。

Season 3 からは一旦、勉強会を退きますが、学習時間を減らすわけではありません。むしろ増やしていきます。基本的には独学の時間が増えそうですが、単発でのスポット勉強会は精力的に主催し、あるいは参加していくつもりです。

今後は、9月の公開テスト辺りに照準を合わせて、毎回990点を狙えるだけの本格的な下地作りをしたいなと考えています。今は未だその域に達しているとは言えません。

リスニングで何が不足しているのか、リーディングで何が不足しているのか、自分なりに既に分析はできていて、後は自分で決めた学習カリキュラムを淡々とこなしていくだけです。

Rabbit のTOEIC満喫生活を立ち上げた時のメインテーマのひとつが “独学で990点の高みを目指す” というものですから、あくまでも990点取得には拘り続けていきます。

先日の記念すべき第200回公開テストで、TOEIC連続受験記録は71回を数えることになりました。正直、苦しい時も数々あったけど、これだけは確たる信念を持って、強い気持ちで守り続けてきました。今後も心技体を充実させて、この地味な記録は伸ばしていきます。先ずは100回連続の金字塔を打ち立てることを目標に一層邁進していきます。

Season 3 に参加される勇者の皆さん、自分の努力を信じて、仲間達を信じて、走り続けていってください。続けていれば、必ず夢は叶います。

僕も時間がある時は、たまには飛び入りで参加させてもらうこともあるかもしれません。その時に、皆さんの元気な笑顔が見れないと淋しいから、是非、仲間同士、手をとり合って学習会を盛り上げていってくださいね。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 13:07:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
ラビ&ブッチPART5マシンガン第3弾!の詳細内容決定
6/14にTEX加藤さんの新刊「新TOEICテスト 文法問題でる1000問」を題材にセミナーを実施いたしますが、このタイミングで当日のメニューを発表しておきます。

でる1000問2

もう既に一部の書店では店頭に並んでいますし、明日には正式にリリースされますから、この週末から解き始めたいという方もいらっしゃるかと思います。セミナーで何をやるのか決めておかないと学習の計画も立てられないでしょうから、今、決めておきます。

本書はご存じの通り、例題も含めると1,019問という膨大な数のPart5問題を収録していますが、そのすべてを1日で網羅することなど到底不可能です。そこで、取り扱う範囲を予め限定します。

第1章から第7章までは文法項目毎に区分けされたトレーニングセクションになっていますが、この部分は参加者各自の自習に委ねたいと考えています。

6/14は、本テキストの佳境に入る後半、330ページからの文法模試を取り上げることとします。文法模試は1セット40問のTOEIC公開テストと同形式になっていて、セット1からセット9まで全部で360問あるわけですが、この内、セット1からセット7を扱うこととさせていただきます。

余裕があれば、セット8とセット9まで踏み込みたいと目論んでいますが、時間の制約もありますから、おそらく難しいでしょう。あまり欲張ると、スピードを上げなくてはならなくなりますから、説明が雑になってしまいます。今回のマシンガンは、リーディングのスコアレンジが400点以下の方をメインの対象者としていますので、ある程度、丁寧にご説明したく、7セットが適当な数であろうと判断しました。

9時から17時ですから、昼食の1時間を除くと、正味7時間です。つまり、1時間に1セットのイメージですね。20分で1セットを解いていただいて、残り40分を解説・ディスカッションと休憩にあてる計算になります。

セット1からセット7を事前に解いておきたいという方はそれでも構いませんし、初見問題として臨みたいという方はそれでも結構です。参加される方の裁量にお任せします。個人的には、初見で解いたほうがワクワク感や適度な緊張感があって面白いかなとは思います。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 12:26:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
Business Writing Workshops
TOEIC SQUARE のサイトの中に “Business Writing Workshops” というセクションがあるのをご存じでしょうか?様々なシチュエーションでどのような英文を書いたら良いか、実にTOEICらしい表現満載で示してくれています。

ひとつ抜粋して紹介すると、例えば、

≪シチュエーション≫
外国人の個人客から、製品マニュアルを紛失したので1部送ってほしい、とメールで連絡がありました。マニュアルは会社のウェブサイトから無料でダウンロードできることを返答したいのですが、どのように書けばいいでしょうか。

≪解答例≫
Thank you for contacting us regarding the product instruction manual. The manual you have requested is available as a PDF download on our website, making it faster to obtain than by postal mail. Would you please access the URL given below and click on "WS07D Instruction Manual"? If you have difficulty in downloading or opening the file, please feel free to contact us again at this e-mail address at any time.

学びのポイントが沢山ありますね。他動詞のcontact の使い方、定番の前置詞 regarding 、複合名詞 product instruction manual、目的格の関係代名詞that の省略、頻出形容詞 available、making は分詞構文を形成、make+O + Cの使い方、比較級 + than の表現、他動詞として頻出する obtain と access、have difficulty (in) doing の定番表現、feel free to はdo not hesitate to と共にPart6の常連、at any time は at all times と一緒に覚えておきたい慣用句、などなどです。

≪日本語訳≫
製品取扱説明書についてご連絡いただき、ありがとうございます。ご要望の説明書は、弊社のウェブサイトからPDF版のダウンロードが可能となっており、郵送差し上げるよりも迅速に入手していただけます。下記のURLへアクセスし、「WS07D取扱説明書」をクリックしていただけますでしょうか。ダウンロードがうまくいかなかったりファイルを開けなかったりする場合には、いつでもご遠慮なく、このメールアドレス宛てに再度ご連絡ください。

こんな感じのライティングサンプルをいくつも無料で見ることができるので、非常に有益ですよね。電車の中でもスマホで確認することができます。この一例を覚えるだけでも相当な実力がつきます。書けるということは、読めるわけだし、空所補充だって簡単にできるわけです。

もうひとつだけ抜粋してご紹介しておきますね。実に無駄のない綺麗な英文です。英文を読んで、日本語訳を確認し、そして、学びのポイントを自分なりに感じとってみてください。力がつきますよ。

≪シチュエーション≫
海外の関連子会社に、次の四半期の予算案の提出を求めているのですが、こちらの都合で提出期限を当初の通達よりも早めなければならなくなりました。スケジュールが変わってしまったことを詫びると同時に、前倒しでの対応を依頼する英文を、どのように書けばいいでしょうか。

≪解答例≫
This is to inform you that we have moved up the due date for your budget proposal for the next quarter by five business days to May 20th. I apologize for any inconvenience this rescheduling may cause you, but I would greatly appreciate your meeting the new deadline and keeping pace with the rest of the business group.

≪日本語訳≫
来期の予算案の提出期日を5営業日繰り上げ、5月20日とさせていただいたことをお伝えします。今回のスケジュール変更で、ご迷惑をおかけすることとなり、申し訳ございません。どうか新たな期限にご対応いただき、他の事業グループ各社と足並みをそろえていただければ幸いです。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 10:44:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
TEX加藤さん新刊「新TOEICテスト 文法問題でる1000問」レビュー
待ちに待ったこのテキストをようやく自分の手に取ることができ、感無量です。紀伊國屋書店新宿本店に走りました!まだ第1章の332問しか解いていませんが、それだけでこのテキストの価値は十分過ぎる程に分かりました。TEXファイル恐るべしです!

構想3年、執筆2年、都合5年間の集大成と聞いていますが、流石の一言ですね。僕が言うのも失礼極まりない話ですが・・・。このテキストを一言でざっくり表現すると、それは、「TOEICそのもの」ということになりましょう。TOEICの出題傾向、出題形式から1㎜もずれていません。完璧です。

でる1000紀伊國屋

何が素晴らしいって、先ず問題文が素晴らしい。そして、選択肢が素晴らしい。勿論、誤答の選択肢も含めてです。TOEICらしさ100%の仕上がりです。解説もTEXさんらしい丁寧で温かみのある口調なのですが、それでいて簡潔で分かり易い。

問題文は固有名詞も含めて、すべてTOEICの世界観をフルに演出しています。紛れもなくTOEICの世界です。あなたもページを開けば、そのままTOEICの世界の住人になれること間違いなしです。笑えるくらいTOEICです。細部に亘る入念な作り込みは、TEXさんのTOEICオタクとしての拘り、いや、矜持と言っても差し支えないでしょう。

また選択肢が素晴らしい。一言で言うと無駄がありません。先ず、正解の選択肢が本番のTOEICテストの傾向と寸分の狂いもなく設定されているということ、これが一番ですね。次に誤答の選択肢ですが、韓国模試などを解いていると、首をかしげたくなるような選択肢を稀に見かけるのですが、それがない。誤答の3つの選択肢が効いているんですよね。誤答の選択肢が何故そこに配置されているのか、出題者の意図がきっちり反映されています。

そして、最後は解説の妙ですね。限られた紙面ですから、語注や詳しい構文の解析は望めませんが、ピンポイントで核心をつく解説が施されています。また、誤答の選択肢が何故、正解になり得ないのかについても紙面が許す限り、懸命に触れようと努力されています。日本語訳は、問題文の語注に紙面を割けないことを意識して、基本はこなれた日本語訳なのですが、時に、あえて直訳調にとどめることで、学習者の英文構造の理解をむしろ助けています。TEXさんのみならず、アスク出版の編集スタッフさん達の血の滲むような努力を垣間見たような気がします。

本当は1019問すべて解いて、細部に至るまで確認してからレビューを書きたかったのですが、このテキストのレビューだけは、スピードで誰にも負けたくなかった。絶対に譲らないと思っていましたので、読み進める途中ではありますが、このタイミングでブログ記事としてアップしました。そういう事情ですので、中途半端な状況でのレビューをお許し願いたい。隅々まで確認してからのレビューはいずれ書きます。

TEX加藤さん、アスク出版英語編集部の皆様、素晴らしいテキストを世に送り出してくださって誠に有難うございました!この宝物は、TOEIC学習仲間達と共に存分に活用させていただき、そして、この御恩は、ありきたりの言葉などではなく、スコアで必ずお返しいたします。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 14:25:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
スマホ壊れました
冷やし中華はじめました。そしてスマホ壊れましたw・・・。壊れたといってもカメラ機能だけなんですけどね。はっきり言って不便です。酒場放浪記用の写真が撮れないからさ。←そこですか?

TOEIC的にはwarranty の期間はとっくに過ぎていたので、repair してくれる近隣のショップのリストをくださいとメールを送るわけですが、現実的にはそんな悠長なことは言ってられず、直ちにお店に行ってきました。

ところが、応対してくれた若い彼氏がまったく要領を得ず、よく見れば胸元に「研修中」のバッジをつけているではありませんか!Prior experience がゼロなわけです。Not qualified です!イライラしながらも何とか新機種に変更の契約を結んだら・・・・・。その後で・・・・・。

「お客様、今はその機種の在庫がありません」・・・・・。

まさかの~、unavailable 、あり得な~い、out of stock !

だったら最初からそう言ってくれよおおお~!そしたら別の機種を選ぶんだからさあああ~!あなたがその機種を僕に勧めたんでしょう?僕がどうしてもそれが欲しいと言ったわけじゃありませんよおおお~!だったら、recommend すんなよおおおお~!

Part7の文書を参考にクレームのレターを書こうかと思いましたが、面倒なので止めました・・・。1~2週間程度でお取り寄せできますということなので、待ちます・・・。別に、カメラ使わなければいいわけだからさ・・・。うん、そーだよね・・・。←若干、納得感に欠ける。

風邪で弱っているところに追い打ちをかけられた気分です・・・。

まあ、でも、こんな日もあるさ。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 13:17:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
めじやんのパート5良問難問活用会(6/6)
僕のTOEIC仲間である“めじやん”こと“めじさん”が6/6(土)新宿界隈で勉強会を開催されます。僕もフルタイムエンプロイーです。いや、フルタイム参加します。

めじさんはPart5に造詣が深く、Part5が死ぬほど好きで、Part5しか勉強しなくて、Part5をやらないと眠れなくて、Part5の鬼で、つまり、そーいう人です。←よくわかんねー!

めじさんは・・・・(まだ続くのか)、Part5を数万問も解いていて、その中から選りすぐった良問・難問を当日持ってきてくれることになっています。これは有難いことですよね。参加者は数万問からのエッセンスを労なくしてキャッチできるわけですから。

勉強会当日は、実際に問題を解いたうえで、めじさんがポイントを解説してくれます。僕も全力でサポートさせていただきます。Part5の難問には目がないもので、ウワッハッハッハッハッ!←狂ってますね・・・。

というわけで、参加ご希望の方は下記のめじさんブログにアクセスのうえ、お申込みくださいませ。分からなければ、僕のブログに隠しコメントでも構いません。僕からめじさんに連絡します。僕も入れて既に10名程集まっていて、残り枠は5~6名とのことですのでお早めに。
めじさんブログです

≪以下、めじさんブログより抜粋≫
日時:6/6 13:00-17:00 (出入り自由)
場所:新宿御苑あたりの会場(会場の詳細は参加者にお知らせします)
参加費用:500円
募集人数:16名

●基本の流れ
①問題を解く(20問)

②いちおう1問1問私がこれから6/6までいろいろ猛勉強して調べ、
↓その調べたことを読み上げる形になると思いますが、
↓基本的に私が難しいと思ってる問題なので、無茶苦茶なことを言う可能性もあるので
↓雑談検討形式にしていくつもりです。ざっくばらんにやりましょう。

③ ①と②の繰り返し(2,3回 計80-120問になると思います)

●問題形式(計120問)
・ウォーミングアップ20問(解説や討論はあまりしない予定)

・TOEICエッセンス抽出20問

・TOEICエッセンス抽出20問(*)

・TOEICエッセンス抽出20問advanced(難問です)

・よくわからん20問(超難問です)

・たぶんめったに出ないVOCA20問(*)←語彙問題に特化した難問です
(*)は時間の関係で割愛となる場合があります。

参加希望や問い合わせがある方は
・ブログコメント
・part5meji@gmail.com
・Twitter
等で連絡下さい。
≪ここまでが、めじさんブログ抜粋です(若干、Rabbitによる加工あり)≫

という感じですね。

それから、模試等を解いていてPart5で分からなかった問題がお手元にありましたら、是非、それを当日お持ちください。参加者全員の英知を結集して解決しようではありませんか!解決しちゃいましょう!エイエイオー!

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 15:01:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
公開テスト雑感
先日の公開テストを受けて実感したのですが、Part6とPart7の一部の問題は、高い国語力と論理構成力がないと正解に辿り着くのが困難になってきていますね。はっきり言って、もはや英語だけできても無理だ。ひょっとしたらネイティブだって全問正解はできないぞ。

まあ、言ってみればTOEICは元々そういうテストなわけですが、その傾向が最近になって一段と強くなったというべきかもしれません。文書の深い理解がないと足元をすくわれる作り込みになっています。

文書全体の構成を把握したうえで、次に、それぞれのパラグラフが全体においてどのような役割を果たしているのか、パラグラフの中にある1文がどのように位置づけられているのか、何故そこにそのような文が置かれるのか、何故そのような表現が使われるのか等々、きちんと読み解かなくてはなりません。

漫然と読んでいては1~2問は必ずとりこぼすことになるので、985点止まりになってしまいます。満点狙いでなければそれでもいいわけですが、我々トーイッカーはそうはいきません。何が何でも990点獲るんだ!そのために日夜努力している。

あと1~2問、つまり、あと5~10点を積み上げるためにはどういう訓練が効果的なのでしょうか?なんとなく見えてきているんだけどなあ・・・。研究を重ね、それを言葉に置き換えることができるレベルに至った時、じっくりと語りたいものだ。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 13:53:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
サラリーマン特急合同自主トレのお知らせ
皆さん、ご存知ですか?OJiM監督が「サラリーマン特急」の購入者のために合同自主トレを開催してくれるという耳寄りなお話を?詳細は下記のOJiM監督のブログURLにアクセスしてくださいね。すぐに埋まってしまうとは思いますが、現時点ではまだ席はいくつか空いているみたいです。
OJiM監督のブログ記事

凄いことですよね。本を出す先生方は沢山いらっしゃいますけど、その本の学習方法を直接伝授してくれる著者はあまり居ませんよ。10:30~12:00という短い時間ではありますが、リスニング力アップのきっかけになりそうな90分ですね。

午前中ということで頭も冴えている時間ですし、勉強した後、少しリッチでお洒落なランチなどいただけば、ついでにグラスワインなんかも飲んじゃえば、幸せな気分になれること間違いなしです!

僕も黒子の役目で勝手に行っちゃおうかな・・・。←やめときなさい!

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 19:05:40 | トラックバック(0) | コメント(2)
ラビ&ブッチのPART5マシンガン第3弾!の補足
5/27満席となったようでございます<(_ _)>。

6/14(日)にTEX加藤さんの新刊を使って、ラビ&ブッチのPART5マシンガン第3弾!を実施することとしていますが、1点、大事なことをお伝えするのをうっかり失念していました。

当日は9時から17時という長丁場ですので、途中参加あるいは途中退室を認めております。これは過去2回実施しているマシンガン企画と同様の措置です。お仕事や家庭の用事などいろいろあろうかと思います。必ずしもフル参加いただかなくても結構です。

まだあと10名ほど参加枠が残っているようですので、「午前だけ」「午後だけ」「15時に退室」などでも結構です。どうぞ遠慮なさらずに手を上げてください。お申し込みは下記のブチブッチさんのブログにアクセスしてくださいね。
ブチブッチさんのブログ記事
※フル参加でない場合でも参加費は変わらず990円であることはご了承くださいませ。

それにしてもTEXさんの新刊は楽しみですね。コレです、コレ↓。
でる1000問2
≪このテキストの使用は、事前に著者であるTEX加藤さんにご了承いただいております≫

【日時】 6月14日(日) 9時~17時(12時~13時はお昼休み)
【場所】 新宿区内のどこか(参加の意思表示をされた方にのみご連絡)
【内容】 文法問題でる1000問の演習とポイント解説
※1000問のうち何問できるかは分かりません。おそらく300問くらいだろうと予想しています。
【費用】 990円(テキストは各自で購入くださいね)
【人数】 36名(僕を含め運営スタッフ4名が左記人数に含まれています)
【募集】 5月25日(月)の21時からブチブッチさんのブログで募集開始しています。

参加者に当てたり、ペアワークをやったりということはしません。ただひたすら問題を解いていただき、ただひたすら僕が解説していくというスタイルを時間の許す限り貫いていきます。ご質問は随時受け付けますのでご心配なく。こちらからは指名しないという意味です。

記念すべき第200回公開テストの興奮冷めやらぬ時期ではありますが、泣いても笑っても次の第201回公開テストの日は確実に近づいてきていますよ。ここで頑張った学習者だけが、来月笑うのです(ワッハッハッハッハ)!←なんで今、笑った?

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 18:31:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
第200回TOEIC公開テスト感想
記念すべき200回目の公開テストを受験してきました。受験地の東京経済大学構内は爽やかな春の風が吹き抜け、絶好の受験日和でした。←できたとは言ってない。

教室内に入ると、そこはバラの花園のようなピンクの世界でした。これで3回連続かな?席は一番後ろから2番目だったので音響が不安でしたが、大きなスピーカーが前方に2台あって、聴こえ方はバッチリでした。←できたとは言ってない。

さて、感想ですが、ネット上では、メジャーフォームは難しくなかったというような意見が大半を占めているようですが、僕は個人的には、結構難しかったと思っています。以下、Part毎の難易度イメージです。

Part1:普通(9枚目の写真だけ少し悩んだ)
Part2:やや難(32番くらいから急激に難しくなったし・・・)
Part3:普通(相変わらず43番を聴き落としちゃった・・・)
Part4:やや難(5つ目のセット、9つ目のセット、最後のセット自信なし)
Part5:やや難(たぶん全問正解してるけど、いつもより時間がかかった)
Part6:普通(易しいと思ったけど、一風変わった問題が3つあった。そしてたぶん2問落としたw)
Part7:難(文章量は比較的少なく時間は余ったけど、間違えた・・・)

リスニングは、Part4が難しかったですね。何だか場面がイメージできないのが3つもあった。Part1はトリキーなものはなく、標準的でしたね。Part2は31番までは完璧だったんですが、そこから急激に聴き取りにくくなりましたw。Part3は43番だけかな、落としたのは。Part4はボロボロです。コメントは差し控えたいと思います(泣)・・・。全体としては6ミスくらいかなあ・・・。485点くらい?

リーディングはPart5&6で何と20分を消費してしまいました。いつも10分から15分なんですけどね。何だか、「ん?」「んん??」「んんん???」っていうのが多くて、正解を特定するのにエラく時間がかかりました。52問解いて初めて腕時計を見たら20問が経過していて焦りました。しかもPart6で2問落としたようです。

Part7は急がなくちゃと思ってスピードを上げようと試みたのですが、いきなり153番がムズ~イ!一旦は(B)を塗って、後で(D)に塗り直して、再び見直しの時間に戻ってきて5分以上検討して、最終的に(B)に戻しました。その後、SPは20分で順調にやっつけてDPに入りました。DPもSPと同様に、読ませる量自体は大したことなかったので、再びゆっくりスピードに戻して解いていきました。文章量は少なくて、最終的に時間は余ったけど、NOT問題とSuggest問題は健在でしたね。2問やられた。Part6の2ミスと合せて4ミス計上と見込みます。480点くらいかな?

というわけで、おそらくトータルで965点と予想します。思いっ切り上にブレても980点といったところでしょうか?不本意な結果でしたが、6月に仕切り直して頑張ります!

でも、200回記念を心底楽しめたから、それは良かったかな。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 10:26:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
第200回TOEIC公開テスト当日
記念すべき200回目の公開テスト当日がやってきました。何だか武者震いするような朝です。昨日は風邪気味なこともあって、夜10時には就寝したのですが、2時半過ぎに起きてしまい、先ほどまでボーっとしてました(笑)。

今日の受験地は東京経済大学です。4回目くらいですかね、ここは。過去はずっとマイナーフォームだったような気がしますけど、今日はどうかなあ?行ってみてからのお楽しみですね。あと1時間くらいで分かるでしょう。

昨日は予定通り、勉強会で直前模試も解いたし、TEXさんのTOEIC神社にも訪問してコメントも残しましたので、やるべきことはすべてやりました。後は、運を天に任せて思いっきり楽しむだけです。

皆さんも楽しんで受験してきてくださいね。昇進や転職などでどうしても一定のスコアを手にしないといけない事情の方もいらっしゃるとは思いますが、あまり悲壮感を漂わせて受験しても良いことありませんよ(笑)。

Take it easy ! 今日の記念すべきテストを満喫しましょう!

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 10:56:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
オレンジ封筒開封式実施!
今日はPoohおじさんのTOEIC勉強会でした。公開テスト前日だけに、皆さん、何だか目の色が違っているような気がしました。どことなく、殺気が感じられ・・・、コワイよお~。

というのは冗談ですが、勉強会終了後に、拙ブログで記事にしましたオレンジ封筒開封式を実施しましたあ~!ひえええええ~!

先日受験した明治大学リバティアカデミーのオレンジ封筒を、つまりスコアレポートを皆さん、本当に封を切らずに持ってきましたあ!一体、誰が言い出したんだあああああっ!こんな非常識なことおおおっ!←あんたでしょ?

勉強会終了後にオレンジシックスの6人が集まり(←そんな名前だったっけ?)、それぞれの予想スコアをホワイトボードに書き込む。そして一人ずつ開封して自分の申告スコアとの差を争うわけです。ピタリ賞とか、ニアピン賞とかね・・・。

なんと全員が900点オーバーのハイスコアでした!Poohおじさん勉強会の威力、恐るべしだがね!どえりゃあ~、凄いがやあ~!

いやあ、緊張しましたねえ・・・。そして異常なほど盛り上りましたねえ・・・。水曜日に届いていたにもかかわらず3日も我慢した甲斐があったというもんです(←とらボルタさん流に言うと、ねかせたとか、熟成させたとかいうらしい)。

僕は運よく990点満点を取得できていましたあ!やったあ(パチパチパチ)!←スマホのカメラが壊れているのでエビデンスは月曜日に(汗汗汗)。

でも、おそらく、リスニングで3ミス、リーディングで1ミスの可能性が高いです。テスト直後には、ひょっとしたら200問全問いったか?と思ったけど、やっぱりTOEICは甘くないですね・・・。

まあいいや、明日の公開テストを全力で頑張ります!

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 21:18:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
Eメール問題の効率的な読み方
Part7で必ず出るのがEメールです。1問も出題されない可能性はおそらく0%です。Part6でもよく見かけますね。公開テストの直前ですから、そのEメールというやつの効果的な読み方を伝授します(←そんな大袈裟なもんじゃない)。簡単です。今日から誰でもできます。

先ずはSubject Line「件名」を見ます。例えば、「Your Order #1390」となってたら、何か注文したのかな?って分かります。「Your Tentative Itinerary for Beijing」となっていれば、北京に出張に行く話かな?って分かりますよね。

これを見るだけなら数秒しかかかりません。しかし、労力の割には得られる情報の質が高いのです。件名というのは究極のサマリーなわけですから、大まかな内容が想像できる状態で本文に入ることができます。これだけでもメリット大です。慌てていきなり本文に突入してはいけません。

次に誰から誰に宛てたメールかを見ます。特に差出人がどういう位置づけの人か、事前に把握できると、そこから先は断然有利に展開します。Customer Service Department Director とか、役職が明記されている場合もありますので、そうなると間違いなく本文の内容理解の助けとなります。

また、Eメールの場合、メールの送り主と受け手のドメインを見ておくことも重要です。「@」以下が同じであれば、会社や団体など、2人が同じ組織に属していることが分かります。同じかどうかだけ見ればいいのでサッと0.5秒で確認できますね。詳しく見る必要はありません。あ、同じだ、あ、違う、という程度で構いません。

あとはついでに氏名も軽く見ておきましょう。メール本文にはファーストネームかラストネームしか書かれていないことがありますが、メールアドレスにはフルネームで記されているからです。本文ではファーストネームで登場し、設問・選択肢ではラストネームで登場することがありますから(あるいはその逆)、ここで同一人物であることを照合できます。

ここまでで、早い人なら5秒もあればできます。どんなに遅くても10秒あれば可能でしょう。例えば、顧客サービス部の部長である黒うさぎさんから、同じ会社の白うさぎさんに宛てたメールで、内容はお客様からの苦情に関することのようだ。どうですか?本文や設問・選択肢を読まない段階で、ここまでの情報を入手できたら有利だと思いませんか?

あとは、第1パラグラフだけザッと読めば、話の展開はほぼ想像がつきます。ここに至って、設問を見ると、何を確認しながら読めばいいのか、具体的な情報を把握しやすくなりますし、第2パラグラフ以降の内容も頭に残り易いのです。リテンションし易くなりますから、結果的に早く解き終わります。読解のスピードをアップさせたいと本気で思っているなら、闇雲に読み始めたらダメなんです。落ち着いて、落ち着いて・・・。

焦っていきなり本文に突入し、一体何の話なのかしばらく分からなくて、状況が思い浮かばない。焦れば焦るほど内容が頭に入らずに、塗り絵の恐怖が頭をよぎったという経験はありませんか?

何度も何度も本文と設問・選択肢を行ったり来たり右往左往する効率の悪い読み方とはもうそろろオサラバしましょう。明後日の公開テストまでに、模試等でPart7を解く予定の人は是非試してみてください。正確に早く解答できますよ。

あ、ただし、この読み方を練習なしで、いきなり本番で試したらいけませんよ。練習の場でやったことないことを苦し紛れに本番でやろうとすると、必ずどこかで無理が出て失敗します。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 18:38:53 | トラックバック(0) | コメント(2)
公開テスト直前の調整
明後日は公開テストですが、準備はいかがでしょうか?僕は、最近は殆ど通勤時のリスニングトレーニングしかできていませんが、今日と明日できっちり調整をして、当日にピークをもっていくつもりです。

最近、直前の調整で気を付けていることがいくつかあります。

全パートを通して言えることは、公開テストと難易度がかけ離れている模試は開かない。特に初見の模試で難しい過ぎるものは百害あって一利なしです。調子を落とすし、出来が悪いと精神的にも落ち込みます。

リスニングについては2つあります。ひとつは、公開テストのナレーターに合わせるために公式系の模試に絞ってトレーニングすることです。もう1つは、日頃、1.5倍速などで聴いているスピードを1.0倍速に落として本番のスピードと一致させることです。過去の経験から、この2つはきっちりやっておかないと良い結果が得られません。例外は前日の勉強会だけです。

リーディングについては、新しい素材に手を出さないことです。Part5&6は直前に公式実践の10セットを解き直しています。これは大抵前日になります。加えて、今回は神崎先生のパート5特急を1回だけ解き直そうかと思っています。Part7は勉強会で使った模試を本文だけ5セットくらい高速で読んでいます。これは何よりも自信がつきます。少なくとも一度はじっくり読んでいるテキストだから早く読めるし、早く読むリズムを体感できるメリットが大きいですね。

あと2日で新しいものを吸収しようとしても、たかが知れているし、おそらく失敗します。それよりは、これまでに培ってきた力を100%発揮できる準備を怠らないことが肝要かと僕は思います。

明日の勉強会では初見の模試を解くわけで、新しい素材に手を出さないという原則と一見矛盾するようですが、そうではありません。僕の場合、前日の模試解きはあくまでも公開テスト用の調整と心得ています。時間管理であったり、目の動かし方や解き方の確認であったり、本番の調整ですね。積極的に新しいことを吸収しようとはしないということです。したがって、公開テストが終わるまで、前日に解いた模試の復習は一切しません。正解数の確認と間違えた数問の確認に留めています。

あとは、体調管理です。前の日は22時には就寝するようにしています。睡眠不足は特にリスニング時の瞬発力に影響しますから要注意です。そして、飲食物にも気をつけています。今まで口にしたことがない初ものには決して手を付けない、生ものと刺激物も控えるなどです。当日にお腹の調子がおかしいと良いことありません。

さあ、準備は整いましたか?当日に備えて、最寄駅までの時刻表をきちんと調べ、会場までの地図は受験票に記載されているものは縮尺などあてになりませんから、信頼できる地図をネットなどで確認のうえ今日中にプリントアウトしておきましょう。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 10:44:22 | トラックバック(0) | コメント(4)
終わりなき締切り
この記事はブロとものみ閲覧できます


未分類 | 23:33:34
10,000 Tweets 達成!
いやあ、長かったあ・・・。やっと、10,000ツイートを達成しました・・・。昨日、ようやくブログで900記事を達成しましたが、桁が違いますからね。始めた時はすぐに止めるだろうと思ってました。

10000ツイート

石の上にも3年というけど、ホントに3年近くかかりました。5万ツイートとかしている人は神ですね。あり得ん、信じられん・・・。

ちょうど今月受験した明治大学リバティアカデミーのIPテストのスコアレポートが届くタイミングだったので、IP関連のツイートで狙っていました。

たかがツイッターかもしれないけど、何事も続けるということは大変なことだと思います。次の目標は、990ブログ記事かな。

これは7/6達成を狙っているのですが、ちょっと厳しいかな・・・。7/6はRabbit ブログの3周年なので、何とか頑張りたいのですが、今で901記事ですから、1日ほぼ2件ペースでいかないと間に合わない。

でも狙ってみるかなあ。意志あるところに道はある。不可能なことなんかない。最初から諦めてしまったら何もできません。諦めたらそこで試合終了ですよね。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 20:15:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
ラビ&ブッチのPART5マシンガン第3弾!開講決定!
5/27満席となったようでございます<(_ _)>。

5/30(土)にTEX加藤さんの新刊「新TOEIC TEST 文法問題でる1000問」が発売されることが決定しましたので、このテキストを使用して、ラビ&ブッチのPART5マシンガン第3弾!を実施することとしました。

でる1000問2
≪このテキストの使用は、事前に著者であるTEX加藤さんにご了承いただいております≫

【日時】 6月14日(日) 9時~17時(12時~13時はお昼休み)
【場所】 新宿区内のどこか
【内容】 文法問題でる1000問の演習とポイント解説
※1000問のうち何問できるかは分かりません。おそらく300問くらいだろうと予想しています。
【費用】 990円(テキストは各自で購入ください)
【人数】 36名(僕を含め運営スタッフ4名が左記人数に含まれています)
【募集】 5月25日(月)の21時からブチブッチさんのブログで募集開始

今回は参加資格を設けようと思っています。文法問題だけなので、リーディングの直近スコアが400点以下の方を優先します。400点以下の方だけで36名の定員に達しなかった場合は、高スコアの方もご参加いただけますが、達してしまった場合は大変申し訳ありませんが、今回はご遠慮いただくことになります。文法が苦手な学習者が突破口を開くきっかけを作るのが今回のイベントの最大の目的ですので、どうぞご理解いただきますようお願いします。

このような事情ですので、今回は参加申込みと同時に、直近のリーディングスコアを申告いただくことになります。トータルスコアは必要ありません。

詳細のご案内は今月の公開テストが終わってから、ブチブッチさんのブログにアップしていただくこととしています。公開テストの前にイベント告知があると、気が散ってテストに集中できなくなるのでそのようにしました。それまでは公開テストに集中しましょう。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 19:16:44 | トラックバック(0) | コメント(8)
朋有り遠方より来る
この記事はブロとものみ閲覧できます


未分類 | 12:38:25
ブログの左上にハムちゃん登場!
もう既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、このブログの左上にハムちゃんが登場して手を振っております☆ミ (ノ ̄▽ ̄)ノ スチャッ!

≪ボクだよ、ボク!≫
ハムちゃん

今まで設定していなかったのですが、このハムちゃんで1日のアクセス数をカウントできるみたいなのです。とある方のお勧めがあってハムちゃんを登場させました(。・・。)(。..。)ウンウン。

データを蓄積して何ができるのかよくは分かりませんが、とりあえず、遅ればせながらですが、今から10万アクセス目指して頑張ります.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪!

時間帯別にも皆さんがどれくらい訪問くださっているのか分かるみたいですね。土曜日も日曜日も800人近い方にご訪問いただいていたみたいで、嬉しいです(;──;)アリガトウゴザイマス。

僕のブログは思いつきで日々を綴っているだけなので、きっと、1日20~30名くらいかなと思っていましたから、正直、驚いていますけど・・・=( ・_・;)⇒ アレ???

これからも拙ブログは、地道に続けてまいります((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 18:37:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
公開テスト間近!
いくつか楽しみにしていたイベントが終わり、心にポッカリと穴が開いてしまった悩めるうさぎさん、Rabbitです。でもちゃんと模試は解いていますよ。今週末は公開テストですからね。

昨日、TOEIC勉強会で解いた模試セットの中から、2問ご紹介しましょう。問題的には決して難しくはないのですが、良問だなあと感じました。Part6からの出題です。

先ず最初は、求人広告に応募する人の自己アピールレターからです。

The job has enhanced my marketing skills and (        ) me to learn how a franchise is operated.
(A) enabling
(B) enabled
(C) to enable
(D) will be enabled

正解は(B) enabled ですね。前半にある has enhanced とのパラレリズムが美しいではありませんか!つまり、has enhanced and has enabled の形ですね。(B) enabled は過去形ではなく、現在完了を形成する過去分詞です。

The job という無生物主語を文頭に配置して、後半は enable 人 to do の形で決めるところなんかサイコーです。こういう格好いい文章をササッと書きたいものですね。

そして次は、別荘の購入を検討しているご夫婦の「少し検討の時間ください」レターからです。

Your offers are attractive, particularly the quotations you gave us that (        ) a 25 percent discount on properties of 400 square meters and above.
(A) specifying
(B) specifies
(C) specification
(D) specify

これも良い問題ですよねえ。ウットリ・・・。空欄直前の that は勿論、主格の関係代名詞です。which で置き換え可能です。でも、それだとつまらないですよね。「私は関係代名詞で~す」って言ってるようなもんだから。

やっぱり that はいいですよねえ。何だ?この that は?って、一瞬でも考えさせないと面白くない。that の先行詞は当然、quotations です。quotations と that の間に you gave us が入っていて、先行詞が見えにくくなっているところがいいですね。

この you gave us を頭の中でサッと括弧で括れるかどうかが分かれ目になります。勿論、quotations と you の間には目的格の関係代名詞が省略されているわけですね。that もしくは which です。

さて、正解は、主格の関係代名詞に導かれる動詞を入れるわけですから、(A) specifies か(D) specify に絞られるわけですが、先行詞が quotations と可算名詞の複数形ですから、それに対応できるのは (D) specify しかありません。

この2つの問題文には、上述の他にも沢山学びのポイントがあります。考えてみてくださいね。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 12:54:02 | トラックバック(0) | コメント(4)
新たな可能性を求めて
現在、僕は大先輩であるPoohさんのTOEIC勉強会に毎週参加しています。早いものでもう18回になりました。延べの参加者も相当な人数に達していることでしょう。

前から顔馴染みの人もいれば、新しく参加するようになった人も沢山いて、新旧関係なく、またスコアレンジなども一切関係なく、お互いに英語力を磨いてきました。

内容的には、基本的に2時間のフル模試を本番さながらに解き、その後、僕がその日の問題を即興で解説するというスタイルを通してきました。望外なことに、沢山のハイスコアラーが生まれてきました。有難いことです。

ですが、一方で多少のマンネリ化も否めないのかなと感じるようになり、、この度、思い切ってこれまでとは違う方向に舵を切る決意をしました。勿論、事前にPoohさんや他の中核メンバーの同意を得て決めたことです。

Season2の最終回をもって、一旦、僕はPoohさんのTOEIC勉強会を退きます。他のメンバーに問題の解説役、ディスカッションのファシリテーターの役目をお譲りします。これからは参加者が持ち回りで会を主導していくことになります。

それには、ずっと解説役を担ってきた僕がその場にいると、やり難いのです。そういった事情で、僕は勉強会の場から、しばし姿を消します。勉強会がより良い方向に向かうことを切に祈っています。

新しく参加するようになったメンバーの躍進が目立つ一方で、従来からのメンバーのスコアの停滞が浮き彫りになってきています。新たな可能性を求めて一歩前に出ましょう。

僕も研鑽を重ね、必ずひとまわり大きくなって戻ってきます。6月から始まるSeason3は勉強会の新しい1ページを刻むことになるでしょう。参加者の多くが持ち回りでの講師役を担うというプラクティスが当たり前になった頃、是非とも、再び僕を勉強会の場に呼び戻してください。

その時まで、ほんの少しの間ですが、お別れです。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 21:35:13 | トラックバック(0) | コメント(6)
OJiM監督出版記念イベントに参加して
兼ねてから楽しみにしていたOJiM監督の出版記念イベントに参加してきました。僕は前半に予定されていた座談会のパネラーの一人だったので比較的気楽でした。凄いメンバーが揃っているので、ヤバくなったらそっちに振ればいいだけだからさ(笑)。

とても良いイベントでしたねえ。他人事みたいに言うけど(笑)。誰も肩肘張ってないというか、思いっきり自然体なんですよ。つまり、フツーなんです、フツー。これがいい。よそ行きじゃない感じが・・・。

意識してか、無意識か分からないけど、この雰囲気こそがOJiMさんが望んだものなんじゃなかったのかなあと、終わってみてシミジミ思うわけです。参加者全員が欲張らずに等身大の姿をさらけ出したといってもいいかもしれません。

そういう人なんだよなあ、OJiMさんって・・・。

2012年の春に初めて彼と会った。まだお互い990点が獲れなくてもがいている時代で、それでも、OJiMさんは僕よりずっと先を走ってた。僕はいつもそれを無心に追いかけていた。いつも背中を追いかけていた。

いつだったか忘れたけど、何のきっかけだったか忘れたけど、僕はOJiMさんのブログにコメント残したんですよね。正確な文言は失念したけど、確か、

「OJiM's Diary (←OJiMさんブログの旧名です)は、TOEIC990点取得と同列の位置で、僕のもうひとつの目標なのです。」

と、そう書き込んだ記憶があります。

今もその思いが変わることはない。

OJiMさんがプレゼンをしている間、何だか落ち着かなくて、何だか座っているのが申し訳ないような気がして、僕は会場の後ろでずっと立って聴いてた。

僕はOJiMさんと同世代で、これといって取柄のないサラリーマンです。ずっと彼を見てきたし、たぶん、これからもそうなんだろうと思う。そして、今日は一つの区切りをこの目で直に見ることができた。

OJiMさん、本当におめでとうございます。これからもお互い切磋琢磨していきましょう!素晴らしい新たな旅立ちに乾杯です。

イベントの最後に壇上で花束を受け取るOJiMさんを遠くから眺めて、僕は秘かに得心した。

今や世の中にトーイッカーを名乗る者は数多くいるけれど、大舞台でこれほど花束が似合う男は日本中探しても貴方しかいない。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 21:02:46 | トラックバック(0) | コメント(6)
緑マーカーの謎
TOEICの公開テストを受験したことがある方ならご存知かと思いますが、テスト当日、受付の方が受験票と写真付き本人確認書類を照合した後、受験票の写真の下に緑色のマーカーペンで線が引かれます。

いつも思うのですが、あれって何で緑色なんですかね?他の色でも良さそうなもんですけど、例外なく必ず緑色です。僕は70回くらい受験していますが、他の色で塗られるのを一度も見たことがありません。

緑色で思い出すのは、学生時代によく使っていた暗記用シートです。緑のマーカーで塗って、赤のシートをかぶせると黒くなって文字が見えなくなから暗記用には最適ですよね。逆でもたぶん同じですけど。

これは色の三原色の効果ですよね。三原色は当然、赤黄青の三色を指します。三色と言っても、萬子・索子・筒子の「3・4・5」とか「4・5・6」とかではありません。それは麻雀です。リーチかけても裏ドラとか乗ることもありません。←もう、いいから。

話を戻すと、赤黄青の三原色が重なると、黒うさぎになります。間違えました、黒になります。緑のマーカーと赤のシートがこれに相当するわけですね。「緑色」は、「黄色」と「青色」の混合なのですね。だから、「緑色」と「赤色」は黒くなるわけです。

ということと、受験票の写真の下の緑マーカーは相関関係があるのでしょうか?←あるわけねーだろ・・・。

誰か知りませんか?緑マーカーの謎?

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 12:19:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
TEX加藤さんの新刊に寄せて~TOEIC本の愛称
TOEIC本の愛称というのがあります。神崎先生の「新TOEIC TEST ウルトラ語彙力主義」は“ウーゴ”ですし、TEX加藤さんの「新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ」は“金フレ”です。

正式名称はほぼ例外なく長いので、呼びにくいから、TOEICフリークの間では、いつの間にか、そういう愛称で呼ばれることになるわけですよね。“ウーゴ” “金フレ” です。

でも、これって誰が決めるんですかね?必ずしも著者ご本人が決めているわけでもないような気がします。誰からともなく発せられた「略称」がいくつかあって、それがSNSなどのコミュニティで自然に淘汰されていって、いつしか「ひとつに決まる」のかもしれません。

そこで僕はハッとしたのですが、5/30にリリースされるTEX加藤さんの新刊「新TOEICテスト 文法問題 でる1000問」は、どのような愛称で呼ばれることになるのでしょうか?名著として長らく愛されることになるのは、現時点で既にほぼ確実ですから、愛称は必要ですよね?

でる1000問2

一番有力と思しき名称は “でるせん”でしょうかね?決して “アンデルセン” をもじったわけではありませんが、他に候補として思い浮かぶのがありません。基本的に愛称は長くてはいけないわけで、3語~5語までが適当かと思われます。韓国発の “公式実践” とか “最新傾向” とかも、この範囲に収まっています。

そうなると、“文法でるせん” では少し長いからアウト!“ぶんでる” だと、4語ですけど、何だか “つんでれ” みたいな語感だからアウト!

う~ん、やっぱり、“でるせん”ですかね?あるいは、TEXさんはもはやTOEICの神様ですから、「神」の文字をいただいて、“神せん問” か・・・。それだと “ハリセンボン” と語感が似ているからアウトだな・・・。角野卓造じゃねーし・・・。

ということを考えていたら寝不足になったRabbitでした。

皆さんは、どう思いますか?TEXさんの新刊の愛称・・・。気になって眠れないんです・・・。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 12:17:03 | トラックバック(0) | コメント(6)
新TOEICテスト 文法問題でる1000問
TEX加藤さん執筆、待望のTOEIC文法問題集が満を持して、5/30にリリース決定!TEXさんがこのテキストの執筆に取り掛かっていると知ってから、この日をどれだけ楽しみに待ち望んでいたことかヽ(;▽;)ノ(感涙)!

でる1000問2

ついに、ついに世に出るぞ!うおおおおおおo(T◇To)~!テキストのタイトルは1000問ですが、実は、厳密には1019問が掲載されています。「1019」は、そーです、そのとーり!「トーイック」です((o(ΦωΦ)o))ワクワク。

問題数は語呂合わせで意図したものではなく、必要な問題を全て収録したら偶然そうなったとのこと、TOEICの神様に祝福されているTEXさんならではでしょう!というか、TEXさんがもはや、TOEICの神様ですけどね(笑)。

過去に同様のボリュームで販売された問題集としては、2009年に発売された「極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6」が有名ですが、こちらは韓国講師の執筆ですし、語彙問題も入っていますから、純粋な文法問題集ではありません。

つまり、「日本のTOEIC講師が執筆した、文法に特化した、1000問規模の問題集」としては過去に例を見ないものだと言えるでしょうo(・ω・´o)ソーダヨ。

そして、特急シリーズでお馴染みのTEX加藤さんが世に送り出すTOEICテキストの質は、TOEICファンならずとも誰もが知るところです。僕が保障します!間違いなく、最高級品質です!見るまでもありません(☆。☆) キラーン。

この宝物を使用した勉強会を是非やりたいですね。というか、6月中に必ずやりましょう!Amazonでは既に予約がスタートしていますよ。ユー、ポチっちゃいなよ、ユー.ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪!

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 14:49:52 | トラックバック(0) | コメント(4)
第199回TOEIC公開テストアビメ
Rabbit宅にもアビメが届いていました。ま、結果は大体分かってはいましたが、もしかしたらリスニングが全問正解かなと期待していました。でも、やはりそう甘くはありませんでした。

201504L

Part3とPart4は完璧だと思ったんですけど、何処で間違えたのかなあ?スクリプトもほぼクリアに聴こえていたし、先読みもバッチリだったのですが・・・。修行不足ですね・・・。

リーディングは不覚にもPart5で1ミスやらかし、Part7でも2ミスやらかしましたので、予想とピッタリでした。雑に解き過ぎましたね。猛省せねばなりません。

201504R

でもまあ、Part2で調の兆しが見えてきたし、Rでも間違えるパターンが分かってきましたから、次回に繋がる失敗だったなと、前向きに考えるようにしたいと思います。気がつけば、200回記念テストまで10日しかないではありませんか?

アビメを見て溜息ついていてもスコアは上がらないので、模試を解きます!模試を!

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 13:51:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
オレンジ封筒開封式参加者募集
明治大学リバティアカデミーのIPテストの結果は、公開テストと違い、割と早めに自宅に郵送されてきます。おおよそ2週間くらいですかね( ̄_ ̄ )。o0。

そう、あのオレンジ色のニクいやつです。郵便受けをのぞいてオレンジ色のものを見つけると無性に嬉しいですよね。あのドキドキハラハラ感がたまりませんホホホΨ(-◇-)Ψホホホ~~。

そこで、唐突ですが、PoohおじさんTOEIC勉強会の皆さん、あのドキドキ感を皆で共有しませんか?つまり、5/9のIPを受験したメンバーの方は、オレンジちゃんを開封せずに勉強会当日にお持ちいただいて、皆で一斉に開封する(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん。

うわあああああああo(T◇To)~!な、な、なんという恐ろしい儀式なんだああああっ!や、止めてくれえ~(((((((((ヘ( ̄◇ ̄|||)ヘ!

とも思うのですが、ダメですか( ̄▽ ̄)。o0?

面白い企画だと思うんですけど・・・。こんなの公開テストではできませんよ。IPだからこそできるんです。そして翌日は公開テストです。気合が入りますよお(ΦωΦ) ンフフフ~。

ただ開封するだけでは面白くないので、開封前に自分の予想スコアを自己申告していただき、ピタリ賞、ニアピン賞などを贈呈するというのはいかがでしょうか?LとRのスコアの大波賞、水平賞などもあっていいですかね?商品は僕がポケットマネーで用意します。ボンビーうさぎなので、たいしたものは買えないけど( ´・ω・`)・・・。

オレンジちゃん到着が5/23土曜日勉強会当日だと間に合わないけど、過去の経験から、おそらく5/22金曜日までにはご自宅に届くと思うんですよね(= ̄∇ ̄=) ニィ。

きっと、とらボルタさんは、喜んでこの企画に乗ってくれることでしょう。何と言っても「勝ちトラ」ですから。←意味不明。H○○Aさん、M○○hさん、いかがですか?えっ?是非、参加したい?あざーす<(_ _*)> アリガトォ!

ハサミは僕が持っていきます(V)o¥o(V)フォフォフォフォフォ。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 11:40:12 | トラックバック(0) | コメント(6)
メモリアル受験票到着
昨日、Rabbit宅にも無事200回記念の受験票が届きましたあ!早稲田大学か目白大学希望だったのですが、東京経済大学でした・・・。まあ、でも、何処でもいいです。受験できるだけ幸せですから。

既に受験票には丁寧に署名し、先程、写真も貼りました。キレイに貼らないと、受付時に受付のお姉さんに、「写真に汚れあり」とか、受験票に書かれちゃいますからね。それだけでテンション落ちますw。

写真の裏には氏名と目標スコアを書き入れます。ここで遠慮して消極的なスコアを書き込んではいけません。「最近あんまり勉強できていないから」とか考えて低めのスコアを書いてなりません。願いを込めて好きな数字をド~ンと書きましょう。

そして、テスト前日までには、TEX加藤さんのブログにTOEIC神社が建立されますので、必ずお参りし、絵馬の代わりに書き込みコメントを残しましょう。

これで完璧です!後は運を天に任せ、日頃の自分の努力を信じて思いっ切り200問と向き合うだけです!

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 13:41:57 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad