fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

エンディングノートを書いてみて
過日、エンディングノートを書き始めたという話をしましたが、このノートを書いてみて一番良かったことは、何が分かっていないかが分かったということです。意外に自分は自分自身のことを知らないし、何となく知っていたとしても整理はできていないんだなというのが実感です。

エンディングノートの構成項目は、お金に関することや権利義務に関することが多いのですが、それ以外にも、自分の経歴であったり、趣味嗜好であったり、大切な仲間であったり、いろいろと深く考え直さないとノートは埋められません。

50歳を迎える頃に会社主催で受講したライフデザインセミナーに似ているといえば似ていますが、ライフデザインはどちらかというと、リタイア後も経済的に困らないようにとか、社会から孤立しないようにとか、そんな側面が多かったように思います。

一方、自分ひとりで書き起こすエンディングノートは、もっと切実だし、センシティブです。買ってきたノートはほぼ書き上げましたが、これは骨格ですね。最低限、遺族が困らない情報を詰め込んだに過ぎません。これをベースに本当に自分にとって必要な情報を書き加えていく必要があります。

1年くらいかけて、じっくり、自分史を書き綴るようなつもりで書き進めていこうと思っています。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



スポンサーサイト



未分類 | 23:45:12 | トラックバック(0) | コメント(0)