fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ハンドルネームの謎
いつの頃からそうなったのか知りませんが、TOEICのコミュニティでは、本名ではなくHN(ハンドルネーム)でお互いを呼び合うのが一般的です。それがリアルに会っている場所でも、SNS上でも変わりません。初めてTOEICコミュニティに参加するようになった頃、とても不思議で違和感がありました。

そもそも、SNSが発達していなかった時代には、情報の拠り所となる、重要なやりとりは〝ブログ〟しかなかったんですよね。それ以外が皆無だったとは思いませんが、ブログは間違いなく主流だったと思います。

そのブログの管理者、つまりAuthorは、本名ではなく、HNを使っていました。TOEICコミュニティで使われる名前でHNが一般的なのは、その名残りではないかと思われます。ブログ管理者以外でも、誰かのブログに書き込みコメントを残す人は、自分のHNを考えて使っていましたね。

それで、HN使用が暗黙のルールになったのかなあ?今では、TwitterなどのSNSもハンドルネームが大勢を占めているから、違和感は若干薄れてきたけど、何だかなあ・・・。

あだ名だったら分かりますよ。あれは自分で決めるものじゃなくて、周囲の仲間がいつの間にか決めるものだからさ。だけど、HNは自分で決めるんですよ。そこに違和感というか、座り心地の悪さというか、一種の気恥ずかしさが残るのかもしれませんねえ。

何なんだろう?このHN方式は?僕がこの世界(←どの世界?)に出てきたのは意外と遅くて、2012年からなので、過去の経緯などの詳細は知りません。もっと古くからブログを運営している人なら、たぶんご存知なのでしょうね。誰か教せーて!

そー言えば、僕の〝Rabbit〟というHNも、元々は、TEX加藤さんやOJiM監督のブログに書き込みコメントをするためだけに使用していた名前なのです。周りの皆さんが、HNを使ってコメントしていたから、それがルールなんだと思って、郷に入っては郷に従え方式で倣っていたわけです。

だから、言ってみれば、便宜的に使っていたテンポラリーな名称だったんですよね。だから何でも良かった。いつでも変えられると思ってたし、僕にとってHNなんて大して意味のないものだったのです。とりあえず、あればいーや的なもんでした。

だから、何も考えずに一瞬で決めちゃった。う~む、何も思いつかん・・・。あ、うさぎ年生まれだから、〝うさぎさん〟でいーや。でも、みんなアルファベット使ってるから、英語に直して〝Rabbit(ラビット)〟だねって・・・。安易だ・・・。どーしよーもなく安易な考えだった・・・。

しかし、今となっては変えられないですよね。タイミングを逸してしまった感があります。Twitterのアイコンも昔はウサギだったんですが、外見上はウサギというより、どっから見てもクマだろう、と非難されることしばしばで、仕方なくリラックマに変えたのでした・・・。

それにしても謎だ・・・。

いつから、こーなったのか???

ハンドルネームって必要なのかな???

人混みの中で、あるいは、酒場やカフェで、らびっとさあ~ん、らびっとさあ~ん、って大声で連呼された時の恥ずかしさってハンパじゃないんですけどお・・・。

まーいーか、今更・・・。

アナタ、ハンドルネーム持ってますか?え?当然だって?1つじゃない?3つも?使い分けてるって?何のためにですか?意味わかんないッス。あーそーですか、いろいろあるのね、しがらみが・・・。1つでも面倒くさいのに3つデスカ・・・。お疲れ様です・・・。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



未分類 | 18:02:02 | トラックバック(0) | コメント(0)