FC2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング
11/7にTOEIC受験者待望の特急シリーズがリリースされます。TOEICリスニングに造詣が深い八島晶さんの新刊です。TOEICの新形式に対応している本書は、その名も〝TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング〟です。

新形式満点リスニング

Amazonでのご注文はコチラから↓
TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング

本書は、前作〝新TOEIC TEST サラリーマン特急 満点リスニング〟の進化バージョンです。前作は、TOEICリスニングといっても、Part3とPart4のみの取り扱いでしたが、本書は、Part1とPart2も含み、リスニングセクション全体をカバーしています。

前作から約1年半の時を経て新たに生まれ変わりました。2016年5月から導入された新形式のKey Wordは、文脈理解と自然な応答です。1文だけ理解できても全体の流れを見失うと正解に辿りつくことができません。

本書は、Part3とPart4の攻略のカギは、「文脈を聞き取るリスニング力」 「文脈を予測する先読み力」と断言する著者が提唱する、トレーニング方法と解法テクニックを完全公開しています。

また、新形式が開始されてから難化してきたパート2に出題されている 「ひねった応答問題」の出題パターンと、解答のコツまで徹底解説していることもポイントになっています。

TOEIC学習のテキストに重要なことは、汎用性があることと、再現性があることです。そのテキストに書いてある語彙や音声が理解できればいいというものではありません。そのテキストで学んだことを、いかに本番のテストで活かすことができるか、にかかっています。

僕は、著者の八島さんとは個人的に親交が深いので、彼の指導者としての実力をよく知っています。期待できる1冊です。本書で培ったホンモノの実力をひっさげて、公開テストで堂々と勝負しましょう。詳しいレビューは実際に本書を存分に味わった後に、このブログで書きます。

とりあえずは、Amazonで一時的に品切れになる前にポチってしまいましょう!密林に急げ!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



TOEIC国内本レビュー | 11:50:15 | トラックバック(0) | コメント(2)
早稲田あいぴー結果
10月9日に受験しました早稲田大学のTOEIC IPテストのスコアシートが帰ってきました。前日の明治大学のIPテストは、リーディングは495点でしたが、リスニングで1問足らず490点、合計985点に終わりました。

早稲田のほうも、リーディングは自信がありましたが、リスニングがどうかなあ、という感じでした。2問ミスくらいで済んでいるような気もしますが・・・。さて、結果や如何に?

≪じゃあ~ん、じゃじゃじゃあ~ん≫
201610早稲田アビメ

990点でした!リーディングはアビメがオール100の全問正解のおまけつきです。リーディング100問正解はやっぱり嬉しいですね。模試でもなかなかありません。集中力が相当高まっている時しかできません。

リスニングは、やっぱり3問間違えているみたいです。200問正解の道は険しいですね。簡単ではありません。う~む・・・。

2週間後の今日は、公開テストのオンライン結果発表ですね。そちらはどうでしょうか?感触としては、出来は芳しくなかったのですが、それでも結果を楽しみに待ちましょう。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 08:00:34 | トラックバック(0) | コメント(2)
今日は取材日でした
今日は久しぶりにゆったりとした時間を持つことができたので、夕方までは構想を練り、そこから先は取材にあてました。

頭で考えるだけでなく、実際に現場に出てリアルな情報を得ることは重要なのです。想像と現実のギャップを埋めてくれます。

今宵も大いなる気付きを得ることができたので、家に閉じ籠っていないで出掛けてよかったです。う~む、外の空気は素晴らしい。

明日は楽しみにしていたイベントがあります。清涼院流水さんとHUMMERさんのコラボレーションです。今から嬉しすぎて仕方ないので、もう1,2件、飲みに行きますかね?←吉田類か!

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 19:58:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
勉強会とか新刊とか
間近に控えている勉強会とか新刊とか、書きたいテーマは幾らでもあるのですが、今日は完全休養日と位置付けていますので、後日、書きたいと思いますm(__)m。

今になってかんがえてみると、TOEICは新形式に移行して活性化しましたね。新形式に対応するために、セミナーやテキストも需要が高まりました。それ自体は好ましいことだと思います。

しかし、もっと大切なことは英語力の基礎をじっくりと築いていくことだと思います。新形式ブームに流されぬよう、自信の目標を見失わないように気をつけなくてはなりません。

新形式TOEICを楽しみながら、かつ、自分の直近の目標、最終的な目標に対する意識を忘れずに頑張っていきましょう(*^.^*)。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 20:43:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
Rabbitの居酒屋放浪記≪番外編≫~大久保・日の出中華
本稿は拙著〝サラリーマン居酒屋放浪記〟の番外編として執筆しました。放浪記には36話分が収録されていますので、本稿は 37番目のアナザー・ストーリです。書いていたら何だか自然と涙が出てきました・・・。1話~36話は下記の本に掲載されていますので、ご興味がある方は覗いてみてくださいね。

サラリーマン居酒屋放浪記はコチラから!

放浪記

昔は街でよく見かけた昭和の食堂も、今では少なくなりました。店頭のガラスケースの中に、決して出来がいいとは思えない古めかしいメニューサンプルが飾ってあって、それでも子供心にワクワクしたものです。初めてオムライスを見たのも街の食堂だったっけ・・・。あの時の卵の黄色と赤いケチャップの色は忘れることができません。

居酒屋と違って食堂とか定食屋さんは、昼前からお店を営業しているわけで、近所のおじさん達がビールかなんかを美味しそうに飲んでいましたね。いつか自分も大人になったら、あの席でビールを飲もうかなとか思ったりして・・・。ものの見事にそうなりましたけど・・・。

大久保駅徒歩2分の〝日の出中華〟も、そんな憧憬の念を呼び覚ます、街の食堂だった。地方から東京に戻ってきて数年が経った頃、仕事帰りに何回となく足を運んだ。最初のうちは、お酒は全く飲まずに、カレーライスばかり食べていたけど、そのうち、ビールを飲むようになり、気が付けば、金宮の一升瓶をキープしていました。

この店のお父さんとお母さんは素晴らしい。美味しいものを手際よく提供するプロ魂もさることながら、お客さんを気持ちよく飲食させてくれるホスピタリティには頭が下がる思いです。特に、お母さんの接客は見事でした。

初めてホッピーを注文した日。アテは何にしようかなと一瞬迷っていると、

「うちは餃子が美味しいから餃子にしなさい。1枚?2枚?」

と言われ、言われるまま餃子を1枚いただきました。問答無用の餃子お勧め攻撃は、この店の専売特許であることを後で知らされました。これが、旨い!肉、キャベツ、ニラ、ニンニクのバランスが絶妙で、かつ、下味の塩加減が程良く、いくらでも食べることができます。結局、初めて注文した餃子をもう1枚追加しました。もっと早く食べれば良かった。

これ以降、日の出中華に立ち寄ると、先ずは餃子!が定番となりました。一つ目は何もつけずに食べて餃子そのものを味わい、二つ目は胡椒だけ振りかけてアクセントをつける。三つ目からは、醤油と酢とラー油を自分の好みにブレンドして食べます。ひとりだけの餃子堪能ワールドです。

ひとしきり餃子を味わった後は、次のメニューに移るわけですが、これがまた悩ましい。一体どれくらいの数があるのか、正確に数えたことはありませんが、おそらく百は超えています。どれも美味しいから、脳ミソをフル回転させて選ばなくてはなりません。前回は、レバーの生姜焼きとナスの醤油炒めを頂いたので、今日は、ハムカツと目玉焼きに、しめじの竜田揚げもいっちゃおうかな。

金宮のホッピー割をチビチビ飲みながら、次の注文品を考えるのもまた楽しい。独り酒は自由な時間を謳歌する時間でもありますね。このお店は〆のご飯がバリエーション豊富で、どれも美味しいから時間をかけてゆっくり楽しみたい。元々はカレーライスに惹かれて通っていたわけですが、その後、炒飯もドライカレーもチキンライスもチャレンジして最高に旨かった。ソース焼きそばは、おつまみにもピッタリです。どれもデフォルトで大盛りだけど・・・。あ、ホッピーがない。

「お母さあ~ん、ホッピーの外、1本ちょうだい!」

「アナタ、たくさん飲むし、飲むの速いから2本にしなさい。」

「はあ~い。じゃ、2本で。手が空いたら氷もくださいね。エヘヘ。」

「ハイハイ。」

という感じで、この日も、憧れの昼飲み・食堂飲みを満喫していたわけですが、

その悲しい出来事は、ある日突然やってきたんだ。仕事に追われていて、しばらく顔を出すことができずにいたのですが、土曜日の昼下がりに、ようやく暇な時間ができたので、喜び勇んで総武線は大久保駅を目指し、お店の前に立ちました。しかし、そこには、いつもとは違う風景があったのです。

えっ?何?どうなったの?どういうこと?え?しばし、茫然自失。ショーケースのメニューサンプルは、すっかり空っぽになっていて、お店の中も、見慣れたテーブルとイスだけが、居なくなってしまった主人を待ちわびるようにポツンと鎮座しておりました。

心臓の鼓動が収まらないまま、何かの間違いだろう?そう思いたかったけど、「貸店舗」の張り紙があり、不動産業者の名前と電話番号が記載されていました。まさに青天の霹靂・・・。ご高齢のご夫妻でしたから、近い将来、こうなることは覚悟してはいましたが、なんで今日なんだよ・・・。ガックリと肩を落としました。

昭和の時代から長きに亘り、おそらく、延べにして何十万人ものお客さんの胃袋を満たし、幸せな時間と空間を作り出してきたであろう〝日の出中華〟は、その役割を終え、今、静かに幕を閉じたのです。ひとつの時代が終わりました。

それからどのくらい立っていただろう。時計では計ることができない時間が流れていたような気がします。心の中で〝さようなら〟と〝有難う〟を何度も繰り返し、ようやく、お別れを決意してガラスウインドウに背を向けた、その時、優しいお母さんの声が後ろから聴こえたような気がした。

「うちは餃子が美味しいから餃子にしなさい。」

ああ・・・、持ってきてくれよ、何枚でも食うからさ・・・。

ドドドドッと音が聴こえて、夕刊を配達する新聞配達のバイクが横を走り抜けていった時、ようやく我に返り、最後にもう一度だけ挨拶しようと思った。寒い夜には身体だけでなく心まで温めてくれた、日本一の食堂を僕たちは決して忘れません。

さらば、日の出中華!

ありがとう、日の出中華!

お父さん、お母さん、ありがとう、有難う、アリガトー!

(完)

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 14:27:19 | トラックバック(0) | コメント(6)
Reminder:TOEIC L&R公開テスト申し込み
12月11日に実施される第216回TOEIC L&R公開テストの申し込み期限は、週明けの11月1日(火)15:00です。もう申込み手続きは完了していますか?

毎年、一番、申し込み忘れが多いのが12月なんですよ。それは、11月のテスト日と12のテスト日が接近しているからです。

つい最近申し込んだよなあ、と思っているアナタ!それって、11月のテスト分じゃないですか?12月は未だ申し込んでいないのではないですか?

もう一度、TOEICのホームページにアクセスして勘違いしていないか確認してください。ホントに12月は危ないんです。過去、涙を飲んだ人を、僕は沢山知っています。

じゃあねー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 12:17:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
第5回FIRE TOEIC勉強会参加者募集中!
11/5の土曜日、僕のTOEIC学習仲間のtomoさんが勉強会を開催します。その名も〝FIRE TOEIC勉強会〟です。熱きトーイッカー、tomoさんらしいネーミングですね。いい名前だと思います。

今回で5回目になるようですが、大変評判の良い勉強会です。学習熱心なtomoさんの丁寧な解説が人気の秘密です。あなたも参加してみませんか?シリーズものではありませんから、過去に参加したことがない方でも全く問題はありません。

以下が「第5回FIRE TOEIC勉強会」の概要です。11月5日の土曜日開催ですよ!

-スケジュール
12:15 開場 受付
13:00 模試スタート
15:00 終了(答え合わせ&休憩)
15:20 Part5、6解説
(ここで一旦休憩タイム)
16:30 Part7 解説
18:00 終了
18:20 懇親会スタート(希望者だけです)

-場所
新宿区の会議室(参加希望者には詳細をお伝えします)

-会費
990円(予定)

教材は、つい先日発売された公式問題集(公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1)です。この中に2セットの模試が入っていますが、当日はテスト2を使用します。各自でご用意くださいね。

公式問題集

公式問題集は、言わずと知れたTOEIC学習者のバイブルです。これをやらずして公開テストを受けるなど考えられません。しかし、この問題集、日本語訳も語注も解説もついてはいるものの、必ずしも十分とは言えません。初中級者には厳しい点も多々あります。FIRE TOEIC勉強会のように多くの仲間が一堂に会して学習するからこそ得られる気づきがある筈です。

高得点者も参加されるようですから、この際、分からない点は遠慮なく聞いてしまいましょう。疑問点は早く解決するにこしたことはありません。勉強会をきっかけに学習仲間ができたり、終生のライバルと出会うことだってありますよ。必要なのは、ほんの少しの勇気です。

ご興味がある方のコンタクト方法は、下記の2つです。

既にtomoさんとTwitterで相互フォローの関係になっている方は、tomoさんのアカウントへTwitter DMを送ってください。

tomoさん

相互フォローになっていない、あるいは、ご自身がTwitterをされていないという方は、僕が橋渡し役をさせていただきます。このブログ記事にお名前とメールアドレスを添えて、隠しコメントを入れてください。

それでは受付を開始します!

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 12:55:19 | トラックバック(0) | コメント(12)
新形式の傾向と対策~リーディング編
前日のリスニング編に続いて、今日はリーディング編です。ご承知の方も多いかと思いますが、公式にアナウンスされた新形式リーディングの変更点は以下の通りです。

Part5:変更なし(問題数のみ40問から30問に減)
Part6:文挿入問題の追加(問題数は12問から16問に増)
Part7:トリプルパッセージ、意図問題・位置問題の導入(問題数は48問から54問に増)

こうして改めて見てみると、大して変わっていないように思えますが、実際には劇的に変わりました。上記の明確な変更点以外にも、明らかに傾向に変化が見られるからです。その多くは難易度を高める方向で変化しています。

先ずはPart5です。変更前の事前情報では、問題数が10問減るというだけで、それ以外の変更点はないという見方が一般的でした。割合的には、語彙問題よりも文法問題の相対的な比率が高くなるだろうとは言われていましたが、その程度の変化を見込んでいたわけです。

ですが、全く違いました。Part5全体が様変わりした印象さえ受けます。一言でいうと、問題文の文頭からピリオドまで丁寧に読まないと、正解の選択肢を確実に選ぶことが難しくなりました。文頭からピリオドまで読むという行為は、一般的には当たり前のように思われるかもしれませんが、75分間という短い時間で大量の文書を読み、かつ、100の問いに答えるという作業は並大抵ではありません。

そこで、我々は、解答時間を短縮できるタイプの問題をある程度分類し、問題文の空欄前後だけ見て正解に辿りつくスキルを身に着けてきました。これをテクニックと揶揄する声も聴こえていましたが、僕はそう思っていませんでした。日頃の学習ではピリオドまできちんと読んでいるからこそ、テスト本番で見切ることができると信じているからです。それはテクニックなどという曖昧なものではなく、不断の努力の賜物であり、実力です。

しかし、これが封じられつつあります。空欄前後の文の形だけで正解を判断できるタイプの問題が、ゼロになったわけではありませんが、明らかに減ってきています。情報量が少ない短いセンテンスにおいても、正確に文脈(あるいはセンテンスとしての整合性)を読み解いたり、より自然なコロケーションを完成させる力が求められるようになりました。あるいは、正確な文法と語法の知識を総動員して、あり得ない英文の形を排除する高度なスキルも必要になってきています。これらを〝変化〟と言わないわけにはいきません。

次に、Part6ですが、このパートの変化は見た目にも顕著です。これまでは、単語や短いフレーズで空所を補うパートでしたが、文を挿入する問題が新設されました。これまで以上に文脈を追いかけ、次の展開を予測する力が試されているわけです。

これまで、Part5とPart6を隔てていたものは、〝空欄のある英文〟を読んだだけでは正解を選べないタイプの問題でした。前後の文脈から最も適切なものを選ぶ問題です。時制であったり、語彙であったり、話の展開を左右する接続副詞であったり、形は様々ですが、文書全体の内容を理解していなければ正解を特定できないタイプの問題です。

これに、更に、文挿入の問題が追加されたことで、より正確に文脈やパラグラフ毎の英文の役割を理解しなくてはならなくなりました。もはや、従来のように〝何となく正解を選ぶ〟ことはできません。従来にも増して、誰が誰に向けて、何の目的で書いた文書なのかを十分に理解し、それぞれの段落が担う役割は何なのかを把握しなくてはならないパートに生まれ変わりました。

そして、最も変化が激しいパートがPart7でしょう。意図問題についてはリスニングでも触れましたが、設問に示されているフレーズだけ見ても正解は選びにくい作り込みになっています。むしろ、その前後の文脈から発話者の意図していることを読み取らなくてはなりません。チャット形式の文書にも慣れなくてはいけませんね。

位置問題は、現在のところ、SPにしか登場していませんが、これも慣れないと苦労しますね。しかし、Part6の文挿入問題と違い、設問の英文自体は正しいわけですから、段落の役割を強く意識する読み方が身についてくれば、それほど苦労せずに解答できるようになるような気がしています。ですが、今後、これがマルチプルパッセージに登場してくるようになると、警戒しなくてはならないでしょう。負荷が高くなります。

最後に、最も厄介なのがトリプルパッセージでしょう。文書の数が2つから3つに増えただけであれば、大したことではありません。トリプルパッセージを難しくしているのは、文書の数ではなく、設問が現れてくる順番です。これまでのダブルパッセージでは、1問目と2問目は大抵、一つ目の文書だけ読めば解答できました。3問目から、2つ目の文書も読まないと解けない体裁になっていたわけです。

これが崩されました。1問目から、3つ目の文書まで目を通していないと解答できない問題が登場してきています。これはトーイッカーにとって大事件でした。3つの文書を全て読んで、その内容を概ねリテンションしておかなくてはならないことになります。短期記憶が求められています。きちんと読んで頭に入れてね、ということです。そんなの、時間さえあれば容易いことですが、何と言っても時間に追われる忙しいテストですから大変です。しかし、トリプルパッセージを克服しないとR495点を獲れません。

どうでしょうか?Part5からPart7まで僅かな変化だと思いますか?僕の学習仲間達、多くは900点以上の実力者達ですが、軒並み塗り絵の屈辱を味わっています。900点ホルダー達が必死になっても間に合わないんですよ。生半可な気持ちでは目標スコアは獲れないのです。

では、今後どうすればよいのでしょうか?方法は数えきれない程ありますから、自分に合った方法で学習していけばよいと思います。僕は、次のように考えています。

Part5は、英文を文頭からピリオドまで読まないと取りこぼしが発生するパートになりました。語彙力の増強は勿論なのですが、それよりも重要なのは、揺るぎない文法力でしょう。これは一部、動詞の語法も含まれます。全ての文法事項を網羅する必要はありません。TOEICに出題される文法項目は極めて限定的です。HUMMERさんの〝英文法プラチナ講義〟、TEXさんの〝でる1000〟、花田先生の〝文法特急〟、加藤優先生の〝900点特急〟などをお勧めしておきます。これらのテキストを自分で解説できるレベルまで仕上げることだと思います。曖昧な文法知識は役に立たないどころか、時に有害になることを心得るべきでしょう。

Part6の文挿入問題の最も有効な対策は、正確な英語の文書を書くことができるスキルの醸成です。書き手の視点で読むことが有効なわけですから、極端な話、書ければいいわけです。公式問題集など、定評がある模試本のPart6を書けるようになれば無敵です。難しい学習方法は必要ありません。僕が推奨するのは〝筆写〟です。英文を見ながら書き写すだけです。Part6なんて長い文書ではありませんから、1日1セットくらいできます。最初はレターかE-mailがいいでしょうね。物事を他人に伝える道筋が見えてきます。おそらく英検1級のライティングを勉強している学習者は、Part6の文挿入問題は間違えないと思いますよ。普段、書いているからです。それと似たことをやるだけです。書き写すだけだから難易度は低いですし、否が応でも頻出表現を覚えられるから、読解スピードも上がるという副産物つきです。

Part7は一筋縄ではいきませんが、英語の文書の文脈を追いかけながら、先を予測しながら読む経験を積むことと、読んだ内容を短い時間でいいから、頭の中に保持する訓練をすることです。一見、難しそうですけど、日本語の文書を読む時には自然にできていることですから、勿論、個人差はありましょうが、慣れれば必ずできる筈だと僕は思っています。マルチプルパッセージでは、先ずは、2つの文書の関係、3つの文書の関係を把握してから深く読み始めるような癖をつけることだと思います。焦ってやみくもに読み始めると却って時間がかかってしまいます。同じテキストの英文を何度も繰り返し読む訓練を重ねれば、必ず身に着くスキルだと僕は信じています。

総じて、TOEICのリーディングは、付け焼刃の対策など、もはや通用しないテストに生まれ変わったのだということを受け入れて、地道に、揺るぎない実力を養っていくことだと思います。新形式のテキストを今から買い漁る必要はありません。今、手元にある教材で十分です。要は、英文が読めて、内容が頭に残ればいいだけですから。腰を据えて取り組んで参りましょう!

ではでは。

≪追伸≫
このブログ記事、読んでいて、やたら長いなあと思っているアナタ、書くのはもっと大変なのでありますよ。ホントの話。原稿用紙9枚分書きました。あ~、疲れた・・・。

今度こそ、ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:56:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
新形式の傾向と対策~リスニング編
2016年5月から2016年10月まで5回の公開テストが実施されたわけですが、流石に何となく傾向が見えてきましたね。勿論、僕は全5回受験しました。テストフォームが沢山あるので、僕一人で全ての内容を網羅できる筈もありませんが、どうやら共通している傾向があるようです。

そこで、新形式導入から5ケ月が経過したこのタイミングで、自身の頭の整理のつもりで、僕が個人的に感じている新形式の傾向と対策について記述してみたいと思います。長くなりますので、リスニング編とリーディング編に分けて書いていきます。

リスニングで変化があったのは、Part3とPart4だけだとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、僕はリスニング全体に変化が及んでいると考えています。

例えば、Part1について触れると、問題数が10問から6問に減ったわけですが、難問が1問か2問で、残りは明らかに従来よりも易しくなっています。これは少ない問題数で、初級者と中級者の正解数に差をつける意図ではないでしょうか?また、正解の選択肢は易しくても、誤答選択肢は聴き取りにくい、もしくは聴こえても場面をイメージしにくいという問題が結構あります。さらに、手押し車など、従来は、写真に写っていれば必ず正解の選択肢であったものが誤答選択肢として登場しています。トーイッカー封じですね(笑)。

Part2は30問から25問に減りました。Part2が苦手な僕は、この変化には拍手喝采しました(爆)。しかし甘くはなかった・・・。直接的な応答問題が減り、間接的で、かつ、日本語であったとしても考えさせられる問題が増えたように思います。そして、読み上げのスピードが少し速くなりました。超上級者の方は感じていないようですが、僕のような中途半端な受験者の目は、いや耳は誤魔化せません(笑)。速くなっていますよ。超上級者の言葉に惑わされてはいけません。彼等は実力があり過ぎて気づいていないだけです。ビヨ~ンドしちゃってるだけです。

そして、最も変化が大きいPart3はどう変わったか?10セット30問から、13セット39問に大幅に問題数が増えました。Part3が苦手だった人には地獄の改定でしょう。Three Speakersの登場、Part4にも共通するMeaning in Context問題とグラフィック問題の登場は、問題の難化に拍車をかけました。でも、3人の会話はそれほど難しくはないんじゃないかな?3人の発話をそれぞれ別のものとして聴き分ける必要はないような気がしますから、実質、今までの2人の会話と大差ないように思えます。

MIC問題はリーディングセクションにも共通していますが、設問に出てくる表現を知らなくても何とかなりそうです。改定前は、その口語表現を知らないと解けないと思っていましたが、そうでもなさそうです。MIC問題の対策は要らないんじゃないかな?やろうとしたら、それこそ数千、いや数万にも及ぶ口語表現を覚えなくちゃならないから効率悪いですよね。その分を他のパートの勉強に充てたほうがいいと思います。

グラフィック問題のマトリクスやクーポン券、入場券の類は、音声が流れる前に得られる知識が増えるから、むしろ解き易いような印象を受けます。マップだけですね、緊張するのは・・・。そして、このパートも、少し読み上げが速くなっていますね。先読みを素早く終えて、音声に集中しないと聴き落とすケースが増えました。また、ページをめくった時の〝インターバル〟が短くなっていますから、のんびりしていると次のセットの先読みが間に合わなくなります。

Part4は基本的には、Three Speakers問題以外は、Part3と同じ変化だと思います。ただし、異様に速いナレーションの問題が1セットないし2セット登場しますので、油断できません。最後の2セットだけ速いとか、はっきりした傾向があれば、少なくとも心構えだけはできるのですが、どのセットが速いか分からないので、緊張の持続が求められます。結構、辛いですね。

以上、主に、〝新形式の傾向〟について述べてきましたが、じゃあ、対策はどうする?ということになります。どうやって準備するんだ?僕なりに考えました。

Part1は、これまでの先入観を捨てて、4つ全部の選択肢をじっくり聴いて吟味して解答する癖をつけることです。TOEIC定番の〝モノ〟が見えていても正解と決めつけない。定番表現が出てこなくても焦らないことです。練習段階から、正解が(A)だと思っても、4つ、しっかり聴き取る訓練をしておきましょう。え?そんなこと昔からやってる?そ、そですか・・・。

Part2は厄介です。最初の疑問詞だけ聴きとれば、あるいは最初の3~4語だけ聴き取れれば正解できる時代は過ぎ去りました。リッスン&リピート、シャドーイング、ディクテーション、音読、筆写などの基本練習に加え、1.25倍速での聴き取りトレーニングをしないと、25問全問正解はきついでしょう。僕は1.5倍速で口パクシャドーイングしてます。電車の中ではかなり怪しい奴です。でも、そんなこと気にしていられません。

Part3とPart4は、はっきり言って、元々先読みを全くしないという方を除き、読解スピードが速い人が絶対に有利です。旧形式と比べ、この傾向は顕著になりました。多少、先読みのリズムが崩れかけても、驚異的な読解スピードで追いつく訓練が必須です。音さえ聴こえていれば毎回満点獲れるテストではなくなりました。ビヨ~ンドしちゃってる人は別ですよ。ここでは、僕のようなフツーの人を対象に書いています。10月のテストでも、Part2で落ち込んでいたら、直ぐにPart3が始まり、32~34番の最初のセットの選択肢が長くてビビりました。ビビッてる場合じゃないんです!サッと高速で先読みできないといけません。これはトレーニング次第で、しかも短期間で何とかなります。

そして、話の流れを追いかけながら頭に残す訓練をしましょう。これは、1セット聴く度に音声を止めて、話の概要を日本語でもいいから喋ってみる訓練をするといいかなと思っています。それが言えないなら〝聴けてない〟あるいは、多少聴けていても〝理解できてない〟ということです。そして、やはり1.25倍速でのトレーニングを導入しましょう。勿論、1.0倍速できちんと聴けるようになっている素材でトレーニングするんですよ。そうしないで、いきなり高倍速で聴く訓練をしちゃうと却って遠回りになるので警告しておきます。

最後に、これまでのテストでは、パート毎の細切れの訓練で何とかなったと思いますが、新形式では45分間続けて音声を聴き、解答を続ける訓練が必要だと思います。勿論、通勤時間など、スキマ時間では細切れの訓練でいいと思いますが、加えて、週に1度くらいは実際に、リスニングのフル模試を解くことですね。体感として、新形式のリスニングの流れや疲労度を身体に覚え込ませる必要があります。これをしないと、次に控えているリーディングセクションの解答にも悪影響を与えてしまうこと必至です。

予想通り長くなりましたので、一旦切って、リーディングの傾向と対策については次稿に譲ります。あ~、久しぶりにTOEICブロガーらしい記事を書いたら疲れました・・・。

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 12:28:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
第214回TOEIC公開テスト感想
昨日の公開テストは、東京経済大学で受験しました。割り当てられた地下の教室に向かうと、そこにはTommyさんが居ました。やっぱり。

受付を済ませてから構内を散歩しようと、建物の外に出て歩いていると、遠方からTEX加藤さんの姿が確認できました。やっぱり。TEXさんは教室まで同じでした。やっぱり。

お二人のオーラに圧倒されながらも席につき、マークシート用紙の記入を始めると、音声が流れる時間となりました。ラジカセ1個、一番左側の端っこの席でしたが、音量・音質ともに申し分なし。

だけど、リスニング難しかった。少し読み上げのスピードが速かったような気がしますね。後で、上級者たちに感想を聞いてみたら、やっぱり気持ち速かったと言う人が多かったですね。

さて、パート毎の感想は以下の通りです。あくまでも僕の個人的な感想なので、参考程度にどうぞ。僕は“引出しにファイル”のフォームでした。

Part1:普通(聴きにくい選択肢もあったけど、正解の選択肢は聴き易かった)
Part2:難(難しかった。1問だけ宇宙語みたいなのがありましたね)
Part3:やや難(最初のセットから選択肢が長いし)
Part4:普通(状況を把握しにくいセットがひとつあったかな?)
Part5:普通(時間はかかったけど、難しい語彙がなかった)
Part6:普通(全体的に文書量が少なかった)
Part7:難(はっきり言って難しかった)

リスニングはPart2が全く自信なし。それ以外のパートはまあまあかな?Part1はおそらく全問正解。Part3とPart4は、音声が流れている間は選択肢を見ずに、音だけに集中するようにしていました。さあ、これが吉と出るか凶と出るか?

リーディングは、Part5を8分で通過、Part6を7分で通過しました。予定通り、Part7に60分を確保できたことになります。ここまでは順調だったんだけどなあ。

Part7はSPの短い文書から悩む問題が多くて焦りました。え?こんなに短い文書なのに答えが見つからないの?という感じでしたね。結局、解答根拠はすべて見つけたのですが、何度も本文を読み返したため、思った以上に時間を消費してしまいました。SPの10セットは25分で切り抜ける予定でしたが、5分近くオーバーしちゃった。

MPも読む量は結構あるし、相変わらず解答根拠が見つけづらいし、焦りました。レビューが2つあるTPは10分近く時間をかけて3回読みましたね。結局、5分しか余らず、見直しの候補にしていた問題を2問だけ見直し、勘違いに気がついて修正したところでタイムアップでした。マークミスを確認する余裕はなし。

新形式に移行してからは、リーディングで余裕を持って終われるということがなくなりましたね。僕はそんなに読むの遅くない筈なんですけど、本文を相当きっちり読んで頭に叩き込んでおかないと、時間が足りなくなります。ハードルが高いテストになりましたよね。

前回は寝不足で大コケしてしまったので、今回はリハビリです。とりあえず、970点くらいまで復活したいなあ。満点を狙うのはその後です。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 21:10:12 | トラックバック(0) | コメント(2)
第214回TOEIC公開テスト当日
本日、公開テストを受験される皆様、受験票は持ちましたか?それ、先月、受験したテストの半ペラじゃないですか?よく見てくださいね。

本人確認書類は持ちましたか?免許証を財布に入れたつもりで忘れていませんか?もしくは財布ごと置き忘れちゃってたりして・・・。大丈夫ですか?

この2つだけは忘れると命取りですよ。あとは眼鏡と腕時計かな?

それ以外のもの、例えば、シャーペンとか、消しゴムとか、ハンカチとかティッシュとか、目薬とか、そんなものは忘れたって、何処かで調達すればいーんです。受験票と本人確認書類だけはくれぐれも忘れることのなきように、何度も確認してから家を出てください。声を出して指さし確認です!受験票よお~し!運転免許証よお~し!

あとは早めに家を出ることです。時間に余裕さえあれば、大抵のトラブルは回避できますし、回避できなかったとしても、何とか解決できるものです。

往生際悪く、ギリギリまで模試なんか解いてないで、持ち物点検したら、少しでも早く家を出てください。特に、西日本で受験される皆様は、余震があったりすると、交通機関のダイヤの乱れが予想されます。早く家を出ましょう。

それから、TEX加藤さんのTOEICオタクのブログ〝TOEIC神社〟は必ず訪問しておきましょう。きっと、ご利益があります。

それでは共に健闘を祈りましょう!

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 05:30:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
第214回TOEIC公開テスト前日
早いもので、新形式に移行してから、明日で5回目のLRテストになりますね。慣れてきたような、全然慣れないような・・・。一体どっちなんでしょうか・・・。

でも、まあ、テスト中に驚くようなことはなくなったかな・・・。すべて想定の範囲内のことが起きるだけです。その割には、相変わらず結構間違えるけど・・・。

明日のリスニングは、Part1とPart2に全力を注ごう。毎回、新形式になった問題はあんまり間違えていないのに、変化がない、この2つのパートでやられています。新形式を意識し過ぎて、何でもないところで間違える癖がついています。

リーディングは時間管理がすべてです。Part5を7分、Part6を8分、Part7のSPを25分、MPを25分で見直しタイムを10分確保する。時間が怪しくなったら、見直しを諦めてPart7を解き切ることに集中する。

これでいこう。

準備不足は明らかだから、前もって決めておけることは決めておいて、当日、まごつかないようにしなくちゃね。もう前回のテストでボロボロだったので、今更失うものはありません。

今日は早く寝ちゃおうっと。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 17:22:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
鳥取で地震が・・・
鳥取県を震源とする大きな地震が発生しました。大きな被害が出ないことを祈るのみです。昼間で良かった。暗い夜だったらパニックになっているところです。

そう言えば、2000年に発生した鳥取県西部地震も、確か10月でしたね。僕はその半年後に鳥取県に赴任したので、現地の人達から直接話を聞きましたが、怖かったそうです。

熊本の復興もまだ道半ばのこの時期に勘弁して欲しいですね。何とか、このまま収まってくれることを祈っております。公開テストどころではなくなってしまいます。

収まれ~、収まれ~、地震よ、収まれ~!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:10:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
チャット問題の留意点
新形式のPart7では、チャット形式の文書が2つ出題される傾向があります。一つ目は、2人の会話で易しいのですが、二つ目は3~5人くらいの会話で結構難しいです。

とある勉強会で少しだけお話しさせていただいたのですが、先ずはチャットに参加している人物が何人いるかを、ザッと名前だけ縦に確認すると心の準備ができますし、話の流れが頭に入り易くなりますので、お勧めです。

それと、もうひとつ傾向として頭に入れておくといいことが一つあります。それは、チャットの会話の中に、大抵の場合、そのチャットに参加していない人が出てきて、それが設問の正解に絡むということです。

僕は、これを便宜上〝第三者〟と呼んでいます。

多くの場合、取引先であったり、お客様であったり、別の会社・組織の人なのですが、チャットに参加している人達と同じ会社・組織に所属している別部門の人の場合もあります。

サプライヤーだったり、広告の印刷会社であったり、商品の配送を委託している会社であったり、直接のお客様であったり、態様は様々ですが、大抵出てきます。同じ会社・組織の人の場合は、マーケティング部門であったり、人事・総務部門であったり、宣伝部門であったりするわけですが、パターンが決まっていて結構笑えます。

今度の日曜日は公開テストですが、僕は、特に二つ目のチャット問題に、第三者が必ず出てくると予言しておきます。楽しみだなあ・・・。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:30:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
明治あいぴー結果
昨日、帰宅すると、先日受験した明治大学リバティアカデミーのTOEIC IPテストのスコアシートが届いていました。早いですね。テストから10日後に届いたことになります。

リスニングのPart1で、いきなり躓いてしまったので期待はしていませんでしたが・・・。そうはいっても、もしかして・・・。Part3&4は結構出来たし・・・。リーディングは少なくともPart5&6は完璧だったし・・・。もしかして・・・。

さて、結果は如何に???

≪どーん!どどーん!どどどーん!≫
201609明治IP

やってしまった・・・。

R495で満点を逃すという、一番やったらアカンやつです・・・。

まあ、仕方ないですねえ。全然勉強してないし・・・。テストだけ受けているわけで、多くを望めるわけがありません。今の実力ではこれが精一杯の結果でしょう。

週末に勢いをつけたかったのですが、やっぱ無理だったか・・・。

よお~し、日曜日は気合入れて頑張ろう!

勉強できてない分を気合で補うしかない!←いーのか?それで・・・。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 17:13:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
第213回TOEIC公開テスト結果
だいぶ出来が悪かったのは感じていましたし、覚悟はしていましたが、やっぱり最悪でしたあっ!リスニングはメタメタ、リーディングはボロボロで、引退間際まで追い込まれてしまいましたあっ!
ひああああ~(ToT)/~~~。

201609公開

まあ、Part2で5問も不安だった時点で、ジ・エンドでしたね・・・。寝不足なんて言い訳にしかなりません・・・。あわよくば950点か960点くらいで踏み止まってくれればと思っていましたが、TOEICの神様は相変わらずドSでしたあっ!

というわけで、今週末、頑張りますっ!

スコアダウンした皆様、一緒に仇を討ちましょう!

くそお~、このまま終わってたまるかよっ!

どりゃああああ~\(◎o◎)/!

スラムダンク負け

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 17:58:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
今日の正午は?
毎日忙しくてすっかり忘れていましたが、今日の正午は発表の時です。え?何のって?

決まってるではありませんか!先月受験した公開テストの結果発表です!あれから3週間経ちました。

どうでしょうか?最近ではフォームが沢山ありすぎて、わけがわかりませんけど、とりあえず楽しみですね。あとすうじかん待ちましょう。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 07:45:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
TOEICの日のイベント無事終了
楽しみにしていたTOEICの日のイベントが無事終了しました。参加の皆様、有難うございました。TOEIC戦士達の束の間の休息は、いかがでしたでしょうか?

ゲストの先生方からは、新刊情報など、秘密の話もアレコレお聞きすることができて、盛り上りましたね。買わねば!

二次会は予定していませんでしたが、急遽10名ほどで開催し、終わってみれば結句、23時になっていました。来年はどうなるのか?

それは来年考えましょう。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 22:59:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
ひまわり&TOEICの日イベント
現在、ひまわり勉強会に参戦中です(*^^*)。参加者の皆様、真剣に勉強されていて素晴らしいですね。物凄い熱気を肌で感じます。

この後、新宿に向かいまして、自分の主催するTOEICの日のイベントの準備をします。詳細のご報告は明日になります(^◇^)。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 16:12:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
無事帰還しました
三重県某所より無事仕事を終え、帰還しました。三重は、昔は頻繁に行っていた場所なので懐かしかったですね。特に近鉄特急(笑)。

明日は、ひまわりの約束の勉強会なので、これから準備します。その後は、いよいよ待ちに待ったTOEICの日のイベントです。

どっちも皆に会えるのが楽しみです。急に寒くなってきましたので、皆さん、風邪など引かないようにお気をつけくださいね。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:43:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
今日、例のブツが・・・
今日から例のブツが書店に並び始めるようですね。赤い感じのヤツ・・・。これから三重県に出張に行かなくてはならないので、書店に現物を見に行っている余裕がありません。

公式問題集

発見した人は、その中身が、韓国の公式実践と重複していないかどうか、ご教示いただけると幸甚でございます<(_ _)>ドゾヨロシク。

問題がかぶっていないといいですね。同じ問題だと買わないかもしれないなあ・・・。日本語訳とか解説、語注などを期待する人には需要があるかもしれませんけど・・・。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 14:59:21 | トラックバック(0) | コメント(3)
今月も受験票が来ました
昨日、出張から帰宅したら、今月の公開テストの受験票が届いていました。会場は何処かなと思って裏面を見ると、今回はホームグラウンドの東京経済大学でした!9月だけは違う会場でしたが、また東京経済大学に戻りました。

何だか安心しますね。音響を含め、周囲の状況が頭に入っていますから、まごつくことがありません。よ~し、満点狙いにいくぞお~!先日受けたIPテストではリーディングは調子が戻ってきた感じなので、鍵はリスニングだなあ・・・。

最近の鬼門であるPart2さえノーミスで乗り切れば何とかなりそうな気がします。新形式を意識せずにPart2に絞ってインテンシブトレーニングをしようっと。あんまり時間もないしね。

受験票が手元に来ると、途端にTOEICモードに変身するのが、TOEIcerの性というものです。皆さん、受験票は来ましたか?

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 18:17:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
今日は申込み〆切です
今日は第215回TOEIC® Listening & Reading 公開テスト(←な、長い)の受験申込締切日です。15時には締め切られてしまいますから、まだ済ませてない方は急ぎましょう!

そして、既に申し込みが完了していると思っているアナタ!もう一度、本当に完了しているかどうか、自分の目で確かめてみましょう。何人もの方が、勘違いで涙を飲んでいます。確認には1分程度しかかかりません。

僕は、今から久しぶりに千葉県に出張します。外にいなくてはならない仕事なので、何とか天気がもってくれるといいなと思っております。曇りなら最高です!さ、行くかな。

おっと、その前に、テストに申し込んでいるかどうか確認しなくちゃ!←心配で、いつも5回くらい確認する人です。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 10:43:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
英語嫌いの息子
昨日の夕方から実家に帰り、母親の世話をして今ほど自分の家に戻ってきました。買い物やら料理やら掃除やらで疲労困憊です。

自分では動けないので仕方ないですね。まあ、それでも僕は幸せなんだろうなと思います。母親の面倒をみてあげられる環境には感謝しないといけませんね。神様に。

家の片付けをしていたら、江川先生の英文法解説が出てきました。昭和39年に出たんですね。この本。表紙は焼けてしまっていて色褪せていましたが、内容は全く色褪せていません。凄い本だなあ。

母にお昼ご飯を作った後、しばらく縁側で読んでいたら、不思議そうな顔で、難しそうな本を読んでるんだねえ、って、覗き込まれて(笑)。

僕が中学生の頃、大の英語嫌いだったことを母は知ってる。僕がTOEICという英語のテストを受けていることは知らないけど(笑)。

勿論、僕がRabbitという名前で英語のブログを書いていることなど知る筈もありません。仰天するだろうなあ。今、英語の勉強が趣味なんだよって言ったら(爆)。

次の日曜日、また実家の縁側で英文法解説の続きを読むかな。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:34:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
早稲田あいぴー受験しました
今朝は結構強い雨でしたが、高田馬場からずぶ濡れになりながら、早稲田大学まで歩いていきました。

そうです。昨日の明治大学に引き続き、あいぴーでした。雨が降ろうと槍が降ろうと行きますよ。大好きなTOEICテストを受けられるなら。

昨日はリスニングで失敗しましたから、今日は同じ轍を踏まないように気合いを入れて臨みみました!

今日は、Part2の37番以外は完璧でした。気合いMAXでいきましたからね。また音響が良かった。あんなに大きくて聴き易い音は初めてだったかもしれません。

リスニングの出来がいいと、リーディングもモチベーションMAXで入れますから、絶好調でした。Part5を6分で切り抜け、Part6を3分でクリアし、Part7に66分残して突入。SPが終わってDPに入った時には45分残っていたので、この時点で勝利を確信しました。

そこからスピードを落としてゆっくり200番まで解き、余った20分で100問すべて見直し、修正すべき解答がないことを確認し、力尽きました。

あ~疲れた。これで990点獲れてなかったら、もう仕方ありません。久しぶりに200問を力一杯駆け抜けた1日でした。お休みなさい。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 21:51:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
明治あいぴー受験しました
今日は生憎の雨模様でしたが、駿河台まで明治大学リバティアカデミーのTOEIC IPテストを受験しに行ってきました。

教室に入ると、知っている顔がチラホラあって何だか和みます。独特の安心感があっていいですね。仲間と一緒の教室ですから、本当に落ち着きますね。模試会で模試を解いている感覚になります。

テストを受けた感触ですが、LもRも難しかったですね。Lは、Part1でまさかの失点をしてしまったようです。更に、Part3の時に1セットだけ音声が明らかに小さくなるというトラブルが発生しました。

止めるのかな?と思ったらそのまま続行で驚きましたが、なんと、今度は次のセットの音声が1.3倍速くらいのスピードで流れました。これもそのまま続行。びっくりしました。慌てて聴き逃してしまいました。修行が足りていません(泣)。

リーディングはガチで難しかった。結構急いで解いたのですが、5分くらいしか余らず、焦りました。100問全問正解を狙っていたので、誤答の選択肢まで吟味していたのが良くなかったかな。

Part5で難問が2問、Part6でも難問が2問ありました。後で電子辞書で調べたら、これらは何とか正解していたみたいです。

しかし、Part7がSPもWPも読む量がとにかく多くて焦りました。解答根拠がなかなか見つからないし、難しいセットでしたね。2問だけ自信がありません。かなり難易度が高いフォームでしたから、2ミスでも495点に届くと予想します。

でも、リスニングがボロボロだったから、990点は厳しいかな?975~985点で着地するような気がします。マグレで満点獲れてるといいのですが。甘いかな?まあ、仲間と一緒に受験できて楽しかったから結果はどーでもいーや。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:21:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
10/15 TOEICの日のイベントに参加される皆様へ
来週10月15日のTOEICの日のイベントに参加される皆様、先程、お申込みいただいた全員に個別メールを送信させていただきました(キャンセルの方は除く)。

お手数をおかけして恐縮ですが、メールが届きましたら、そのまま返信メールをくださいますようお願いします。それが、メールが確実に届いていることの確認になりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。

本年は総勢45名になりました。TOEICを心から愛する人達が集まってくださいました。いずれ劣らぬ猛者達です。盛り上がることは間違いありません!僕が何か特別なことをしなくても、きっと勝手に盛り上がってくれますから、主催者は楽です(笑)。

メールには、
開催場所の詳細
受付開始時間~イベント終了時間
ドレスコード
注意点

などを記載しております。少し長い文面になっておりますが、途中で目を切ることなく、Part7を読むように、いつものように、どうぞ最後までお読みくださいませ。

なお、メールが届かないとう方は、携帯アドレスなど、別のアドレスを書き添えたうえで、この記事に隠しコメントをお願いします。何らかの形で再度、連絡をとらせていただきます。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 14:14:15 | トラックバック(0) | コメント(1)
Part2特訓中
あまり勉強している暇がないので、最近一番苦手としているパートだけ集中的にやっています。勿論、通勤電車の中です。旧形式の問題集ですけど、一日10セット、先ずスクリプトを見てから音を聴いているのですが、これが結構面白い。

旧形式なので、Part2は1セット30問あります。10セット入っている問題集を使いますから、1日300問ですね。300問もあると、中には笑えるものがあります。特に、誤答の選択肢の音のひっかけは笑えますね。そんなの、ひっかかるわけねーじゃん、というのが頻繁に出てきます。

Q) I’m looking for Ms. Baker.
A) Yes, she is a baker.
Bakerさん、パン屋じゃねーし!

Q) You still need more time to finish the report, don’t you?
A) Yes, it is made of steel.
いやっ、stillとsteelは絶対間違えねーから・・・。

Q) I think Emily would be a good manager.
A) I prefer wood to plastic.
助動詞と名詞は置かれる位置が違うから、流石に間違わないっす・・・。wouldとwoodねえ・・・。

Q) Can you fix the air conditioner any time soon?
A) I decided to change my hair conditioner.
air conditionerとhair conditionerの聴き間違い?ないない!

Q) How should these documents be sorted?
A) We need more salt.
塩はいりません・・・。sortedとsaltは似てないと思います・・・。

極めつけはコレだっ!

Q) It looks like a typhoon is approaching.
A) I think Thai food is spicy.
まあ、確かにタイ料理はスパイシーかもしれませんけど・・・。

というわけで、毎日、電車の中では楽しいです。パラダイスです。

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:55:06 | トラックバック(0) | コメント(2)
明治IPテスト受験します
忙しさにかまけて郵便物さえ見ていませんでしたが、いつの間にか、明治大学リバティアカデミーのIPテスト受験票が届いておりました。いつもの青い封筒に入って。スコアシートはオレンジ色の封筒なのに、受験票は何故、青色の封筒なのでしょうか?そんな、どーでもいーことを考えている悩める50代、Rabbitです。

受験されたことがある方はご存知だと思いますが、明治大学のIPテストは本当に素晴らしいのですよ。まんま公開テストです。いや、むしろ、運営のレベルからしたら、公開テストを上回っているかもしれません。ベテランの試験監督さんがテキパキとさばいてくれます。

机もイスも申し分ないですし、音響は何処に座っても問題ないくらい聴き易いものです。ですので、僕のような中途半端な者でも、明治大学のIPテストではリスニング満点が容易にとれます。←ホントか?

テスト開始時間が14:15からというのも有難いですね。公開テストは12:30には席についていないといけませんから、お昼ご飯をいつ食べたらいいのやら、サッパリ分かりません。考えるのが面倒くさいので、最近は食べていません。

そこへいくと、明治大学のIPテストは14:00に席についていればいいから、落ち着いてご飯が食べれます。これって、結構大きいですよね。2時間も休みなしで戦うわけですから。

結果のスコアシートも2週間以内に戻ってきます。早い時は10日くらいでオレンジ色の封筒が来ていることがあって、ビックリします。でも、怖くてしばらく開けられなかったりして・・・。

で、結局、僕は何が言いたいのでしょうか?自分でもよく分かりません・・・。皆でIPテスト受けようよって言いたかったのかな?もうすぐ第2世代TOEICとサヨナラしなくちゃいけないので寂しいのかも・・・。

というわけで、IP戦士の皆様、990点満点目指して土曜日は頑張りましょう!

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 17:50:12 | トラックバック(0) | コメント(2)
酒場好き待望の酒場図鑑リリース!
先日、このブログで紹介させていただきました〝酒場図鑑〟が本日から書店の店頭に並び始めました。僕は書店に行っていませんが、数日前に見本本をいただいたので、一足先に拝見していました。

酒場図鑑

酒場図鑑の注文はコチラから

おおお~、出てる、出てる、最後のページに〝執筆協力〟として僕の名前が確かに載っています。何だか嬉しいですね。自分の本が出たみたいで感慨深いです。沢山売れてくれるといいなあ。いや、売れるに違いありません。

期待通りの〝酒場の指南書〟に仕上がっていますよ。何と言っても図鑑だから、見ているだけで楽しい。本書は見開き2ページで、左側が文字によるインストラクション、右側がイラストという構成になっています。

先ずは右ページのイラストをじっくり眺めてから、左ページの説明を読むのがお勧めです。そうだよなあ、と同意したり、へえ~そうだったのかあ、と感心したり、本当に退屈させない本です。酒場好きにとっては、ありそうでなかった本ですよね。

一気に読んでしまうのも有りですが、読んだ後は、辞書的に使うのもいいですね。酒場に関するアレコレが網羅的に掲載されていますから、これ1冊で酒場歩きは完璧です。この本で得た知識を酒場の実践で試してみてはいかがでしょうか?

僕は1冊いただいてはいますが、もう1冊、これからブックファーストに買いに行きます。書店に置いてあるところを写真に撮らなくちゃね。ムフフ・・・。

あ、実は、Kindle版も同時に出ていますから、いつでも手元に置いておきたい人はKindle版もいいかもね。かさ張らないから、カバンに入れておくには最適です!

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 18:22:09 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ