fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

一夜開けて
第2世代TOEIC最後の公開テストの結果発表から一夜開けましたが、そろそろ世の中は落ち着いてきた頃ですかね(笑)?

明暗くっきり分かれた回だったような気がしますが、スコアが上がろうと下がろうと、そんなもん、実はたいしたことではありません。

要は、自分が頑張ったかどうか、これからも頑張り続けるかどうか、それが大事です。たった1回の結果だけ見て一喜一憂する必要なんかない。

テストなんて、所詮人間が作るものだし、TOEICは、たった200問しかないんだから、そりゃあ、結果はぶれますよ。200時間かける20,000問のテストだったら正確に判定できると思うけど。

また、環境にも左右されます。自分の好きなタイプの問題が出たり、音響が最低だったり、体調が良かったり悪かったり、周りが煩かったり静かだったり、昨日は仕事が終わらず徹夜だったり、電車遅延で会場入りがギリギリだったり、まあ、数えあげればキリがない程いろいろな事が起こりますよ。

それらの事象は、自分でコントロールできることもあれば、できないこともあります。何が起こっても100%対応できる実力を身に付けろ、とか、のたまう偉そうな奴がたまにいるけど、お前、何様だ?うるせーよ、という感じです。

今回、相当の覚悟をもって、最後の決戦に臨んだ方も多数いらっしゃるでしょう。それなのに、とんでもない結果を手にしたら落ち込むのも分かります。悲しくて苦しくて、やりきれない思いでしょう。

でも、実は、そんなのたいしたことない。たった1回2時間の英語のテストで何が計れますか?あなた、これまで何年生きてきたのですか?これから凡そ何年生きいくのですか?

今回、結果が悪かったら、次、頑張ればいいだけです。そして、次、最高の結果手にしても、大喜びしない。大騒ぎしない。巨匠曰く、1度だけ小さくガッツポーズ作ったら、次に進め!です。

皆、頑張ってるんだから、結果はどうあれ、お互いの努力を称え合えばいいのです。最低なのは、今回ダメだったから、もう自分はダメなんだと勝手に思い込み、止めちゃうことだよ。逃げてしまうことです。

なんだかんだ理由をつけて逃げちまうのが最低なんだ。どんな結果であれ、チャレンジを続けている限り、あなたは素晴らしいし、輝いている。

僕はそう思うなあ。

頑張っている人の背中は何だか格好いいし、いつだって光輝いて見える。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



未分類 | 15:01:25 | トラックバック(0) | コメント(6)