fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

それは一度もありません
たまに訊かれるのです。TOEICをやめようと思ったことはありませんか?と。何故、この質問が飛んでくるのか分かりませんが、おそらく質問者は、TOEICをやめたい、やめよう、と思ったことが少なくとも一度はあるのでしょうね。そうでないと、この質問は思い浮かばないはずだから。

やめたいと思ったことも、やめようと思ったことも一度もありません。

思うようにスコアが伸びずに落ち込んだり、悲しい気持ちになったことは幾度となくあります。自分の不甲斐なさに呆れ果てたこともあります。でも、そんなのは一瞬です。壁は高い方がいい。直ぐに気を取り直して歩き始めるわけです。一度、好きになったものを、そう簡単に嫌いにはなれません。

TOEICがくだらないと思ったことも一度もありません。TOEICの英文は無味乾燥としていてつまらないと、うそぶく輩もいますが、そういう人達は想像力が乏しい。英文のその先の世界、その先の未来を見ていないと思う。

文学的で格調高い文章や、歴史や政治経済、科学や宗教や戦争、医学や芸術などの分野の文章のほうが面白いかもしれません。しかしながら、そこに辿り着く前に、もっと基礎的で汎用的な英語運用力を養っておく必要があります。

TOEICは一般的な人の日常生活やビジネスシーンに特化した内容でテストを作成していますから、言うなれば基礎中の基礎なのですね。基礎をすっ飛ばして応用に進んでも、いずれは再び基礎に戻ってくることになるのです。

安心してください。TOEICの英文を通して、ビジネスで、家庭生活で、自分が英語を使って生き生きと暮らしている姿を思い浮かべれば、TOEICは決して「つまらないテスト」なんかじゃありません。TOEICテストは、それ自体が最終目的地ではないかもしれませんが、夢を叶える懸け橋になるのです。

やめたいと思ったことも、やめようと思ったことも一度もありません。

おそらくそれは今後も変わりません。

非力な自分には大したことはできませんが、夢を叶える懸け橋を、現実と夢を繋ぐ架け橋をつくるお手伝いはできます。橋の基礎の石垣の石ひとつくらいなら運べます。情熱を持って運びます。

昨日、『TOEIC目標スコア奪取シリーズ★誕生2周年祭』のイベントの参加希望者を募ったのですが、3時間足らずで満席となりました。TOEIC学習者の皆様の熱量には驚かされてばかりです。その熱量に負けてはいられません。

情熱のない講師に教えてもらいたいですか?本イベントの講師役を務める4人は、TOEICを心から愛する4人です。それぞれの立ち位置こそ違いますが、TOEICを生活のど真ん中に置いて、ありったけの情熱を注ぎこんでいます。

やめたいと思ったことも、やめようと思ったことも一度もありません。

それはこれからもずっと変わりません。

3月14日は、皆様にお会いできることを心から楽しみにしています。人生の大切な時間を2時間もお預かりします。あふれる情熱をエネルギーに変え、全力を尽くします。あなたの大切な懸け橋の一部は、是非、この手で作らせてください。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



スポンサーサイト



未分類 | 11:17:36 | トラックバック(0) | コメント(1)