fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

韓国の新公式RCその7
正解はしましたが、地味に難しい問題です。こういう派手さのない、一見地味な問題って、実は上級者でも結構落とすんですよね。ん?なんだ、これ?立ち止まって考えちゃうと、日本語に訳して考えるから間違えるんです。そのまま、自然な英文になるのはどれかって瞬間的に選ぶと大抵当たってる。

2017公式実践

For the past first years, Bolting Technology Ltd. has been a creative (      ) in the communications industry.
(A) motion
(B) fashion
(C) code
(D) force

僕は最初、瞬間的に (D) force を選びました。でも、何だか (A) motion も怪しいなと思って考え直し、一旦、(A) motion に修正しました。その後、やっぱりオカシイ・・・。 motion と Bolting Technology Ltd. はイコールの関係にならないと思って、最初の直感で選んだ (D) force に戻したんです。これが正解でした。

日本語で考えちゃうと、a creative motion in the communications industry で、通信事業で創造的な動きをした、みたいな感じで正解に見えてしまいます。でも、英語のまま考えれば、SVCの第3文型で補語が名詞ですから、括弧内の名詞とBolting Technology Ltd.がイコールの関係にならないと不自然なわけです。

選択肢の中で、唯一、人(あるいは人の固まり)や組織を表すことができるのは、force だけです。TOEICの模試本で、sales force とか、task force っていう言葉が出てきたことがあって、それを覚えていたから間違えずにすみました。creative force で、創造的な集団、つまり、創造力豊かな集団っていうことでしょう。

地味に難しい・・・。こういう一見易しい問題が990点と985点を分けるんですよね。僕も何度も985点で泣いているから経験として分かります。ナメずにきっちり復習しよう。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



韓流本レビュー | 17:12:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
韓国の新公式RCその6
TOEIC界の常識が覆された瞬間です。この手の問題は副詞が入る筈なのに、あきらかに形容詞が求められています。初めて見た!

2017公式実践

The price quoted by the movers is only an (      ) cost and is subject to change.
(A) approximately
(B) approximate
(C) approximating
(D) approximation

引越業者の見積価格は、おおよその費用であって、変更もあり得る、と言っています。それは分かります。しかし、この選択肢の並びでは、必ずと言っていい程、approximately が正解になるのが、TOEICテストの定説でした。それが崩されましたあっ!がああ~ん!←大袈裟じゃね?

そうです。正解は形容詞の(B) approximate です。見れば分かりますよね。冠詞のanがあって、後ろが名詞だから、ここの入る可能性があるのは3つです。一つは複合名詞を形成する名詞、もうひとつは普通に形容詞、最後が現在分詞or過去分詞です。

ですので、可能性としては、(C) approximating も (D) approximation もあり得ますが、意味的には、どう考えても (B) approximate です。

ETSさん、やってくれます。approximately は、品詞問題で出てくる限りでは不正解にならない筈だったのに・・・。

この問題は易しい部類の問題ですが、今後、トーイッカー達の間でまかり通っていた〝常識〟は通用しないぞ、というメッセージだと、僕は受け取りました。←だから大袈裟じゃね?

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


韓流本レビュー | 17:08:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
韓国の新公式RCその5
何だか腑に落ちない問題に出会いました。問題自体は至って簡単なんですが、何だか、すんなり納得できないというか、何というか・・・。次の問題です。

2017公式実践

Dr. Abraham Lowery raised his national visibility with his (     ) on last year’s Medical association panel.
(A) participated
(B) participate
(C) participation
(D) participatory

空欄の前が所有格のhis で、空欄の後ろが前置詞onだから、ここには名詞しか入りません。意味なんて考えなくても、これは瞬殺で (C) participation です。選択肢に名詞はひとつしかありませんからラッキーです。深く考える必要がありません。

ここでのvisibilityは、可視性とか視界ということではなく、awarenessと同義でしょうね。raised his national visibilityで、全国的に注目を集めた、という程度の意味でしょう。

それは関係ないのですが、僕が気になっているのが、前置詞のonです。ここは、participationとの相性を考えたら、onではなく、inではないでしょうか?ググっても、あんまりparticipation on は出てきません。それとも、panel にピッタリくっついている感じで on なのかなあ?

どなたか説明できますか?

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


韓流本レビュー | 16:59:14 | トラックバック(0) | コメント(0)