fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
アラ還(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

TOEICに出る難単語
TOEICにはとんでもなく難しい単語は出題されませんが、そこそこ難しい単語は度々出題されます。英検1級レベル、もしくは、英検準1級レベルですね。

今日は僕が韓国模試などで稀に見かける難しめの形容詞を幾つかご紹介しましょう。どれも何回も目撃している単語です。1回こっきりじゃありません。

discerning
これは、動詞のdiscern(~を理解する、識別する)の派生語ですね。洞察力のある、とか、識別力がある、という意味で使われます。

lingering
これも、動詞のlinger(ぐずぐずする)の派生語です。あまり良い意味には使われなくて、延々と続く、という意味ですね。長ったらしい会議、みたいな使われ方をしますね。

compelling
これもまた、動詞のcompelの派生語です。ご存知の通り、compelは、人に何かを強いるという意味ですが、そこから一歩進んで、to make people have a particular feeling or attitude という意味が出てくるわけですね。compellingは、人を魅了する、人を惹きつけるという意味になります。

自慢ではありませんが、僕はTOEICの勉強しかしいていませんので、裏を返せば、僕が知っている単語は、全部、TOEICに出るということです。

TOEICに出る単語を纏めた〝Rabbit File〟の語彙は、3,000個を超えました。その内、難単語と言えるものは約1,000個です。Beyond 990の英単語、いつか、ご披露したいと思っています。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



未分類 | 15:28:53 | トラックバック(0) | コメント(0)