fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

憧れの弘道館訪問
今日は以前から一度行ってみたかった弘道館に行ってきました。宿泊地から程近いので、この機会を逃す手はありませんからね。

当時の藩校というのは、通常、卒業という概念が当然にあったわけですが、この弘道館は生涯学習の理念の下に老若男女を問わず門戸を開き、共に学習、切磋琢磨していたと言われています。

その点が僕の学習に対する基本姿勢と一致していて興味があったのです。僕も英語学習は生涯のテーマと考えているので、まさしく弘道館の教育理念は自身が志すところと同じです。

沢山の文豪達も弘道館について、その作品の中で記述されていますね。有名なところでは、森鴎外、正岡子規、島崎藤村などです。興味のある方は調べてみてくださいね。

さあ、中に入ってみましょうか。

≪弘道館正門≫
弘道館正門

本当はここから入りたかったけど、流石にそれはできず、拝観入り口から参ります。拝観料200円?や、安い・・・。この文化財の中に入るのに、たった200円?何だか申し訳ないですね・・・。

≪弘道館正庁≫
弘道館正庁

とりあえずは建屋の中には入らず、正庁の外見を眺めるとします。おおお、威風堂々、厳かな感じがして何だか圧倒されますね。時代を飛び越えて、学習者達の熱意が襲いかかってくるようです。

中に入ると、少しひんやりとします。東北大震災で相当な被害を受けた筈ですが、適切な修復が施されていて、当時の爪痕は感じられません。多くの方の並々ならぬ献身があってのことでしょう。有難うございます。それにしても、いいなこの廊下、いや縁側か・・・。日本建築の素晴らしさを実感します。

≪趣のある正庁廊下≫
正庁廊下

一通り廻ってスタート地点手前まで戻ってくると、おおお、素晴らしい展示が・・・。弘道館の教科書の現物と、そして、あの大日本史の編纂の様が・・・。ここに20分くらい居たかな・・・。

≪弘道館教科書≫
教科書

≪大日本史編纂≫
第日本史

最後に資料室に入ったのですが、滅多に見ることができない逸品がありましたよ。吉田松陰直筆の漢詩!ですが、残念ながら、資料室は一切の撮影を禁じるとなっていて、これはお見せできません。拝観者は僕だけだったので、撮ろうと思えば撮れたのですが、良心が許せませんでした。ルールは厳守しなくては・・・。あ~るさんに見せてあげたかったな・・・。

外に出ると桜の木など目を引くものが沢山ありましたが、今は季節はずれでしたね。葉っぱしか見れない(笑)。立派な枝ぶりは拝めたのいいか・・・。と、そこに、見事な松が・・・。

≪第九代徳川斉昭公御手植の黒松≫
御手植の松

おお、素晴らしい。凛とした松の男らしい姿は良いものですね。こちらの姿勢まで正されるようです。しばし見惚れる。そこで、団体のバスがやってきて、おじいちゃんとおばあちゃんで溢れかえる。う~ん、ここまでだな。帰るとしましょう。次に行くから、宿には帰らないけど(笑)。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



未分類 | 17:33:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
第205回TOEIC公開テスト申込み受付開始
本日10時より、2015年11月実施のTOEIC公開テストの受付が開始しました。僕はもう申込み手続きを完了し、confirmation mail の確認もしました。特別の事情がない限り、僕はいつも初日に申込みを済ませることにしています。

過去、何人ものトーイッカー達が申込み忘れという悲劇の事態に直面し、涙を呑んでいます。自分はそんなことない、と思っている、自信満々のアナタ、そういうアナタが一番危ないのですよ。

申込み締め切り直前に、仕事や家庭などで予定外のことが起こると、それに没頭し、申込みなど忘れてしまいます。また、毎回のように受験しているような人こそ危ない。既に申し込んだ気になっているからです。でも、それは先月だったりして・・・。

リスクは潜在していますが、分かりきっているリスクの芽は事前に摘み取っておくことが望ましいのです。のんびり昼飯なんか食っている場合ではありません。申し込むのは、今です、イマ!

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 12:37:57 | トラックバック(0) | コメント(0)