fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

大きな転換期を迎えて
TOEICの公開テストに人数制限がかかり、大きな転換期を迎えていますが、ソーシャルディスタンスを守ろうとする限り、自ずと限界があります。

現在、10月のテスト会場を増やすべく奔走いただいているようですが、それとて、せいぜい2割増しとか3割増し良いところでしょう。

どう頑張ったところで、ハコは限られているのです。

となれば、最後の手段は日程をずらすしかありません。すなわち、公開テストの土日開催です。2日間に分けて実施する。これで机上の計算では受験者の受け入れが2倍になります。副次的な効果としては、今まで日曜日が仕事で受験できなかった人も受験可能になりますね。

テスト問題は、元々、最大5フォームほどあったわけですから重複はしません。土曜日と日曜日に振り分ければいい。と、簡単にはいきません!

現状では、土曜日の受験者から日曜日の受験者に問題内容が漏れる可能性を否定できません。というのも、フォームが違うといっても、200問全問が異なる問題で構成されているわけではなく、各フォームに共通している問題が含まれているのです。

それが6割とか、4割とか、3割とか、様々な憶測がありますが、とにかく共通問題が存在することは紛れもない事実なのであります。ここをクリアーしないと土日開催は実現しません。

土曜日の200問と日曜日の200問は一切重複しない。これが大前提です。大変ですけど、できると思うんですよね。5フォーム作る余裕があるわけですから。

ここを乗り切ると、残る問題点は、テスト別のスコアのブレをどうやってなくすか、ですね。土曜日と日曜日の受験では母集団が違うわけで、受験したテストによってスコアが上下にぶれる可能性があります。でも、これもTOEICの知見とデータがあれば難なく乗り越えられるんじゃないのかな。

僕は密かに期待しています。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



スポンサーサイト



未分類 | 23:33:45 | トラックバック(0) | コメント(1)