fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
アラ還(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

解説の落とし穴
確かにねえ。某TOEIC講師が仰っていますが、英語のテキストの解説ばかり読んで感心していても英語力は伸びませんよね。

20分で英語読んで、40分日本語の解説読んでたら本末転倒かもしれません。英文を理解するための手助けとして解説を利用するのは仕方ありませんが、それも程度問題ですね。

よく考えたら、僕も、英文ばかり読んでいて、日本語訳や解説には全く触れていないという時期がありました。

それを意識してやっていたわけではありませんが、そうせざるを得なかったんですよね。そうです、韓国模試にハマっていたからです。

韓国模試にも訳文と解説はあります。しかし、それはハングル語だから、僕には役に立たなかったわけです。だから、英文だけ読んでた。

これがスコアアップに繋がったのでしょう。英語のまま理解するしかないわけですから。力がグ~ンと伸びた気がします。

運が良かったです。英文だけ読もうと意図していたわけじゃありませんでした。たまたま韓国模試と出会って気に入って解きまくってただけです。

やっぱり、韓国模試はお勧めですね。日本語訳と解説に頼らなくなるから、英語脳の形成に一役買ってくれますよ。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



未分類 | 23:45:44 | トラックバック(0) | コメント(0)