fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

PoohさんTOEIC勉強会 Season5!
僕が懇意にさせていただいているTOEIC仲間のPoohさんが主催しているTOEIC勉強会は、2016年も続きます!現在は、Season4を運営中で、これは年末で完了しますが、年明けと共に新たなシーズンがスタートします!

既に、Poohさんのブログで参加者を募集していますので、興味がある方は是非、手を上げてください。初めて参加される方も歓迎します。誰でも〝初めて〟はあったのですから。

公開テストと同じ環境で2時間のフル模試を解き、その後、実力者達が持ち回りで問題の解説を行っています。なかなか一人ではできない有難~い模試会ですよ。

Season5の詳細は、下記のPoohさんブログをご参照くだいね。
PoohさんTOEIC勉強会ブログはこちらです!

700点オーバー、800点オーバー、900点オーバー達成者を数多く輩出している、由緒正しき勉強会ですよ。実績も十分です。

勉強会ですが、指名して答えさせたりはしません。勿論、ご質問は常にお受けしていますが、そっと参加したいという方のお気持ちは大切にしています。

是非、参加してみてくださいね。勉強会で使用するテキストも、幹事さんが大量発注してくださるので、ご自身で手配する必要はありません。値段も廉価です。席が埋まってしまう前に、どうぞご決断ください。

2015年が終わる前に、待ち受ける2016年を迎え撃つのだ!自分を変えたい方、来年こそは目標を達成したい方、手を上げるのは〝今〟です!

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



学習会 | 20:58:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
【急募】ブッチギリ学習会&忘年会
早いもので、明日から師走に突入しますね。今年は年末の土壇場までアタフタしそうな予感がしますが、こうしている間にも時間は無情にも過ぎ去っていきます。

そんなことはどうでもいいのですが、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのブチブッチさんの、2015年最後の学習会が開催されます。大変珍しいことに、まだ空席が12席あります。普段はキャンセル待ち状態なのに本当に珍しい。つまり、チャンスです!

時は、12月6日の日曜日、時間は13:00~17:00です。
※ETS公式実践最新傾向Test4を2時間で解き、その後、答え合せ&ポイント解説という流れになっています。

下記がブチブッチさんのブログです。ブログ記事を下のほうにスクロールしていくと、勉強会の詳細をご覧いただけますよ。こちらでお申込みいただけます。
ブチブッチさんのTOEIC勉強ブログ 900点目標

また、この日は、勉強会が終了した後に、一年の締め括りとしてブッチギリ忘年会が開催されますが、こちらは自由参加になっています。実は豪華ゲストが来るとか、来ないとか・・・。

学習会では、僕がPart5&6のご説明を担当することになっています。Poohさん勉強会と違って、参加者のスコアレンジが多岐に亘るので、通常よりもスピードを落として、ゆっくり丁寧にご説明するつもりでおります。

ご要望があれば、新新TOEIC(正式にはTOEIC Updates?)について、僕が把握している情報もある程度共有させていただければと思っています。ま、予想の域を出ないものもありますが・・・。

さあ、2015年の1年間、TOEICを頑張ってきた仲間が集結しますよ。参加してみませんか?勿論、勉強会だけでも大丈夫ですし、この手の学習会にはまだ参加したことがないという〝初めての方〟こそ来ていただきたいと思っています。

今、目の前に立ちはだかっている壁を破るのに必要なのは〝ほんの少しの勇気〟です!

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 11:20:23 | トラックバック(0) | コメント(4)
早稲田あいぴー受験記
今日は仕事も休みでしたし、早稲田大学のIPテストを受けてきました。ここのIPテストは午後じゃなくて集合が朝早いのが難点ですね( ̄▽ ̄)マニアッタケド。

テストが終了した後に、マークシート用紙が1枚足りなかったようで、受験者全員が15分程度足止めをくらい、動けませんでした(´д`|||)。

結局、見つからなかったようですが、母さん、何処へいったんでしょうね、あのマークシート(T_T)?あんなもん、持って帰っても何もいいことないと思うんだけどなあ(;´д`)。

肝心のテスト内容ですが、リスニングが少し難しかったですかね(*´・ω・`)b。何だか読み上げスピードがいつもより速かったような気が( ̄▽ ̄;)キノセイカモ。新公式問題集のVol.4の速さにそっくりでした。⬅Vol.4は、シリーズ中、最も音声スピードが速いテキストです。

Part2で数問自信なし。Part3&4も同じく数問自信なし。495点獲れてるかどうかは、当たるもはっけ、当たらぬもはっけです(/--)/。

リーディングは急いだので20分くらい余りましたが、Part5で語彙レベルが高いものが2つありました。ひとつは語彙問題、もうひとつは品詞問題でした。

Part6では、接続副詞の問題で1問悩み、名詞の語彙問題でも1問悩みましたが、結局、Part5&6は52問正解していると思います( ・ε・)。

Part7は長かったけど、65分確保していたので、慌てずゆっくり解くことができました。比較的素直な問題が多く、20分残して終了v( ̄Д ̄)v!

見直しタイムにPart5で2問、Part6で1問、マークミスを発見ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!危なかったですね。あのままにしてたら3ミス確定でした( ̄▽ ̄)アブネー。

たぶん、リーディングは全問正解か、1ミスくらいで逃げ切ったような気がします。990点が出るかどうかはリスニングの結果次第ですね(*`・ω・)ゞ。

今日のテストが2015年中に結果が分かる最後のテストでしたから、何としても有終の美を飾りたかったのですが、結果や如何に(≧▽≦)?

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 18:51:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
諦めの悪い50代
TOEICの世界では50代はまだバリバリの現役世代です。引退間近どころか、この世界を牽引していると言っても過言ではありません。

周囲を見渡してみると、一般的には、我々の世代は疲れきっていて、定年までのゴールをひたすら待っているようにも見えます。

しかし、TOEICを頑張っている我らは、現状に満足することなく、未来を見据え、依然として自らを鼓舞しながら次なるチャンスを虎視眈々と狙っています。素晴らしいことだと思いませんか?

そんな仲間達をいつも目の当たりにして、僕も大きな刺激を受けています。いつも飲んだくれてはいますが、誇らしい同胞達です。

まだまだ若い者に養ってもらおうとは微塵も思っていません。俺達は、負ける気もさらさらありません。勝つ気満々ですよっ!

かかってこい!若者よ!

俺達はいつでも若い力の挑戦を受ける準備があるぞ!追い落としてみろ、俺達を!

そして、新しい世界を切り拓いてみせてくれ。

その時まで、我らおじさん世代がこの世界を守るから。

では、今宵はサラバだ!

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 19:57:47 | トラックバック(0) | コメント(2)
Part7勉強法<後半その2>
模試1セットを15分(※)で読めるようになったら、次のセットに進んでもいいでしょう。あとは同じことを繰り返すだけです。段々と速く読むリズムを、理屈ではなく、身体が覚えていきます。副次的な効果としては、15分でPart7を1セット読めたという自信がテスト本番で自分を後押ししてくれます。間に合わない筈がないと。
※当然ながら、他の能力と同様、読解スピードには個人差がありますので、15分がどうしても難しければ20分でも25分でもOKです。そこはご自身の判断になります。

そして、徐々に変化が起きてきます。

最初の内は、同じ文書だからこそ速く読めていくわけですが、やがて、初見の文書も速く読めるようになっていきます。英語の表現やリズムが身体の中に蓄積されていくんですね。1語1語読んでいた文書が、フレーズのカタマリで読めるようになり、もっと進むと、ところどころ英文1文全体をカタマリで左から右に目を動かして一気に読めるようになっていきます。この感覚は快感です。

この辺りになると、次にthat節が現れる筈だ、とか、次に出てくるのは未来のことだ、とか、今までとは逆の意見が出てくるに違いない、とか、ある程度、文書の先の構造を予想できるようになります。そうなると、スピードに拍車がかかります。次のステップとしては、例えば2段落目を読み終わったところで、3段落目、最終段落までの展開が予想できるようになります。これは文書の蓄積が多くなればなるほど頻度も高くなります。デジャブ現象にも似ています。

ちょっと整理すると、

① ゆっくり読めるように準備する。つまり、分からない箇所を根絶する。文構造、文法、語彙などを徹底的に調べまくる。

② 5日間~1週間くらいのスパンで同じ文書を繰り返し読む。ただし、意識して、今日は昨日より速いスピードで読む。

③ 英文の形(構造)から、次に出てくる表現を予測する。主に、動詞が持っている語法や特性を理解することで、次の表現方法を予測することができるようになります。

④ 話の内容から、次の展開をある程度予測しながら読む。これは日本語の文書でも同じです。特に、TOEICの文書は定型のものが多いので、ある程度の予測は誰にでも可能です。

以上ですが、全部できなくても、①と②だけできるようになれば、さしあたってはOKです。③と④は、僕も発展途上で試行錯誤を繰り返している最中です。

纏めますが、英文の分量が多いPart7を克服するには、先ずは英文を正確に速く読める訓練をすることです。TOEIC独特の設問や選択肢の妙というやつも、いずれはやっつけなくてはなりませんが、先ずは本文が正確に速く読める実力を養うことが先決だと僕は思っています。

だって、本文を正確に速く読めれば時間は余ります。余った時間で、設問・選択肢なんて何とかなります。極端な話ですが、速く読めれば、リテンションだって必要ありません。気になる箇所は、余った時間で気が済むまで何度でも何度でも読めばいいからです。

正確に速く読める力は、誰が何と言っても、TOEICテストにおいては絶対的なアドバンテージです。多少ひねった問題でも、NOT問題でも、時間さえあれば何とかなるケースが多いのです。何故なら、Part7は探せば必ず本文に答があるからです。当然ですが、速読力はリスニングの先読みにも有利に作用しますね。

リーディングのスコアが停滞しているなら、同じ文書、Part7の1セットを1週間程度、続けて読むトレーニングを実践してみてください。何かが変わります。僕はPart7だけでなく、Part5~Part7の1セットを丸々、1週間読み続ける訓練をしてきました。それだけで、特に慌てなくても、リーディングセクションを60分~70分で解き切れるようになったんです。かつて、DPまで到達することがなかった僕がです。

本稿では、同じ文書を繰り返して読むことを推奨していますが、僕は〝初見の英文を速く読む訓練〟を決して否定しているわけではありません。これ以上速く読んだら、もう意味がとれなくなるというギリギリのスピードで読んで、読解スピードを鍛えるということは重要なプラクティスです。決して否定しません。英語学習者なら誰しもが、いずれは取り組むべき課題です。

ですが、ゆっくり読んでも分からないことだらけの人が、今、優先して取り組むべきことではないと考えているだけです。優先順位が違うと言っているだけです。僕も含めて、です。構文や文法事項で分からないことだらけの文章を、無理に速く読もうとすると、遠回りどころか弊害が出ます。英文の正しいリズムを吸収できずに変な読み方の癖がついてしまうからです。間違った音読が身にならないのと同じ現象です。

最後に、本稿で僕が主張しているのはあくまでも僕が試みてきた方法です。自分以外の人には当てはまらないかもしれません。ご参考、ということです。是非、ご自身にピッタリ合った勉強法を模索していってください。

世の中には、それは間違った勉強法だとか、正しい勉強法はこうだとか、いろいろ口喧しく騒ぎ立てるお節介な人達がいますが、そんなもん、ありません。勉強法に正しいも、間違っているもありません。現時点で、その人にピッタリ、フィットしたやり方かどうか、とういうことはあり得ますが、百人いれば百通りの勉強法があっていいと僕は思っています。

重ねて申し上げますが、本稿はあくまでも〝Rabbitの場合〟です。ご自身の勉強法を確立する過程で、幾分でも参考にしていただければ幸いです。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 16:15:23 | トラックバック(0) | コメント(14)
Part7勉強法<後半その1>
この記事はブロとものみ閲覧できます


未分類 | 16:14:07
Part7の勉強法<前半>
TOEICテストの受験者は、700点~800点台半ばくらいまではリスニングが先行する形で順調にスコアが伸びていく人が多いようですね。しかし、800点に到達するあたりから徐々に苦しくなってきます。

比較的短期間で伸ばしやすいリスニングセクションや、リーディングセクションのPart5&6の正答率が一定水準に達するからです。ここからは、リスニングでもPart2のトリッキーな問題や、Part3&4の詳細を問う問題を正解しないとスコアが上がっていきませんし、リーディングでは、いよいよPart7の難問を避けて通れない時期が到来したことを意味します。

本稿では、リスニングは一旦横に置いて、リーディングセクションの〝Part7攻略の基礎〟に絞ってお話ししたいと思います。これは、実際にお会いする方、ブログやSNSで交流させていただいている方、いずれからも多く寄せられるご質問だからです。それだけ悩みが深いのでしょうね。

さて、Part7のお話ですが、皆さん、口を揃えて仰るのが、〝時間が足りない〟ということです。Part5&6を思いっ切り飛ばしても、Part7に充てることができる時間は50分~55分という方が多いようです。仮に55分確保できたとしても〝時間が足りない〟わけですね。

先ずここで問題提起したいのですが、本当に〝時間が足りない〟から正解できないのでしょうか?では、時間無制限で解く環境が与えられれば全問正解できるのでしょうか?

おそらく、時間さえあれば正解できた問題と、いくら時間があっても、現時点の自分では正解に到達できない問題の2種類があるのです。時間があれば読めたというケースと、時間があっても読み切れない、すなわち、文書の書き手の意図を感じ取れないというケースです。

最初にすべきことは、上記の2つのケースを分類することですね。Additional Timeを与えられれば解ける問題はさほど気にすることはありません。間違いなく、いずれ解けるようになります。時間さえあればいいんですから。克服すべきは、いくら時間があっても解き切れない問題です。これは、構文が分からない、文法が分からない、知らない語彙が多すぎる、文書の背景とする知識が乏しい、などが主な原因と思われますが、ここを克服しない限り、永久に壁は突破できません。

僕もリーディングで400点に到達してからというもの、悩みまくりました。当時、75分以内に100問全部解答し、塗り絵はしていませんでした。しかし、依然として正答率は上がっていきませんでした。何故だろう?ずっと考えていました。そしてある時、気づいたんですね。あまりにも当たり前のことに。

読めてないんだ。

そうか、100問全部解答できるようになって、読んだ気になってはいるけど、実態は、文字の上っ面を目で追いかけているだけなんだ。100問を時間内に解答することと、文章が正確に読めることは違うんだ。今の自分は〝無理矢理に100問の解答を塗っているだけ〟なんだ。

100問を75分で解答することに執着するあまり、読み方が粗くなってるんだ。ざっと読んで分かるところだけで解答しているわけだから、間違えて当然なんだ。全然、読めてないんだ。もっと悪いことに、読もうともしていないんだ。

90問に相当する文書をきちんと読んで解答し、残り10問は塗り絵というほうが、まだマシだということに、ようやく気づく。そのほうが未来の飛躍を予感させる何かがある。だけど、今のままでは壁は突破できない。

そう考えて、僕はそれまでの勉強法をガラリと変えた。

≪後半に続く≫

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 18:35:11 | トラックバック(0) | コメント(6)
青学あいぴー結果
11/7に受験した青山学院大学のIPテスト結果がポストに入っていました( ̄_ ̄ )。o0。

ラジカセの音がこもっていて、リスニングはボロボロだったので、ダメかなあと思っていたら、ホントにダメでした。すたたたっ。。。。((((((o_ _)oざざぁ~☆ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!←豪快にコケた。

201511青学IP

リーディングは20分も時間が余っただけあって、495点でしたε=ヾ(*・∀・)/ ワーイ。

リーディングが495点で、リスニングでコケるという、決してやってはイケナイこのパターンは、もう5回目か6回目くらいですね _(*_ _)ノ彡☆ギャハハハ!!バンバン!!←笑ってる場合か?

まあ、リーディング先行型男子会会長だから仕方ないか( ̄▽ ̄)。o0←チャウ((-.- 三 -.-))チャウ。

懲りずに次回頑張りますσ( ̄◇ ̄;) ワ、ワタシデスカ。←オマエだ、オマエ!

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 17:51:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
千葉は寒かった
この記事はブロとものみ閲覧できます


未分類 | 18:15:15
苦難は続きますが・・・
この記事はブロとものみ閲覧できます


未分類 | 22:16:22
緑の蛍光ペン跡は勇者の証
TOEIC公開テストを受験したことがある方はご存知かと思いますが、テスト当日の受付では、受験票の写真の下に緑のマーカーが塗られます。

マーカーが引かれた後に、運転免許証など本人確認書類と一緒に返されるわけですが、この時、受験票と重ねて渡されるために、免許証の裏側には緑の蛍光ペンの跡がつくのです。

僕は毎回受験しているので、免許証の裏側に無数の緑の印がついています。アチコチに点在しているわけですね。

僕はこれを“勇者の証”と呼んでいます(^o^)v。

黄色~と黒~は勇気の印、24時間戦~えますか!リゲイン、リゲイン、っていうCMがありましたが、僕らトーイッカーの証はグリーンなんであります(σ≧▽≦)σ!

ちなみに、何故、グリーンのマーカーが使用されるかというと、受験票の写真をすこあしーとに印刷する際に、マーカーの跡が影響せずに1番綺麗に写るのがグリーンなのだそうですφ(..)メモメモ。

本稿を尊敬するトーイッカー、みかん星人さんとtarueiちゃんに贈ります( ̄ー ̄ゞ-☆

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 18:58:28 | トラックバック(0) | コメント(8)
戦士の休息
日頃はTOEICファイターとして日々見えない敵と闘っておりますが、今日は滅多にない戦士の休息日です(^^)。

グッドパフォーマンスを維持するためには、身体を休めるのも仕事のうちなのであります。ただし、あくまでも適度にね、適度に(^^;;。←サボり過ぎかも。

TOEICの勉強も休もうかと思ったのですが、無意識に単語本を2時間も読んでしまいました。習慣というのは恐ろしいものです((((;゜Д゜)))。

単語本は自分の成長がはっきりと認識できるから楽しいですね。あの頃、分からなかった語彙には付箋をつけてあるから、こんな易しい語彙を知らなかったのかあ、となるわけです(-""-;)。

ベッドに寝転がってパラパラとページをめくっているうちに2時間くらい、あっという間に経過していました(/--)/。

んでもって、今は、家から歩いて30秒の行き付けの居酒屋さんに来て、ウイスキーのソーダ割を飲みながら、このブログを書いているわけです(^w^)。

何故か、カウンターには当然のように、TEX加藤さんの“でる1000”が置いてあるのでした(-ω- ?)ウーン。

あ~、やっぱり、TOEICは楽しいなあ(*^^*)。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 18:27:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
オジラビラジオ御礼
昨日はお忙しい中、オジラビラジオを視聴くださり誠に有難うございましたm(_ _)m。

慣れぬこと故、お聴き苦しい点も多々あったかと思いますが、どうぞ広い心でお許しくださいませm(_ _)m。

TOEICを心底愛する6人が集まっての座談会形式だったわけですが、1人でも2時間くらい余裕で喋れるメンバーですから、これを2時間に凝縮するのは並大抵ではないのです。

そんな中でも、何とか出来るだけ多くのトピックを扱うように、6人全員が一致団結して臨みました。

リスナーの皆様のご期待に添えた内容であったか、甚だ心配ではありますが、少しでもニーズがあれば、今後も同様の機会を設けていきたいと考えております(*^^*)。

共同主催を快くお引き受けいただいたOJiMさん、有難うございました。PC3台と長時間格闘されたこと、感謝以外に言葉が見当たりません。

清涼院流水さん、ブチブッチさん、ビリリーマンさん、そして、遠い宇宙みかん星から参加くださったみかん星人ピンクさん、本当に有難うございました。皆様なくしてオジラビラジオはあり得ませんでした。

オジラビラジオは、主催者もゲストもリスナーさんも全員が主役です。僕はそう思って運営していました。

皆様、本当に有難うございました。そして、素晴らしきかなTOEIC、有難う\(^o^)/!

ではまた(@^^)/~~~。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 13:29:02 | トラックバック(0) | コメント(8)
【緊急告知】本日のオジラビラジオを聴くために重要なこと
先般よりご案内の通り、本日18:30からOJiM監督との共同イベントである〝オジラビラジオ〟放送予定ですが、アクセスの場所が変更になりました。オジラビラジオを視聴される方は必ず下記のURLから入っていただきますようお願いいたしますm(_ _)m。

Access to オジラビラジオ

数日前に僕のブログで告知したアドレスは変更されてアクセスできません。お手数をおかけて申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m。

≪ホスト役≫
OJiM監督
Rabbit
≪豪華ゲスト≫
清涼院流水さん
みかん星人さん
ブチブッチさん
ビリリーマンサン

以上6名で、TOEICの現場で一体何が起こ亭るのか、臨場感豊かにお伝えしていきたいと思っております\(゜ロ\)(/ロ゜)/。

では後程(V)o¥o(V)

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 13:10:21 | トラックバック(0) | コメント(5)
今宵は関西TOEICerさんと乾杯
トーイッカーの皆さん、お早うございます。というか、まだ寝てませんw。始発まであと1時間くらい仕事してから帰宅します。流石に疲れました・・・。

ところで、先日の東北シリーズに続いて、今日は関西シリーズです。←別にシリーズではないかも・・・。和歌山県に出張の用事ができましたので、無理矢理、大阪で途中下車をして、関西が誇るイケメントーイッカーさんとお酒飲みます!

大阪は勤務したことはないけど、ある時期、転職活動をしていてよく通っていたので、少しだけ土地勘があります。梅田界隈を怪しく独りウロウロしていた、あの頃が懐かしい。その時の店がまだあればいいのですが・・・。

まあ、5~6件は知っているから全部なくなっていることはないでしょう。場所は全部覚えているけど、店の名前を忘れちゃって・・・。何せ13年前のことだからなあ・・・。

それでも何とかなるでしょう。こう見えても日本全国アチコチに出没する世界一大きいうさぎさんですからね。ムフフフ・・・。

それにしても、ね、ねむい・・・。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 03:51:28 | トラックバック(0) | コメント(4)
究極のゲスト対談シリーズ~番外編~前半
ヒロ前田さんとHUMMERさんのお2人が、新新TOEICについて、現時点で判明している事実と、現時点である程度予測できる事柄について、You Tubeで詳しく語ってくれています。

HUMMERさんのブログ記事から辿っていってください。ココです。
HUMMERさんブログ

究極のゲスト対談シリーズ~番外編と称して、現行TOEICが新新TOEICと異なる点、あるいは変わらない点などを分かり易く説明してくれています。必見です!

前半と後半に分かれているようで、前半がリスニング編、後半がリーディング編ということです。今回、アップされているのは前半のリスニング編だけですが、僕も興味深く拝聴しました。

新新TOEICへの移行を聞いて、不安に思っている方もいらっしゃるかと思いますが、それが杞憂であることが分かりますよ。心配いりません。

お2人のユーモア溢れる語り口をどうぞお楽しみください。50分弱の収録です。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 20:24:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
落ち込む必要なんてない
ねえ、アナタ、知ってますか?TOEIC800点って凄いんですよ。ましてや900点なんて、一般人から見たらほとんど神です、神!ホントですって。

僕のように、超ドメスティックな会社に席を置いていると、TOEICスコア800点以上獲っている人なんて周りに殆どいません。そもそもTOEICって何だか知らない人のほうが多いしね。

一昨日の正午には10月の公開テストの発表があったわけですが、思うようなスコアが出なくて落ち込んでいる人をSNS上では沢山見かけました。

落胆している方で、比較的多かったのが800点台のスコアを記録した人でした。900点にもう少しのところで手が届かなかった。あるいは、900点台から800点台に陥落した。そういう人が多かったようにお見受けします。

だけどね、一般的に言えば、アナタ、800点以上ってスゴイんですよ。僕は英語の勉強を始めたのが42歳の時だったけど、そこから800点に到達するのに4年かかったんだ。毎日欠かさず勉強してですよ。

初めて800点以上のスコアを獲った時は素直に嬉しかった。これで長年の苦労がすべて報われたと思った。そして、生涯に亘って英語を勉強し続けることができるだろうという自信を得た。だって憧れだった800点を獲れたんだから、もう何でもできる。直感的に、そう思ったんだ。

TOEICオタクの世界では900点以上は当たり前で、950点以上もゴロゴロしてる。中には990点を記録する強者も沢山いるわけだけど、そんなの世間でまかり通っている一般常識でいえば、変人です、変人。

あなたは今回、900点獲れなくて悲しみに沈んでいるようだけど、自分が居る場所から一歩引いて、冷静に周りを見渡してください。アナタは決して劣ってなんかいない。むしろ、輝いている。

本当のことを言えば、スコアなんてどうでもいいんだ。努力を欠かさず毎日続けていることが大事だし、その生き方が素晴らしいのです。600点だって、700点だって素晴らしい。別にそれがTOEICでなくたって構わない。自分を磨く努力をしていることが誇らしいではありませんか?

輝いているあなたに泣き顔なんか似合わない。

いつものように笑ってごらんよ。

スコアが下がったって、あなたの価値が下がるわけじゃない。

むしろ、あなたには望ましいことだったかもしれません。

だって、あなたは周囲の人達の優しさに触れ、またひとつ優しさの引き出しを増やしたんだから。

そして、あなたは少しだけ強くなった。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 18:45:52 | トラックバック(0) | コメント(6)
11/21(土)オジラビラジオの詳細について
皆様、日曜日は公開テスト受験お疲れ様でした。相変わらず難化傾向が続いていますが、結果や如何に?ということで、ラジオのご案内です。

参加者は、ホスト役がOJiM監督とRabbit、ゲストは、清涼院流水さん、みかん星人さんの4名に加え、シークレットゲストとして、ブチブッチさん、ビリリーマンさんをお呼びしています。←全然シークレットじゃねーじゃん。総勢6名で運営して参ります。

リスナーさんのご質問にお答えしますので、ご質問がある方は是非、このブログ記事かOJiM監督のブログ記事に書き込みコメントをお願いします。隠しコメントでも結構ですよ。

以下、時間と接続先のご案内と、ご質問にお答えする以外に、扱う予定のトピック例です。

【日時】11月21日(土) 18:30~20:30
【アクセス先】Acess to オジラビラジオ←時間内ににアクセスすると聴くことができます。今は聴こえません。
【トピック例】例えば以下の7つ
① 私はこうして800点の壁を900点の壁を突破した!サルでもできる突破法←失礼じゃね?
② 600点の壁、700点の壁、950点の壁、990点の壁とは?←壁、多すぎね?
③ 最近のTOEIC公開テストの難化傾向とは?異星人は見た!ポンジュース美味し!
④ 巷で話題の新新TOEICとは?←まだよく分かんねーし。
⑤ サラ特満点リーディングの使い方、出版秘話とは?←ミリオンセラー間近って、マジか?
⑥ 2016年2月英語部公開イベントは実施されるのか?←皆、待っているっていう噂も。
⑦ Rabbit企画とは?←Rabbit World 炸裂なるか?そもそも何なんだ?
という感じです。えっ?全然よく分かんない?そ、そですか・・・。

おそらく、ブログで事前に受け付けさせていただくご質問は、上記のトピックを扱う中でお答えできるものもあろうかと思っています。

しかし、ラジオでは、事前にコメントいただいたリスナーさんのご質問を優先しますので、上記のトピックは、この通りにならないことも考えられます。一応、たたき台がないと進行しにくいので予定してみただけです。←じゃあ、何で書いたんだ?

従いまして、番組内容は突然、何の予告もなく、その一部もしくは全部が変更される可能性があることを予め申し上げておきます。←チョーてきとー。

実際にお話する内容は、ラジオを放送しながら、僕とOJiMさんがその場で判断していきます。人生いつでも出たとこ勝負です。軽くワインなど飲みながら気楽にやっていきますので、皆さんも目に前にお酒とおつまみをご用意ください。

それでは、加藤登紀子のほろ酔いコンサートスタート!間違えました、OJiM & Rabbitのほろ酔いトークは今週土曜日です!是非お楽しみくださいませ<(_ _)>!

沢山のコメントお待ちしております(@^^)/~~~。

Rabbitでした。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 14:25:09 | トラックバック(0) | コメント(22)
第205回TOEIC公開テスト速報<後半>
さて、肝心のテストの感想ですが、ほぼ10月と同じようなイメージです。リスニングはPart2が難しく、リーディングはPart7が難しい。

リスニングは読み上げのスピードは10月よりもややゆっくりだったかなと思います。特に、Part3とPart4が速くなかったと思いますけど、いかがでしょうか?追いついていけない感じではありませんでした。

リーディングはPart5とPart6で難易度の高い語彙がありませんでした。ただし、知っている語彙でも、その使い方があったのかというような巧妙な問題がありましたね。Part7は表が姿を消し、文字だらけになっている分だけ読解に時間がかかりますね。

以下、僕のパート毎の個人的な感想です。

Part1:普通(ボーッとしていてNo.3を聴き落としました)
Part2:やや難(やはり後半から難しくなったかな)
Part3:普通(62番の根拠を聴き逃してしまった・・・)
Part4:普通(83番の解答をマークしていて84番の根拠を聴き逃してしまった・・・)
Part5:普通(1問だけ品詞問題で難問があって、考えた末に結局落とした)
Part6:普通(接続副詞の問題がレベルが高く、1問落としたと思われる)
Part7:難(SPの最初から悩む問題でした。あとは推して知るべしです)

リスニングは4ミスまで許容しようと最初から決めていました。昨日のコンディションで100問正解を狙いにいくと大怪我しますからね。Part2で2ミス、Part3&4でそれぞれ1ミスまでは仕方がないと腹をくくりました。

結果、誰も間違わないようなPart1の3枚目の写真で聴き逃がし、おそらく1ミス、Part2は5~6問確たる自信なし、Part3&4は予定通り、それぞれ1ミスの感じでした。475点~495点の感触ですね。勘ボックスが当たっていることを祈るしかない。ダメだ・・・。

リーディングは最初から飛ばしましたが、何だか早く読めずに、Part5で10分かかってしまった。かつ、2問ペンディングとして残った。Part6は3分で終わったけど、やはり接続副詞の問題が2問ペンディングになってしまいました。一応、ザッと52問を見直し、60分確保した状態でPart7に突入となる。

僕は153番から200番まで順番通りに解いていきます。焦らなければ、何処から解いても結局同じだから、順番を考えるだけ時間かかるし・・・。ところが、153~154番のセットはいきなり結構悩ましい。最近はSPの1セット目もナメたらやられますね。

SP8セット目と9セット目のボスキャラを迎えた時に腕時計を見たら45分残っていました。まあまあ順調かなと思っていたら、この2セットで時間を消費してしまい、DPに入った時に30分しかありませんでした。ひええ、2セットで15分も使ってしまった・・・。

DPの1セット目は易しかったのでスラスラと解けました。DP3セット残して25分、もう大丈夫だろうと油断していたら、残り3つが難しい。Not問題が巧妙に配置されているし、Suggest系問題も根拠がはっきりしないものがあって時間を食われました。

結局、5分しか余らず、100問のマークミスを確認し、Part5&6の気になっていた4問を見直したところでタイムアップでした。リーディングの精度をより高めるためには、もう少し速く正確に読めるように訓練しないとダメですね。

よく分かりませんが、無理矢理スコアを予想すると、リスニングが475点~495点のレンジ、リーディングが470点~485点のレンジかなと思います。トータルでは945点~980点のレンジで着地するでしょう。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 14:47:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
第205回TOEIC公開テスト速報<前半>
先月に引き続き、受験会場は国分寺の東京経済大学でした。部屋を出るときには、いつの間にか雨もあがって、遠い空には晴れ間がのぞいていました。よおし、頑張ろう!

余裕を持って出発し、電車に乗ったのですが、2つ目の駅で乗り換える筈が、徹夜仕事がたたって、なんとたった2つなのに眠り込んでしまい、駅をひとつ乗り越してしまいました。座ったのがいけなかった・・・。逆方向の電車で慌てて戻り、今度は無事乗り換えて国分寺駅に到着!

しかし、今度は、朦朧としていて、南口に出るべきところ、北口に向ってしまい、いつもと違う風景に戸惑っていると、目の前に到着したバスの行先表示が「国分寺駅北口」となっていて、ああ、降り口を間違えたんだと気づきました。

駅中を通って南口に向い、そこから公式実践Test5のリスニング音源を聴きながら、大学まで10分程度の道をよろよろと歩いていきました。僕はテスト当日はいつも公式実践を1セット耳慣らしに聴くことにしています。11/15のテストだからTest5を聴く。16日だったらTest6を聴きます。日付の一桁目の数字で、どのセットを聴くか決めているんです。

Part3まで音を聴いていて調子が悪いのは分かったので、今回のリスニングの先読みは選択肢まで全部読むことに決めました。音をきちんと拾えない分をリーディング力でカバーしないといけないから、設問だけだと心もとないと思ったんですね。結果的に、これは正解でした。

キャンパスに入ると、どこかの団体の簿記の試験と重なっていて、いつもとは違う会場に案内されました。4号館だったかな?ドデカい階段型の教室の前から5番目、一番左の席でした。音が出るスピーカーは真ん中のポウディアムのところに2台だけ。端っこの席だとヤバいパターンです。

どうしても聴き取りにくかったら手を上げて真ん中の席に移動させてもらおうかと思いましたが、眠くて、その元気もなく、左端の席で頑張ることに決めました。OJiM監督直伝の耳ダンボ作戦で何とかなるだろう・・・。

と、ここで大事なことに気づく。フォームはピンク色のメジャーフォームでした。とっくに机の上に置かれていたのに、ピンクとグリーンの違いに気づかなかった。何だか夢の中でふらふらしているような感覚で、このままではいけないと思い、化粧室に入って冷たい水で顔を洗いました。

教室に戻ると、Rabbitさあ~んと、女性のトーイッカーさんから声を掛けられ、ハッと正気に戻りました。無様な姿は見せられないぞ。

ピンク色のマークシート用紙に必要事項を丁寧に記入しながら精神を統一し、迫りくる2時間1分へと戦闘準備を整えるRabbitでした。

≪後半に続く≫

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 14:46:10 | トラックバック(0) | コメント(2)
第204回TOEIC公開テスト結果
昨日の悪夢醒めぬうちに再び試練が・・・。10月の公開テストはPart7にやられましたから、相当酷いことになっていると覚悟していました・・・。

リスニングは2ミスくらいだと思っていましたが、結果や如何に?テスト直後の感触としては、トータルスコアは最悪で940点くらいと予測しました。結果や如何に?

≪ドーン、ドドドーン、ズドドーン≫
201510公開テスト結果

ということで、思っていたよりは若干マシでした。野菜マシマシラーメン二郎です。ニンニク勿論入れます。んでもってカラめで←全くもって意味不明です。

リスニングはおそらくPart1とPart3&4がノーミスだったのかなと思います。リーディングはPart5で2ミス、Part6はノーミス、Part7で4ミスくらいでしょうか?分かりません・・・。

まあ、夏以降は業務多忙により思ったように勉強できていませんから仕方ありません。こんなもんでしょう。11月も撃沈しましたので、気を取り直して12月に頑張りマス!

ではまた。

またねー!

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 13:13:40 | トラックバック(0) | コメント(4)
第205回TOEIC公開テスト感想
受験できるかどうか危ぶまれたしたが、何とか受けることができました。しかし、流石に徹夜明けは厳しかったです(^^;。

Part2で5~6問聴きとれず、リスニングは大ピンチ。Part3と4も必死に食い下がりましたが、ついていけませんでした。

リーディングは、Part5で既に1ミス発見、Part7も鬼でした。急いで解きましたが、5分しか余らず、気になっていた問題を深く検証し直すことができませんでした。

公開テストは難化傾向に歯止めがかかりませんね。隅々まで読まないと確実に正解することが難しくなっています。

まあ、今日は仕方ないか(^^;?受験できただけでよしとします。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 16:03:01 | トラックバック(0) | コメント(6)
久しぶりに受験の危機
この記事はブロとものみ閲覧できます


未分類 | 22:30:28
付箋の威力
仕事がどうしようもなく忙しかったり、プライベートな用事が立て込んでいたり、あるいは体調が芳しくなかったりすると、当然ですが、TOEIC学習に当てられる時間は減ります。

そんな時、僕が頼りにしているのが、付箋、ポストイットです。時間がないときに威力を発揮してくれます。

僕は基本的にノートに何かを書き留めるということをしません。誤答ノートというものも作ったことがありません。実は何度か試みたのですが、あえなく挫折しました。

一言で纏めると向いてないんですね。だらしなくて飽きっぽい性格だから、コツコツと記録をつけることができない。

そこで、記録をつける代わりに、僕が愛用しているのが“付箋”です。これならテキストに貼るだけだから簡単だし、本も汚れないし、折を見て外すこともできます。

これがテスト直前に威力を発揮します。自分が間違えた問題や、正解はしたものの根拠が曖昧な問題を素早く見直すことができます。

例えば、Part5の40問では付箋がついている問題は2問程度だから、付箋がつけられている問題を仮に100問復習すると、逆算すれば、Part5を50セット見直したことになるわけです。

これはPart5を2,000問に相当するわけです。勿論、間違えた問題とか、悩んだ問題だけだから、実際に2,000問を見直すわけではないのですが、この威力は侮れません。

現実に、公開テスト前日に2,000問を解くことは難しいです。しかし、それをしなくても、付箋のついた問題を丁寧に見直すことで、それに近い効果が期待できます。まあ、あくまでも直前の見直しに過ぎませんから、それで実力が飛躍的に上がるものではありません。

でも、頼りになるんだよなあ、この付箋が。実際には、付箋を1セット2つにまで絞り込んだ過程にこそ意味があるわけだけど、テスト前にはその恩恵にあずかるわけです。

小さな付箋は、僕が過去に地道に頑張ってきた証。その恩恵にあずかってもバチは当たらないでしょう?

忙しくて思うように勉強できない時、過去の自分が応援してくれるんだ。頑張れ、Rabbit!って。

色彩豊かな小さな応援者。

それが付箋なのです。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:04:51 | トラックバック(0) | コメント(4)
第207回TOEIC公開テスト申込み受付開始
本日10時より2016年1月31日実施の公開テストの申込み受付がスタートしました。僕はいつも申込み開始日の10時ジャストにTOEIC SQUARE のサイトにアクセスして申込みを完了させることにしています ドヤァ(`・ω・ )b。

何かと忙しいから忘れてしまいますからね。仕事等が重なって受験できなくなった場合は、受験料は戻りませんが、その場合は、長年お世話になっているTOEICにお布施として寄付させていただくんだと思うようにしています<(_ _)>アリガトン。

勿論、何が何でも受験できるように最大限努力します(ノ ̄▽ ̄)ノ スチャッ。

皆さんは申込みしましたか(´・ω・`)?

そこで悩んでるYou!→σ( ̄◇ ̄;) ワ、ワタシデスカ?

考えてないで申し込んじゃいなよYou!→・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)ソウイワレテモ・・・・・

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 10:55:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
新公式問題集Vol.7発売?
2016年5月の公開テストから、新新TOEICテストにアップデイトされると正式にアナウンスされたわけですが、そうなるとTOEIC受験者の次の関心事は、最新の公式問題集がいつ発売されるかということになりましょう。

それがおそらく〝新公式問題集Vol.7〟という名称だと思います。〝新新TOEICテスト〟という呼び名は我々トーイッカーが勝手にそう呼んでいるだけで、ETSもIIBCも一度もそんな名称は使っていません。

まあ、名称なんてどうでもいけど、いつ出るんでしょうかね?

TOEICテスト制作機関は、大幅な変更ではなく、アップデイトであり、マイナーチェンジだというようなことを仰っているようですが、我々としては、本番のテストに準じた公式問題集の現物を見るまでは半信半疑ですよね。

TOEICに携わっている著者だって、早く公式問題集の最新版が出てくれないと、次の本を書けないですよね。先走って書いたはいいけど、公式問題集と、内容がかけ離れたものだったら売れませんからね。

それにしても、〝新公式問題集Vol.7〟が出版されたら、かつて例のないくらいのとんでもない売れゆきになりそうです。TOEICを頑張っている人はほぼ全員が買うでしょうから、10万部や20万部なんてあっという間に余裕で売れますよ。

一方では、Vol.6までの公式問題集は売れなくなるでしょうね。何と言っても旧型のテストになってしまうわけですから。買う人はマニアくらいなもんです。まあ、この世界は、マニアさん結構多いけど(笑)。

まあ、Vol.6までの書籍の売れゆきに陰りが見えても、それを吹き飛ばすだけのオソロシイ部数が売れるでしょうね。

お隣韓国ではどうなのかなあ。日本より早く、かつ、大量の問題集が売られるような気がする。しかも日本版より安く・・・。そうなったら観光を兼ねて買いに行きますか?

とりあえず僕は、来年5月までは新新TOEICのことは一旦忘れて、現行TOEICに全力投球します。だって、新新TOEICはおそらくこれから100位受験できるけど、現行TOEICは今度の日曜日も含めて5回しかないんですよ。僕は、これから長く続く100回より、目の前の5回を大事にします。そうします。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 15:08:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
爽やかな東北の朝
この記事はブロとものみ閲覧できます


未分類 | 08:51:13
これより東北へ向かいます
この記事はブロとものみ閲覧できます


未分類 | 17:16:35
11/21(土)オジラビラジオ告知&ご質問受付
来る11月21日の土曜日、昨年6月に実施しました〝OJiM & Rabbitのラジオ〟がパワーアップして帰ってきます。まだだいぶ先のことだと思っていたら、もう直ぐですね(汗汗汗)。何にも準備してない(汗汗汗)・・・。ε=ε=ε=ヾ(*ΦωΦ)ノヒエェェェ!

上から読んでも下から読んでもオジラビラジオ、左から読んでも右から読んでもオジラビラジオです。素晴らしい(ΦωΦ) ンフフフ!←だから、それがどーしたんだよ(-ω-;)。

時間は18時からを予定しています。2時間くらいですかね。視聴方法などは後日、詳しくアナウンスいたします<(_ _)>。

お話する内容は全く決まっていません(`・ω・´)v!←言い切ってどーする?ですが、僕の頭の中にはぼんやりとですが、構想はあります( ̄◇ ̄)ポケー。←ホントか???

今日は、現時点で決まっているスペシャルゲストを発表いたします(ノ ̄▽ ̄)ノ スチャッ!

先ず一人目は、スーパー作家にして満点ホルダーという稀有な方です。そうです、我らが英語部代表〝清涼院流水〟さんですヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪!

流水さんは、実はある長期プロジェクトを開始していて、ご多忙なのですが、トーイッカーの皆さんのために出席してくださるそうです。流水さんの実体験に基づく学習法など、伺うことができそうですよo(・ω・´o)うおおおお~!

そして二人目は、なかなかこの方の肉声を聴く機会はありません。何と言っても異星人ですからね。オジラビラジオの日だけは地球に立ち寄っていただけるそうです。もうお気づきですね。

そうです!二人目のゲストは〝みかん星人〟さんです(*ノ゚Д゚)八(*゚Д゚*)八(゚Д゚*)ノィェーィ!みかん星人さんも勿論、満点ホルダーです(*`・ω・)ゞ!

凄いゲストを二人もお呼びしてしまった・・・。どうしようσ( ̄◇ ̄;) ワ、ワタシ?←お前じゃねー

あ、ちなみに、OJiM監督には、サラリーマン特急出版秘話、なんかをお話いただけると盛り上がるかなと勝手に思っています((o(ΦωΦ)o))ワクワク。この件については、ご本人の了解は一切得ていませんけど( ̄▽ ̄)。o0。←いーのか、それで。

そして、前回と同様にリスナーさんのご質問を受け付けようかと思っています。流水さん、みかん星人さん、OJiM監督、僕に対する個別のご質問でも結構ですし、一般的なご質問でも結構です。ジャンルは問いません。何でも結構です(V)o¥o(V)フォフォフォフォフォ。

ご質問の方法ですが、このブログ記事に書き込みコメントをお願いいたします<(_ _)>。ご質問はラジオ前日まで受け付けますので、公開テストが終わって落ち着いてからでも結構です。それまでは余計なことを考えず、テストに全力を注ぎたいですもんね(d゚ω゚d)オゥイェー♪

これも前回と同様、お名前を知られたくない方は、勿論、隠しコメントで結構ですよv(=∩_∩=)。

あ、ヤバい、時間が。仕事に戻らなければε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘ダッシュ!

では、そゆことで(* ̄  ̄)b

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 19:17:38 | トラックバック(0) | コメント(3)
TOEICと仕事のバランス
この記事はブロとものみ閲覧できます


未分類 | 23:35:08
次のページ