fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

文法書は面白い
英語初級者の頃、英文法の本は苦痛でした。分からないことだらけで、全然先に進めないんですよね。テキストに使われている、易しい筈の単語も知らないから、いちいち立ち止まってしまう。

文法用語も分からないし、初心者向けではないテキストを使っていたから、説明も足りないし、どうにもこうにも、手に負えませんでした。

だから、分からないことを調べる辞書的に使っていました。この使い方は良かった。辞書だから全部読む必要はないし、必要な時だけ参照するだけでした。

そうこうするうちに、読んでいないページがいつの間にか少なくなっていることに気づきました。チャプターが30章くらいあって、25章くらいは何らかの形で読み終わっていたのです。

勿体ないから、その残りを読んで、1冊コンプリートしたわけです。調べることが好きな性格で、調べまくっているうちに、本当にいつの間にかです。最初から、あの分厚い英文法のテキストを読破しようなんて大それたことは思っていませんでした。

今は1ページ目から最後のページ迄、すんなり読める。これだけでも、成長を感じますよ。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



未分類 | 23:09:07 | トラックバック(0) | コメント(0)