fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

TOEICならではの世界
TOEICの世界は上級者達が中心となって率いていく不思議な世界です。これは、英検のように受験級別が分かれていないことが多分に影響しているのでしょうね。

級別が分かれるということは、受験者が何層にも分断されるということですから、共通の価値観が生まれにくくなります。4級を目指している人と2級を目指している人では、当たり前ですが、価値観が違います。

翻って、TOEICでは級別の括りがなく、受験者全員がヨーイドン!で同じ問題に取り組むわけです。ここに連帯感や一体感が生まれないわけがありません。

と同時に、何となく階層が生じてくるわけです。自然発生的に。決して悪い意味での階層ではありません。上級者達が、その経験を活かして初級者達の指導役となってくれるのです。先輩が後輩のメンターとなって導いていきます。

まだ右も左も分からない初心者にとっては有難い話ですよね。特に見返りを期待されるわけでもなく、無料でいろいろと教えてくれます。それも形式ばった依頼などせずとも、Twitterなどで呟くだけで誰かが答えてくれます。微笑ましい世界ですよね。

実を言うと、上級単語特急 黒のフレーズは、このTOEICならではの世界に馴染むように設計しました。あえて上級というキーワードを使いながらも、上級予備軍の学習者さん達にも使っていただけるように工夫しました。何故そうしたのか、それは僕の実体験によるところが大きいのです。

黒のフレーズ表紙

確か8年位前から、TOEICの韓国本が日本に入ってくるようになりました。まだ持っている人は少なくて、上級者の一部の人が所有しておりました。それが僕には輝いて見えたのですね。実力的にはまだ相応しくなかったテキストですが、どんなに難しくてもいいから1冊欲しかった。で、韓国の輸入雑貨を取り扱っている業者を通して買っちゃった。

それは僕の宝物になりました。持ってるだけで上級者の仲間入りをしたような不思議な気持ちになりました。そして、それを毎日繰り返しているうちに、本当に上級者の末席に置いていただけるようになったのです。

上級者に対する憧れが良い結果をもたらします。

将棋が好きなアナタ、藤井聡太二冠の勝負メシ、食べてみたくありませんか?
プロ野球が好きなアナタ、坂本選手のグラブ、触ってみたくありませんか?岡本選手のバットは?
ゴルフが好きなアナタ、シブコさんのドライバーやパター、欲しくありませんか?

憧れている人が持っているモノに人は惹かれるのであります。だから、上級者達が持っていて話題になっているテキストなら、その予備軍の人達も興味を持ってくれるに違いないと思ったのです。ただ難しいだけのテキストなら無理かもしれませんが、ちょっとした工夫を施すことによって、誰でも使えるテキストになるんじゃないかなって。

同じ世界に住む上級者や先輩に憧れて人は成長していくのです。どんな世界でもそれは当てはまるのですが、TOEICの世界ではその傾向がより顕著です。だから僕は自分の著書をTOEICの現実世界にフィットするようにカスタマイズしたんです。皆さんに使っていただきたくて。ただその一心で。

素晴らしいTOEICに世界に乾杯!

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



スポンサーサイト



黒のフレーズ | 05:55:00 | トラックバック(0) | コメント(1)