■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 申込み済
220 2017.05 申込み済
221以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

やどかり標準模試使います
4/29の花田塾チャリティセミナーでは、僕はPart5を担当することになりました。そこで、どんな題材が相応しいかと、あれこれ物色していたのですが、やどかり出版が発行している〝TOEIC®L&R TEST 標準模試〟を使わせていただくことに決めました。

≪これが最新刊の標準模試2です!≫
標準模試2

≪これが標準模試1です!≫
標準模試1

おそらく〝標準模試2〟と〝標準模試1〟から半分ずつくらいの出典になると思います。勿論、やどかり出版の代表であり、標準模試の執筆者でいらっしゃる神崎先生のご了解は事前に頂いてあります。

標準模試の名の通り、オーソドックスで現行TOEICの傾向をそのまま反映している素晴らしいテキストですから、是非、チャリティセミナーのテキストとして使用したい旨、お伝えしたところ、快くご承認くださいました。神崎先生、有難うございます!

このテキストは内容的に優れているということ以外にも、様々なメリットがあります。
・定評があるTOEIC講師のテキストである←TOEIC本はココ大事!
・全問音声付である←リーディングも音声があるのです!
・PCにダウンロードしなくても、スマホから直接音声が聴ける←超便利!
・スマホで答えをマークできる←abceedというアプリが使えます!
・日本語訳が分かり易い←神崎先生の日本語訳はピカイチです!
・解説が詳しい←公式問題集は解説が不親切だし、韓国模試に至ってはハングル語だ!
・安い(1,000円切っています)←お金は大事だよお~!
・軽い(持ってみたら分かります)←ホント軽い。腕の筋肉をつけたい人には不向きか?

やどかり出版からは、既に3冊が出版されていますが、新しい順から解いていくことをお勧めしています。何故かと言えば、先に出版されたものの方が難しいからです。なので、購入する順番は、つまり、解く順番は、

標準模試2⇒標準模試1⇒はじめての挑戦

ということになります。標準模試2は公開テストとほぼ同じ難易度、標準模試1は公開テストよりやや難しい難易度、はじめての挑戦は公開テストより結構難しい難易度です。難しいと言っても、公開テストの内容とかけ離れているわけではありません。そこはご安心ください。3冊とも僕が検証しました。

≪これが最初に出た模試です!≫
はじめての模試

そして、僕が今回のチャリティセミナーで神崎先生の〝やどかり模試〟(←これはRabbit命名)を選んだのには理由があります。最初は、韓国のYBMが出している模試を使おうかと思っていましたが、止めました。

著作権の問題もありますが、それ以上に、韓国模試だと復習がキツイなあと思ったからです。セミナーにいらっしゃる学習者のスコアレンジは幅広く、皆が800点以上の高スコア保持者とは限りません。いきなりワケの分からないハングルのテキストを見せられても困惑するだけだと思ったのです。

そして、やどかり模試であれば、後日、参加者がご自身の独力で復習ができると思ったからです。復習が難しい問題を見せてもらっても、後でストレスになるだけかなと・・・。

復習するは我にあり!←字が違うんじゃあ・・・。今回、僕が取り扱うパートはPart5ですが、Part5の問題を皆さんに解いてもらって、僕が説明して終わり、というイメージではなく、Part5の問題文と選択肢から何を学べるか、ということをお伝えしたいのです。

復習するためのポイント探しがメインテーマであり、つまり、目の付け所、勘所に気づく、ということに触れたいと思っています。ああ、そんなふうに、この英文からTOEICのエッセンスを抽出して学ぶのかあ。と、思っていただける講義を目指します!

それには、標準模試が一番相応しいと判断しました。セミナーではコピーを配布します。これは神崎先生から事前に了解を得ていますので大丈夫です。初中級者の方にお勧めするのは、標準模試を購入して、事前にPart5の問題だけでも解いておくということですかね。

勿論、懐に余裕があればです。緊縮財政の方は、当日のコピーで勿論OKです。ちなみに、当日、取り扱う問題は、時間の制約もありますので、10問程度と見積もっています。標準模試2から5問、標準模試1から5問、と考えています。お楽しみに!

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト
未分類 | 13:42:35 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad