fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

OJiM監督出版記念イベントに参加して
兼ねてから楽しみにしていたOJiM監督の出版記念イベントに参加してきました。僕は前半に予定されていた座談会のパネラーの一人だったので比較的気楽でした。凄いメンバーが揃っているので、ヤバくなったらそっちに振ればいいだけだからさ(笑)。

とても良いイベントでしたねえ。他人事みたいに言うけど(笑)。誰も肩肘張ってないというか、思いっきり自然体なんですよ。つまり、フツーなんです、フツー。これがいい。よそ行きじゃない感じが・・・。

意識してか、無意識か分からないけど、この雰囲気こそがOJiMさんが望んだものなんじゃなかったのかなあと、終わってみてシミジミ思うわけです。参加者全員が欲張らずに等身大の姿をさらけ出したといってもいいかもしれません。

そういう人なんだよなあ、OJiMさんって・・・。

2012年の春に初めて彼と会った。まだお互い990点が獲れなくてもがいている時代で、それでも、OJiMさんは僕よりずっと先を走ってた。僕はいつもそれを無心に追いかけていた。いつも背中を追いかけていた。

いつだったか忘れたけど、何のきっかけだったか忘れたけど、僕はOJiMさんのブログにコメント残したんですよね。正確な文言は失念したけど、確か、

「OJiM's Diary (←OJiMさんブログの旧名です)は、TOEIC990点取得と同列の位置で、僕のもうひとつの目標なのです。」

と、そう書き込んだ記憶があります。

今もその思いが変わることはない。

OJiMさんがプレゼンをしている間、何だか落ち着かなくて、何だか座っているのが申し訳ないような気がして、僕は会場の後ろでずっと立って聴いてた。

僕はOJiMさんと同世代で、これといって取柄のないサラリーマンです。ずっと彼を見てきたし、たぶん、これからもそうなんだろうと思う。そして、今日は一つの区切りをこの目で直に見ることができた。

OJiMさん、本当におめでとうございます。これからもお互い切磋琢磨していきましょう!素晴らしい新たな旅立ちに乾杯です。

イベントの最後に壇上で花束を受け取るOJiMさんを遠くから眺めて、僕は秘かに得心した。

今や世の中にトーイッカーを名乗る者は数多くいるけれど、大舞台でこれほど花束が似合う男は日本中探しても貴方しかいない。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



学習会 | 21:02:46 | トラックバック(0) | コメント(6)