fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

860点奪取会開催しました!
昨日は、僕が主催している860点奪取会の3回目の勉強会でした。メインとなるイベントは、4人のメンバー代表のプレゼンです。

4人のメンバーのそれぞれの個性溢れるプレゼンは他の参加者を魅了しましたね。それぞれの生き方があるんだなあと思いました。

テーマは、英語学習を始めたきっかけやTOEICとの関わり方、日頃の勉強方法、今後の豊富など様々でしたが、発表者の人生を物語るような場面が随所にあり、素直に感動しました。

僕が強く感じたのは、それぞれのメンバーが内に秘めている純粋な想いでした。皆、ピュアなんですよ。決して大袈裟ではなく、この国はまだまだ捨てたもんじゃないなあと思いました。

TOEICを通して知り合えた友人達は僕の宝物です。人生を豊かにしてくれます。こんな素晴らしい仲間達に引き合わせてくれたTOEICに感謝です!

勉強会の後の懇親会にはHUMMERさんが駆けつけてくださり、更に更に盛り上がったのでした。またいつか同様のイベントを開催したいと思います!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト



未分類 | 23:21:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
英語の友のサイトに奪取シリーズ登場!
旺文社さんが運営しているリスニングアプリ『英語の友』に、TOEIC L&Rテスト 目標スコア奪取シリーズが大きく取り上げられています。以下のような目次構成になっています。実際に音声を聴くことができてサンプル問題を解くことができます。

目次
1 TOEIC L&Rテストのスコアとレベル
1.1 スコア
1.2 レベル

2 470点奪取のポイント
2.1 Part 1、Part 2を得点源に
2.2 文法問題を得点源に
2.3 読解問題は短い文書を攻略

3 600点奪取のポイント
3.1 音・連想のひっかけに注意
3.2 「先読み」をマスターする
3.3 読解問題の解くべき問題を見極める

4 730点奪取のポイント
4.1 ストレートではない応答をマスターする
4.2 意図問題を攻略する
4.3 文挿入問題を攻略する

5 860点奪取のポイント
5.1 最後の1語まで正確に聞き取る
5.2 速いナレーターのスピードに慣れる
5.3 最後まで解き切るタイムマネジメントを確立する

6 まとめ

さあ、以下のURLをクリックしてサイトに飛んで行ってください。
https://eigonotomo.com/toeic/toeic_lr_score

英語の友サイト

既に奪取シリーズをお持ちの方は、是非、お友達や同僚の方に教えてあげてくださいね。よろしくお願い致しますm(__)m。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 13:00:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
アドレナリンを出せっ!
昨日は東洋学園大学の「生涯学習講座」開校記念イベントに参加してきました。僕は、通常、平日の夜に開催されるセミナーの類には参加しないのですが、今回は、なんと言っても、講師があの大西泰斗先生でしたので、朝もはよからせっせと仕事を片づけて定時退社。急いで会場に向ったのであります。ちなみに題目は「英会話力を着実に伸ばすには」でした。

令和初の台風の影響か、雨がちらつく空模様の中、坂道を上り、会場に到着すると、18時の開始時間にはまだ20分くらいあるのにもかかわらず、既に多くの参加者が詰めかけておりました。スゲエな、大西先生の人気は・・・。200名のキャパがあっと言う間に埋まった。ふえええ~。

大西先生

さて、肝心の感想ですが、大西先生の講義スタイルはテレビやラジオでお馴染みの方が多いと思いますので、そこは省略いたしまして、僕が強く印象に残った点を2つだけお伝えしたいと思います。あくまでも僕の目線ですので、そこはご理解くださいませ。

1つ目は「夢」のお話。夢とは、自ら追いかけるものではなく、ある日、向こうからやってきて取り付かれるものなんだというお話でした。通常、夢とか目標とかいうと、自分の心のうちにある願望であることが多い。あんなふうになりたいとか、あんな格好いい自分になりたいとか、まあ、そういうことです。

ところが、大西先生の場合は若干ニュアンスが異なる。言語学と数学を専攻していた若かりし日に(今も若いけど)、数学は飛び抜けてできるけれど、その素晴らしい研究成果をきちんと伝える術がない同僚達を目の当たりにし、これではいかんと、お感じになったそうです。

そこからは1mmもぶれることなく現在の路線に一直線であります。配置の言葉である英語の中心的メカニズムを解明し、それを世の中に伝えていくことで、読むことはまあまあできる人達を、自分の思いを伝えられる人、すなわち喋れる人達に変身させたいと願うようになってということです。

これが大西先生の「夢」です。自分はこれをやるんだという思いに取り付かれたわけですね。僕の印象としては、それを夢というより、崇高な使命感に近いものかな? そして、大西先生の「夢」の実現のカギを握っているのが英文法なんですよね。ほうら、全てが繋がってるでしょ? 僕が言うのもなんですけど・・・。

さて、2つ目のインプレッシッブな点はですね、本稿のタイトルとさせていただきました「アドレナリンを出せっ!」です。もっとアドレナリンを出すんだよっ! 参加者の皆様、昨日の講義を覚えていますか? 大西先生は、例文の暗唱プラクティスの際に、もたもたしている我々に向って、こう檄を飛ばしたましたよね?

この程度の英文は2秒で覚えろ! これだったら7秒だ! のんびりしていると、あっという間にジジイになっちまうぞ! アドレナリンを出せっ! もっと出せ! もっとだ! アドレナリンをもっと出せっ! 声が小さい!

いやはや、大西先生ワールド全開でありました。90分という長い時間をあっと言う間と感じさせるド迫力と、それを後ろから支える情熱と使命感に打ち震えた夜でした。大西先生、有難うございました。今日は第一四半期の締めでありまして、早朝からアドレナリン出しまくっております。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 10:40:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
7/14の勉強会の案内メールを送りました
先程、7/14開催予定の勉強会の案内メールをお申込み者全員に送信させていただきました。お時間のある時にメールをチェックしてください(‘ω’)ノ。

僕からのメールが無事届いていましたら、『届いた』と返信メールをお願いします。お申込みの時点で、懇親会参加・不参加を書き込んでいらっしゃらなかった方が2名います。その方は、返信の際に、『懇親会に参加』『懇親会は不参加』のいずれかを記してくださいm(__)m。

しばらく待ってもメールが届かないという方は、送信エラーになっていると思われますので、お申込み時に記入していただいたメールアドレスとは違う、別のアドレスをこのブログ記事に書き込んでください。そちらのアドレスに送りなおします(^^♪。

あ、それからキャンセル待ちの2名の方、ご参加いただけるようになりましたので、僕からの案内メールが届いているはずです。ご確認くださいませ(‘◇’)ゞ

ご協力の程、よろしくお願いします。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 11:56:54 | トラックバック(0) | コメント(1)
ご連絡お待ちください
7/14の勉強会にお申し込みいただいた方から、返信メールが届かないというご連絡をいただいておりますが、その理由は明らかです。

まだ誰にも返信しておりません。申込み受付を開始した月曜日の夜から今まで北関東から大阪に出張で、まだ帰宅途上です。スマホでやれないこともありませんが間違いがあってはならないので明日以降にと考えております。

お待ちいただいている皆様には大変申し訳ありません。私はTOEICで生計を立てているプロではなく、普通のサラリーマンですので、しばしお時間ください。本業でいろいろやらねばならないことがあるのです(^^;。

明日なるべく早くご連絡できるよう頑張ります!ご理解の程よろしくお願いいたしますm(__)m。決して手を抜いているわけではございませんm(__)m。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 22:37:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
キャンセル待ち受け付けます
昨日、7/14の勉強会の申込み受付を開始したのですが、思っていたより早く定員が埋まってしまいました。

結果、間に合わなかった方が2名いらしたので、その方達はキャンセル待ちのリストに入れさせていただきます。

僕は通常、キャンセル待ちは受け付けていませんが、今回は特別に受付けます。席が少なくて申し訳ありませんm(__)m。

大きなスペースを予約しておいて、例えば5人しか集まらなかった場合には、思いっきり赤字になりますので、主催者としてはコンサバにみるしかないのです。

僕は英語講師ではなく素人ですし、参加費も千円という低価格に抑えていますので、その点は何卒ご理解くださいませm(__)m。

キャンセル待ちは既にお申し込みいただいている2名様を対象に考えておりますので、今からお申し込みいただいてもキャンセル待ちのリストに加わるわけではございませんm(__)m。

今、本当にフルフルに埋まっていて、僕が座る席もない状況です。ごめんなさいm(__)m。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 20:20:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
締め切りました!⇒7/14(日)にTOEIC勉強会を開催します
20:55 定員の15名に達しましたので締め切りとさせていただきますm(__)m。

以前にブログやSNSでこっそり囁いてはいましたが、ようやく勉強会開催が決定しましたので、正式にアナウンスさせていただきます。公開テスト直前に募集すると、落ち着かないだろうと思いましたので、このタイミングで募集することとしました。

久しぶりに模試会をやります。素材は、先週出たばかりの〝公式問題集5〟を使います。テストが2つ入っていますが、使用するのはTest1です。L&Rの200問を2時間通しで解くつもりでしたが、予約した施設のWi-Fiの環境があまり芳しくないようですので、R100問だけになるかもしれません。事前に会場に入ってのチェックができないため、事情ご理解ください。

ちなみに、仮にLもできる環境になったとしても、Lの解説やディスカッションはしません。使用するテキストには、日本語の解説と訳文がついていますので、比較的英文が易しいLの解説は不要であろうと考えているからです。Lはできても解くだけです。

その分、英文が難しいRをトコトン突き詰めようと思っています。時間の許す限り、徹底的に公式本を骨の髄までしゃぶりつくしましょう! 公式本を使ったセミナーでこれ以上詳しいものはないというくらいの意気込みでやるつもりです。

参加資格は3つあります。
① 当日、公式問題集5を持ってくることができる方。会場での販売はしません。
② 当日、L&R200問になるか、R100問だけになるかは当日の環境次第です。それを許容できる方。
※問題は事前に解いていても結構ですし、その場で初めて解くということでも結構です。
③ 現役のTOEIC受験生であること。昔、TOEICやっていて今はやってないけど懐かしいから参加したい、はNGです。     

【日時】 2019年7月14日(日) 12:00-17:00
【場所】 日比谷or有楽町or新橋の何処かです(詳細は参加決定者のみにご案内します)
【内容】 公式問題集5のうちTest1のLR200問、ないしR100問のみ
【会費】 勉強会1,000円/懇親会(任意参加)4,000円程度
【募集】 最大15名
実は全体で30名ですが、僕が主催している『860点奪取会』のメンバー枠を15枠とりますので、一般募集は15名となります。合計で最大30名です。

参加を希望される方は、以下のテンプレートを活用して、このブログ記事に隠しコメンントを書き込んでください。必須事項は漏れのないようにお願いします。お申込みいただき、僕からの返信メールが届いたらエントリー完了です。

【お名前】必須:本名でお願いします。
【メールアドレス】必須:記入間違いにご注意ください。
【過去最高点】任意
【目指しているスコア】任意
【懇親会】必須:参加・不参加の別を必ずご記入ください。

以上です。900点突破、990点奪取を数多く輩出した、あの〝伝説の解きまくる会〟が1日限定で復活します! ご希望の方はお早目に! 15名に達した時点で受付終了とさせていただきます。

では、申し込み受付開始します!

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 20:00:00 | トラックバック(0) | コメント(18)
第241回TOEIC L&R公開テスト感想
僕は久しぶりに東京経済大学で受験してきました。最近法政大学で受験することが多かったので本当に久しぶりに国分寺駅で下車しましたね。何だか懐かしい気がします。

Partごとの感想は以下の通りです。僕が受験したフォームは、Part1の写真で、男性がトレイをラックに入れているフォームでした。

Part1:普通(ボーっとしていて1問、間違えた!)
Part2:難(新ナレーターの声が聴きにくいわ!)
Part3:普通(グラフィック問題と意図問題が易しかったかな)
Part4:普通(高速スピードのセットがありませんでした)
Part5:普通(難しい語彙問題がゼロでした)
Part6:普通(トリッキーな問題が幾つかありました)
Part7SP:やや難(Articleが多かったかな)
Part7MP:やや難(終始時間井追われておりました)

リスニングセクションでボーっとしていたら、Part1の6枚目の写真の音声を聴き落としてしまい、適当に(C)にマークしたのですが、正解ではなかったようです。Part1で間違えたのは何年前だろう? 記憶にありません。トホホホ・・・。

Part2は相変わらずワケわかんない問題が多かったですね。後ろの席からずっと咳が聴こえてきたのもストレスでした。少し離れた場所にいた僕が気になったくらいですから、隣の人は大変だったろうなあ・・・。 お気の毒様です。

そして、事件はPart3で起こった! ま、事件といっても自分がアホなだけなんですが・・・。Part3の3セット9問を塗りつぶした時点で異変に気付く! な、なんと、32~40番が塗られていない! よく見たら、101~109番に塗っていたんです・・・。

慌てて101~109番を消しにかかって、あ! 消しちゃったら、32~40番が全滅だと気づき、101~109番の解答を32~40番に書き写しました。それから101~109番の解答を消し終えたところで、すでに41~43番のセットが読み上げられていて、そのセットの1問目と2問目をおそらく落としました。3問目は間に合いましたけど・・・。

こんなことは初めてです。余ほど、ボーっとしていたに違いありません。別に体調が悪かったわけでもなく、ただ単にボーっとしていました。しくしく・・・。その後Part4では立ち直り、30問全て正解したと思いますが、Part3は波に乗れずメタメタでした。

リスニングで満点逃した感が満載で、リーディングは気落ちした状態で突入。ヤケになって解いたら、Pat5は6分で終わり、Part6も7分で終わりました。Part5は1問だけ名詞の語彙問題で悩みましたが、其れ以外は平易な問題ばかりでした。Part6は時制問題で悩ましいのが1問、名詞を選ぶ問題で、名詞の直後の動詞が省略されている英文があって難易度が高かったと思います。

急いで解いたら疲れたので、Part7に入る前に1分ほど休憩しました。しかし、この日の調子ではPart7は戦える相手ではありませんでした。SPもMPも難しかった。同義語問題も難しかったなあ。リーディングセクションは、ここ1年では一番難しかったのではないでしょうか? それとも僕が絶不調だったのか?

ともかく全くできませんでした。今回は950点獲れていれば御の字、最悪920点くらいまで落ちるかもしれません。いや、もっと悪いかも・・・。Part3で犯した豪快なマークミスでリズムを崩され、最後まで立ち直ることができませんでした。未熟者です。次回、頑張ります!

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


公開&IPテスト | 14:09:56 | トラックバック(0) | コメント(1)
Amazonレビュー一番乗り!
先週から発売されている公式問題集5を解いてみたところで、Amazonのレビューを書いてみました。反映されるまでに2~3日はかかると思いますが、以下のようなレビューです。ポイントは、リーディングセクションにも音声ダウンロードの特典がついた! ということです。皆さんは、試してみましたか?

公式5

≪ここからレビューです≫
TOEIC受験者のバイブル

本書は勿論のこと、Educational Testing Serviceが出版している〝公式問題集〟シリーズは、全てTOEIC®L&Rテスト受験者のバイブルです。最短距離で目標スコアを獲得したいなら使わない手はありません。TOEIC®L&Rテストは、自身の英語力をチェックするために時折、活用しているという学習者にとっては、この限りではありません。

さて、本書は、その内容は折り紙付きです。本家本元が作成している問題集ですから、間違いなく本物ですし、何よりもリスクングセクションのナレーターが、TOEIC®L&R公開テストのナレーターと同じという点が他のTOEIC本を凌駕しています。他の出版社は真似できません。

本書を使ってテストに出る英文や出題形式に慣れるということは当然、大切ですが、〝本番と同じ声に慣れておく〟ということはもっと大切です。日本人同士の会話であっても、知っている人の声は、何度も聴いていて声色や癖を知っていますから、聴きやすい筈です。ノンネイティブの我々にとっては、英語の場合、その傾向はより顕著になります。

音声に関連して、ここで一つ重要なチップをお伝えしたいと思います。本書はこれまでの〝公式シリーズ〟とどこが違うのか? それは付属音声がカバーしている範囲です。これまでの問題集では、音声はリスニングセクションだけでしたが、本書ではリーディングセクションの音声も特典としてダウンロードできるようになっています。

リーディングセクションの英文を覚えてしまうくらい読み込んだ後は、スマートフォンなどのツールを使って、気軽にリーディングセクションの音声を楽しみましょう。ネイティブナレーターの音読のリズムや強弱など、様々な気づきが得られます。

本書の使用方法として推奨するのは、収録されている2回分の模擬テストを本番さながらに解き、テストの内容や時間配分も体感する。一度解いて終わりではなく、何度も繰り返し解く、その後も収録されている英文を全てスラスラと読むことができ、ストレスなく聴くことができるレベルを目指す、ということかなと思います。

最後に、内容が進化した分の代償としてなのでしょうか、値段がこれまでの3,024円から3,240円に7%ほど上がりましたが、使勝手の良さが向上していますので、このくらいは許容範囲内かなと思います。以上、ご購入を検討されている方の参考になれば幸いです。
≪レビューここまで≫

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 12:38:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
第241回TOEIC L&R公開テスト当日
さあ、公開テスト当日となりましたね。泣いても笑っても数時間後にはテストが始まってしまいます。いつも当日は、OJiM監督こと、八島晶さんのブログで持ち物チェックをしているのですが、僕も自分で作ってみました。結構、多いな・・・。

<Rabbitの忘れ物チェックリスト>
□ 受験票(当然、写真は貼付済、署名済です)
□ 受験票のコピー(万が一の紛失に備えて)
□ 本人確認書(運転免許証+パスポート)←この2つは別々のところに入れてます
□ 本人確認書のコピー(念には念を入れて)
□ 予備の写真(受験票貼付用)←過去に1回だけNGくらったことがあるので
□ 腕時計2個(一つはデジタル、もう1つはアナログ)←過去に1回だ腕時計が突然止まった
□ メガメ(老眼鏡、ハズキルーペではない)
□ メガネ拭き←汚れていると集中できない
□ 筆記用具(1.3mmシャーペン2本、0.9mmシャーペン2本、消しゴム2個)
□ ハンカチ
□ ポケットティッシュ
□ 目薬(花粉症用のやつ)
□ マスク(変装用ではない)
□ 電子辞書←テスト直後に気になった単語を調べてる
□ スマートフォン
□ スマートフォンの充電器
□ MP3プレーヤー
□ イヤフォン
□ 現金(いざという時のタクシー代)
□ クレジットカード
□ 定期券(PASMOで常に10,000円以上チャージしてある)
□ 折り畳みの傘
□ 扇子(100均で買ったやつ)
□ お守り(熱田神宮のやつと、金フレ&金セン)
□ HUMMERさんに頂いたバッジ
□ のど飴
□ 860点奪取の方法←わざとらしく受験教室の自分の机の上に置くため

以上です。受験票とパスポート以外は、受験日でなくとも、いつもカバンの中に入ってます。昔は、TOEICの模試本とか、テキスト類も持っていましたが、今は重たいので入れてません。

皆さんは、どんなものを持ち歩いていますか? 

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 07:21:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
公開テスト前日ですよ
今朝は3時に目が覚めてしまいました。完全にオッサン化しております。日の出前にニワトリより先に起きるという・・・。公式5をやろうと思っていたので丁度よい感じですわ、ハハハッ!←開き直ってます。 

しかし、あれですね、公開テストの前日に、出たばかりの公式問題集を初見で解くなんて、いつ以来? というか、あんまり記憶にないから初めてかもしれませんね。ある意味、スバラシー!

公式5

と、ここまで朝、書いたのですが、その後、実家にてアクシデントがあり、今、帰宅…。結局、マークシート用紙を印刷しただけで何もできませんでした。

明日の朝、早く起きて、Test1だけやろうかと思います。なかなか予定通りにいきませんね。まあ、一人で生きてるわけじゃないから仕方ありません。

睡眠不足はテストの出来に影響するので、今日のところは諦めてもう寝ます。皆さんも早く寝てくださいね。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:36:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
公式ファイブを買いに行く
昨日の夜、職場近くのブックファーストに新しい〝公式問題集5〟を買いに行ったのですが、まだ展示されていなくて諦めて帰ってきました。まあ、どうせ昨日はできなかったと思うから全く問題はありません。

そして今日、日高屋さんでダブル餃子定食のランチをとり、その足でいそいそとブックファーストに向かったわけですが、あれ? まだ展示されていない。不思議に思ってTOEICのコーナーを巡っておりましたら、例のボキャ本は並べられていました。思いっきりTOEIC初心者向けのボキャブラリー本ですけど、例文が良いですね。さっすが、本家本元でごわす。←西郷どんなの?

≪この子ですよ、この子! きゃわゆい!≫
公式ボキャブラリー

※正式名称は「TOEIC Listening & Reading 公式ボキャブラリーブック」です。

で、しばらく、ボキャ本を眺めながら、ハッ! そうだ、コレじゃない! と、本来の目的を思い出し、再び公式5を探し始めました。やっぱり、ない・・・。諦めかけたけど、TOEICのコーナーから外れて、英検のコーナーに向かおうとしたその時、TOEICコーナーと英検コーナーの角にワゴンが置いてあって、その中に15冊くらい積んでありました! あった、あった! バンザーイ!

でもよく考えたら、まだワゴンに入ったままの書籍をレジに持っていくのはルール違反だろうなあと考え、手に取った公式5を元の場所に戻しました。その後、お店のお姉さんが偶然、通りかかるのを10分くらい待っていたのですが、世の中、そう期待通りにはいかないもので、誰も通りかかりませんでした。

あっ、もう昼休が終る時間になってしまった・・・。というわけでございまして、後ろ髪引かれる思いで新宿ブックファーストを後にしたのでした。くそお~、そこに見えてるのになあ・・・。仕方ない、退社後にまた来るか・・・。流石にその時間には並んでるでしょうね???

≪おいっ、おまえは一体いつ並ぶんだ?!≫
公式5

買ったら、明日は休日なので、朝4時に起きて、とりあえずTest1をやろうかなっと。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 12:46:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
公式TOEIC Listening & Reading 問題集5
標題の問題集は明日出版予定になっていますが、一部の書店さんでは既に店頭に並んでいるようですね。TOEICの学習仲間がSNSで教えてくれました。ワクワクしている人も多いでしょう。我々トーイッカーにしてみれば、新しいドラクエが出た時と同じくらいのインパクトがあります。←大袈裟かっ!

《コレです、コレ!》
公式5

しかし、入手したとしても、手を付けるべきかどうか微妙な時期ではありますね。公開テストまであと3日という、このタイミングで新しい問題集に取り掛かるのは長短あります。やるべきか、やらぬべきか、それが問題なのであります。

もう900点を取得しているような実力者であれば、公開テスト本番に合わせて解いてみるのは良いことだと思います。ただし、あんまり深追いしないように、あくまでも本番の調子合せに留めて、復習は先送りしたほうがいいのではないでしょうか?

一方、初中心者ですと、自信をなくしたり、調子を落としたりするのが怖いですよね。新しい問題集に飛びつくよりも、今まで一生懸命使ってきた問題集の復習を心掛けたほうが良い結果が得られそうな気がします。

まあ、そうは言っても、この新しい問題集の2セット400問から、今度の日曜日の公開テストに似通った問題が出る可能性はなくはありません。でも、そんなの大勢に影響ないでしょ? 手に馴染んだ問題集を繰り返したほうがいいですよ。

え? 僕ですか? 僕はやりますよ、この2セット。←やるんだ???

日曜日に公開テストを受けてみて、この問題集からどのくらいヒットしているかを検証したいんですよね。勿論、受験するフォームによってもバラつきはあるでしょうけど、TOEICマニアとしては興味深いですよねえ。楽しみです。あなたはどうしますか?

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 17:04:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
著者メッセージが載りました
Amazonのサイトに著者メッセージが載りました! 以下のURLをクリックして下にスクロールしていってくださいませ。僕からのメッセージが掲載されています。

https://www.amazon.co.jp/dp/401094885X/ref=emc_b_5_t

メッセージは僕がいつも口癖のように声に出していることです。TOEICは夢の架け橋! 夢を叶える〝きっかけ〟になる素晴らしいテストなんです! 夢の実現を目指して一緒に頑張りましょう! という思いです。

著者メッセージ

良かったら見に行ってくださいね(^^)。

ではまた明日。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:19:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
英文の資料作成
今日は朝から今までの時間、ずっと英文の報告書を書いていて、一日が終ってしまいました。TOEICで鍛えられているので、英文の報告書くらい何とかなりますが、数十ページに及ぶ文書となると、流石に一筋縄にはいきません。

形に残るし、外に出ていってしまいますからエラーには気を付けないといけませんからね。朝8時から取り掛かって10時間かかりました。明日にはお客様に送らないと間に合わないので、明日の朝までにセルフチェックを済ませます。もう、誰かに見てもらっている時間的余裕はありません。

TOEICをやっていることがバレて英訳をやることになり、その実績を積み重ねることで、更に英訳業務が回ってくることになり、悪い流れです。何度も言ってますが、僕はTOEICで培った力を本業に活用したいなんて、1mmも考えていませんからね。

TOEICは趣味です、趣味!

でも周りはそれを許してくれない。困ったもんです。明日は朝8時半から夜6時半まで、お客さんの本社事務所で英語を使ったプレゼン会議です。会議終了後、ディナーまでお付き合いすることになっています。だから、もう、外国人相手の会議に出席するためにTOEICをやってるわけじゃないんだけどな。

ああー、もうっ、TOEICは単なる趣味だって、何度言ったら分かってもらえるんだ?!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 18:52:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
必要な時に必要な人と出逢う不思議
まだ10代や20代の若い世代にはピンとこないかもしれませんが、半世紀近く生きてみると、不思議な経験をするものです。その時は何も不思議に感じないのですが、振り返ってみると、あれえ? 何でだろう? と思うのです。

それは、多くの場合、人との出逢いです。あの時、その人と出逢っていなければ今の自分はなかったと思えるような人が、誰しも一人や二人はいるものです。その時は何も不思議に思わないのですが、そんな偶然が続くと、立ち止まって考えるようになります。

おかしい・・・。タイミングが良すぎる・・・。何故かしら、困っている時に自分を助けてくれる人が、自分の望みを叶えてくれそうな人が何処からともなく現れる。これは一体どうしたことだろう?

それはその人が生まれてきた理由と、

今生に生まれる前に自分が計画したこと、

に関係していることが多い。

残念ながら、嫌な人ともたくさん出逢いますよね。ああ、あいつさえいなければ、自分の人生はもっと楽しくて充実したものになるのに・・・。あいつさえいなければ・・・。

しかし、実はその嫌な人もあなたが呼び込んでいる場合が多い。自らの成長を促すためにです。そうです、あの嫌なやつも、あなたの人生にとって必要な人だからです。往々にして、自身を成長させてくれるのは、自分に優しくて好意的な人ではなく、自分に厳しく悪意さえ感じられる輩です。

考えてみてください。映画でもTVドラマでも小説でも、登場人物が全員良い人ばかりだったら、ストーリーが成立しないでしょ?

ポイントとなるのは気づきであり、気づきを与える役割なんだと思う。このように考えると、人生には無駄な出逢いはないし、無駄な出来事もないということになります。最近ではそう考えるのが自然だと思うようになりました。

世の中で起こっている不幸な出来事の多くは、気づきの機会を見失ったことに起因すると思う。そこで枝分かれして、最悪な別の道へ進んでしまったのではないでしょうか? 気づきの機会、つまり、成長の好機を見落としてしまった結果なのでしょうね。

アンテナを高く張って、気づきの機会を見失わないようにしたいですね。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:04:27 | トラックバック(0) | コメント(4)
完全休養としました
昨日の夜から何だか体調がすぐれなくて、今日は生産的なことは何もしない完全休養の日と決め込みました。年に何回か、こんな日があります。約2年前、頭の病気で倒れてからかな。無理はしないようになりました。

そもそも、夜、眠りにつく前、翌朝も必ず目が覚めるとは思っていません。もしかしたら目が覚めないかもしれないと思って眠るんですよね。これ、本当の話。

そして、朝、目が覚めると、ああ、まだ生きていたんだなと思う。大抵、貨物列車が通りすぎる音で目が覚めますね。始発電車が動き始めるのはまだずっと先です。

目が覚めてからその次は、右手、右腕、右脚の順番に動かしてみる。緊張の瞬間。何も問題なかったら、今後は、左手、左腕、左脚の順番に動かしてみる。どうやら両方とも動くみたいだ。

それで初めて、たぶん今日も昨日と同じように生きられるんだろうなと思うわけです。だけど、やっぱり少し不安を残しながら、水を飲みにキッチンに向かう。ゆっくり立ち上がって。

冷蔵庫に歩み寄り扉を空ける。ペットボトルを取り出すことはできるけど、果たして捻る力があるのか分からない。ペットボトルを軽く開けられるのは健常者だけですからね。蓋を捻って水を飲むとほっとする。

実は、これが僕の日課。

このルーティンの感覚は一度、死にかけたことがある人じゃないと、絶対分からないと思う。

僕のブログやSNSを見ている人は、僕のこと、ずいぶん能天気な人だと思ってるかもしれないけど、そうでもありません。

いつも今日が最後の一日になるかもしれないと思って覚悟を決めて生きてる。だから、好きなことやってるんですよ。

そう、悔いを残さないように。

それで本当に死んでしまったら仕方ないでしょ?人間いつ死ぬか、誰も分からないですからねえ。だけど、そんな僕でも実は、最高齢でのTOEIC満点獲得を狙ってる(笑)。

90歳でTOEIC満点ってカッコいいでしょ?何だかいけそうな気もするんですよね。根拠はないけど(笑)。

だから今日みたいな体調が良くない日は無理しないようにしています。幸い、丸一日ゆっくりしてたら凄く元気になったので、明日からまた飛ばしますよ!

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:45:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
いつもより早いテスト結果
テスト結果の公表は、てっきり月曜日だと思っていましたので、何だか変な感じです。いつもは会社のデスクトップで確認しますが、今回は珍しくスマホで見ました。

201605テスト結果

リーディングが厳しかったですね。自己採点では3問ミスだったのですが、その3問がそのまま減点されたような気がします。495点-3問×5点=480点かな?

おそらくですが、僕が受けたフォームは全問正解のみが満点だったと予想します。確かに難易度は高くなかったように思いますが、それにしても厳しいですねえ。990は無理としても、985は出ても不思議じゃないんですけど。

最近は990点が更に難しくなってきている印象です。ひとつでも凡ミスをしたら獲れないですね。SNSを見ても、990点に一歩届かなかった人が多いみたいです。

まあ、過ぎたことは仕方ないので、今月、頑張ります!

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:41:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
受験票きましたね
そう言えば、受験票が届いていました。最近は法政大学に振り分けられることが多いので、今回も法政大学だろうと思って裏面を見たら、東京経済大学でした。

久しぶりだなあ、ホームグラウンドでの受験は。久しぶりならホームグラウンドとは言えないんじゃないの?とは思いますけど、何だかねえ。

ともあれ、受験会場くらい気にすることはないんじゃないの?と思う人は、TOEIC素人ですよ。大きいのです。受験会場と自分との相性は。

遊びで受けてるわけじゃありませんからね。目標や目的があって受けてるわけだから、万全の体制で受けたいと思うのは当然です。

とりわけ、初めてに会場は気になるものです。最寄り駅からの実際の距離は?近くに食事をする場所は?コンビニは?

会場の机やイスはどんな感じ?トイレは?音声の状況は?これらはスコアに直接・間接的に影響することがあります。

たかが会場、されど会場なんであります。

そんなことより、今日は思いがけずに、あの日だったみたいですね?てっきり月曜日かと思っていましたよ。僕は会社のデスクのPCで確認するのが自分ルールなので困りました。今日は休日出勤の代理休暇です。いやはや。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 21:29:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
Yahoo!BBが・・・
Yahoo!BBのサービスがあまりにも高いので止めました。特に気にもしていなかったのですが、クレジットカードの請求書を見たら、月々8,800円になっていて、なんじゃこりゃあ!と驚愕した次第です。

今時、8,800円って高いですよね。確か、大昔にインターネットを家でもやろうと思って加入したのですが、すっかり忘れていました。久しぶりに通帳記帳をしてみたら、何やら、JCBから毎月8,800円も引き落とされていて、取引明細を確認したところ、Yahoo!BBでした。月々8,800円ということは、年換算で10万円を超えています。

ネット環境も、今、住んでいるマンションではWi-Fiが設置されていますので、モデムなんて要らないし、速攻で解約しました。年間で10万円浮いたお金はTOEICに投資することにします。

もっと早くに気づくべきでした。身の回りのことをゼロベースで見直すことは大切ですね。今回のことは、他にも無駄がないか考える機会になりました。いろいろと棚卸をしてみようっと。

まあ、Yahooが悪いわけじゃないけど、旧態依然としたものっていうのは、時折見直す必要がありそうですね。時代はどんどん便利になっているわけだし、それに伴って廃れていくものも当然生まれます。サービスを提供する企業がそれを知らせてくれないなら、利用者が気付くしかありません。

毎年、新品のノートパソコン1台、無駄にしてました。

TOEICに投資するのもいいけど、身体にもそろそろガタがきていることだし、医療保険でも追加で加入するのもいいかもね。

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 12:42:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
TOEIC対策本と公式問題集
よく質問されるのが、TOEICの対策本と公式問題集ではどちらを勉強すべきですか? ということです。簡単に言ってしまえば、両方です。

公式問題集は本番のテストと同じですから、手をつけないということはあり得ません。しかし、本物ではありますが、勉強の仕方までは書かれていないんですね。言ってみれば不親切なテキストなんです。しかし、市場で手に入る唯一の本物だから、やらねばなりません。

公式5

そこで手助けとなるのが、旺文社の奪取シリーズとか、朝日新聞出版の特急シリーズのような対策本です。これらのテキストは、TOEIC初中級者が気付かないポイントや盲点を教えてくれますし、英語の実力をつけるためのトレーニング方法まで記載してくれています。

これを使わないのも勿体ないではありませんか? 公式問題集だけ使って、ひとりで勉強しているより、確実に早く目標レベルに達すると思います。だから、併用がベターです。

TOEIC対策本or公式問題集ではなく、TOEIC対策本and公式問題集です。両者は役割が異なるのです。既に相当高いレベルの英語力を備えている受験者は、公式問題集だけで学習できるとはおもいますが、それとて、遠回りになることが多くなります。

公式問題集はテスト2セット分です。TOEIC対策本は、例えば僕の場合を言うと、200回以上の公開テストとIPテストを受験した知見と経験を詰め込んだものです。他人の経験を上手く利用してしまえばいいんです。

860点奪取

と、僕はそう考えています。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 12:51:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
たぶん勉強会やります
まだ本決まりではありませんが、7月の2連休の中日の7月14日(日)の12:00-17:00に勉強会を開催する予定です。場所はおそらく日比谷、有楽町、新橋界隈になる見込みです。

何をやるか具体的にはこれから考えます。模試会もいいかなあ。他の模試会で使っているテキストとはかぶらないようにしないといけませんが、あの伝説の〝解きまくる会〟の一日限りの復活とかね。

特定のPartに絞ってのインテンシブトレーニングも面白いですね。今回は5時間も部屋を確保しますので、いつもの4時間より、だいぶ余裕があります。

じっくり練って楽しくて実りある勉強会にしたいと思います。この勉強会は、僕が組織している『860点奪取会』の拡大版なので、奪取会の会員以外の方の一般募集は10名程度の予定です。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 23:45:30 | トラックバック(0) | コメント(2)
面白い勉強会を考えてみる
こんなTOEIC勉強会があったら面白いかなと思う企画を考えています。リスニングセクションからはPart2を題材に、リーディングセクションからはPart5を題材に、こんなのはどうでしょう?

Part2の問題文に対して、正解になり得る応答文を考えられるだけ考える。

あるいは、

Part2の選択肢(A)(B)(C)から、ありそうな問題文を推測する。

これは鍛えられそうです。

また、

Part5では、選択肢なしの状態で空所を埋める。つまり正解は一つとは限りません。補充する単語によって意味が変わっても構わないという前提なら沢山ありますね。日頃、コツコツ学んでいる語彙や文法の力をいかにアウトプットできるかにかかっています。

もっと上級編としては、Part3とPat4では一切先読みをせずに、音声だけきっちり聴いて、その後で問題に答える。Part7では、設問と選択肢を隠した状態で本文だけを全部読み、解答の段階では逆に本文を見てはいけない。記憶だけで答える。これは難しいですよ。

こんなゲーム感覚で学べる勉強会があってもいいかなと思っています。個人では難しくてもチーム戦にすれば面白いかもしれませんね。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:07:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
思いがけないことで
昨日、何の気はなしに、TOEICの単語本の出版を目指して準備しているということをブログに書きました。

何のことはない、ただの現況報告のつもりだったのですが、思いの外、皆様から大きな反応があって驚いています。

まだ書いている途中だし、僕以外の人は、その出来上がりの姿を知らない筈なのに、ブログのアクセス数は一桁多くなり、Twitterのアクセス数も凄いことになっていました。

僕の勝手な希望で進めている企画だし、あまりニーズはないかもしれないと思っていましたので、本当に驚きました。

やはり、TOEIC人気は衰えていませんし、超上級の語彙に対するニーズは強いのかもしれませんね。

それなら、ますます気合いを入れて書かないといけませんね。とはいえ、今日も朝から今まで書き続けて、書けた単語は30個です。

10冊の辞書、文法書7冊、50冊以上の韓国模試、秘密の記録帳などをこまめにチェックし、加えて、ネット情報をノートパソコンとスマホで検索しながら、悪戦苦闘しています。

語彙本は奥が深い。一切ごまかしは効きません。頼るべきものは自分の記憶と記録しかなく、それを裏付ける証拠を集めていく、気の遠くなるような作業です。

でも、楽しみながらやっています。7/6にブログ開設7周年を迎えるので、その辺りをドラフト完成のゴールに置いて頑張っていきたいと思います。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 21:13:12 | トラックバック(0) | コメント(2)
TOEIC単語本執筆!
2007年から、かれこれ12年以上も受験を継続しているTOEICテストですが、公開テストとIPテストを合わせると、なんと200回を超えました。これは物凄い数字です。

そして、そんな経験を余すところなく活かして、現在、取り組んでいるのが、TOEIC L&Rテストに特化した単語本です。単語のセレクトは終わりまして、おおよそ1,200個あります。これを1,000個まで絞り込む予定です。

コンセプトは、TOEICの超上級単語、難単語を極める! です。

もう既存の単語本での基礎単語の習得を一通り終えた学習者を想定して書いています。なので、見出し語はほぼ全てがレベルの高い単語ということになります。なかなか良い顔ぶれが揃っています。

3,000語以上ある『Rabbit File』から基本的な易しい単語をそぎ落とし、難しいけれど、実際にテストに出る単語だけ残しました。

難しい単語を覚えるのは大変そうですが、そうでもありません。何故なら多義語が少ないからです。日英対訳で1対1で覚えれば使える単語が多いので、覚える手間はかかりません。見慣れていない分だけ、馴染むのに少し時間が要るかもしれませんけど。

これらの難単語を覚えると、読解が楽になりますし、読解スピードも確実に上がっていきます。私達は、知らない単語に出会ったとき、無意識に前後の文脈からその単語の意味を推測しながら読み進めるわけですが、これが読解スピードを落とします。推測に時間がかかるからです。

その単語を知っていさえすれば、推測は不要です。だから纏めて覚えてしまえばいい。新たに記憶すべき単語はおよそ1,000個です。それは僕が用意します。

語彙力増強で読解スピードアップ! が、このテキストのテーマです。

覚えやすいように、TOEICに出てくるフレーズを作っています。無駄がないようにTOEIC頻出フレーズで固めていますし、記憶のトリガーとなるような仕掛けを施しています。まだ詳しくは言えませんけど。

RabbitのTOEIC受験の集大成となるテキストです。12年かけました。ちょうど干支が一回りする年数ですね。上級者が更なる高みを目指す1冊になるでしょう。一切手抜きせずに、全力で仕上げます!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 12:25:01 | トラックバック(0) | コメント(1)
NOT問題は難しいのか?
最近の公開テストではNOT問題が1問も出ないことがあったりして驚かされますが、それではNOT問題がなければ易しいかといえば、そんなことありません。

初中級者のレベルでは、NOT問題が沢山あると、本文は飛ばし読みすることなく全部読んで、4つの選択肢と本文をいちいち照合しなくてはならないから時間が足りなくなると言われることがあります。

でも、上級者は、NOT問題があてってもなくても、あまり関係ないと思いますよ。だって本文は隅から隅まで全部読んでいるから。Part7を全問正解しようと思ったら、全く読んでいないノータッチエリアを作らないことが鉄則なんですね。

ああ、そういえば、あそこの辺りは読んでなかったあ! なんてのは、あり得ない。結局、全部読むわけですから、NOTがあろうとなかろうと関係ないのであります。読む分量は変わらない。

ここで僕の結論です。NOT問題があってもなくてもテストの難易度は変わりません。

NOT問題が少なくなったり、あるいは全くなかったりすることは、テスト製作機関の問題作成技術が格段に上がってきたことを意味します。NOT問題なんか入れなくても、全部読まないと正解できないような作問に自信を持っているということなのであります。

ETSは、NOT問題を入れなくても、受験者に全部読ませる高い技術を修得したということです。すごいですねえ。感心します。

ということで、NOT問題は難しくない! と結論づけます。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 14:53:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
一筋の光
僕がTOEICの世界の住人になってから既に10年以上が経過しましたが、この世界に住む人は基本、真面目な方が多いと思います。仕事にも家庭生活にも決して努力を惜しみません。尊敬できる方が身近に沢山いらっしゃいます。

何故、皆さん、こんなに一生懸命TOEICを頑張っているのですかね? ご自身の現在の業務に英語が必要だとか、喫緊の就職・転職活動、あるいは社内のジョブチャレンジ制度などで英語力が求められる場合も考えられますね。つまり、既に待ったなし状態の人です。

しかし、実際には、そこまで差し迫った状態にはない方が多いような気がします。勿論、僕の周りにいる方だけかもしれません。正確な統計をとったわけではありませんので、実際のところは分かりかねますが、周囲の人達に問うと、将来に備えて、とか、あるいは、漠然と、英語ができるようになっておいたほうがいいから、というような回答が大半を占めます。

以前、僕はこのブログで、TOEICは〝夢の懸け橋〟だと書いたことがあります。手前みそで恐縮ですが、まさにその通りなのかなと思います。将来の夢を実現するための懸け橋です。それは、来るべき近未来に備えて今から準備しておくということです。

一方では、TOEICを頑張っている仲間たちの中には、まだ自分の未来の形が全く見えていない人もいるでしょう。何もしないわけにはいかないから、とりあえず歩きながら、体を動かしながら、自分の進む道を摸索しているのかもしれません。

そんな人達にとって、TOEICは一筋の希望の光なのかもしれませんね。長いトンネルのずっと先に見える光は、それがどんなに遠い場所にあっても、それがどんなに朧ろげで微かな光であっても、期待を抱かせてくれます。暗闇の中の光は勇気を与えてくれますよね。

この世界での僕の役割は、その一筋の光を見失ってしまった人を、再び光が見える場所まで連れ戻してあげることなのかなと思っています。それは単なる思い違いかもしれません。それでも構いません。微力ではありますが、周りの人達の力を借りながら、残りの人生を懸けて、自らの天命と信じることを全うしていく所存です。

僕はこの世界の人達が好きなんだ。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 15:53:23 | トラックバック(0) | コメント(2)
パラフレーズ
TOEICのPart7では、パラフレーズがキーワードになることが多いわけですが、実はコレ、慣れてくるとそんなに難しくない。結局、言葉の言い換えだから限界があるんですよね。

単語を別の単語に言い換える、短いフレーズを別の短いフレーズに言い換える、なんていうのは、その表現を全く知らなかったらアウトだけど、知っていれば意外と易しい。

圧倒的に難しいのは、パラフレーズならぬ、パラセンテンスでしょう。そんな言い方があるのか知らんけど、文を別の文で言い換えるとしたら、ほぼ無限にバリエーションがあるから、自分の中にストックとして蓄えておくことができません。

ある程度は可能だけど、いくらストックしても次から次へと見たことがないバリエーションが登場します。ここに至っては、どんな英文でも、その英文が置かれている文脈の中で正しい理解ができるという究極の実力が必要になります。

本文と選択肢を見比べて、ああ、これはパラフレーズなんだと納得しているうちは、まだまだ実力不足なのかもしれませんね。

本文を読んで一発で100%理解して記憶できたなら、パラフレーズなんて関係ないもんね。いつの日か、そんな境地に到達したいものです。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 16:12:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
結局どうしたいのですか?
最近よく訊かれることがあります。それは、英語ができるようになりたいんですけど、何をやればいいですか? というご質問です。 正直言ってこれだけだと答えようがないんですよね。こちらから適切なアドバイスするための必須情報が2つとも欠落しているからです。

1つ目は、あなたはどうなりたいのですか? ということです。つまり、近い将来、英語を使って何をしたいのですか? ということです。英語を身に着けたい動機です。

2つ目は、あなたは今、どのあたりの位置にいますか? ということです。つまり、現時点での凡その実力です。英検3級持ってますとか、簡単な英会話ならこなせますとか、何かありますよね?

この2つの重要なヒアリングをすっ飛ばして、万人に共通の魔法の方法を「私だけに教えてください」というような質問は困ります。というか、そんなもんありません。

その人に合った最短距離の学習法というのはありますので、それを丁寧にご説明することはできます。できれば、3つ目の質問をさせていただければ完璧です。それは、今後、あなたの人生において、どの程度の時間を英語学習に充てられますか? ということです。

例えば、1つ目の質問に対して、「海外のお客様と頻繁にEメールの交換をする部署に近々転属になります。電話でのやりとりはないのですが、Eメールが読めて、書けないことには仕事になりません」という回答だったら、ビジネス文書のReadingとWritingに特化した学習が最も効果的で無駄がありません。

例えば、2つ目の質問に対して、「大学卒業以来、20年間、英語学習から遠ざかっています。TOEICや英検などの受験経験は全くありません」ということであれば、おそらく中学校の英文法から学び直す必要がありそうですが、先ずはご自身の現時点での実力を測るために、TOEICのL&Rテストを一度受けてみては? というアドバイスもあり得ます。そこからスタートです。

3つ目の質問に対して、「平日は通勤時間とプラス昼休みのうちの30分しかとれませんが、土日はある程度纏まった勉強時間が確保できそうです」ということなら、それなりのメニューを組みます。

要は、適切なアドバイスを獲得しようと思ったら、自分自身についてできる限り詳しく語らねばならないということです。冷やかしは止めてもらいたい。相談に乗るからには全力で相談に乗りますし、お金なんて1円も頂きません。時間がないというのなら、こっちから出向いて行ったって構いません。

その人が本気なら、本気の情熱を持っているならば、微力ではありますが、お手伝いさせていただきます。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 16:00:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
公式問題集のVol.5が出ます
TOEICオタクの人達には言うまでもありませんが、6月25日に公式問題集のVol.5の発売が開始されます。大型書店では2~3日くらい前倒しで店頭に並ぶかもしれませんね。

新公式5

きっと、TOEICファンは我先にと書店に買いに走り、家に持ち帰って晩御飯もそっちのけで2セットを解きまくるのでしょうね。そんでもって、韓国の教材と重複しているとか、していないとか、ネットに書き込むに違いありません(笑)。

それはそれで楽しみだから構いません。ですが、その前にやるべきことがあります!

そうです! 今、手元にあるテキストをきちんと復習することです! 新しいテキストが出ると直ぐにそれに飛びついて、既に手元にあるテキストをほったらかす人がいますが、それは感心しません。

女房と畳は新しいほうが良い、なんて昔は言われていて、今、そんなこと言った日にゃあ、世の中から袋叩きにされること間違いないわけでありますが、公式問題集は新しいのが良いとは限りません。

そりゃあ、最新の情報、傾向を網羅しているという点では、古いものより優れていることは間違いありませんが、最新のテキストを買っただけでは実力は1㎜も伸びないのであります。

それをきちんと学習して初めて実力が上がっていくわけで、だったら、今、手元にあるやつを完璧に仕上げるほうが先でしょ? と僕は言いたいのです。勿論、自戒の念を込めてですけどね(大汗)。

6月25日までにはまだだいぶ日数がありますし、その前には公開テストだってあります。手元にあるVol.4までの公式をもう一度やりましょうよ。860点奪取も・・・。

そして、6月25日になったら晴れ晴れとした気持ちで、公式問題集Vol.5を買いに行って解きまくればいいではありませんか? 何なら翌日の水曜日は有給休暇をとって、一日中部屋に閉じこもってやってくださいな。

古いテキストには学習者の苦労した汗が染み込んでいます。自分の努力の歴史をしみじみと振り返り、味わうのも悪くありませんよ。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 12:46:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ