fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

巷で話題の新々TOEICテスト
何だか新しいTOEICテストについて色々囁かれていて興味深いですね。まあ、いずれ変わることは間違いないのでしょうけど、問題は、その内容と時期ですかね?

内容は僕にはさっぱり分かりませんが、時期は何となく想像がつきますね。先ず、どんなに早くても2016年1月です。2015年12月までは現行のテスト形式の案内で申込みがスタートしてしまっていますから、これを変更することはあり得ません。変更を受け入れない受験者の返金手続きとか、ややこしい問題が生じます。

次に、年末年始は何かとバタバタしますし、もともと営業日が少ないわけで変更には不向きな時期と言えましょう。となると、2016年1月も無理でしょう。更に、2016年3月は年度末ですからね。わざわざ、そこにぶつけてくることは考えにくい。また、この辺りは学生さん達が学校にスコアを提出する最終期限でもありますから、ここで変更すると混乱を招くこと必至です。

そうなると、年度明けの2016年4月か5月か6月というのが無難です。年度明けいきなりの4月は難しそうですから、ズバリ5月か6月でしょう。

僕の読みでは、5月か6月で、お隣韓国と同日開催の月ではないかと・・・。そうしないと、ネット上などでは事前に情報が漏れそうですからね。TOEIC大国で知られる日本と韓国の間で差が出ることは好ましくありませんから、おそらく同日開催の月に持ってくるでしょう。

内容的な部分は計りかねますが、どう変わってもTOEICはTOEICです。一部、噂では、Part1やPart6がなくなるとか、Part5の問題数が減るとか、Part3が3人の会話になるとか、1セット4問になるとか、Part7にトリプルパッセージが登場するとか、色々憶測が飛び交っていますが、あんまり惑わされないことが肝要かと思います。

現行のテスト形式のものをきちんと勉強していれば、テスト形式が少しくらい変わっても対応できます。現行のテストで高スコアを獲得できている方は、新形式になっても必ず高スコアを獲得できますよ。

そうしないと、テスト運営機関は、現行のテストの価値を反故にすることになるからです。長年に亘って苦労して築きあげてきたテストの価値を下げることになります。TOEICテストのクレディビリティに影響を与えてしまうような変更はできないんです。

新形式にいち早く適応することは勿論大事ですが、もっと大事なのは普遍的な〝実力がある〟ということです。新形式のことは一旦忘れて、先ずは明後日の公開テストに本腰入れて臨みましょう!

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



未分類 | 13:16:43 | トラックバック(0) | コメント(6)