FC2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』

2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得
2017年10月のIPで990点取得
2017年11月のIPで990点取得
2018年10月の公開で990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 480 465 945
225 2017.11 475 480 955
226 2017.12 485 470 955
227 2018.01 495 460 955
228 2018.03 480 475 955
229 2018.04 465 480 945
230 2018.05 475 450 925
231 2018.06 495 490 985
232 2018.07 465 485 950
233 2018.09 475 475 950
234 2018.10 495 495 990
235 2018.11 480 450 930
236 2018.12 495 480 975
237 2019.01 480 485 965
238 2019.03 490 480 970
239 2019.04 495 470 965
240回以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

必要な時に必要な人と出逢う不思議
まだ10代や20代の若い世代にはピンとこないかもしれませんが、半世紀近く生きてみると、不思議な経験をするものです。その時は何も不思議に感じないのですが、振り返ってみると、あれえ? 何でだろう? と思うのです。

それは、多くの場合、人との出逢いです。あの時、その人と出逢っていなければ今の自分はなかったと思えるような人が、誰しも一人や二人はいるものです。その時は何も不思議に思わないのですが、そんな偶然が続くと、立ち止まって考えるようになります。

おかしい・・・。タイミングが良すぎる・・・。何故かしら、困っている時に自分を助けてくれる人が、自分の望みを叶えてくれそうな人が何処からともなく現れる。これは一体どうしたことだろう?

それはその人が生まれてきた理由と、

今生に生まれる前に自分が計画したこと、

に関係していることが多い。

残念ながら、嫌な人ともたくさん出逢いますよね。ああ、あいつさえいなければ、自分の人生はもっと楽しくて充実したものになるのに・・・。あいつさえいなければ・・・。

しかし、実はその嫌な人もあなたが呼び込んでいる場合が多い。自らの成長を促すためにです。そうです、あの嫌なやつも、あなたの人生にとって必要な人だからです。往々にして、自身を成長させてくれるのは、自分に優しくて好意的な人ではなく、自分に厳しく悪意さえ感じられる輩です。

考えてみてください。映画でもTVドラマでも小説でも、登場人物が全員良い人ばかりだったら、ストーリーが成立しないでしょ?

ポイントとなるのは気づきであり、気づきを与える役割なんだと思う。このように考えると、人生には無駄な出逢いはないし、無駄な出来事もないということになります。最近ではそう考えるのが自然だと思うようになりました。

世の中で起こっている不幸な出来事の多くは、気づきの機会を見失ったことに起因すると思う。そこで枝分かれして、最悪な別の道へ進んでしまったのではないでしょうか? 気づきの機会、つまり、成長の好機を見落としてしまった結果なのでしょうね。

アンテナを高く張って、気づきの機会を見失わないようにしたいですね。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


スポンサーサイト
未分類 | 17:04:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
完全休養としました
昨日の夜から何だか体調がすぐれなくて、今日は生産的なことは何もしない完全休養の日と決め込みました。年に何回か、こんな日があります。約2年前、頭の病気で倒れてからかな。無理はしないようになりました。

そもそも、夜、眠りにつく前、翌朝も必ず目が覚めるとは思っていません。もしかしたら目が覚めないかもしれないと思って眠るんですよね。これ、本当の話。

そして、朝、目が覚めると、ああ、まだ生きていたんだなと思う。大抵、貨物列車が通りすぎる音で目が覚めますね。始発電車が動き始めるのはまだずっと先です。

目が覚めてからその次は、右手、右腕、右脚の順番に動かしてみる。緊張の瞬間。何も問題なかったら、今後は、左手、左腕、左脚の順番に動かしてみる。どうやら両方とも動くみたいだ。

それで初めて、たぶん今日も昨日と同じように生きられるんだろうなと思うわけです。だけど、やっぱり少し不安を残しながら、水を飲みにキッチンに向かう。ゆっくり立ち上がって。

冷蔵庫に歩み寄り扉を空ける。ペットボトルを取り出すことはできるけど、果たして捻る力があるのか分からない。ペットボトルを軽く開けられるのは健常者だけですからね。蓋を捻って水を飲むとほっとする。

実は、これが僕の日課。

このルーティンの感覚は一度、死にかけたことがある人じゃないと、絶対分からないと思う。

僕のブログやSNSを見ている人は、僕のこと、ずいぶん能天気な人だと思ってるかもしれないけど、そうでもありません。

いつも今日が最後の一日になるかもしれないと思って覚悟を決めて生きてる。だから、好きなことやってるんですよ。

そう、悔いを残さないように。

それで本当に死んでしまったら仕方ないでしょ?人間いつ死ぬか、誰も分からないですからねえ。だけど、そんな僕でも実は、最高齢でのTOEIC満点獲得を狙ってる(笑)。

90歳でTOEIC満点ってカッコいいでしょ?何だかいけそうな気もするんですよね。根拠はないけど(笑)。

だから今日みたいな体調が良くない日は無理しないようにしています。幸い、丸一日ゆっくりしてたら凄く元気になったので、明日からまた飛ばしますよ!

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:45:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
いつもより早いテスト結果
テスト結果の公表は、てっきり月曜日だと思っていましたので、何だか変な感じです。いつもは会社のデスクトップで確認しますが、今回は珍しくスマホで見ました。

201605テスト結果

リーディングが厳しかったですね。自己採点では3問ミスだったのですが、その3問がそのまま減点されたような気がします。495点-3問×5点=480点かな?

おそらくですが、僕が受けたフォームは全問正解のみが満点だったと予想します。確かに難易度は高くなかったように思いますが、それにしても厳しいですねえ。990は無理としても、985は出ても不思議じゃないんですけど。

最近は990点が更に難しくなってきている印象です。ひとつでも凡ミスをしたら獲れないですね。SNSを見ても、990点に一歩届かなかった人が多いみたいです。

まあ、過ぎたことは仕方ないので、今月、頑張ります!

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:41:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
受験票きましたね
そう言えば、受験票が届いていました。最近は法政大学に振り分けられることが多いので、今回も法政大学だろうと思って裏面を見たら、東京経済大学でした。

久しぶりだなあ、ホームグラウンドでの受験は。久しぶりならホームグラウンドとは言えないんじゃないの?とは思いますけど、何だかねえ。

ともあれ、受験会場くらい気にすることはないんじゃないの?と思う人は、TOEIC素人ですよ。大きいのです。受験会場と自分との相性は。

遊びで受けてるわけじゃありませんからね。目標や目的があって受けてるわけだから、万全の体制で受けたいと思うのは当然です。

とりわけ、初めてに会場は気になるものです。最寄り駅からの実際の距離は?近くに食事をする場所は?コンビニは?

会場の机やイスはどんな感じ?トイレは?音声の状況は?これらはスコアに直接・間接的に影響することがあります。

たかが会場、されど会場なんであります。

そんなことより、今日は思いがけずに、あの日だったみたいですね?てっきり月曜日かと思っていましたよ。僕は会社のデスクのPCで確認するのが自分ルールなので困りました。今日は休日出勤の代理休暇です。いやはや。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 21:29:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
Yahoo!BBが・・・
Yahoo!BBのサービスがあまりにも高いので止めました。特に気にもしていなかったのですが、クレジットカードの請求書を見たら、月々8,800円になっていて、なんじゃこりゃあ!と驚愕した次第です。

今時、8,800円って高いですよね。確か、大昔にインターネットを家でもやろうと思って加入したのですが、すっかり忘れていました。久しぶりに通帳記帳をしてみたら、何やら、JCBから毎月8,800円も引き落とされていて、取引明細を確認したところ、Yahoo!BBでした。月々8,800円ということは、年換算で10万円を超えています。

ネット環境も、今、住んでいるマンションではWi-Fiが設置されていますので、モデムなんて要らないし、速攻で解約しました。年間で10万円浮いたお金はTOEICに投資することにします。

もっと早くに気づくべきでした。身の回りのことをゼロベースで見直すことは大切ですね。今回のことは、他にも無駄がないか考える機会になりました。いろいろと棚卸をしてみようっと。

まあ、Yahooが悪いわけじゃないけど、旧態依然としたものっていうのは、時折見直す必要がありそうですね。時代はどんどん便利になっているわけだし、それに伴って廃れていくものも当然生まれます。サービスを提供する企業がそれを知らせてくれないなら、利用者が気付くしかありません。

毎年、新品のノートパソコン1台、無駄にしてました。

TOEICに投資するのもいいけど、身体にもそろそろガタがきていることだし、医療保険でも追加で加入するのもいいかもね。

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 12:42:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
TOEIC対策本と公式問題集
よく質問されるのが、TOEICの対策本と公式問題集ではどちらを勉強すべきですか? ということです。簡単に言ってしまえば、両方です。

公式問題集は本番のテストと同じですから、手をつけないということはあり得ません。しかし、本物ではありますが、勉強の仕方までは書かれていないんですね。言ってみれば不親切なテキストなんです。しかし、市場で手に入る唯一の本物だから、やらねばなりません。

公式5

そこで手助けとなるのが、旺文社の奪取シリーズとか、朝日新聞出版の特急シリーズのような対策本です。これらのテキストは、TOEIC初中級者が気付かないポイントや盲点を教えてくれますし、英語の実力をつけるためのトレーニング方法まで記載してくれています。

これを使わないのも勿体ないではありませんか? 公式問題集だけ使って、ひとりで勉強しているより、確実に早く目標レベルに達すると思います。だから、併用がベターです。

TOEIC対策本or公式問題集ではなく、TOEIC対策本and公式問題集です。両者は役割が異なるのです。既に相当高いレベルの英語力を備えている受験者は、公式問題集だけで学習できるとはおもいますが、それとて、遠回りになることが多くなります。

公式問題集はテスト2セット分です。TOEIC対策本は、例えば僕の場合を言うと、200回以上の公開テストとIPテストを受験した知見と経験を詰め込んだものです。他人の経験を上手く利用してしまえばいいんです。

860点奪取

と、僕はそう考えています。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 12:51:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
たぶん勉強会やります
まだ本決まりではありませんが、7月の2連休の中日の7月14日(日)の12:00-17:00に勉強会を開催する予定です。場所はおそらく日比谷、有楽町、新橋界隈になる見込みです。

何をやるか具体的にはこれから考えます。模試会もいいかなあ。他の模試会で使っているテキストとはかぶらないようにしないといけませんが、あの伝説の〝解きまくる会〟の一日限りの復活とかね。

特定のPartに絞ってのインテンシブトレーニングも面白いですね。今回は5時間も部屋を確保しますので、いつもの4時間より、だいぶ余裕があります。

じっくり練って楽しくて実りある勉強会にしたいと思います。この勉強会は、僕が組織している『860点奪取会』の拡大版なので、奪取会の会員以外の方の一般募集は10名程度の予定です。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


学習会 | 23:45:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
面白い勉強会を考えてみる
こんなTOEIC勉強会があったら面白いかなと思う企画を考えています。リスニングセクションからはPart2を題材に、リーディングセクションからはPart5を題材に、こんなのはどうでしょう?

Part2の問題文に対して、正解になり得る応答文を考えられるだけ考える。

あるいは、

Part2の選択肢(A)(B)(C)から、ありそうな問題文を推測する。

これは鍛えられそうです。

また、

Part5では、選択肢なしの状態で空所を埋める。つまり正解は一つとは限りません。補充する単語によって意味が変わっても構わないという前提なら沢山ありますね。日頃、コツコツ学んでいる語彙や文法の力をいかにアウトプットできるかにかかっています。

もっと上級編としては、Part3とPat4では一切先読みをせずに、音声だけきっちり聴いて、その後で問題に答える。Part7では、設問と選択肢を隠した状態で本文だけを全部読み、解答の段階では逆に本文を見てはいけない。記憶だけで答える。これは難しいですよ。

こんなゲーム感覚で学べる勉強会があってもいいかなと思っています。個人では難しくてもチーム戦にすれば面白いかもしれませんね。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 17:07:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
思いがけないことで
昨日、何の気はなしに、TOEICの単語本の出版を目指して準備しているということをブログに書きました。

何のことはない、ただの現況報告のつもりだったのですが、思いの外、皆様から大きな反応があって驚いています。

まだ書いている途中だし、僕以外の人は、その出来上がりの姿を知らない筈なのに、ブログのアクセス数は一桁多くなり、Twitterのアクセス数も凄いことになっていました。

僕の勝手な希望で進めている企画だし、あまりニーズはないかもしれないと思っていましたので、本当に驚きました。

やはり、TOEIC人気は衰えていませんし、超上級の語彙に対するニーズは強いのかもしれませんね。

それなら、ますます気合いを入れて書かないといけませんね。とはいえ、今日も朝から今まで書き続けて、書けた単語は30個です。

10冊の辞書、文法書7冊、50冊以上の韓国模試、秘密の記録帳などをこまめにチェックし、加えて、ネット情報をノートパソコンとスマホで検索しながら、悪戦苦闘しています。

語彙本は奥が深い。一切ごまかしは効きません。頼るべきものは自分の記憶と記録しかなく、それを裏付ける証拠を集めていく、気の遠くなるような作業です。

でも、楽しみながらやっています。7/6にブログ開設7周年を迎えるので、その辺りをドラフト完成のゴールに置いて頑張っていきたいと思います。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 21:13:12 | トラックバック(0) | コメント(1)
TOEIC単語本執筆!
2007年から、かれこれ12年以上も受験を継続しているTOEICテストですが、公開テストとIPテストを合わせると、なんと200回を超えました。これは物凄い数字です。

そして、そんな経験を余すところなく活かして、現在、取り組んでいるのが、TOEIC L&Rテストに特化した単語本です。単語のセレクトは終わりまして、おおよそ1,200個あります。これを1,000個まで絞り込む予定です。

コンセプトは、TOEICの超上級単語、難単語を極める! です。

もう既存の単語本での基礎単語の習得を一通り終えた学習者を想定して書いています。なので、見出し語はほぼ全てがレベルの高い単語ということになります。なかなか良い顔ぶれが揃っています。

3,000語以上ある『Rabbit File』から基本的な易しい単語をそぎ落とし、難しいけれど、実際にテストに出る単語だけ残しました。

難しい単語を覚えるのは大変そうですが、そうでもありません。何故なら多義語が少ないからです。日英対訳で1対1で覚えれば使える単語が多いので、覚える手間はかかりません。見慣れていない分だけ、馴染むのに少し時間が要るかもしれませんけど。

これらの難単語を覚えると、読解が楽になりますし、読解スピードも確実に上がっていきます。私達は、知らない単語に出会ったとき、無意識に前後の文脈からその単語の意味を推測しながら読み進めるわけですが、これが読解スピードを落とします。推測に時間がかかるからです。

その単語を知っていさえすれば、推測は不要です。だから纏めて覚えてしまえばいい。新たに記憶すべき単語はおよそ1,000個です。それは僕が用意します。

語彙力増強で読解スピードアップ! が、このテキストのテーマです。

覚えやすいように、TOEICに出てくるフレーズを作っています。無駄がないようにTOEIC頻出フレーズで固めていますし、記憶のトリガーとなるような仕掛けを施しています。まだ詳しくは言えませんけど。

RabbitのTOEIC受験の集大成となるテキストです。12年かけました。ちょうど干支が一回りする年数ですね。上級者が更なる高みを目指す1冊になるでしょう。一切手抜きせずに、全力で仕上げます!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 12:25:01 | トラックバック(0) | コメント(1)
NOT問題は難しいのか?
最近の公開テストではNOT問題が1問も出ないことがあったりして驚かされますが、それではNOT問題がなければ易しいかといえば、そんなことありません。

初中級者のレベルでは、NOT問題が沢山あると、本文は飛ばし読みすることなく全部読んで、4つの選択肢と本文をいちいち照合しなくてはならないから時間が足りなくなると言われることがあります。

でも、上級者は、NOT問題があてってもなくても、あまり関係ないと思いますよ。だって本文は隅から隅まで全部読んでいるから。Part7を全問正解しようと思ったら、全く読んでいないノータッチエリアを作らないことが鉄則なんですね。

ああ、そういえば、あそこの辺りは読んでなかったあ! なんてのは、あり得ない。結局、全部読むわけですから、NOTがあろうとなかろうと関係ないのであります。読む分量は変わらない。

ここで僕の結論です。NOT問題があってもなくてもテストの難易度は変わりません。

NOT問題が少なくなったり、あるいは全くなかったりすることは、テスト製作機関の問題作成技術が格段に上がってきたことを意味します。NOT問題なんか入れなくても、全部読まないと正解できないような作問に自信を持っているということなのであります。

ETSは、NOT問題を入れなくても、受験者に全部読ませる高い技術を修得したということです。すごいですねえ。感心します。

ということで、NOT問題は難しくない! と結論づけます。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 14:53:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
一筋の光
僕がTOEICの世界の住人になってから既に10年以上が経過しましたが、この世界に住む人は基本、真面目な方が多いと思います。仕事にも家庭生活にも決して努力を惜しみません。尊敬できる方が身近に沢山いらっしゃいます。

何故、皆さん、こんなに一生懸命TOEICを頑張っているのですかね? ご自身の現在の業務に英語が必要だとか、喫緊の就職・転職活動、あるいは社内のジョブチャレンジ制度などで英語力が求められる場合も考えられますね。つまり、既に待ったなし状態の人です。

しかし、実際には、そこまで差し迫った状態にはない方が多いような気がします。勿論、僕の周りにいる方だけかもしれません。正確な統計をとったわけではありませんので、実際のところは分かりかねますが、周囲の人達に問うと、将来に備えて、とか、あるいは、漠然と、英語ができるようになっておいたほうがいいから、というような回答が大半を占めます。

以前、僕はこのブログで、TOEICは〝夢の懸け橋〟だと書いたことがあります。手前みそで恐縮ですが、まさにその通りなのかなと思います。将来の夢を実現するための懸け橋です。それは、来るべき近未来に備えて今から準備しておくということです。

一方では、TOEICを頑張っている仲間たちの中には、まだ自分の未来の形が全く見えていない人もいるでしょう。何もしないわけにはいかないから、とりあえず歩きながら、体を動かしながら、自分の進む道を摸索しているのかもしれません。

そんな人達にとって、TOEICは一筋の希望の光なのかもしれませんね。長いトンネルのずっと先に見える光は、それがどんなに遠い場所にあっても、それがどんなに朧ろげで微かな光であっても、期待を抱かせてくれます。暗闇の中の光は勇気を与えてくれますよね。

この世界での僕の役割は、その一筋の光を見失ってしまった人を、再び光が見える場所まで連れ戻してあげることなのかなと思っています。それは単なる思い違いかもしれません。それでも構いません。微力ではありますが、周りの人達の力を借りながら、残りの人生を懸けて、自らの天命と信じることを全うしていく所存です。

僕はこの世界の人達が好きなんだ。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 15:53:23 | トラックバック(0) | コメント(2)
パラフレーズ
TOEICのPart7では、パラフレーズがキーワードになることが多いわけですが、実はコレ、慣れてくるとそんなに難しくない。結局、言葉の言い換えだから限界があるんですよね。

単語を別の単語に言い換える、短いフレーズを別の短いフレーズに言い換える、なんていうのは、その表現を全く知らなかったらアウトだけど、知っていれば意外と易しい。

圧倒的に難しいのは、パラフレーズならぬ、パラセンテンスでしょう。そんな言い方があるのか知らんけど、文を別の文で言い換えるとしたら、ほぼ無限にバリエーションがあるから、自分の中にストックとして蓄えておくことができません。

ある程度は可能だけど、いくらストックしても次から次へと見たことがないバリエーションが登場します。ここに至っては、どんな英文でも、その英文が置かれている文脈の中で正しい理解ができるという究極の実力が必要になります。

本文と選択肢を見比べて、ああ、これはパラフレーズなんだと納得しているうちは、まだまだ実力不足なのかもしれませんね。

本文を読んで一発で100%理解して記憶できたなら、パラフレーズなんて関係ないもんね。いつの日か、そんな境地に到達したいものです。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 16:12:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
結局どうしたいのですか?
最近よく訊かれることがあります。それは、英語ができるようになりたいんですけど、何をやればいいですか? というご質問です。 正直言ってこれだけだと答えようがないんですよね。こちらから適切なアドバイスするための必須情報が2つとも欠落しているからです。

1つ目は、あなたはどうなりたいのですか? ということです。つまり、近い将来、英語を使って何をしたいのですか? ということです。英語を身に着けたい動機です。

2つ目は、あなたは今、どのあたりの位置にいますか? ということです。つまり、現時点での凡その実力です。英検3級持ってますとか、簡単な英会話ならこなせますとか、何かありますよね?

この2つの重要なヒアリングをすっ飛ばして、万人に共通の魔法の方法を「私だけに教えてください」というような質問は困ります。というか、そんなもんありません。

その人に合った最短距離の学習法というのはありますので、それを丁寧にご説明することはできます。できれば、3つ目の質問をさせていただければ完璧です。それは、今後、あなたの人生において、どの程度の時間を英語学習に充てられますか? ということです。

例えば、1つ目の質問に対して、「海外のお客様と頻繁にEメールの交換をする部署に近々転属になります。電話でのやりとりはないのですが、Eメールが読めて、書けないことには仕事になりません」という回答だったら、ビジネス文書のReadingとWritingに特化した学習が最も効果的で無駄がありません。

例えば、2つ目の質問に対して、「大学卒業以来、20年間、英語学習から遠ざかっています。TOEICや英検などの受験経験は全くありません」ということであれば、おそらく中学校の英文法から学び直す必要がありそうですが、先ずはご自身の現時点での実力を測るために、TOEICのL&Rテストを一度受けてみては? というアドバイスもあり得ます。そこからスタートです。

3つ目の質問に対して、「平日は通勤時間とプラス昼休みのうちの30分しかとれませんが、土日はある程度纏まった勉強時間が確保できそうです」ということなら、それなりのメニューを組みます。

要は、適切なアドバイスを獲得しようと思ったら、自分自身についてできる限り詳しく語らねばならないということです。冷やかしは止めてもらいたい。相談に乗るからには全力で相談に乗りますし、お金なんて1円も頂きません。時間がないというのなら、こっちから出向いて行ったって構いません。

その人が本気なら、本気の情熱を持っているならば、微力ではありますが、お手伝いさせていただきます。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 16:00:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
公式問題集のVol.5が出ます
TOEICオタクの人達には言うまでもありませんが、6月25日に公式問題集のVol.5の発売が開始されます。大型書店では2~3日くらい前倒しで店頭に並ぶかもしれませんね。

新公式5

きっと、TOEICファンは我先にと書店に買いに走り、家に持ち帰って晩御飯もそっちのけで2セットを解きまくるのでしょうね。そんでもって、韓国の教材と重複しているとか、していないとか、ネットに書き込むに違いありません(笑)。

それはそれで楽しみだから構いません。ですが、その前にやるべきことがあります!

そうです! 今、手元にあるテキストをきちんと復習することです! 新しいテキストが出ると直ぐにそれに飛びついて、既に手元にあるテキストをほったらかす人がいますが、それは感心しません。

女房と畳は新しいほうが良い、なんて昔は言われていて、今、そんなこと言った日にゃあ、世の中から袋叩きにされること間違いないわけでありますが、公式問題集は新しいのが良いとは限りません。

そりゃあ、最新の情報、傾向を網羅しているという点では、古いものより優れていることは間違いありませんが、最新のテキストを買っただけでは実力は1㎜も伸びないのであります。

それをきちんと学習して初めて実力が上がっていくわけで、だったら、今、手元にあるやつを完璧に仕上げるほうが先でしょ? と僕は言いたいのです。勿論、自戒の念を込めてですけどね(大汗)。

6月25日までにはまだだいぶ日数がありますし、その前には公開テストだってあります。手元にあるVol.4までの公式をもう一度やりましょうよ。860点奪取も・・・。

そして、6月25日になったら晴れ晴れとした気持ちで、公式問題集Vol.5を買いに行って解きまくればいいではありませんか? 何なら翌日の水曜日は有給休暇をとって、一日中部屋に閉じこもってやってくださいな。

古いテキストには学習者の苦労した汗が染み込んでいます。自分の努力の歴史をしみじみと振り返り、味わうのも悪くありませんよ。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


TOEIC国内本レビュー | 12:46:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
一模試通して解く
昨日、IPテストを受けたみて、改めて1模試200問を通して解いてみることの大切さを感じました。思ってもみなかった簡単な問題を落としているのですね。難しい問題はことごとく正解しているののに・・・。

TOEICテストは英検みたいに級別に分かれていませんから、易しい問題、中程度の問題、難しい問題が混在していて、何処に難易度の高い問題が仕込まれているのか分かりません。

しかし、満点狙いの上級者になると、難問は探さなくても分かります。ああ、これが満点と985点を分ける問題だなと。そういう問題が一つのテストで5~6問あります。これを突破しないと満点は獲れません。

ですが、これらの難問さえ正解すれば満点を獲れるかと言えばそうでもないんですね。誰も間違えないような簡単問題を何かしらのカン違いや思い込みで、あっさり落としちゃうんです。言ってみればケアレスミスです。実はコレが怖い。

このカン違いミス、思い込みミスは、細切れ学習の時には起こらない。1セット200問を通して解く過程で発生するものなのです。なので、スキマ時間を利用して細切れで解くことも大事ですし、それが日々の学習のベースであっても構わないのですが、200問通しで解いてみないと気づかない弱点があるということは肝に銘じておく必要があります。

200問通して解いてみると自分の弱点が自然と炙り出されてきます。何処で油断してしまうのか、自分のケアレスミスの傾向が分かるのです。1セット200問通しの過程では誤魔化しが効かないんですよね。自分の足りない部分が如実に表れてきます。

時間配分なども含め、どうやって200問と対峙すべきか、フル模試を解く過程で自分だけの正しい方法を身に着けていかねばなりません。この辺りの詳細は、いつか書いてみたいと思ってます。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:37:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
明治あいぴー受験記
明治大学のリバティタワーでTOEIC L&R IPテストを受験してきました。楽しかった(^^)。

音声トラブルがあって開始が少し遅れたけど、それ以外はいつも通り、しっかりした運営でした(^^)d。

問題もすべて見たことのない初見のものばかりで新鮮でした。リスニングは波に乗れない感じでしたが、Part3の後半には落ち着いたかな(^^;。

リーディングは全体的に易しかった印象です。Part5で1問、他動詞の後ろに名詞句を形成する問題があって難しかった。それと、Part6は動詞の時制を特定して正解を導く問題が3問あって、どれも難しかったと思います(^^)。

Part7はマルチが易しく、シングルがやや難しかった印象です。同義語問題は2問出て、いずれも易しかったと思います(^^)。

満点ラインは、Lが3ミスまで、Rが1ミスまでと予想します(^^)v。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 22:59:48 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad