■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 申込済
224以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

HUMMERさんのプラチナリスニング出た!
もうプラチナシリーズとして有名になっているHUMMERさんの〝プラチナ講義〟ですが、その待望のリスニング版が本日、ジャパンタイムズ社からリリースされました!正式名称は〝TOEIC(R)テスト リスニング プラチナ講義〟です。

≪出ました!待望のプラチナリスニング!HUMMERさん、カッコイー!≫
プラチナリスニング

既刊の〝ボキャブラリー〟〝英文法〟〝リ―ディング〟の3冊も大変評判の良いテキストですし、今回のリスニングも間違いありません。まだ、ざっと見ただけですけど、使いやすそうな印象です。愛らしいペンギンちゃん達も健在です(笑)。

楽しみにしている人も多いかと思います。ネタバレするといけないので、ちょっとだけご紹介したいと思います。本テキストの構成は以下のようになっています。

講義を始める前に―TOEICに必要なリスニング力とは?
Chapter 1 こんな問題が出る
Chapter 2 英語の音を知る
Chapter 3 試験によく出る語句・表現を知る
Chapter 4 文法耳で聞く
Chapter 5 問題を解くときのポイントを知る
Chapter 6 模擬テストに挑戦

僕は、個人的には「Chapter 2 英語の音を知る」「Chapter 4 文法耳で聞く」が面白いと思いました。他のチャプターも非常に有益ですが、2章と4章は、類似の他のテキストではあまり見たことない切り口なんですよね。

模擬テストも付いていて、お得感満載ですねー。今日から店頭に並んでいますので、土日に間に合いました。公開テスト1週間前です。良かった、間に合って!いつもはテスト1週間前になったら新しいテキストには手を出さないことに決めていますが、これは特別扱いですね。特例中の特例で取り組んでみます。最近はリスニングに少し不安を抱えていましたから、僕にとっては丁度いいタイミングでの発刊でした。

明日は一日仕事で時間がとれませんが、日曜日は暇なので、チャレンジします!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト
TOEIC国内本レビュー | 19:04:39 | トラックバック(0) | コメント(3)
受験票到着しました
昨日、帰宅したら4月公開テストの受験票が到着していました。これが届くとスイッチが入りますよね。あ、ヤバイと・・・。特に、前月のテストから1ヶ月もない場合は、あっという間に届きますね。

今回は、安定の東京経済大学。マイ・ホームグラウンドです。家からあまり近くもないのですが、10回以上も行っている会場なので、様子が分かっているのがいいですね。何処に何があるのか知っている、座席や音響がどんなものか分かっている、ということは安心できます。

相変わらず花粉が飛びまくっているので、それだけは恐怖ですが、マスク、ゴーグルを着用して乗り切ります。早めに校舎の中に逃げ込んで籠城すべし!

前回のリスニングは読み上げスピードが速かったような気がするので、ウォークマンの1.25倍くらいで調整します。スピード負けすると、そのセットを落とすだけでなく、先読みのリズムも崩しがちなので、要注意です。

リーディングはいつも通り、Part5⇒Part6⇒Par7の順番で解いていきますが、今回はPart7ではヤバそうなセットは後回しにして最後にじっくり解こうかな。急いで解いて10分くらい余らせて、自信がない問題を再検証するか、時間ギリギリでもいいから、見直さなくてよいレベルで解き進めていくかは、その日の調子次第です。

幸いなことに、前日に、少人数の模試会に参加させていただく機会に恵まれましたので、そこで最終調整ができそうです。テキストもYBM発刊のものですから、本番に近い。

年度も替わったことですし、2017年度の初っ端から990点を狙いにいきます。安全に970~980点辺りを狙うなら、相当高い確率で獲れるのですが、それじゃあ面白くない。今回は、失敗してボロボロになってもいいから、990点だけ狙いに行きます。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 12:40:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
旅立ちの時~黒うさぎの独り言
たとえ一時であっても、同じ時代を生き抜いてきた仲間との別れは辛いものだ。お互いの魂の触れ合いが深ければ深い程、離れてしまう辛さは日毎募るばかり。この想いを何度繰り返してきたことだろう。乗り越える度に少しだけ強くなっていく。

出会ったのが偶然であったのか、必然であったのか、そんなことは誰にも分からない。はっきりしていることは、短い間であっても、無心に、ただひたすら同じ夢を追いかけ、同じ景色を見てきたということだけだ。

人間は誰ひとり例外なく、有限の時を生きるわけだから、別れはいつか必ず訪れる。避けることなどできない。だから、別れというものは、決して意外なものではない。出会いの瞬間から既に始まっているものなのだ。その訪れの時期が、自分の思惑よりも早いか遅いかだけの違いだ。

別れを否定的に考えてはいけない。人の世において、別れは最も苦しい体験のひとつではあるが、一方では、最も人を成長させてくれる〝きっかけ〟でもあるからだ。前向きに捉えるならば、順調に、極めて順調に、成長を促す機会が訪れたということになろう。

ひとり彼の成長だけではない。周囲の者、すべての成長に関係している。我々は同じ世界の住人であるから、共に成長を目指して生きるのだ。そう、彼の旅立ちは、同時に我々の旅立ちでもある。そして、約束の地へ向けて、それぞれ辿る道は違っていても、最終的に行きつく場所は同じだ。

友よ、一時、別れはするが、彼の約束の地でまた会おう。今よりも遥かに成長した魂を携え、見違える程の、眩いばかりの慈愛に満ちた心を身に着けたなら、そこでお互いの努力を称え合おう。案ずることはない。ひと時、異なる道を歩むことになるが、離れていても心は常に通じている。ゆっくりと目を閉じれば、時間も空間も超え、お互いの息づかいも聴こえてくる筈だ。

あなたは大変謙虚な方で、自分が恵まれていると言い、出会った人達に感謝していると繰り返し言うけれど、それは偶然でもなければ、特に運が良いというわけでもない。至極当然の事。あなたが皆を惹きつけたのだ。あなたの熱意と真摯さが、同じ志を持った仲間達を呼び込んだのだ。そういう性質を人は、ごく一般的な言葉で〝人柄〟と呼ぶ。

ご両親から授かり、ゆっくりと着実に育んできた、あなたの人柄は間違いなく素晴らしく、周囲の人々を魅了してきた。そのことに異を唱える輩などいる筈もない。それが、これからも変わらぬことを祈っている。

本稿を、新たな重責を背負い、東北の地に旅立つ友に贈る。

黒うさぎの戯言と笑い飛ばしてくれてもよい。

また会う日まで。by 黒Rabbit ←てゆーか。、絶対すぐに会うし・・・。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:46:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
RIZAP ENGLISHって何?
ブログ広告に一瞬だけ登場してました。〝RIZAP ENGLISH〟って何?最短2ヶ月で結果にコミットするとか謳ってるけど、そもそも2ヶ月で〝英語ができるようになる〟って言い切ってるところが凄いですね。

ライザップといえば、プライベートジムとかゴルフでは結構有名になってるけど、ついに英語の世界にまで入り込んできたのね・・・。よく分からん・・・。

ライザップに限ったことではないけれど、英語のスクールとか、教材ってのは、〝たった○ヶ月で~できる〟という謳い文句が本当に好きですよね。そんなに簡単に実力がついたら誰も苦労しません。

もし仮に、それが真実だったとしても、僕はそんなの要らないなあ。多少まわり道でも、コツコツと努力を続けていく姿勢にこそ価値があると思うから。たった数ヶ月で云々というのは、別に非難するわけじゃないけど、何だか偽物っぽくて嫌だ。

実力ってのは勿論、重要だけど、地道な努力に裏付けられたものじゃないと、どーも好きになれん。追い詰められて困ってる人は、藁にもすがる思いで飛びつくのかもしれないけど、ワシゃあ、どーも好きになれんぞ。

人知れず努力を積み重ねてきた自分だけの歴史

それが重要なんじゃないかなあと思う。そうしないと、誰に対しても手放しで誇れないと思うんだよね。楽して手に入れたものなんて、何かのきっかけで直ぐに失ってしまうような気がする。何だか薄っぺらい。

古いヤツだと笑われようと、僕は一段一段、噛みしめるように階段を登っていくことにしよう。そのほうが、頂上に立った時の景色は感動的だと思うんだよね。

少なくとも、僕のこれまでの人生で、楽して手に入れたり、人から譲ってもらったりして、続いてるものなんて何一つないよ。そして、失っても惜しいとも思わなかった。

オレは、あえて茨の道をいくぜ。それが残された人生に後悔を残さない唯一の道だと信じているからさ。う~む、今日は語っちまったぜ。さらばだっ!←誰なんだよ、アンタは???

ではまた!

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:09:31 | トラックバック(0) | コメント(4)
復習方法を学ぶセミナー後記
先週土曜日に、とあるTOEIC模試を使って、英文の読み方、問題の解き方、復習方法などを皆で学ぶセミナーを開催しました。貴重な休日にもかかわらず、30名以上の方にご参加いただき、盛況のうちに無事終了することができましたこと、この場を借りて改めて御礼申し上げます。

お仕事の都合などで参加できなかった方もいらっしゃいますので、どんなことを学んだのか、少しだけ、ご紹介させていただくというのが、本稿の趣旨です。特に目新しいことはないかもしれませんが、今後のご自身の学習のご参考にしていただければ幸いです。

解いた問題はごく僅かです。Part5を5問、Part6を1セット4問、Part7のシングルパッセージを2セット5問、合計で、たったの14問です。これを4時間かけて、参加者全員で取り組みました。数を少なく抑えて、その代わり、じっくり深掘りするという意図がありました。

そして、少ないだけではありません。解いた問題集は、TOEIC学習者なら誰しも所有しているような極めてポピュラーなものですから、9割以上の参加者が〝初見〟ではありませんでした。人によっては何度も何度も復習している筈の問題です。

あえて、その問題を使ったのは理由があります。僕はひとつの質問を投げ掛けたかったのです。あなたは、その問題集を解いたと仰っていますが、その問題集を何度も復習したと仰っていますが、本当にすべて理解したと言えますか?自信を持って完璧だと言えますか?もう、そのテキストから学ぶべき点はありませんか?

そのように、お訊ねしたかったのです。

先ずは、時間をたっぷり目にとって解いていただき、その後、4つのグループに分かれてもらい、問題の正解根拠だけでなく、正解に絡まない部分でも気づいた箇所があれば話し合ってくださいと、お願いしました。

進行役には実力者を2人ずつ据え、意見を引き出していただきました。流石は高スコア保持者ですね。素晴らしいファシリテーター役を演じてくださいました。結果、一人では気づかない様々なポイントを纏めてくださいました。それが狙いでしたから、上手くいったことになります。

その後、僕が補足する形で一旦、総括し、かつ、ご質問にお答えするという流れを作りました。問題集の解説には決して書かれて数々のポイントが浮き彫りになったのではないでしょうか?たった14問の中に、こんなに沢山の学びのポイントが隠れていたのかと驚いたのではないでしょうか?

そうです。学びのポイントに気づくということが、復習の最大のポイントなのです。これが、僕が言うところの〝目の付け所〟というやつです。初中級者は、積極的に発言する機会はなくても、上級者に混ざって一緒にディスカッションをすることで、ポイントに気づくのです。そこに居るだけで経験値は上がっていきます。難しい問題の答えを覚えることだけが復習ではないとお気づきになった筈です。

TOEICは様々な問題を解くテストではありますが、その基本にあるのは〝英文の理解〟です。細部に亘るまで英文をきちんと読み込めているか、ということが問われるのです。言い換えれば、話者の意図、書き手の意図を汲み取れているか、ということが問われるわけです。今回のセミナーでは、そこにトコトン拘りました。これを疎かにしていると、順調にスコアアップしているようでも、近い将来、必ず、見えない壁に行く手を遮られることになるからです。

参加いただいた方に、少しでも、今後の学習方法の確立にお役立てていただけたなら、本セミナーの主たる目的は達成されたことになります。半日程度の短い時間で出来ることは限られていますので、どれ程、お役に立てたか分かりませんが、またいつか、続編をできたらと思っています。

また、本セミナーでは、学習方法だけでなく、事前に準備しておくべきツールについても触れさせていただきました。

文法書は2冊、1冊は辞書的に調べるもの、もう1冊は演習用のものです。推奨できる書籍も実名をあげておきました。英和、英英、類義語、語法の辞書についても同様です。また、ネット検索についても具体的なサイト、そのサイトの活用の仕方など、限られた時間ではありましたが、ご紹介させていただきました。その狙いは、初中級者が一人で、独学でも、ストレスなく復習できる、という体制を築く手助けをすることでした。

ブログという文字だけの媒体で、セミナーの内容を細部まで再現することは難しく、その一部しかご紹介することはできませんが、少しでもセミナーの雰囲気を感じていただき、もし、近い将来、同趣旨の学習会を開催する機会があった場合に、参加するかどうかの判断基準にしていただければ幸いに存じます。

4月の公開テストが近づいてまいりました!一緒に頑張って参りましょう!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 17:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
地元飲み会
今日は地元の仲間が、とあるイベントでバンド演奏するので、聴きに行って来ました。素晴らしい演奏で、素晴らしいエンターテイメントでした。

TOEICも大好きだし、地元の仲間達との触れあいも大好きです。特に地元の気心が知れた人達と飲んでいると、やはり、自分はひとりで生きているわけじゃないんだなということを実感します。

明日からまた仕事が始まりますが、仲間達に恥じない振る舞いをしなくてはいけませんね。会社の仲間、TOEICの仲間、地元の仲間、僕は素晴らしい仲間達に囲まれて幸せです。

さあ、明日からまた頑張るかっ!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 22:14:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
復習セミナー終了!
本日は、TOEIC模試の復習方法を学ぶセミナーを開催させていただきました。貴重なお休みにもかかわらず、30名以上の方にご参加いただき、感謝しております。誠に有難うございました。

復習方法を参加者と共有するという、初めての試みであり、たくさんの問題を解くというわけにはいきませんでしたが、少しでも学びのポイントをシェアできたなら、成功だと思っています。

思えば、僕も長い間、独学でTOEICを勉強してきました。その間に人知れず悩んできたことも多かったわけで、今、あの時の僕と同じ悩みを抱えている学習者のお役に立ちたかったのです。

今日、運営してみて、上手くいったことも、上手くいかなかったこともありましたが、この経験を次回に活かして、より良い学習会を目指したいと考えています。

ご参加いただき、いただきました皆様、これに懲りずに是非とも次回も参加してくださいね。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:55:53 | トラックバック(0) | コメント(10)
明日はいよいよ復習セミナー
告知してから、あっという間に時間が過ぎ、気が付けば、明日がセミナーでした・・・。セミナーの大枠は大体考えてありますが、細部をどうするのかについては、これから必死に考えます。←お、遅くない???

大丈夫です。早く準備すればよいというものではありません。中味のないものを作るより、ギリギリまで粘って決めたほうがいい場合だってあるのです(キッパリ)。←それにしても、遅くない???

明日は、

模試の解き方
答え合せの仕方
ツールとして準備しておくもの
復習の実践
ノートの使い方

などをやることになります。

あ、時間があれば、トリプルパッセージの取り組み方についても触れたいと思っています。TOEICマニアではない方も多数いらっしゃいますので、ここは大事かなと思います。

今回は、600点~700点前後の方が多いように思いますが、300点台から900点台まで幅広い参加者が集まってこられます。高得点者の方にとっては、若干退屈で冗長な印象を受けるセミナーになるかもしれませんが、そこはご辛抱ください。

大丈夫です。ふふっ。

退屈なんか、させません。ふふふっ。

退屈している暇なんてありません。ふふふふっ。

それでは、皆さん、参加者全員の知恵を絞って、実りある学習会にしましょう。

追伸:明日は、セミナー終了後、希望者のみで居酒屋を放浪します(^_^)/!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 18:28:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
花粉症が大変なことに
もともと酷い花粉症で、毎年、この時期は目と鼻をやられるのですが、今年はそんなもんで済んでいません。耳が塞がってしまった感じ、飛行機の機内でよくなるやつですね。プラス、くしゃみから咳に発展し、ついに気管支炎になってしまいました。

目、鼻、耳、喉の、まさかの四重苦です。花粉の量が多いのが原因なのか、よく分かりませんが、ここ10年では一番症状が強くでています。今日が公開テストだったら、棄権しなくてはならないでしょうね。もしくは無理に頼み込んで別室受験かな。周りの人に迷惑はかけられないですからね。

午前中休ませてもらって、午後何とか会社に来て、しばらくはデスクで固まったまま何もできませんでした。目が痛くてどうにもなりませんし、呼吸が苦しくていけません。

ああ、花粉症でない人が羨ましい。この苦しみは、なった人でないと分からないでしょうね。2~3ヶ月ずっと、風邪に似た重い症状が続くわけで、肉体的にも辛いけど、精神的に追い込まれていきます。辛いわあ・・・。

でも、仕事が終わったら、そろそろ週末の勉強会の準備をしなくては・・・。

この時期は辛いなあ・・・。

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:30:24 | トラックバック(0) | コメント(2)
侍ジャパン、米に惜敗
応援していた侍ジャパンが準決勝でアメリカに敗れてしまいました・・・。プエルトリコとの決勝戦を観たかったので本当に残念でなりませんが、よく頑張りました。侍の名に相応しい堂々とした闘いぶりでした。

まさか、まさか、名手菊池選手のエラー絡みで先制点を与えるも、その菊池選手本人の本塁打で試合を振り出しに戻しました。意地の一発に観客は沸く。菅野投手も貫録の6回1失点。現役のメジャーリガーをずらりと揃えたアメリカ打線を最少失点に封じ込めた投球術とその度胸は、世界に日本の投手陣の質の高さを知らしめました。

菅野投手の後を受けてリリーフのマウンドに立った千賀投手は、予選リーグの活躍そのままの圧巻の投球で3者3振の立ち上がり。このまま9回まで奪三振ショーは続くのかと思われましたが、2イニングス目となる8回に連打を浴びる。

1アウト2塁3塁で満塁策が頭をよぎるも、小久保監督は内野前進守備のホームアウト体制を選択しました。狙い通りにサード正面にゴロが飛び、ホームアウトのタイミングでしたが、なんと名手松田選手がこれをファンブル。手強いセットアッパーとクローザーが控えているアメリカに勝ち越し点を奪われてしまいました。

8回裏、代打の切り札内川選手が先頭打者として登場、絵に描いたような綺麗なライト前ヒットで同点の希望を繋ぐ。送りバント成功でスコアリングポジションにランナーを送ったが、ホームに返せない。筒香選手のライトライナーは惜しかったが、大事にいき過ぎたか?本来の彼のスイングならスタンドまで運べる球だった。1点のホームが遠い。

最終回、宮西投手が打たれながらも、ピンチを引受けた秋吉投手が粘り強く投げて後続を断ち切る。逆転の望みは9回裏の攻撃に託されたが、中田選手、坂本選手、いずれも動くボールを捉えられない。2アウト後の打席には痛恨のエラーに奮い立つ松田選手。熱い男のスイングは鋭いスライダーに空を切った。

茫然とする侍ジャパンの選手達・・・。いや、貴方たちはよくやった。よく頑張ってくれました。日本野球が世界レベルであることを証明してくれました。小久保監督の采配も素晴らしかった。敗軍の将兵を語らず、選手は責められないという言葉を残し、代表監督を退く意向を表明しましたが、実に男らしい身の引き方だと思います。

侍ジャパン、よくやった、感動を有難う!胸を張って、思いっ切り胸を張って、日本に帰ってきてください。誰も貴方たち責めません。貴方たちを待っているのは、感謝と感動の拍手だけです。ひとりの日本人として、僕達は貴方たち侍ジャパンを誇りに思います。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 16:54:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
URGENT:3/25の復習方法の勉強会
今週の土曜日に開催する勉強会の参加者で、おひとりだけ連絡が取れていない方がいらっしゃいます。3月1日お申込みいただきましたイニシャル〝K〟さんです。平仮名5文字のハンドルネームになっています。

Kさん、恐れ入りますが、3月1日にご教示いただいたアドレスにメールを入れてもはじかれてしまいます。前回とは別のアドレスを添えて、もう一度、書き込みコメントをいただけますでしょうか?

お手数をおかけしますが、僕の方からはコンタクトしたくてもできません。どうぞ宜しくお願いいたします。ご連絡お待ちしております。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 19:59:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
TOEIC三昧の3連休
今日は、究極のゼミPart7のモニターに行って来ました。3連休の最終日、快晴の天候にもかかわらず、時間通りに全員が集まりました。奇跡です。

今日のミッションは、28問のPart7問題を2全員解くというものでしたが、結構難しかったですね。28問とはいえ、すべて新形式ですからね。思ったより時間がかかりました。

そして、何よりも手強かったのは“文字”でした。字が小さかった。実際に発売されるテキストはもっと大きな字になりますが、モニター用のペーパーは小さかった。

しかし、相変わらず内容は素晴らしい。クロスリファレンスとか、NOTとか、ほのめかし問題とか、よく練られていて面白かった!

久しぶりに3日間もTOEICばかりやってました。いろいろな気づきがあったし、今後の自分の勉強や学習会に活かせそうです。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 22:58:44 | トラックバック(0) | コメント(2)
世界一参加しづらい勉強会
今日は、あ~るさんの“世界一参加しづらいTOEIC勉強会”に参加してきました。10人以下の少人数でしたが、そこが良かった!

輪番制で一人ひとりが解答根拠を参加者に説明していくという形式ですが、これが力になるんです。他人に説明するということは大変なことですからね。

恥をかきたくないから、そんなの嫌だという人もいると思います。高得点者に囲まれて、自分のような者が発言する資格などないと。

そんな気持ちもよく分かります。僕も引っ込み思案のタイプで、人前で自分の意見を言うのは苦手です。

でも。でもですね。沢山のTOEIC学習者を見てきて、やっぱり、恥も外聞もなく、がむしゃらに取り組んでいる人のほうが、そうでない人よりも何倍も早く目標スコアを獲るということも事実としてあります。

目標スコアは早く欲しいんです。でも、人前で話をするのは嫌で、ただ一方的に教えて欲しいんです。受け身な学習スタイルがワタシには合ってるんです。

わかります。わかります。けっして否定などしません。だけどね。たかが英語のテストですよ。自分より高いスコアの人が偉いわけでも何でもありません。ただ、何かの巡り合わせで、“今は”自分より少しだけ先を歩いているだけです。

上級者にチャレンジしてみませんか?その解釈ってオカシクありませんか?ワタシ、こう思うんですけどお!って。

きっと、日々の学習が今までより、ずっと、ずっと、楽しくなりますよ。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:01:03 | トラックバック(0) | コメント(1)
謎の飲み会終了!
今日は謎の飲み会に参加してきました。別に謎でもないけど、TOEIC仲間との語らいは楽しいですね。あっという間に4時間半が経過していました。

たいしたことを話しているわけでもないのに、いくらでも泉が湧き出てくるみたいに話が途絶えることがありません。ほっといたら朝までになりますね。

花粉症が酷くて、ついに気管支炎にまで発展してしまいましたが、明日は明日で、あ~るさんの勉強会に参加させていたただきます。

またまた濃ゆ~い仲間との交流になりそうです。楽しみですね。参加者が輪番制で解答の根拠を皆の前で話すというもので、他の人の考え方を知ることができますから、大変興味深いです。参加しづらい勉強会と銘打っていますね。ネーミングも面白い。

参加後、主催者のお許しが出れば、このブロックで雰囲気をお伝えできるかな?

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 22:28:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
3/25開催の模試の復習方法セミナーご参加の皆様へ
先日、このブログにて募集しました〝模試の復習方法セミナー〟の参加全員に詳細のご案内を送信させていただきました。ご確認くださいませ。

届いていないという方は、至急、コメントをお願いします。その際、前回ご教示いただきましたアドレスとは違う、別のアドレスを書き添えてくださいますようお願いします。

現状では、僕のPCアドレスから33名の方に発信し、うち2名の方のアドレスに届いていません。そのうち、おひとりは、僕のスマートフォンから送り直していて、これは届いていると思われます。

届いていない方は、3/1にコメントを残していただいた、ハンドルネーム平仮名5文字のKさんです。お心当たりの方は、再度、このブログ記事にコメントをお願いします。PCから送ってもスマホから送ってもリジェクトされますので、おそらくアドレスが間違えているものと思われます。

どうぞよろしくお願いします。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 14:07:16 | トラックバック(0) | コメント(2)
TOEICのマジックとは?
TOEIC L&Rの990点ホルダーを5人集めて、例えばPart5を5問だけ解いてもらいます。例えばPart7のマルチプルパッセージを1セットだけ解いてもらいます。その際、〝この問題は難問です〟と前置きするとしますね。どうなると思いますか?難問なんだから、いくら超上級者だって、少しは間違えるでしょ?そう思いますか?本当にそう思いますか?

違いますね(キッパリ)。

おそらく、全員が全問正解しちゃうんです。心構えだけで正答率は変わるんです。

最初から難しい問題だって分かっていると、超上級者は集中力をMAXまで高めてきますから、問題作成者、アイテムライターの意図を読み切って、正解を選べるんです。勿論、本番では、それを難問だと、つまり985点と990点を分ける問題だと認識すれば、時間のかけ方も違ってきます。たっぷり時間をかけて、そいつを潰しにいくんですよ。ふっふっふっ。

実を言うと、TOEICの難しさは、たくさんある易しい問題の中に、少しだけ難しい問題が隠されているところにあるんです。巧妙に埋め込まれているのですね。リスニングは基本、受け身ですから、あまり問題の難易度を意識することはありませんが、リーディングは自由に時間を使える分だけ、却って悩ましいのです。100問のうち、どれが意識を集中すべき難問なのか、それを見破ることが満点への最後の壁となります。

しかし、そうは言っても、果たしてどれが難問なのか、パッと見では分からないのがイヤラシイところなんですね。なあんだ、簡単じゃん、と思って瞬間的に答えを選ぶと、落とし穴にハマることになります。また、そういう問題はあまり頭を使って解いてないから、記憶に残りにくいのですね。悩んだ問題は覚えているから、テスト後に辞書で調べたりすると、自分で正誤判定ができます。しかし、簡単だと思った問題は記憶のトリガーに引っかからないから覚えていないものなのです。ここにTOEICスコアのトリックがあるのです。できたと思った回こそ、実は〝できてない〟のです。

2年くらい前までは、〝難しい問題の定位置〟というものが決まっていました。例えば、リスニングのPart2なら最後の10問くらい、Part5なら最後の5問くらい、Part7ならシングルパッセージのラスト、ダブルパッセージのNOT問題、ほのめかし問題などなどです。

だから、上級者は難しい問題の位置にきたら巧みにギアチェンジして、そこだけ集中力を高めていたわけです。それで取りこぼしが少なくて済んでいたわけですよ。この定説が崩れた。現在のテストでは、何処に難問が仕込まれているか分かりづらくなっています。

TOEICは英検と違って級別受験ではありませんから、受験者のレベルに関係なく、全員が同じテストを受けるわけで、易しい問題から難しい問題まで、万遍なく取り揃えるのは当然ですね。そうしないとスコアの差別化ができませんから。ですが、昔は、易しい問題から難しい問題へと順番通りに進行していく親切なテストだったのです。これが、今では不親切なテストに生まれ変わりました・・・。

そーなるとですね、2時間1分、絶え間なくMAXの緊張を持続していないと全問正解を狙えないんです。常に落とし穴を意識して、横から襲ってくる敵を意識しながら歩かなくてはなりません。これは大変な変化ですよ。

問題の難易度が相対的に上がっているとか、受験者全体のレベルが上がっているとか、そういう事情もあるかもしれませんが、僕は、易しい問題と難しい問題がシャッフルされてランダムに出てくるところに新形式の難しさがあるような気がするなあ・・・。

皆さんは、どのようにお考えですか?

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:13:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
変なフォントは嫌いなの
Part7の文書に特有なのが、フォントのバリエーションです。Part5では「Arialの11」ですかね?たぶん、いつもコレです。だから、見づらかったりすることはないわけですが、Part7は様々なフォントが登場します、ホントの話。

老眼の眼には厳しいです。たまに、お店の宣伝のフライヤーなんかが出てきて、妙なフォントだと見えなくって、死ぬほど苦労します。やめてくれっ、頼むから!字が細いのも勘弁です。見えねーーーーつーーーのっ!!!

まー、これは慣れるしかないわけですが、我々熟年組にはハンデとなりますねえ。いつだったか、変なフォントを克服しようと思って、手元にある韓国模試をかき集めて、読みづらいフォントの文書ばっかり読んでみたことがあるんですよ。

半日くらいずっとやってたら、目がグルグル回って気持ち悪くなっちゃって、あっけなく挫折しました。あれ以来、公開テストを受ける度に、変なフォントが出ませんようにと祈っています。もはや、神頼みしかありません。

旧形式では、変なフォントはリーディングだけだったのに、新形式では油断すると、リスニングのPart3とPart4のチャート問題で出てきます。ぐわあああっ!出たあああっ!という感じですね。

リスニングから、あの変な文字を見た日にゃあ、凹みます・・・。思いっ切り凹みます・・・。

今日はダメなんじゃないかと弱気になったりもします。

なので、ETSの問題作成者の皆様、フォントは「Arial」とか「Century」とか「Times new Roman」とか「Tahoma」とか、英文に適している、英語が読み易いヤツに統一してくださいませんか?関係ないでしょ?英語のコミュニケーション力を測定するテストにフォントは?

ホントに止めてください、変なフォントは・・・。

フォントに・・・。

あ、間違えた、ホントに・・・。

悩める50代、Rabbitでした。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:00:53 | トラックバック(0) | コメント(4)
あと26日しかないの?
2日前に公開テストが終わったばかりなのに、カレンダーを見たら、次の公開テストまで26日しかありません。あっという間に、その日はやってきますね。

3月は年度末で業務多忙につき、何の事前準備もせずに受験してしまいました。前日に明治大学のIPテストを受験したのが、準備と言えば、準備だったかな。テスト形式は違うけど・・・。

4月はリスニングのトレーニングを積んでから受けたいですね。最近は全くやってなかったから、3月のテストでは音声が速く感じられて、闘える状況ではありませんでした。

リスニングを余裕でクリアーして、46分間が終わった時点で全く疲れていない、というのが理想です。リーディングにフルパワー残して闘いたいものです。リスニングが終わって電池残量30%ではお話になりません。

というわけで、久しぶりにリスニングのトレーニングをやりますかね。模試を解く。音声だけを静聴する。スクリプトを精読する。スクリプトを書き写す。音声に合わせてクチパクショドーイングなどなど。初心者の頃、やっていたことをもう一度やろう。

今のリスニングは確かに難しくなっていて、僕の周りにいるL495点の常連さんでも、毎回とれるとは限らなくて、結構落としています。かつては、毎回L495をとっている人だけが990点の挑戦権を持っているというイメージでしたが、今は違いますね。Rと同じくらいLは難しい。

一方、R495点は、今は取り易い環境にあると思います。問題が難しい分だけ採点が甘くなりますから、フォームによっては3ミスくらいまで495点が出ることもあります。だから、今がチャンスです。超上級者が新形式に慣れてくると、R495点はとりにくくなります。

4月は年度替わりの月ですから、気分も新たに臨みたいものです。1月と3月のテストでリーディング満点の感覚は掴めましたから、あとはリスニングを伸ばせば、ギリギリ990点に届くような気がしています。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 18:02:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
第218回TOEIC公開テスト感想
前日の明治大学IPテストに続いて、公開テストを受験してきました。受験会場は、すっかりホームグラウンドとして定着した東京経済大学です。自宅からずっとリスニングの調整をしながら、11:30には到着しました。

部屋は200人以上収容できる大教室で、席は一番左の列の前から3番目でした。音が心配でしたが、リスニングの音テストではバッチリ聴こえたので、何だかイケそうな気がしました。ところが・・・。何だか、スクリプトの読み上げスピードが速く感じられて、結構苦戦しました。

リーディングは相変わらず、解答根拠が見つけづらい作り込みになっていて、たいして長い文書ではないのに時間ばかり過ぎていく、という新形式のいつものパターンでしたね。かなり急いで解答したのですが、5分も余りませんでした。以下、パート毎の感想です。僕は女性キャビネットフォームでした。

Part1:やや難(写真と正解の描写がきわどいものが3つもありました)
Part2:やや難(変化球が更に増えた印象です)
Part3:普通(MIC問題を1問聴き落としました。音声が速かったような・・・)
Part4:普通(チャートの意味が分からないものが1つありました)
Part5:やや難(語彙は易しかったのですが、巧妙な仕掛けが随所にありました)
Part6:やや易(文挿入以外は易しかったですね)
Part7:難(SPから既に難しく、MPは時間との闘いに追い込まれました)

リスニングのPart1では、写真と正解の英文の描写が微妙で首を捻りたくなるものが、何と3つもありました。消去法で正解はしていますが、何だか後味が悪い問題でしたね。Part2は直球よりも変化球のほうが完全に多くなりました。しかも、高速の変化球なので、英文をしっかり聴いて、瞬時に場面をイメージできないと間に合いませんね、2~3問怪しい。

Part3は意図問題を1問間違えたような気がします。設問・選択肢に視線を落としていたら、聴き逃してしまいました。集中力が足りないな・・・。Part4は得意なのですが、ラーメン問題で、おそらく1問落としました。この辺り、余裕があって、次のセットの先読みをしてたら、スクリプトの読み上げが始まってしまって・・・。自滅でした。

Part5は、難しい語彙はひとつだけでしたが、はっきり言って難しかった。30問中、6問も見直しのマークがついたのは、新形式になってから始めてじゃないかな。時間をかけて再検討したので、このパートは全問正解したと思いますが、10分以上使ってしまいました。

Part6はarticleが2つあったかな?英文自体は素直なもので、時系列できちんと抑えていけば、全問正解できるレベルだったかと思います。文挿入で1問だけ、2択から絞り込めない問題がありましたね。これは落としたかもしれませんが、時間の余裕がなくて思い出せないので分かりせん。

Part7は、突入した入った時点で腕時計を見たら、何と残り53分しかない!54問あるわけですから、1問1分のペースでは間に合わない!見直し時間の確保もできない状態でしたので、ここからギアを2つ上げました。エンジン全開です。

SPの29問を23分でやっつけて、MPの20問に30分を確保できたので一安心。これで楽勝だと思ってたら、そーじゃなかった!良く考えたら、DP10問+TP15問=25問あるんだった!前日のIPテストの感覚で解いていて間違っていました。

焦ってDPの2セットに手を付ける。2セットを8分で切り抜け、TPに進む。TPの3セットを17分で解き終わり、何とか、見直しに5分確保。怪しいと思っていた183番と184番の解答根拠を見つけたところで時計を見たら、残り1分を切っていました。200問全部のマーク漏れを確認したところでタイムアップ。

いやあ、焦った。僕はTOEICの文書を読むスピードはそんなに遅くない筈なんですけど、新形式に移行してからは、時間に余裕がありません。少なくとも10分くらいは残せないと、保留していた問題の再検討ができないから495点は厳しい。今回は183番と184番しか見直しができず、SPの位置問題に戻れませんでした。仮マークのままタイムアップです。

もう少し聴解スピードと読解スピードを上げないと、満点は狙えませんね。今回の結果を無理矢理予想すると、リスニングが4ミスまで満点として、6ミスの485点、リーディングは3ミスまで満点として、5ミスの485点、合計970点というところでしょうか?最高で970点、満点の素点レベルが上がると960点くらいかな?4月、頑張ります。

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 19:32:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
第218回TOEIC公開テスト当日
結局、昨日は終電で帰り、その後に眠れなくてダラダラと過ごしていたら、ほとんど寝る時間がなくなってしまいました・・・。2時間睡眠ですね・・・。大丈夫、気合で乗り切れます!

今日の会場は東京経済大学です。もはや僕のホームグラウンドと言ってもいいでしょう。電車で行くにしても、バスで行くにしても、結構時間がかかるのですが、気に入っているキャンパスです。

毎回、受験会場が変わると、いろいろと気にしなくてはならないことがありますから、経験がある会場に割り振っていただけるのは有難いことですね。運営委員会の皆様、有難うございます。

余裕を持って、11:30には到着するように家を出て、キャンパスのベンチでバナナでも食べます。公開テストのランチはいつも悩ましいですね。ガッツリ食べると頭がまわらなくなりますし、全く何も食べないと力が出ませんし・・・。テスト時間があと1時間遅ければいいのに・・・。

さて、今日の戦略はどうしようかな。昨日のIPテストでは久しぶりにリスニングの調子が良くて、おそらく100問全問正解したと思います。その調子が続いてくれるといいのですが・・・。とりあえず、Part2までの31問を集中して全問狙いにいきます。残りの69問はよくわかりません。

リーディングは時間配分と管理がすべてです。時間に追われて焦らないように、Part5から飛ばしていきます。2~3問取りこぼしても495点は出るんだ、と自分に言い聞かせて、粗っぽく解いていく作戦です。塗り絵になるよりずっとマシです。

さて、花粉対策を万全にして、そろそろ行きますかね。途中、カフェで90分くらい勉強するから、もう出ます。←それでも早すぎない?

では、共に楽しんで参りましょう!

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 10:01:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
最後の旧形式
今日は、明治大学リバティアカデミーのTOEIC IPテストを受験してきました。これが、最後の第2世代TOEICの受験ということになります。次のIPテスト受験は5月ですが、これは新形式、つまり第3世代TOEICになります。

目一杯、楽しんできました!知った顔もチラホラと見えましたね。今日は一日、休日出勤だったのですが、ちょっと抜け出してテストを受けて、また直ぐにオフィスに戻ってきて仕事をしております。終電になってしまいそうな気配ですが、最後だから、どうしても受けたくて、無理しました・・・。

明日は公開テストです。花粉が大量に飛ばないことを祈っています。その前に仕事をやっつけないと、明日の受験ができなくなりますから、今から気合を入れて頑張ります!

あ、皆さんは、TEX加藤さんのTOEIC神社へのお参りをお忘れなく。当日にお参りしようと思っていると、忘れてしまいますから、今のうちにお参りすることをお勧めします。

受験票とか、本人確認書類とかも今のうちにカバンの中に入れておきましょう。忘れると大変です。受験票に写真は貼りましたか?署名はしてありますか?受付でバタバタするとみっともないから、今日できることは今日のうちに済ませてしまいましょう。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 22:05:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
WBC頑張れ、侍ジャパン!
イマイチ盛り上がりに欠けていたWBCですが、いざ始まってみると、結構盛り上がってきていますね。日本が負けると盛り下がるけど、一応、危ないながらも勝ってますしね。

個人的には大谷と上原に出場して欲しかったけど、それは、まあ置いといて、勝ち進んでいってもらいたいですね。思いがけないヒーローが誕生したりして。

日本はB組で、強豪キューバと同組でしたけど、あのチームもかつての輝きはありませんから、ラッキーでした。初戦でキューバに打ち勝った時点で2次ラウンド進出は見えていました。ですが、是非、今夜も勝って全勝で2次ラウンドに進んでもらいたいものですね。

2次ラウンドの相手は手強い。オランダもイスラエルも破壊力抜群の布陣ですし、キューバだって、同じ相手に2度負けられないと思って、気合を入れてくるでしょう。先ずは、今日、中国に大勝して勢いをつけたいところです。

僕は、この土日は2連戦。土曜日は明治大学でIPテスト、日曜日は東京経済大学で公開テストです。侍ジャパンにあやかって2連勝といきたいところです。実は仕事が終わらずに、明日のIPテストがピンチですけど・・・。

頑張れ、オレ!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 18:30:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
リスニングの調整
いよいよ公開テストが近くなってきました。3日前ということになると、これから何か新しいことをやる時期ではなくて、調整の段階に入ってきます。今から初見のテキストを始めても自信を失うだけです。

どうしてもやるっていうなら止めませんけど(笑)、それなら腹をくくって徹底的にやってください。中途半端にやると、きっと悔いが残ります。

調整で是非、僕がお勧めしたいのが、リスニングの音声をイヤホンではなく、ラジカセで聴くことです。常日頃は、通勤電車の中とかで、イヤホンで聴いている方が多いと思います。でも、テスト本番はイヤホンから高感度でクリアな音を聴けるわけではありせん。

これで失敗する人、結構多いんです。本番のディレクションが始まって、あれ?おかしいなあ?昨日の晩も今朝もよく音が聴こえてたのになあ。なんか調子悪い・・・。なんでだろう?っていうことになるんです。

なんでだろう?じゃないんです。そりゃ、当たり前です。普段、イヤホンからしか聴いていないから、空気の振動で伝わって聴こえてくる音に慣れてないんです。

だから、せめて、本番3日前からは、ラジカセとか、スピーカーを使って、本番と似かよった環境でリスニングの調整をしないとダメなんですよ。騙されたと思って、是非、やってみてください。これが本番で効いてきます。

僕は、その前に、この仕事を終わらせなくては帰れませんが・・・。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 21:02:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
あと3日でお別れです
思えば、君とは長い付き合いになるね。初めての出会いは10年前の3月だった。確か、名古屋の愛知学院大学だったと記憶している。君は、初めての出会いで、いきなり僕をぶん殴ったね・・・。思いっ切り打ちのめされて、あの時は、なんてヤツだっ!て思ったよ。

でも、出会った瞬間から調子良かったヤツより、無愛想で最初は印象が良くなかったヤツのほうが長く付き合えることが多いよね。君と僕の出会いが、まさにそうだった。君と上手くやっていける自信なんか全くなかったよ。なんて酷いヤツなんだって思ってた・・・。

不思議なもので、それが10年もこうして付き合ってる。おそらく、他の誰よりも親密にね。何だよ、泣くなよお~!別れに涙は禁物だぜ。お互い、笑って別れよう。いつだったか、そう約束したじゃないか・・・。グスン・・・。

今週の土曜日。

大江戸神田駿河台は明治大学リバティタワー6階。

それが、僕達の最後の舞台だね。

今まで有難う!本当に有難う!

次の世代に希望を託し、君は僕の前から完全に去っていくんだね。

さらば、愛しき友よ!

さらば、第2世代TOEIC君!

僕達は、決して君を忘れない!

決して忘れないぞお~!うおおおおおおおお(号泣)~!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 12:14:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
てくまくまやこん
ひみつのアッコちゃんを知らないという世代が増えてきました。そーゆー人は、魔法使いサリーも知らないでしょう。1960年代後半くらいだから無理もありません。同じ魔法使いのジャンルでも、まだ、ハリー・ポッターなんて影も形もない頃です。

女の子だけではなくて、男子も結構観ていた番組です。魔法って良いですよね。正しく使えば、皆が幸せになれます。

何が言いたいか、もうお分かりですね?日曜日の公開テストに向けて、一切勉強できていないので、誰か僕に魔法をかけてくれないかと・・・。

えっ? 無理? そ、そですか・・・。

では、自分で。

日曜日には、テスト会場である東京経済大学の正門に立って、こう唱えよう。

てくまくまやこんてくまくまやこん、TOEICの達人になあ~れっ!エイッ!

公開テスト当日、国分寺の街で怪しいオジサンを見かけたら、たぶん、それが僕です。

それはそーと、WBCニッポン代表、頑張れえ~!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 19:17:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
帰って来れる家
今年の7月6日でブログ開設5周年になるわけですが、長いこと続けているのは理由があります。幾つかありますけど、最近、特に思っていることがあります。僕が書いているブログは、

帰って来れる家なんです。

TOEICコミュニティも時代と共に少しずつ変化していきます。分かり易く言えば、徐々に世代交代の波が押し寄せてきています。新しい仲間達がどんどん出てきますよね。

それはそれで好ましいことだと思っていますし、僕は大歓迎しています。若い力でTOEIC界が活性化するのは素晴らしいことだと思うし、やる気が漲っている学習者達に囲まれると、自分も自然と元気になります。

しかし、一方で、しばらく席を外しているうちに、自分が座る椅子がなくなってしまったと感じている人も、少なからずいるのではないでしょうか?

事情があって、少しの間、TOEICをお休みしていたら、周りは知らない人だらけで、かつて仲良くしてくれていた仲間達の顔が見当たらない・・・。結局、何だか居心地が悪くて、居づらくなって、次からは来なくなっちゃう。

長いこと、TOEICを頑張っている人は、この世界の功労者だから、そんな寂しい思いはして欲しくないんだ。いつまでも、ここに居て欲しい。

だから、僕は毎日、このブログを書いています。大した内容じゃないけど、毎日、何かしら発信することで、古い人間もここにいるぞって、声を上げているのです。このブログは、そう、あなたが、

帰って来れる家なんです。

あなたが、ひっそりとTOEICを頑張っている限り、僕は、

この家を守り続けます。

だから、いつでも帰っておいで。

待ってるから。

あなたの場所は、決してなくなってなんかいないよ。

ここにある。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 00:05:21 | トラックバック(0) | コメント(2)
よく飽きないね
2007年3月の初受験から、気が付けば、もう10年もTOEICをやっているわけですが、先日、ある人から言われました。悪気はないんでしょうけどね(笑)。

TOEICばっかりやってて、よく飽きないね。

まあ、僕も一応、仕事してますし、TOEICばっかりやってるわけじゃありませんよ、念のため。むしろ、最近はTOEIC学習をする時間は激減しています。

それでもTOEICテストは好きだから、必ず受験しているのです。勉強はしてないけど、テストだけは受ける(笑)。いいじゃないですか!大好きなんだからさ(笑)。

あの2時間の何とも言えない緊張感がたまらなく好きなんだ。公開テストの日は朝からウキウキします。実は、前日の夜から落ち着かなくてソワソワしてるけど(爆)。運動会を前日に控えた小学生みたいなもんですよ。

へええ~、よく飽きないねえ。

ほっといて!お願いだからほっといて!いーでしょ、僕の趣味なんだから。TOEICは居酒屋巡りと並んで、僕のライフスタイルには欠かせないものなんだから。自分のお金で、自分の時間で受験してるんだからさ。

TOEICの「ト」の字も知らないくせに、余計なこと言わないでくれ。TOEICを通じて沢山の素晴らしい仲間と出会えたし、仕事やプライベートでも数々のチャンスに巡り合ってきたんだ。

だから、これからも命ある限り、TOEIC受験は続けるぞ。

いーか?何事も、好きでやってるヤツには勝てねーんだぞ!

よく飽きないね。

たった10年で情熱を失うくらいだったら、そんなもん、最初からやらねーよ。

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:05:39 | トラックバック(0) | コメント(6)
今日は濱崎TOEIC研究所
今日は濱崎TOEIC研究所の集いに参加させていただきます。毎回、参加させていただいていますが、この会は本当に楽しみにしています。

参加しているメンバーが、真摯に英語学習に取り組んでいる本当にピュアな方ばかりで、荒んだ心が癒されます。

今日も皆さんと会えると思うと、朝から何だかウキウキします。どんな話が聞けるかなあ。楽しみです。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 07:39:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
パート6特急出た!
ついに出た!パート6特急!3月7日リリースと聞いていましたが、大手の書店には既に並び始めましたね。TOEIC学習者待望の特急シリーズです。もはや、TOEICL&Rテストの第一人者といっても過言ではない大里秀介さんの新刊です。しかも、Part6専用のテキストです。カバーの色づかいも素敵ですね。ターコイズブルーという色のようです。

パート6特急

皆さん、ご存知の通り、特急シリーズという名前が市民権を得てから久しいのですが、過去、Part6に特化したテキストはありませんでした。Part6は、2016年5月から新形式が導入されて16問/200問になりましたが、新形式導入前の第二世代TOEICでは12問/200問でしたから、全体に占める割合が低いということも、特化型テキストになりにくいという背景になっていたのではないかと推察します。

僕はこのテキストの編集者とお話しする機会があって、その時、Part6だけの特急シリーズってどうですかね?と聞かれたことを覚えています。僕の回答は、確かにPart6の問題数は多くありませんから、学習者が16/200、僅か8%に時間とお金を割くということは難しいかもしれません、というものでした。

しかし、その後、こう続けました。気づいている人は少ないかもしれませんが、実は、Part6は英文ライティングの力を養うには最適のパートです。単に16問正解を狙うだけでなく、そこから発展させて、ライティング力向上を展望できるような内容なら、十分、需要はあるし、たくさん売れると思います、と。

著者の大里さんは、TOEIC SWテスト(スピーキング・ライティングテスト)にも造詣が深く、実際に、ご自身でも受験されています。かつ、著者履歴を見ても分かる通り、現役のビジネスマンで、カナダへの赴任経験もあり、実際にTOEIC英語を使って海外勤務をこなしてこられました。

リーディング力とライティング力の相関関係は熟知されている筈なのです。Part6特化型のテキスト執筆は、まさに、はまり役!僕は、この本が世に出るのを前々から楽しみにしていました。まだ現物を手に取ってみていませんから、レビュー記事は書けませんが、何だか、ただならぬ大ブレイクの予感がします。

すべてのページに目を通してから、いずれレビュー記事を書かせていただこうと思っています。先ずは、大里さん、新刊発売おめでとうございます!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 16:51:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
模試の復習方法セミナーご参加の皆様へ
先日、このブログにて募集しました〝模試の復習方法セミナー〟は、32名の方にお申込みいただき、昨日、締め切りましたが、お申込みいただいた方、全員にご参加いただけます。

今より1週間後を目途に、詳細の案内メールを送らせていただきますので、しばしお待ちくださいませ。会場の予約等が完了次第、改めてご連絡させていただきます。

それまでの間、もし、何か気になることなど、ありましたら、隠しコメントでお知らせください。既にご教示いただいておりますメールアドレスに回答させていただきます。多忙なサラリーマン故、返信まで1日か2日かかることもありますが、ご容赦くださいませ。

そう言えば、3月公開テストの受験票が届きましたね。僕はホームグラウンド?の東京経済大学で受験します。この季節の大学キャンパスは花粉が沢山舞っていて心配ですが、今から、試験当日に雨が降ることを祈っております。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 17:25:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad