fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

柴山かつのさんの著書ご紹介
僕が海外出張に行く前に猛勉強していた著書を紹介します。仕事の合間を縫って1週間で1冊まるまるマスターしました。TOEIC800点以上の実力者が休日を利用すれば、おそらく3日で、ほぼマスターできる筈です。

著書名は〝場面別ビジネス英会話〟です。短期的なビジネスミーティングであれば、これ1冊で、十分だとは言いませんが、結構いい線いきます。実際、5月と6月の海外出張で、僕は困ることはありませんでした。

場面別ビジネス英会話

このテキストはビジネス英会話に特化していますので、空港やホテル、地下鉄、レストラン、その他ショッピングセンター、病院などでの会話は入っていません。その辺りの基礎的な英会話がまだ不安だという方は、別のテキストで補完されたらよろしいでしょう。

著者の柴山かつのさんは、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、TOEICに限らず英語全般でご活躍されている方です。特に、ビジネス英語という括りでは非常に著名な方です。英検や通訳ガイドの本なども出されていますね。

実は、TOEIC書籍も沢山執筆されていますし、勿論、ご自身でもTOEICを受験されています。トーイッカー的には目立たない存在かもしれませんが、TOEICにはとても造詣の深い先生です。そうでなければ、僕が柴山さんの本を買う筈がありません。

この〝場面別ビジネス英会話〟の購入を決めた決定打は、この本の5ページに、〝TOEICのスコアアップするためには本書の全Chapterの知識+英語が必要です〟と、明確に書かれていたからです。

1冊勉強し終えてみると、確かにTOEICでは不要だと思われるページがありません。どのページもTOEIC頻出の表現ばかりです。つまり、TOEICの勉強本としても無駄がないということです。TOEIC公開テスト82回連続受験の僕が言うのですから間違いありません。

この本を勉強していれば、英会話力が養われると同時に、TOEICのスコアアップにも直結します。一粒で二度美味しいテキストです。テキストで使われている英文の文法的な基礎解説はありませんが、英文そのものは決して難しくないので、TOEICスコア500点以上の方ならストレスなく使えると思います。

このテキストの優れている点は2つあります。

ひとつは、その構成です。見開きの左側にページは〝英語で言ってみよう!〟というページで、日本語が書かれています。一方、右側のページには〝決まり表現をスラスラ言えるようになろう!〟というページで、左側の日本語の対訳が英語で書かれています。瞬間英作文にピッタリな構成ですね。

ここまでで決まり表現を一旦マスターします。すると、次のページに、〝ビジネス場面実況中継〟というダイアローグが登場し、習得した決まり表現を復習できる構成になっているのです。これが記憶の定着に役立ちます。
※決まり表現を数えたら、付録まで入れると979個ありました。惜しい!あと11個!

更に、その後に、〝ビジネス英語講座実況中継〟というページが登場し、先生と生徒の質疑応答が展開されていきます。これが、記憶定着のダメ押しとして機能します。この3段階の構成がアウトプットの強化に〝効く〟のです。

もうひとつの優れた点は、テキスト全般に亘り、不適切な表現を実例と共に教えてくれるということです。日頃、使っているような表現であっても、実は、ビジネス英語としては不適切であったり、目上の方に使う場合には不適切であったり、そういうケースは当然あります。実力者でも見落としがちな〝留意点〟も学べるのが嬉しいポイントですね。

難点を言えば、少し値段が高いかな?税込みで2,376円です。しかしながら、質の良いCD音声2枚付きですし、これでビジネス英会話の基礎が学べるなら安いもんです。ちなみに、Kindle版で購入すれば、半額近い1,210円です。

僕が、実際に面識がない英語の先生のテキストのレビューを書くのは珍しいのですよ。いつだったか、大島さくら子さんのレビューを書いて以来ですかね?自分で実際に使ってみて、〝いいな、これ〟と思った本の好意的なレビューしか書きません。残念な本のレビューなんか書いてる暇ありませんからね。

最後に、この本のカバーにある著者略歴をご紹介して、本稿の締めくくりといたします。

略歴の終わりに、こう書いてあった。

〝英語で小説を出版するのが夢♪〟

僕は、夢を追いかける人が好きだ。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



TOEIC国内本レビュー | 17:22:41 | トラックバック(0) | コメント(2)
7/17 TOEIC模試モニタリングのご案内を発信しました!
モニタリング模試ご参加者の皆様へ

以下のメールをご指定いただきましたメールアドレスに配信しましたので、ご確認ください。本ブログと違うのは、皆様に宛てたメールは、場所が記載されています。それ以外の文面は同じです。

届いていないという方は、この記事に書き込みコメントをお願いしたします。どうも、僕のYahooメールと相性が悪い方がいらっしゃるようですので、遠慮なくコメントくださいませ。

≪ココからがメールの内容です≫

モニタリング模試ご参加者の皆様へ

新形式の公開テストはいかがでしたでしょうか?僅か1割程度の変更とはいえ、いつもとは勝手が違ったのではないでしょうか?たった1割の変更が、残り9割の問題にも心理的な影響を与えたかもしれません。

意図問題、グラフィック問題、スリースピーカーズ、言い淀み、文挿入問題、位置問題、トリプルパッセージ等々、悩ましい問題は多いですね。いずれも今の我々にとっては強敵です。

しかし、それは、まだ新しい問題形式に〝慣れていない〟からです。今回のモニタリングのような機会を上手に活用して、先ずは慣れましょう。新形式を身体に染み込ませましょう。

いつの日か、公開テスト受験後に、〝あれ?今日のテストって、新形式あったっけ?〟という感想を持つことが理想的だと、僕は考えています。その日が、新形式を克服し、自分のものにした日ということになりましょう。

さて、そろそろモニタリングの日が近づいてきましたね。ご案内です。

このモニタリングは全国で同じ取り組みをされている方が複数名いらっしゃいます。模試のフォームは全部で6つあります。「模擬試験A~F」です。この内、僕が実施するのは、「模擬試験C」と「模擬試験D」です。午前に実施する模試は「模擬試験C」、午後に実施する模試は「模擬試験D」です。

以下がスケジュールです。

7月17日(日) 10:00-17:00
10:00-10:30 受付、説明
10:30-12:30 模試解き1回目(午前の部「模擬試験C」)
12:30-12:45 答合せ(各自)、解答用紙回収
12:45-13:45 昼休憩
13:45-14:15 受付、説明
14:15-16:15 模試解き2回目(午後の部「模擬試験D」)
16:15-16:30 答合せ(各自)、解答用紙回収
16:30-17:00 予備時間

1回目と2回目の両方参加される方、1回目のみ参加される方は、10:00集合です。2回目のみ参加される方は13:45集合となります。

【日時】 前掲のとおり
【場所】 ??????????
【会費】 500円(1模試の方も2模試の方も同じ参加費です)
【内容】 アルク社作成の新形式対応TOEIC模擬試験C及びD
※モニタリングが目的ですので、解説はしません。

以上です。

最近になって急激に暑くなってまいりましたので、体調を崩さぬよう、くれぐれもお身体ご自愛くださいませ。適度な水分補給と充分な睡眠は大切です。

ではでは、当日、お待ちしております。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 11:36:24 | トラックバック(0) | コメント(2)