fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

基礎固めの時期<その3>
基礎固めの2つ目はリスニングでした。これは文法どころの騒ぎではなかった。我々が中学・高校に通っていた昭和の時代は、リスニングの授業という概念がありませんでした。ごく稀に視聴覚教室という部屋に連れていかれて音声を聴くことはありましたが、それはあくまでも非日常であって、日常ではありませんでした。

では日頃はどうしていたかというと、じいちゃん先生の下手クソな英語の音読に合わせて教科書を読むというものでした。ジャパニーズイングリッシュそのものの発音、アクセントで、スラッシュリーディングも何もあったものではなく、あれで英語ができるようになった人は奇跡の人と呼ばれるでしょう。

そんなわけで、リスニングは苦労しました。Part1でさえ全く聴きとることができず、当時、Part1は10問あったのですが、4~5問しか正解できない始末でした。もし仮に、将来、900点を獲れるようなことがあれば、そのスコアは、L405点、R495点であろうと本気で思った。

最初のうちは耳がおかしいのではないかとか、聴き方が悪いのではないかと思いました。なにせ、聴こえてくる音声とスクリプトが合わないわけであります。どうしてそんな発音になるのかと悩みまくりました。音の連結とか消失なんかが分かっていない頃です。

しかし、そのうちに、そう聴こえるものは聴こえるんだから仕方ないと腹をくくりました。聴こえてくる音は僕にとっては正しいと信じ、スクリプトと一致させていったのですね。聴こえてくる音の上書きです。この辺りは八島晶先生の「TOEIC L&Rテストの英語が聞こえるようになる本」に詳しく書かれているのでご参照ください。え?持ってない?では先ず、お買い求めください。名著です。

そう言えば、あの関先生もCMで言ってますよね。聞こえないんじゃない、最初から言ってないんだ!と。僕は遅まきながらそれに気づいたんですね。聴こえた音は正しいんだから、スクリプトを照合しながら音の聴こえ方を少しずつ上書きしていこうと誓いました。

ディクテーションは面倒くさいから、聴こえなかった箇所を黄色のマーカーで塗り、その上に聴こえた通りの音をカタカナで書き込んでいった。最初はPart1だけ、そのうち、Part2もそうやって音の上書きを進めていきました。この辺りからリスニングで300点台半ばから後半のスコアを獲れるようになった。

Part3とPart4でも聴こえにくいところを黄色のマーカーで塗って、その上に聴こえたようにカタカナで音を書き込んでいきました。この作業はリスニングBOXというリスニングテストが5セットあるテキストを使ってやってました。公式問題集は相変わらず嫌いだった。

5セットこの地道な作業を続け、花田徹也先生が書かれているリアル模試に手を付け始めた頃、僕はリスニングで400点を切ることがなくなっていました。良い時には400点台後半も獲れるようになっていた。気が付けば、黄色のマーカーの箇所はずいぶん少なくなっていましたね。音の上書きに成功したのです。

やはり長くなってしまったので、続きは明日、書きます、たぶんだけど・・・。リスニング満点は獲れると確信した頃、何をやっていたか。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



スポンサーサイト



未分類 | 12:48:35 | トラックバック(0) | コメント(0)