■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 申込済
225 2017.11 申込済
226以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

鬼フォームの考察
現在の日本国内で実施されるTOEIC L&Rテストでは、テストフォームが最大で5つあるようです。はっきりしたことは分かりませんが、ネット情報などを総合すると、どうやらそうなりそうです。4月は4フォームでしょうかね?勿論、確証はありません。

さて、ここで物議を醸しているのは、フォーム毎の難易度にバラつきがあり過ぎるということです。僕が受けたフォームは異常に難しく、〝鬼フォーム〟という新語が誕生してしまいました(笑)。本当に難しかった。勿論、易しい問題も沢山散りばめられていましたので、初中級者でも容易に正解できる問題も沢山ありました。

本題に入ります。ここで、2つも疑問が湧いてきました。

1つは、フォーム毎のバラツキが見られる以上、スコアにも想定外のバラつきが出るのではないか?ということです。つまり、難易度が激しく異なるフォーム間の公平性が保てないのではないか?という懸念です。公平性とはすなわちスコアです。実際にはあり得ないことですが、仮に、同じ人が同じ条件下で異なるフォームを受験した場合、全く違うスコアが出るのではないか?と言い換えてもいいかもしれません。

これに対する僕の考察は〝NO〟です。正解数、すなわち、素点には影響すると思いますが、スコアには差が出ない筈なのです。TOEICのスコア換算は偏差値によるところが大きいので、例えば、AフォームとBフォームが存在して、両者の難易度が異なる場合であっても、それぞれの母集団の実力が均一であれば、同じスコアが出る筈だと、僕は考えています。易しいフォームでは全体の素点が高くなり、つまり正解数が増え、難しいフォームでは正解数が減るだけです。

ただし、母集団の実力が同じであれば、という前提付きです。5つのフォームがあっても、それぞれの受験者数が一定以上いて、かつ、それぞれの受験者の全体の実力がほぼ同じならば、異なるフォーム間でのスコアに、バラつきは出ないのではないかと思われます。

テスト運営機関がどのような基準で受験者を割り振っているかは不明ですが、幸いにもTOEICテストはリピーターが多い試験なので、過去の受験データは豊富にあります。ランダムに振り分けた場合には、受験者の実力にバラつきが発生する可能性がありますが、この過去データを用いれば、ある程度、公平に割り振ることは可能でしょう。だから、フォーム毎のスコアに差は出ない。受験したフォーム毎の公平性は失われない、というのが僕の考えです。

もう1つの疑問のほうが、やや深刻です。それは、あまりにも難易度が高いフォームを公開テストに投入した場合、同じフォームを受験した母集団の中で、ある種の不公平が生まれるのではないか、ということです。この不公平を生み出す可能性を孕んでいるのが、そうです、〝塗り絵〟です。

ここでいう〝塗り絵〟とは、問題文本文も設問も選択肢も一切見ることなく、適当にA~Dの選択肢をマークすることをいいます。少しでも読んだなら、それは解答に影響を与えますので、純然たる〝塗り絵〟ではありません。先ずはここを抑えてください。

例えば、リーディングで時間不足に陥り、うさぎさんも、とらさんも、20問完全な塗り絵をしました。うさぎさんはBBキングのファンなので、全部Bを塗りました。一方、とらさんはオロナミンCが大好きなので、全部Cを塗りました。20問中、Bの正解は7問ありました。Cの正解は4問しかありませんでした。7-4=3で、うさぎさんのほうが、3問正解が多いことになります。BBキングの勝ちです。これって、公平ですかね?ただの運でしょ?運も実力のうち、と言われればそれまでです。

当然、この現象は鬼フォームでなくとも起きることで、今までも実際あったわけです。鬼フォーム特有のことではありません。ただし、鬼フォームでは、この現象がより顕著になります。より幅広く波及すると思われます。

通常、リーディング400点以上獲れる受験者は塗り絵にならないと思います。丁寧に解き進めれば塗り絵になるかもしれませんが、R100問解き切ることを優先して、やや粗めに解いていけば、何とか200番までマークできるでしょう。ゆっくり解いて間に合う人は沢山正解するでしょうし、粗くしか解けなかった人は正解数が減るだけです。この差がスコアの差となって表われるのは当然のことで、特段の問題はなさそうです。

しかし、物事には、すべからく限度というものがあります。今回、僕が受けた鬼フォームでは、990点取得経験者までもが〝塗り絵〟に追い込まれています。満点フォルダーが塗り絵になるテストって、どうなんでしょうか?

鬼フォームに意味があるとすれば、それは、超上級者と上級者の識別ができるということでしょう。同じ990点でも、その実力には雲泥の差があります。これまでのテストでは、その差を炙り出すことができなかったかもしれません。つまり、スコアに差をつけることができなかった。しかし、鬼フォームを投入すれば、この差を実際のスコアの差として提示することが可能です。ここにおいては、大きな意味があると、僕は考えています。

問題なのは、満点狙いではない、もうすこしスコアが低い層の取り扱いです。おそらく90%~95%の人が、程度の差こそあれ、塗り絵になっていると思われますから、その塗り絵の部分は判定できないわけです。
※もっと、ずっとスコアが低い層にはあまり影響が出ないかもしれません。そもそも、これまでのテストでも、リーディングの後半戦まで辿りついていない可能性が高いからです。

そんなもん、塗り絵になっていない問題だけで正確にスコア判定できるじゃないか、という意見も聴こえてきそうですが、ほとんどの受験者が塗り絵に陥るテストで、10点~990点までのスコア差を、5点刻みで正確に算出できるのか?という危惧が生まれてきそうです。

僕が思うに、800点以上のスコア保有者が受験した場合に、運次第でスコアの逆転現象が起きる可能性があります。塗り絵の結果次第で、スコアが入れ替わる可能性を孕んでいます。この現象が発生しないように考えて欲しいですね。いや、僕が分かっていないだけで、考えてるのかもしれませんが(笑)。皆さんは、どのようにお考えですか?ご意見伺いたく。

ちなみに、テストフォームがどのような難易度であれ、絶対的な公平性を担保する方法が2つあると、僕は思っています。ひとつは、200問の問題毎に配点を変えることです。現在は、概ね、1問につき、ほぼ5点換算ですよね(実際は違いますよ)。そして、正解した問題の種類による得点差はありません。全体で何問正解したかどうかでスコアは算出されます。だから、この配点を変えちゃう。易しい問題の配点は低く、難しい問題の配点は高くするんです。そうすれば、結果も当然変わります。

もうひとつは、賢明な皆様は、僕が言わずとも、お分かりですよね?そうです。間違えた解答を減点することです。「TOEICテストでは、間違えた解答は減点されませんから、答えに迷った場合でも、どれかひとつにマークすることをお勧めします」とかいう、塗り絵推奨のヘンテコなインストラクションもなくなります(笑)。

間違えたら減点されると分かっていたら、塗り絵はなくなります。そりゃそうでしょ?塗り絵なんて、絶対、正解数より誤答数の方が多いに決まってるわけですから、塗らずにそのまま無解答にした方がスコアは下がりません。1問間違えたら、1問正解数を削ればいいんです。正解だと自信がある問題しかマークしなくなるから、誰も塗り絵はしなくなります。そうすれば、塗り絵の成否による差が消滅します。

今日の問題提起は、皆さんに色々なご意見を聞いてみたいですね。様々な立場から、ユニークなご意見が飛び出したりして・・・。面白いですねえ。僕は根っからの文系人間なので、理数的なことはからっきしダメです。理系の方のご意見はどうかなあ?是非、皆様からコメントいただけると嬉しいです。

あ~、気がつけば、原稿用紙8枚も書いてしまいました(笑)。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト
未分類 | 17:05:38 | トラックバック(0) | コメント(4)

FC2Ad