fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

そのひとは模試を解いていた
そのひとは模試を解いていた。

酔客の歓声やだみ声が響き渡る喧騒の片隅で、我関せずの姿勢を貫き、何事もなかったかのように平然と模試を解いていた。

薄暗い店内の照明では文字を認識するのは困難な筈だが、そんなことは一切お構いなしに、そのひとは模試を解いていた。

一見、周りとは一線を画しているようにも見えるが、不思議なことに、その風景に完全に溶け込み、まるで一枚の絵のようだった。

僕が目の前に立つまで気づかずに、そのひとは模試を解いていた。

そっと声を掛けると、そのひとは僕に微笑みかけ、名残惜しそうにゆっくりと本を閉じた。

そこからは、ふたりでずっとTOEICの話を続けた。

TOEICのイベント企画や最近発刊されたテキストについて、あるいは、指導者や学習者達の動向や今後のTOEICの向かう方向性などなど、そして、ここには書けない話も・・・。

帰宅後、通勤用のリュックサックの中から模試本を取り出し、テーブルの上に置いた。

今日は持ち歩いていただけで、結局、ただの1ページも進んでいない。

今や当たり前のように満点を連発し、強烈なリーダーシップを発揮しながら学習者達を導くそのひとと自分の差がどこにあるのか少しだけ分かった。

そのひとは模試を解いていた。

一言も語らぬ寡黙な彫像は、微動だにしないが、それを目にする者を釘付けにし、緩やかに、しかし確実に、我等を鼓舞するのだ。

そのひとは模試を解いていた。

そのひとは模試を解いていた。

そのひとは模試を解いていた。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



未分類 | 10:33:03 | トラックバック(0) | コメント(0)