fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
アラ還(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

最新版千本ノック
中村澄子先生の最新版千本ノックを昨日、入手しました。新宿のブックファーストの話題の新刊コーナーに並べられていました。勿論、早速、購入です。

201712千本ノック

13年連続シリーズ出版、累計92万部突破の千本ノックシリーズの真骨頂は何だと思いますか?沢山ありますけど、概ね、以下の通りです。

① 公開テスト本番の既視感があること(つまり、オーセンティックであること)
② ちょっと長くて難しい構文になっていること(語数が多く、英文の骨組みがやや複雑)
③ ちょっと難しい語彙を散りばめていること(難易度が高いビジネス単語が入っている)
④ 解説が不親切なこと(分からなければ自分で納得いくまで調べろってことです)
⑤ 手のひらサイズ(特急シリーズ同様、携帯性が抜群)
⑥ 文字が大きい(フォントが大きく作られています、ホントです)

デジャブ感があることは重要ですよね。本番の公開テストの傾向と、かけ離れたものなら、誰も買いません。全ページに亘って、何だか見たことあるな、という感触が醸し出されています。いいですねえ。

そして、英文がすこしだけ難しいんですね。語彙の難易度を時折上げて、かつ、修飾テクニックを駆使して英文の構造をわざと複雑にしています。これはPart7を意識してのことですね。著者は仰っています。Part5の英文が読めなければ、Part7の長い英文は読めませんと。このテキストを何度も繰り返し、解くことで、その延長線上にあるPart7の攻略に繋がるという狙いがあるのです。

解説が不親切。いいじゃありませんか?ひとつくらい解説が少ないテキストがあったって。日本語の解説なんて、いくら読んでも英語力は上がりません。理解の手助けをするだけです。だったら自分で調べたほうが身に付きますよ。文法書も辞書も使わずに英語力を底上げしようなんて虫のいい話です。学問の真髄は探究する心にあるのです。

更に、携帯性抜群なのは素晴らしいですね。スラックスの後ろのポケットにも、ジャケットの内ポケットにもスッポリ入ります。千本ノックシリーズと特急シリーズは本当に学習者思いですよね。

最後ですが、文字が大きい。我々50代のローガンズには有難いことです。一日中、PCとにらめっこをしながら働いた後は、活字が見えないんです・・・。ですが、このテキストは字が大きい。Part5は大きくても、Part6になると、いきなり小さくなるテキストもありますが、このテキストに限って言えば、Part6も大きい。だから全問正解できました。本当です。

さて、皆さんは、何周くらいやりましたか?

えっ?千本ノック最新刊、まだ買ってない?そ、そんな・・・。

持っていない方はとりあえず買ってくださいな。864円で、これだけ質の高い情報を得られるなら決して高くはありません。明日の昼ご飯を抜いてでも買うべきです。

追伸:ちなみに僕は2問だけ間違えました。ちょっと油断したかな・・・。間違えたのは、Lesso1の22問目とLesson2の8問目です。よく考えれば間違えるような問題ではありませんが、雑に解くと間違えるんですよね。おそらく公開テストでも同じことをやってます・・・。

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



TOEIC国内本レビュー | 10:05:07 | トラックバック(0) | コメント(0)