■プロフィール

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 受験済
217 2017.01 申込み済
218 2017.03 申込み済
219以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

やどかり出版のTOEICモニター模試
先週の土曜日は、神崎先生主催のTOEICモニター模試に参加してきました。100名くらい参加者がいましたね。模試解きの時間も13:00丁度からで、まさに公開テストとピッタリ同じでした。こういう配慮は嬉しいですよね、得した気分です。

模試の内容も良かったですねえ。さっすが、神崎先生。まだ4回しか実施されていない新形式の傾向をふんだんに盛り込んだ模試でした。中身はネタばれするから書けませんけど、この模試本は〝買い〟ですね。

ちょっと、リスニングが本番よりも難しいかな?特に、Part3とPart4の選択肢が長いので、読解スピードが遅い人は先読みが間に合わないんじゃないかな?スクリプトの内容などは良かったと思います。TOEICに出ないようなトピックは一切ありません。

リーディングは、難易度とか、英文の量など、公開テストと同じかなと思います。変にひねった問題とか、解答根拠が怪しいような問題はありません。素直な良問ではないかと思います。

いただいた解説集も、日本語訳が分かり易くて良いですね。不自然な意訳などはありませんから、訳文を見れば、英文の構造を読み解くヒントになります。語注も充実していますから、辞書の出番は少ないでしょう。

来月の初めころに出版されますから、是非、手に取ってご覧あれ。買っても決して後悔しない一冊ですよ。僕も勿論、買います!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 17:02:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
日本語よりも英語が速く読める逆転現象
日本語よりも英語が速く読める逆転現象

今日のタイトルを見て、〝ん?なんだ?〟と思った方もいらっしゃるかもしれません。先日も、TOEICの学習仲間が集まるイベントがあって、その懇親会の時に少しだけお話させていただいたテーマです。

よく、母国語である日本語の文書も速く読めないくせに、僕たちにとって外国語である英語が速く読める筈がない、という話を聞きます。挙句の果てには、英語を速く読めるようになりたかったら、先ず日本語を速く読めるように訓練すべきだ、と乱暴なことをおっしゃる輩も出てくる始末です。

もし、この方が英語の先生だとしたら、この手の発言は、英語の指導者としての立場を放棄していますよね。先ず日本語を学び直せ、なんて、生徒にしてみれば、そんなこと言われても悲しくなるだけです。もっと他のアプローチがある筈なんだけど。

僕は、この論争を耳にする度に、そうかなあ?と訝しく思っていました。英語には難解な漢字があるわけじゃなく、26個しかないアルファベットだから、もしかしたら、慣れさえすれば、日本語よりも速く読めるようになるんじゃないかなあ、と思っているわけです。

まあ、漢字とアルファベットの比較の問題は横に置いても、僕は、〝日本人でありながら、日本語よりも速いスピードで英語を読める人が現れても不思議ではない〟と考えています。これを僕は〝言語間の逆転現象〟と呼んでいます。そして、この現象が起きても不思議ではないと信じるについては、ある根拠があります。

それは英語という言語が持つ〝好ましい制約〟です。ご存知の通り、英語は語順の制約が厳しい言語です。使い手が〝てにをは〟を自在に操ることによって、語順を半ば意のままにできる日本語とは根本的に違います。

更には、これは英語に限ったことではありませんが、文法規則や動詞が持つ語法についても、日本語と比べると、厳格なルールと様々な制約があります。書き手、話し手はこれらに強く拘束されることになるわけです。

制約というと、否定的なニュアンスに受け取られがちですが、これらの制約は、読み手、聴き手にとっては、むしろ〝好ましい制約〟になっていると思うのです。

つまり、制約が厳しいということは、〝ある特定の枠を出ない〟〝勝手な創造は許されない〟ということになりますから、それは、すなわち、次の英文の構造や、意味的な展開を〝予測〟できるという利益に繋がる筈なのです。読解であれば、眼を左から右に、上から下に動かしていく過程で、次に出てくる英文の構造や展開を予測しながら読むことができる。どの程度かは分かりませんが、制約が予測を可能にしている、後押ししているのです。

僕の少ない英語学習経験においてでさえ、そう感じさせられることが多々あります。予測がキーワードなんだ。ネイティブや日本人実力者達は、無意識にこれをやっているから速く読めるんじゃないのかな?次、どうなるかの凡その見当がついているんだ。

僕は、いつの日か、日本の小説よりも、アメリカやイギリスのペーパーバックのほうが速く読めるようになったら凄いなと思っています。勿論、それには語彙も半端じゃなく増やさないといけませんけどね。でも、絶対に不可能だ、とは思わないんだ。

この話って、夢があるでしょう?

人間にとって夢こそが、何か途轍もないところへ辿りつく原動力になるのです。とんでもない高みに登りつめる源になるのです。だから、夢を持ちましょうよ。笑われたっていいじゃないですか?一緒に、とんでもない夢を持ちましょうよ(笑)。

決して終わることのない英語学習だからこそ、生涯に亘って夢を追いかけましょうよ。

そのほうが楽しいに決まってるからさ。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 00:05:15 | トラックバック(0) | コメント(4)
上半期が終わりました
昨日で上半期が終わり、今日から下半期に突入しました。信じられません。ついこの前、年が明けたとばかり思っていましたが、もう半分終わってしまったのですね。まさに、光陰矢のごとし、とはこのことです。

今日は下半期の初日に相応しい〝TOEICモニター模試会〟です。昨日も仕事が遅くなり、その後、家の用事を済ませたり、キッチンで立ち飲みしたりと忙しく、結局、床についたのは3時過ぎでした。まだ眠いけど、ここで寝てしまったら起きる自信がないので、このまま起きていることにします。

模試会の前にリスニングの耳鳴らしでもしておこうっと。先週日曜日の公開テストでは、睡眠がとれていなかったせいなのか分かりませんが、リスニングのナレーションが速く聴こえて、我ながら絶不調でした。

今日はリスニング頑張ります!勿論、リーディングも頑張りますが、やはりTOEICテストはリスニングの出来が全体の鍵を握っていますからね。テストの順番としてはリスニングが先ですから、そこでコケてしまうと、リーディングのモチベーションが下がりまくります。

結局、全体のスコアに影響します。なので、リスニングは重要なのです。他の人はどうか分かりませんが、僕はリスニングの出来が良い時はリーディングも良い結果であることが多いです。逆に、リスニングが悪い時はリーディングもダメな時が多いのです。

それにしても楽しみだなあ・・・。本番の公開テストだと思って臨みます!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 06:30:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ