FC2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

文法特急の暗唱法を伝授する!
昨年はコロナ禍で一堂に会してのセミナーはできませんでしたが、もし今年、あの伝説のセミナーが復活したならば、是非、やりたいことがあります。

それは、『文法特急を骨までしゃぶり尽くす勉強方法』の一環としての『英文暗唱』です。文法特急の問題文となっている英文を片っ端から一気に暗唱できる方法を実演します。

《これが12年ぶりに生まれ変わった文法特急↓》
文法特急帯あり

僕はかつて、これで900点の壁を一気に突破しました。100%独学でしたし、周りにTOEICをやっている仲間など一人もいなかった時代の話です。←ホントにひとりぼっちでした・・・。

実は、当時、英文を覚えようとして覚えたわけではないのですが、この方法を毎日、短時間でも繰り返していくと自然に英文を丸ごと覚えてしまうのです。覚えたくなくても覚えてしまうのです。気が付いたら全部、正確に覚えていました。

僕が使っていたのは、2009年発売の文法特急でしたが、今回は増補改訂版を使います。Part5の125問ある中から5問くらいセレクトしまして、実演し、皆様にも一緒に取り組んでいただきます。セッションが終わった時には、英文の覚え方を体得されていることでしょう。

僕は英文暗唱の提唱者ではありませんし、むしろ丸暗記だったら意味がないと言っているくらいです。自分が主催している学習会なども含め、僕が英文暗唱をテーマに語ったことは、過去に一度もありません。本邦初です。そして、これが最初で最後です。もうやりません。

一回こっきりの限定版で、Part5の英文暗唱の奥義を伝授します。丸暗記で終わらない、応用力がつく英文暗唱法です。しかも楽に暗唱できます。125の英文なら早い人で1週間、どんなに遅い人でも1ヶ月あれば十分です。

問題は、セミナーが開催できるかどうか、にかかっています。

そして、それより問題なのは、

自分が呼んでもらえるかどうかです。←そこ、大事だよね・・・。

伝説のセミナー復活を祈るRabbitでした。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



スポンサーサイト



未分類 | 17:16:06 | トラックバック(0) | コメント(4)
暗黒のフレーズの見本本ができました
待ち望んでおりました『TOEIC L&R TEST超上級単語特急 暗黒のフレーズ』の見本本(みほんぼん)が届きました!やはり実物は想像していた以上に濃いブラックが効いていて、インパクト抜群ですね。

《よく似ていますが右側が暗黒のフレーズです》
ツインソウル

ようやく2冊が揃いました。ツインソウルがコンプリートです。というのも、もともと黒のフレーズは1冊の予定だったのですね。僕が見出し語の候補となる単語を捨てることができずに、予定の1,500個を大幅に上回る2,000個を抱えてしまったのです。

1冊にすると優に400ページを超えてしまいますので、分厚くて上着のポケットには入れづらくなります。そこで、思い切って2分冊の提案をしてみたところ、それでは、上級と超上級に分けて、時期も半年ずらして出版しましょうという流れになったのです。

なので、元はひとつのツインソウルです。ようやく巡り合えた2人、いや、2冊なのです。感慨深いですねえ。2007年3月のTOEIC初受験からここまで、実にちょうど14年かかりました。しかし、受験するたびにコツコツと書き貯めてきた自分用のメモが陽の目を見る時が来るなんて、誰が想像してたことでしょう?

TOEICをやっていて本当に良かった。

僕は至って普通のサラリーマンであり、プロの英語講師ではありません。一般の受験者と同じ立場です。そんな僕と同じ立場の社会人の皆様や、これから本格的に英語を身に着けたいと願っている学生さんの役に立てれば、こんなに嬉しいことはありません。

決して派手なテキストではありませんが、熱意だけは人一倍込めて作りました。

黒と暗黒の2冊に掲載されている単語を覚えれば、おそらくTOEICテストにおいて単語で困ることはないでしょう。勿論、知らない単語と出会う可能性を排除できるものではありませんが、990点獲得の必要十分はここにあります。

今夜は見本本をじっくり眺めながら、友人から頂いたとっておきのウイスキーでお祝いします。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



黒のフレーズ | 15:56:31 | トラックバック(0) | コメント(2)
暗黒のフレーズ最大の秘密
4月7日にリリースを予定しております『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』には最大の秘密、というか、際立った特徴があります。ごく少数の方にはそれとなくお伝えしていましたが、それを本日、ここで公表します。

暗黒書影

前作の『上級単語特急 黒のフレーズ』では、見出し語の掲載方法が特殊でした。同じページに難易度が異なる単語を並べたという点ですね。この特徴は、黒から暗黒へとそのまま引き継がれています。ただし、一番難易度が高いSランクが200個から300に増えました。

この単語の並べ方も従来の単語集には、おそらくなかった手法だと思います。学習者にとにかく最後のページまで辿り着いて欲しくて考え出した方法だったのですが、暗黒のフレーズではもっとチャレンジングなことをしています。それは、

TOEIC未来語の掲載です。

何のことか分からないと思いますが、つまり、これまではテストに出ていないけれど、これから出る可能性が高いと思われる単語を予想して掲載しました。

公開テストとIPテストを合計して200回を超える受験経験、300冊を超えるTOEIC本、それに信頼できる辞書とコーパス。この3つを拠り所にTOEIC未来語を予測し、そのうち100個を暗黒の世界に持ち込みました。近未来にTOEICに出そうな単語の予備軍です。作ったフレーズは実際に英語の世界で使われているものかどうか、信頼できるサイトで検索して確認しました。

通常の単語本は、過去のテストに出た単語、あるいは、過去の定評あるテキストに掲載されていた単語を集めたものです。それはそれで全く正しいアプローチであって、何より無駄がありません。ただし、出題されたものをカバーしていくわけですから、必ず後追いになります。

暗黒のフレーズでは、収録している見出し語のうち、100個だけは後追いではなく、先回りしてみることにしたのです。予測して、先回りして、待ち受ける。本当にそんなことができるのか?可能だと思っています。

僕のTOEIC受験とTOEIC学習の経験、それから英語のコーパスを活用して未来語を抽出しました。まさにアナログとデジタルの融合です。

過去の受験経験などから、TOEICに頻出するトピック、TOEICに出てくる単語のデータ、フレーズのデータを纏めました。これがRabbit Noteです。そして、複数のコーパスの主に共起表現と類義語の検索機能を使って、TOEICにいつ出ても不思議ではない単語を抽出、リスト化したのです。詳しくは企業秘密です(笑)。実は、この未来語が最近のテストで幾つか、既に的中してしまっています。自分でも驚いていますけど。

遡ること半年。実は、黒のフレーズを作った時点で、既に暗黒のフレーズの原形は完成していました。黒と暗黒は元々ひとつのもので、ツインですから当たり前ですけど。その完成形を一旦崩して、未来語を入れ込むことに半年を費やしたのです。

後追いから待ち受ける態勢に!守りから攻めに!向こうの動きを待っていたら手強い相手は倒せない。暗黒の世界を牛耳るダースベーダーをぶっ倒しに、こっちから行くぞ!←この意味はあと1週間くらいで分かります。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



黒のフレーズ | 12:27:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
クララとお日様が届かない
だいぶ前に密林で、標題の新刊の原書を注文したのですが、全然届きません。配送のステータスを見たら、4月18日着の予定に変わってる・・・。4~5日で届く筈だったのに、何故、変わったのでしょうか?

《これは日本語バージョン》
クララとお日様

まあ世界同時発売だから仕方ないか。日本語の本は何処の書店にも置いてあるし、ネットでも直ぐに届くようですが、英語版は対象読者のスケールが違うのでしょうね。

僕が購入したのも、英語版の「Klara and the Sun」です。早く読みたいけど、日本語版を読んでしまったら、英語版を読み解く楽しみがなくなってしまうので勿体ないし、困ったものです。

《これが英語バージョン》
Klara and the Sun

仕方ないので、同じKazuo Ishiguroさんの別の著作をさっき購入しました。NEVER LET ME GOです。これは日本語版は読んだことがあるのですが、相当、昔のことなので、きっと忘れています。なので、思い出しながら読もうかなと思っています。映画は観てません。

《これが「わたしを離さないで」の原書》
NEVER LET ME GO

僕は、Kazuo Ishiguroさんのファンで、彼の著作は7~8冊所有しています。あまり洋書には興味のない僕ではありますが、かねてから、Kazuo Ishiguroさんの作品は機会があれば原書で読みたいと思っていました。

今がその時です。機は熟した。しかし、4月18日も、今、よく見たら、4月18日頃と記されていますね。一体いつ頃、届くことやら。公開テストの頃かな???

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:02:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
オンラインセミナーに参加してみて
濵﨑先生と大里先生のセミナーに参加しました。特に興味深かったのは、参加者が事前に提出していた質問コーナーです。Q&A形式のセッションには長い時間をかけてお二人がお答えしていましたね。

僕が面白いなと感じたのは、質問の内容です。一言で纏めてしまえば、TOEIC学習者の悩みはいつの時代も変わらないんだなということです。

質問者のスコアも示されていたので分かりやすかったのですが、どのスコア帯の人がどんな悩みを抱えているのか、読みとることができました。珍しい質問はあまりなくて、ほとんどが僕が過去に遭遇したことがある問い掛けでした。

僕も同じ悩みを抱えていましたので、その当時のことを想い出して懐かしさがこみ上げてきました。そうだなあ、そんなことで悩んでいたよなあと。僕の場合は誰にも相談せずに一人で悶々としてましたけど。

このコーナーは自宅のリビングでメモをとりながら楽しく拝見しました。相談者の方々を羨ましく思いながら。現在のスコアは低ければ低いほど良いですよね。

だってこれから先、何度もスコアアップの喜びを味わうことができるでしょう?500点台の人は、600点、700点、800点、900点とスコアアップする度に、ああ、自分の勉強法は間違えてなかったんだ、自分の努力は正しかったんだと実感できるわけです。

羨ましいと思いませんか?

英語学習の努力は、途中で諦めさえしなければ、必ず結実しますから、成果は約束されていますから、コツコツと続けていって、何度でも喜んで欲しいと願っています。羨ましい。

素晴らしいセミナーでした。旺文社さん、オープンゲートさん、有難うございました。なんとなくですが、次の著作の方向性が見えてきたような気がします。なんとなく、ですけど。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 22:01:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
2021年プロ野球セリーグ順位予想
2021年プロ野球のセリーグの順位を勝手に予想します。ちなみにワタシは生粋の巨人ファンです。

1位 巨人
2位 阪神
3位 中日
4位 広島
5位 DeNA
6位 ヤクルト

1位 巨人
菅野が戻ってきたのが大きい。怪我さえなければ、成長著しい戸郷と共に2人で25勝から30勝はするだろう。その他、先発候補多数。リリーフ陣も中川を筆頭に充実。デラロサ、ビエイラ、大竹、鍵谷、高梨、高木など。打線はサカマルオカに梶谷が加わり、かつ若手の競争激化によりチーム力は確実に底上げされている。原監督のタクトにも期待したい。

2位 阪神
クローザーのスアレスの残留が大きい。リリーフ陣は今年も盤石。スターターについては藤波の覚醒がカギを握る。近代の佐藤の加入で攻撃陣も厚みが出た。その佐藤が新人王、近本が最多安打&盗塁王、大山が昨年同様、本塁打王争いをするようなら優勝の可能性もある。個人的には、佐藤サード、大山ファーストを押したい。

3位 中日
沢村賞の大野雄大に限る。攻撃陣が弱いため3位としたが、リリーフ陣は良いので、大野が最多勝を獲るくらい活躍すると優勝もあり得る。大島と高橋がチーム内最多安打を争うくらい打ちまくり、ビシエドと平田が復活すれば、ロースコア展開での勝ち方を知ってるチームだけに恐い存在だ。そもそも広いナゴヤドームを本拠地としているドラゴンズは打ちまくって勝つチームカラーではない。

4位 広島
丸が抜け、田中と菊池に衰えが見え始めた打線に迫力不足は否めない。外国人は期待できないし、鈴木誠也さ抑えればビッグイニングは作れない。しかし、そこは守り勝つ野球ができるカープ。実績のある大瀬良、野村、久里、昨年新人王の森下と頭数が揃った先発陣に、ドラ1の栗林のクローザーがはまるとAクラス入りも十分あり得る。

5位 DeNA
本来であれば優勝候補の筆頭にあげたいチーム。昨年は筒香が抜けた穴を佐野が見事に埋めたが、コロナ禍で、頼みのソトとオースティがいきなり欠場するのはあまりにも大きな痛手だ。リードオフマン梶谷の移籍も大きく、佐野、宮脇、神里あたりでカバーし切れるものではない。元々、機動力を使えないチームカラーもあり、得点力はガタ落ちになるだろう。今永の不在も大きく、他の投手陣が踏ん張っても限界がある。

6位 ヤクルト
山田がトリプルスリー復活、青木が首位打者、村上がホームラン王を獲ったとしても優勝は難しい。何と言っても、先発ピッチャーのコマ不足はシャレにならないレベルだ。ライアン小川、40代の石井、巨人から移籍の田口、以上3人しか思い浮かばない。リリーフ陣は良いので残念だが、DeNAと最下位争いをすると予想する。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 09:44:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
午前の部に申し込みました
5月のTOEIC L&Rテストは、やはり午前の部にエントリーさせていただきました。今回は午後にしようかなとも思ったのですが、午後の部は倍率が高くなるような気がして、これまで通り、午前の部を選択した次第です。

相変わらず抽選は悩ましいですね。倍率予想は人の流れを読まないといけませんし、かといって、予想を的中させるような材料を持ち合わせているわけでもありませんから、結局、判断の拠り所となるのは、何となく、こっちのほうが当選しそうだから、という頼りないものです。

早く、希望者全員が心配せずに受験できる環境に戻るといいですね。そもそも午前・午後受験というのも緊急事態で合って、IIBCさんが編み出した苦肉の策ですからね。運営側の負担は単純計算のうえでは倍になります。

相変わらず、テスト当日に欠席者が多いのも気になります。まあ、ソーシャルディスタンスを考慮した席配置にはなっているものの、飛沫観戦する伝染病ですから、熱があったり、咳が出たり、身体がだるかったりすれば自重せざるを得ません。

しかし、そうではない人には受験して欲しいですよね。抽選に漏れて受験できない人もいるわけですから、ひとつひとつの座席にはこれまでとは違う重みがあります。僕も抽選に落ち時はショックでしばらく動けませんでした。連続受験記録がストップした瞬間でした。

TOEICの神様、どうぞ5月も抽選通してくださいませ。

ワタシ、TOEICに命懸けてるんです。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 08:42:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
初代TOEICとは?
現在のTOEICは3G、つまり第三世代です。第二世代に切り替わったのが2016年5月ですから、第二世代を知っている人は沢山いますね。しかし、初代TOEICを知っている人は少なくなりました。

どんなテストだったと思いますか?現行TOEICとは劇的に違っておりまして、まさに隔世の感があります。いろいろ変遷してきているのですが、やっぱり、分量とスピードが明らかに異なります。Part毎に示すと以下のようになります。

Part1:若干、出題傾向は変わっていますが、現行の写真描写問題と同じ形式です。際立って違っているのは問題数です。現行TOEICでは6問ですが、初代TOEICでは何と20問ありました。

Part2:これも現行のPart2と基本的には同じですが、今のように変化球、つまり間接的な応答はほとんどなくて、ほぼほぼストレートな会話でしたし、何より、ナレーターのスピードが遅い。問題数は現行の25問に対し、30問ありました。

Part3:2人の会話を聴きとって正解を選ぶ問題。現行39問に対し、初代は30問ありました。これは形式がかなり違っています。今は1セットに3問付きですが、初代は1セット1問で、これが30セット繰り返されるというものでした。会話は短くて、3ターム。つまり、Aさん⇒Bさん⇒Aさん、で終わり。これが30回繰り返される形式でした。

Part4:トークを聴きとって正解を選ぶ問題。現行30問に対し、初代は20問ありました。これが曲者でした。1セット2問付きと、1セット3問付き、1セット4問付きが混在しているのですが、先読みの段階ではセットの切れ目が分からない体裁になっています。

つまり、81番から100番まで番号が振ってはあるのですが、セットが明示されていない。つまり、81番と82番だけ読めばいいのか、83番もしくは84番まで読まなくてはならないのか分からず、音声が流れて初めてそのセットが何問だったか分かるようになっていました。

上級者になってくると、大体、切れ目は分かるものですが、初心者には辛かった。大抵の場合、最後のセットと最後から2番目のセットが3問付き、4問付きで、あと1セットどこかに3問付きが隠れている体裁になっていました。今、やってみると結構辛いけど、ナレーションは遅い。

Part5:現行のPart5と同じ形式でした。現行30問に対して、初代は30問。品詞問題とか、代名詞の問題など、基本的な問題が多かったように思います。難易度が高い語彙問題は、出ても1問か2問だった。

Part6:初代TOEICの最難関とも言われていたPartです。現行は長文穴埋め方式ですが、初代は何と、短文の誤文訂正問題でした。これが延々と20問ありました。正確な文法知識がないと全問正解は覚束ないPartだったのですね。

ただし、誤文を訂正すると言っても、訂正の仕方は分かっていなくても大丈夫で、(A)(B)(C)(D)の下線部の何処が間違えているか、指摘するだけのものでした。1ヶ所だけ間違えていて、それを特定してマークすればOKでした。でも、このPartが満点狙いの人を蹴落とすPartだった。

Part7:現行の長文読解問題と同じ体裁ですが、すべてシングルパッセージでした。問題数は、現行の54問に対し、40問。1セットが2問付きから4問付きで、15セットありました。今の僕がこの40問をやると、概ね20分から25分程度です。

ひとつの文書の中で複数の箇所を参照して解答を特定する問題はありますが、複数文書によるクロスリファレンス問題はありませんから、早く読み終わって、早く解答できます。

といった感じですね。僕は初代TOEICの受験経験はないのですが、当時、販売されていた「TOEIC公式ガイド&問題集」「TOEIC公式ガイド&問題集2」というテキストを持っておりまして、それを元ネタにして、この記事を書いています。もしかしたら、実際のテストと乖離している部分があるかもしれませんが、何となく雰囲気だけでもお伝えできればと思い、書くことにしました。ご参考になれば幸いです。

初代公式ガイド

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 09:21:40 | トラックバック(0) | コメント(3)
最近のPart7の読み方
Part7では相当な分量の英文を多くの人は60分以内で読んで、かつ、54問もある設問の解答を選択しなくてはならないわけで、つまり、時間に追われて忙しい。

文書を数えてみると、シングルパッセージが10個、ダブルパッセージが2セット×2個で4個、トリプルパッセージが3セット×3個で9個。それぞれ長さは違うけど、全部合計すると、23文書かな?まあ、そこそこの分量ですよ。これをどうやって読む?

ある人は、設問を読んでから本文を読むといいと言うし、またある人は、本文を読んでから設問を読んだほうがいいと言う。結局は、人によって実力もバックグラウンドも違うわけだから、好きにすればいいと僕は思っています。僕もだいぶ変わってきました。

最近はどうやっているかと言うと、先ずは本文をざっと斜めに読んでいます。短い文書だと10秒くらい、一番長いものだと45秒くらいかな?正確に測ったことないから体感ですけど。

つまり、僕は、Part7の文書を少なくとも2回は読んでいるのですね。1回目は、その文書の大まかな内容と、どん情報がどの辺りに書いてあるかをざっと確認しています。その後、設問を最大で3つまで読んで、もう一度、本文に戻って今度はじっくり読む。今の僕にはこの読解スピードがあるということですね。

このやり方が上手くハマる時は54問全問正解します。その場合は15分くらい時間が余って、気になる文書はもう1回、つまり3度目になるわけですけど、1行目から最終行までじっくり読みます。そうすると、読み間違いに気づくわけですね。解答も修正します。これが必勝パターン。

これとは対極の読み方で、ゆっくりじっくり1回だけ読んで、内容を頭にバッチリ、インプットするというやり方もあります。これも物凄く効果があるのですが、読解スピードを落とすのに勇気が要るのですね。焦っている時は特にです。

日曜日の公開テストでは、この2つの読み方を使い分けました。シングルパッセージの8個目まではスピードを落として、じっくり1回だけ読み、シングルパッセージの9個目と10個目、マルチプルパッセージは全部、素早く2回読みしました。結果、15分余り、読み落としがありそうな文書をもう1度読み直しました。

長い文書と複数の文書は、速く1回、じっくり1回、合わせて2回読み、短い単文書はじっくり1回だけ読んだのですね。結果、上手くいったような気がします。実は、これ、前日の模試会で試して上手くいったから、本番で実行したのです。

自分の合っている方法が実力や経験と共に変わっていきますから、時折、見直して、今の自分のピッタリ合った方法に柔軟に変えていったらいいと思います。そんなマイナーチェンジを繰り返していくも楽しいものです。次回はどうしようかなと思うと、今からワクワクします。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 12:27:37 | トラックバック(0) | コメント(6)
同時に磨きたいもの
日々、英語の学習をしていると、実力が上がってきたことを実感できる瞬間が度々あります。多くの場合、過去の自分との比較において気づくわけですが、SNSなどでの友人の発言によって気づかされることも最近では多くなりました。

ああ、そう言えば、自分も少し前までは同じことで悩んでいたなあ、とか。外国語の学習って、その人ならではのステージがあって、それを超える度に、目の前に広がる風景が劇的に変わりますよね。目に入ってくるものが違ってくるというか、上手く言えないけど。

今日は、そういうことが言いたいんじゃなかった。

語学にしろ、スポーツにしろ、極めようとすれば徐々に上のステージに立つことになるわけだけれど、それと同時に、人間性というか、人格というか、そういうものも磨いていきたいですよね。いくら頭が賢くなってって、いくら丈夫な身体になったって、人を傷つけるような人間になってしまったら、その成長には意味がないと思うのです。

僕は普通のサラリーマンのオジサンで、偉くもなんともないけど、年齢を重ねるごとに人格も磨いていきたいなと思っています。そうは言っても、知らないうちに、何気ない言動で他人を傷つけてしまったりすることもあるでしょう。過去にもきっとあったと思います。

だから、少しずつですね。自分の内面を高めていかなくてはならないと。

このコロナ禍で、相変わらず感染者は思うように減っていかないけれど、それでも、日本はロックダウンせずに、行政からのお願いベースの自粛で、何とか最低限の秩序は保っていると思うのです。自由と規律のバランスを上手く保っているということでしょう。勿論、例外はあるけれど。

この世界に誇れる国に生まれて、運よく仕事があって、これも運よく英語学習ができる環境に恵まれて、それだけじゃあ申し訳ない。魂も少しずつ磨いていきたいと思うのです。本当に偉い人って、例外なく謙虚ですものね。

実るほど頭が下がる稲穂かな。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:49:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
第264回TOEIC L&R公開テスト感想
予定通り、東京経済大学の国分寺キャンパスで受験してまいりました。雨降りで身体が濡れるは気持ち悪いのですが、花粉の飛散量が控えめになるのは有難いことです。

早く着きすぎて建物の中に入れてもらえなかったのですが、並んでいる人達の手には、金フレ、文法特急、読解特急など、特急シリーズが握られていましたね。そんな中、一人だけ黒のフレーズを見ている人を初めて発見!いるんだなあ・・・。

さて、受験した教室は地下階でしたので、静かで良い環境でした。僕は大教室のほぼど真ん中の席でした。隣の方が何度も僕のほうをチラチラ見ていて、一度目が合いましたけど、どこかでお会いしたことがある方だったのかなあ?だとしたら、ご挨拶もせずにすみませんでした。

え~と、僕はPart1の1枚目の写真が男の人が脚立に乗っている写真でした。いや、よく見たら女の人でした・・・。Part毎の僕の印象は以下の通りです。難易度はあくまでも僕が受験したフォームで、ここ2年以内に受験した公開テストと比べての印象です。

Part1:普通(写真が分かりにくかったけど・・・。ブツブツ・・・)
Part2:易(ここ数回では一番易しかった)
Part3:やや難(なかなか解答の根拠を言わないセットが2つあったので)
Part4:やや難(高速スピードはなかったが、セット1問目のひっかけが幾つかあった)
Part5:やや難(語彙レベルが高いものと、前置詞の難問があった)
Part6:易(悩む問題はなかった)
Part7(SP):普通(articleで状況が分かりにくいセットがあった。166~168だったかな?)
Pat7(MP):易(拍子抜けするくらい易しかった)

Part1は1枚目の写真でノックアウト!え?え?と思っているうちに選択肢(D)まで読まれていて、(D)のエプロンがエアプレイン(飛行機)に聴こえて正気に戻りました。Part2はここ数回では一番易しかったと思います。31番は聴いてなかったけど・・・。

Part3とPart4は警戒していた高速スピードのセットはありませんでした。グラフィック問題も意図問題もオーソドックスなものばかりで難しい問題はありませんでした。ただ、どちらもなかなか解答を一つに絞り込む根拠を言わないセットが幾つかあって、最後までよく聴け!ってことかなと思いました。

Part5は名詞を選ぶ語彙問題で1問、相応しい前置詞を選ばせる問題が1問、難問でした。他の28問は易しかった。いやあ、花田先生の文法特急おそるべし!類似問題があっちにもこっちにもビシバシ出ていました。僕が認識しただけで10問以上、文法特急ソックリでしたよ。持ってない人は今日、買いに行ってくださいな。マジで出るから。問題の再現にならないように幾つかご紹介しますね。

人を表す数詞を文頭に入れる
代名詞の所有格を入れる
複数形の代名詞を入れる
目的や方向性を表す前置詞を入れる
経由や手段を表す前置詞を入れる
逆説の前置詞を文頭に入れる
条件を表す接続詞を入れる
形容詞の前に副詞を入れて定番のコロケーションを完成させる
位置を表す過去分詞のまえに副詞を入れて定番のコロケーションを完成させる
不定冠詞の後に単数形の名詞を入れる
形容詞の後の複数形の可算名詞を入れる
be動詞と共に述語動詞を形成する形容詞を入れる
モノが主語の文の述語動詞に受動態を選ぶ
人を表す複数形の名詞を選ぶ
対象を限定する副詞を入れる

これらは全て文法特急の増補改訂版に類似問題が出ているし、きちんとマスターしていれば正解できる問題ばかりでした。今、数えたら15問ありますね。Part5の半数です。文法特急を丁寧に学んでいれば少なくとも15問は正解できた筈です。

Part6は、話の流れが分かりやすいものばかりでした、したがって、文挿入問題も易しかった。Part5ではじっくり検討していたので9分かかりましたけど、Part6は5分で終わりました。今回は珍しく解答記号に偏りがありました。

Part7はarticleが多かったですね。マルチも入れると、5つあったかな。僕は記事問題が好きなので気になりませんでしたけど、記事が苦手な人は辛いセットだったかもしれませんね。article問題にあった同義語問題が一つ難しくて、見直し時間に解答を変えたら、どうも最初に選んだ解答が正解だったらしい。

Part7を総括すると、シングルが普通で、マルチが易しいパターンでしたね。マルチプルパッセージのクロスリファレンス問題は、TOEICに慣れている人なら間違えない定番の問題ばかりでした。易しすぎて、実はどこかに落とし穴があるのではないかと思い、二度見したりして・・・。逆を言えば、このクロスリファレンス問題が解けないなら、まだMPの演習が足りないということですね。

今回、前日模試会で試した方法が上手くいったので、本番でも取り入れてみて成功しました。それはHUMMERさん(濵﨑潤之輔先生)に教えてもらった方法で、Part7の正解の選択肢を見つけたらそれ以降の選択肢は読まないで次に進む、とうものです。

僕は仮に(A)が正解だと思っても、(B)(C)(D)の選択肢もきっちり読むタイプなのですね。(B)(C)(D)に出てきた単語やフレーズも覚えたいからです。でも、これだと時間がかかりすぎて満点を狙いにくくなるのです。それで今回に限っては止めたんです。結果、ゆっくり200番まで解いて、15分余りました。

あ、そう言えば、NOT問題がありませんでした。僕が受けたフォームでは1月もNOT問題がなかったんですよね。2月はあったけど。NOT問題がないということは、NOT問題など作らなくても全文を読ませる自信があるということです。

今回の難易度では、リスニング3ミスまでが495点、リーディング1ミスまでが495点と予想します。僕の結果はLもRも1問ずつ足りなくて490+490=980点と予想します。でも、もしかして・・・。え~、980点の可能性が70%、985点の可能性が25%、990点の可能性が5%ということにしておきましょう。

4月も頑張るぞっ!おおお~!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



公開&IPテスト | 07:52:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
第264回TOEIC L&R公開テスト当日
あいにくの空模様となっておりますが、本日はTOEIC L&Rの公開テストです。僕は久しぶりにホームグラウンドの東京経済大学 国分寺キャンパスでの受験となります。

昨日までは花粉症のアレルギー反応が酷かったのですが、雨のお陰で少し症状が緩和されているような気がしますね。もしかして恵みの雨かも。このまま収まったままでいて欲しいと祈っています。テスト中にくしゃみが始まったら自主的に退場ですからね。おっと、目薬も忘れないようにしないと。

今日の一番の目的は、黒のフレーズと暗黒のフレーズからどんな単語が出ているかを確認することなので、黒のフレーズを1冊と、まだ本になっていない暗黒のフレーズのゲラ刷りをリュックサックの中に入れて、テスト後に直ぐチェックできるようにしています。

午前中の受験は時間の感覚がいまいち身体に染み込んでいなくて、何だかフワフワした感じがしますけど、そのうち慣れてくるでしょう。遅くとも、受付開始時間の9:25までには大学に到着できるよう、十分余裕をもって家を出ます。

終わりましたら、また、このブログに感想などをアップしたいと思っています。それでは受験される皆様、コロナの感染対策を徹底しつつ、頑張ってまいりましょう。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



公開&IPテスト | 07:46:54 | トラックバック(0) | コメント(1)
少人数の前日模試会トライアル
明日はTOEIC L&Rの公開テストということで、今日は模試を解いて調整します。本当であれば、20名程度の前日模試会を開催したいところですが、緊急事態宣言下ということで、大掛かりな集まりは自粛して、ごくごく少人数での模試会を試行実施してみることにしました。

人数は5名で、全員が860点以上のAランク達成者です。いつもは2時間の模試解きタイムに1.5時間の解説&質疑応答、準備や休憩に1時間で、合計4.5時間としているのですが、今日は省力化を図って、3時間。

セットアップに15分、模試解きに2時間、質疑応答&後片付け・撤収に45分という流れにします。初めての会場で換気の状態がよく分らないので、教室での滞在時間を少しでも短くする狙いがあります。2.5時間にしようかとも思ったのですが、流石に忙しくなりそうなので、それは止めました。

使うテキストは、韓国の既出問題集2のTest10としました。高得点者だけの少人数の集まりだし、日本語訳や解説は不要だろうと判断した結果です。

既出問題集2RC

今回のトライアルが上手くいけば、今後もこのテキストを使って少人数の模試会を実施するかもしれません。Zoomを使って、リアル模試会とオンライン模試会のハイブリッド方式も考えましたが、通信状態など、責任を持てませんし、プラス、運営者である僕の負担が増えて模試解きに参加できなくなるため断念しました。

さて、準備に取り掛かるかな。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 10:24:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
暗黒のフレーズが校了しました!
長いこと執筆作業を続けておりました『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』が無事、校了まで漕ぎつけました!これで何とか、予定していました4月7日の発売に間に合います。

少しだけ肩の荷が下りました。まだレコーディングがあったり、細かいチェック作業があったりで、完全に終わったわけではありませんが、著者としての第一関門は何とか突破した模様です。←ホントかっ?

暗黒書影

しかし、何度、携わってみても、本づくりというものは大変な仕事だと思います。まあ、言ってみれば、何もないところから何ものかを紡ぎ出して作品にするわけで、簡単なわけはないのでありますが、なかなか思うようには進んでくれません。

今回も何とかスケジュール通りに校了できたのは、スーパーマン的な仲間達に囲まれていたからです。あり得ない集中力と神がかり的な技術を持っていらっしゃる方々を味方につければ、平均的サラリーマンの僕でも何とかできるわけであります。仲間達の応援は本当に有難かったし、また運も良かったと思います。

それにしても、今回の終盤の盛り上がりは物凄かったなあ。序盤、中盤はそれぞれが持ち場でコツコツと淡々と役割を確実にこなしている感じでしたが、あと少しでゴールだとなった時の団結力と勢いは半端ではなく、僕も皆に引きずられるようにしてゴールのテープを切りました。

もう、感謝しかありません(´;ω;`)ウッ…。

もう少しで2つ目の夢が現実になる。

夢なら覚めないでくれ・・・。

心の底からそう思うのであります。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



黒のフレーズ | 12:47:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
極めろ!リスニング解答力!
極めろ!シリーズのリスニング編が出て、これで全パートの極めろくんが揃いましたね。リーディングの2冊と一緒に3冊並べると物凄い分厚さで迫力満点です。

極めろリスニング

元々、僕はスリーエーネットワークの解きまくれシリーズと極めろシリーズのリスニング本はやっていたのですね。リスニングBOXの5セットを終えて、花田先生のリアル模試を終えて、その後、やるものがなくて書店で探していたら見つけた。

その分厚さに一瞬たじろいだけど、買って帰りました。当時はまだリスニングが450点くらいだったと思います。絶対的な演習量が足りていないと感じていた時だったから、まさに渡りに船といった感じで即購入したわけです。

当時、僕はAmazonとか楽天のオンラインサイトではTOEIC本は買わないことにしていました。必ず書店に足を運んで、現物を実際に手に取って、買うか見送るか判断していました。その僕も、この分厚さにはビビった。

当時の「極めろ!リスニング解答力」については、あんまり問題は解かずに、電車の中とか歩行中にウオークマンで音声ばっかり聴いていました。あの頃はスマホじゃなくてウオークマンだったなあ、懐かしい。

慣れてきたら、1.15倍とか1.25倍に速度を上げて高速スピードにも対応できるようにトレーニングしていたのを覚えています。それが聴けるようになってからですかね。リスニングで495点が出るようになった。結構、思い出があるテキストなのです。

今回、出版社から献本をいただきましたので、あの頃を思い出しながら、取り組んでみたいと思っています。なにせ分厚くて問題量が半端ではありませんから、いつ終わるのか予想もつきませんけど、Part1から順番に丁寧に取り組んでいきます。

関先生の解説も楽しみです。リーディングも関先生の解説は分かりやすかったし、チラッと読んだけど、リスニングも高品質だと思います。一通り、学習しましたら、レビューをアップします。前作から内容は折り紙付きです。リスニングで480点とか、490点とかじゃなくて、一気に満点獲りたいのなら、この本は買いです。

Amazonの予約はこちらから↓もう予約始まっていますよ。
極めろ!リスニング解答力 TOEIC L&R TEST

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



TOEIC国内本レビュー | 05:40:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
花粉が猛威をふるって
今年の花粉の飛散状況はよく知りませんが、花粉症の症状は酷いです。あまり外に出ないからこの程度で収まっているのだろうと思いますが、僕の場合、目と喉にきています。

鼻は2月に入った時点で主治医さんに薬を処方してもらって服用していますので、さほどではありませんが、目は目薬を差しても全然ダメで、朝起きると目が開きません。目を閉じたまま洗面所まで這って行って、目を洗浄してようやく目が開く感じです。

喉は、くしゃみをマスクの中で抑えるのが良くないのか、扁桃腺が真っ赤です。声を発すると痛くてどうしようもなく、今は音読なんて絶対できません。仕事でかかってくる電話をさばくので精一杯です。

東京の田舎に住んでいるから余計に花粉に悩まされるのかもしれませんね。都会まで通勤していた頃は、そんなに酷くなかったような気がします。やはり、田舎は都会より草木が多いから、花粉の量も違うのだと思います。

明日は一日中、家の中にいて、外に出にようにします。この状態が続くとなると、公開テストに行けません。リスニング時間中にくしゃみが出たら大顰蹙を買いますからね。症状よ、収まってくれ!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:13:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
文法特急増補改訂版の神セブン
OJiM監督が文法特急の「個人的ベスト3」を選んで公開していましたので、早速、僕も真似てみようと思いました。全問、解き直し、自分なりの物差しで選んでみたのですが、たった3つに絞り込むのは無理でした。削って削って7つ。

それが以下の問題です。左側の数字がページ、右側の数字が問題番号です。この7問があれば、3時間くらい余裕で講義できる自信があります。それだけ学びのポイントが多い良問なのです。選んだ理由を書いておきますね。

059-21
159-11
165-14
279-01
289-06
295-09
305-14

文法特急改訂版

059-21. 不定詞をきちんと理解していないと自信を持って選べない問題です。正しい前置詞を選ぶ知識と、不定詞の主体を見極める読解力が問われています。

159-11. TOEICは頭でっかちな主語が大好きです。ちまちま読んでいないで、目を一気に左から右に、上から下に走らせましょう。長い名詞のカタマリが見えましたか?

165-14 惚れ惚れするような美しいパラレリズムの中に、さりげなく比較表現という刺客を忍ばせたニクイ問題です。3行目のキーワードが見えたなら正解に辿り着ける筈ですよ。

279-01 本書の難問を3つあげよ!と言われたらこれは必ず入るでしょう。名詞とは何か?という深い疑問に直面する珠玉の1問です。裸の名詞に違和感を覚えて怖がっているようでは上級者への扉は開かないのであります。

289-06 形の上では壊れているパラレリズムでも、ネイティブのパラレルの意識は壊れていない。何が自然な英文か、考えさせられる問題です。ネイティブが使う自然な英語にこだわった英文がキラリと光ります。

295-09 これまたTOEICのお家芸である後置修飾を巧みに盛り込んだ良問です。述語動詞が持っている語法に後置修飾を絡めるなんて、さっすが花田塾長!いよっ、男前!

305-14 見た目は易しい単語をナメてはいけない。名詞と動詞の綴りが同形の単語は英文の構造を見にくくするのですよ。きちんとSVを見抜く訓練を積んでいる者だけが、この正解を選べるのです。

という感じで勝手に選んでみました。いやあ、文法特急って、ホントにいいもんですね。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ~!ではでは~。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



TOEIC国内本レビュー | 16:05:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
音声レコーディング
暗黒のフレーズの音声レコーディングに立ち会ってきました。黒のフレーズのレコーディングから約半年ぶりになります。久しぶりすぎて建物の入口が分からずウロウロしているうちに集合時間に2~3分遅れてしまいました。汗汗。

今日は英語音声の収録だけでしたが、吹き込んでくれるナレーターさんは黒のフレーズのナレーターさんと同じです。お二人とも良い声してますよねえ。綺麗な声なんですけど、響く、野太い、キレガいい、そんな感じです。

ミスが少なくて、テンポ良くリズミカルに進んでいって、予定の時間よりも早く終了しました。本当にプロフェッショナルですね。素晴らしい。ついでに、1ヶ所、僕が間違えていたところに気づいてくれて、その場で修正することができました。助かったあ~。

それにしても、自分が作ったフレーズ達をネイティブスピーカーに読んでもらうのは不思議な感覚です。まさしく、フレーズに命が吹き込まれていくような感じがして心地よい。明日は、日本語部分のレコーディングで、それが終われば、音声収録は完了です。

一歩ずつ発売に近づいています。まだ解説・コメント部分については、時間が許す限り、より良いものに修正していくつもりですが、95%くらいは仕上がったのかなという印象です。黒のフレーズを超える難敵がたくさん待ち受けていますよ。是非、倒してください!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:44:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
TOEIC目標スコア奪取シリーズ★誕生2周年祭終了
本日、TOEIC目標スコア奪取シリーズ★誕生2周年祭にご参加くださった皆様、誠に有難うございました。オンラインとはいえ、久しぶりに皆様のお元気な姿を拝見することができて何だか安心しました。

コロナ禍で一時期、受験がままならなかったり、混乱状態に陥っていましたが、関係者の皆様の努力で少しずつ落ち着きを取り戻しつつありますね。TOEIC界隈も動きが活発になってきているような気がしています。

とはいえ、未だ一都三県では緊急事態宣言が解除されていない状況ですから、相変わらず感染対策は万全にして日々の生活を送るように心掛けましょう。明日は久しぶりに都心に出掛けてきます。僕は在宅勤務率100%ですから、もうどうやって電車に乗るのかも忘れてしまいました。

桜の花も徐々に開花を始めているようで、外出も楽しみです。人が多いところへは行きませんけど。今後もいろいろとやりたい「イベントがあるのですが、やはりオンラインかなとも思っています。今日の感じであれば、少人数なら7僕でも何とか運営できるかもしれないと思いました。100人は無理だけど、20から30人なら何とかできるかも・・・。

来月は新刊の出版も控えているし、花田塾のチャリティセミナーもありますから、いろいろと工夫して知恵を絞って、コロナ禍ならではのイベントを考えてみたいと思っています。その際は、皆さん、ご協力くださいね。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 23:47:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
TOEIC目標スコア奪取シリーズ★誕生2周年祭
明日は、待ちに待ったホワイトデーです。いや、違う。TOEIC目標スコア奪取シリーズ★誕生2周年祭が開催されます。ちょうど1か月前のバレンタインデーに告知したやつですね。

定員はスタッフも含め100名と限られていますので、あっという間に席が埋まってしまい、参加できないという人もいるかもしれません。この場を借りましてお詫び申し上げます。

僕は最後のスロットで講義させていただきますが、860点奪取の方法のPart5の4問を使う予定にしております。別冊の12~14ページで、52番、59番、62番、65番を使いますので、気になる方は事前に見ておいてくださいね。

勿論、860奪取は持っていないという方もいらっしゃいますので、問題はスライドに映します。その場で初めて見るということで一向に構いません。1問20~30秒程度で解いていただいて、その後、問題解説をします。

ただ解説しても面白くありませんから、この問題の出題者の意図は何か?他に吸収していただきたいと思っていたポイントは何か?など、詳しくお話をしたいと思っています。別冊を使用する理由は、本編に比べ、解説に割けるスペースが限られていたため、若干、解説が手薄な部分があるからです。そこを補完したいという狙いもあります。

特に、TOEICの英文を読むうえで、どこにポイントがあるのか、どんなところに目を向けるべきなのか、について学んでいただければ幸いです。きっと、今後の学習の手助けになると思います。

本当はPart5問題の英文作成、問題作成について講義しようと考えていたのですが、マニアックすぎて、25分の持ち時間では到底できないことが判明し、その企画は涙を呑んで見送ることとしました。面白い企画だったんだけどなあ・・・。

ではでは、明日、お待ちしております。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:15:22 | トラックバック(0) | コメント(2)
Amazonに書影が出ました
本日、『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』の書影がAmazonに掲載されました。本書は、『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』の続編であり、この2冊でTOEICの難単語はコンプリートだと思います。

暗黒書影

書影を見ていただければ分かりますが、表紙の上と下に星が散りばめられています。表紙に星を散りばめちゃったのは、特急シリーズ初です! そうです! 暗黒の宇宙をイメージしております。銀河系のイメージですね。私は宇宙飛行士ではないので行ったことないけど・・・。

帯は現在、作成中でして、完成次第、書影に反映されると思います。これがまた格好いいのです。この週末は、最後の最後のブラッシュアップに全力を尽くします。勿論、奪取シリーズ2周年記念イベントも全力で頑張りますよ。

あ、そう言えば、Amazonのサイトで『暗黒のフレーズ』の予約が既に始まっております。価格は850円+税に変更となります。是非、是非、ポチッとお願いしますね。
超上級単語特急 暗黒のフレーズのご予約はこちらから!

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



黒のフレーズ | 15:23:29 | トラックバック(0) | コメント(1)
あれから10年
名古屋勤務から東京に戻ってきて2年が経とうとしていた頃だった。英語を使う会社に異動となり、海外との慣れないEメールのやりとりに四苦八苦しながら、ひとりの部屋に戻れば、ひたすら文法特急の解説を繰り返す毎日でした。

10年前の今日は、関西の大手企業と商品のレート交渉があって、自社のトップを帯同しての勝負のプレゼンだった。前の日はプレゼンの練習を何回も繰り返していてほぼ寝ていない状態でした。東京から新大阪までの新幹線の中でもイメージトレーニングを繰り返していた。

そう。その時間にはまだ、あの凄惨な災害が起こることなど微塵も考えていなかったのです。

13:00のアポイントで、約1時間半のプレゼンを終え、脱力しかかっていたけれど、その日のやりとりを忘れないうちに紙に書き起こそうと、某企業の1階の喫茶室で、上席とミーティングの内容を思い出しては紙に書きなぐっていた時。

突然、視界がぐにゃりと曲がった。

一瞬、自分の脳がどうにかなったのかと思い、慌てたが、周りの人達の様子も尋常ではない。恐る恐るソファから立ち上がると、フロア全体が大きく揺れているではないか。直後、「地震発生!地震発生!エレベーター緊急停止!」とのアナウンスが館内に響き渡った。左腕のG-shockは14:46を示していた。

大阪の中心にいてこれだけ揺れるということは、てっきり南海トラフの大地震が起こったのかと思ったのですが、なんと震源地は遠く離れた東北沖であったことを後で知る。急ぎタクシーに乗り、新大阪駅に向かうも、到着した時には既に登りの新幹線はすべて止まっていました。

その日のうちに東京へは帰れないことが判明し、東京のオフィスに電話をかけるも全く通じない状況で、事態の深刻さがじわじわと伝わってくる。宿を確保しようとビジネスホテルに電話をかけまくったが、15時前にして何処もかしこも予約で一杯。街の中心から少し離れた場所にかつて宿泊したことがあるホテルがあったことを思い出し、電話すると、ダブルルームであれば1室だけ空きがあると言われ、即予約した。

宿がとれたことで一安心し、そう言えば、身内が大阪にいたことを思い出し、事の顛末を話して、夕食を共にすることにした。もう帰れないし、じたばたしても仕方ない。夕刻、待ち合わせて、寿司屋に連れて行ってもらい、その後、隣のビルのバーで軽くウイスキーを飲んでいた。

その時は、街の様子も店内の様子もいつもとそう変わらない様子だった。地震、揺れたよねえ、という声は少し聴こえてきたけれど、大阪の街では誰も慌てている様子はない。でも何だか、心が騒ぎ出して仕方ないので、連れとは分かれ、タクシーで宿屋に向かった。車内には漫才の音声が流れていたのを薄っすらと覚えている。

程なく宿に到着。お疲れさんです。毎度おおきに。受付で簡単なやりとりをして部屋のキーを受け取り、エレベーターで部屋へ向かう。エレベーターは問題なく稼働中だ。やっぱり大したことなかったのかな。期待と不安が入り乱れる心を抑えて、部屋の鍵を空ける。

まっさきにしたことはテレビのスイッチをオンにすることだった。どの局だったかまるで覚えていないが、そこには生まれてこのかた、見たこともない凄惨な光景が映っていた。

え? 津波?? 津波???

そのまま半時ほども立ち尽くしていただろうか。時間が止まっていて、どれだけ経過したのか感覚が分からない。先程、分かれた連れから電話の着信があり、東北が大変なことになっているぞと言われた。知ってるよ。今、心がそこに飛んでいるから。心も身体も震えていた。

あれから10年が経った。

あの悲惨な東日本大震災を忘れてはいけない。忘れようもないけれど、あまりにも辛くて目をそむけたくなるけれど、忘れてはいけない。まだ何も終わっていない。

翌年から、僕は、尊敬する花田先生率いる花田塾のチャリティセミナーに参加するようになり、今も東北の復興支援に携わっている。あの大災害が人々の記憶から薄れていかないように、忘れ去られてしまわないように、被災地の人達だけが取り残されてしまうことがないように、これからも生きている限り、何らかの形で復興支援を続けていきたいと思っている。

あれから10年が経った。

でも、

まだ、

何も終わっていないから。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 06:03:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
暗黒のフレーズは佳境に入りました
黒のフレーズが完成したその日から、暗黒のフレーズの作成に取り掛かりまして、既にはや半年以上が経過しているわけですが、そろそろ佳境に入ってまいりました。本の体裁と同じになったオン冊物をゲラ刷りというのですが、もう何回も刷っていただいて、今日も修正した箇所を出版社にお戻ししました。

一切の妥協なく取り組んでいますので、完璧だと思っていた箇所もよく見れば直したくなり、結局は手を入れることになります。1,000個の見出し語だけは決まっていますが、それ以外は、つまりフレーズも、訳も、解説も、今よりも良くなる可能性があるなら、ゼロベースで検討し直して、場合によっては修正します。

一見、孤独で大変そうな作業だと思われるかもしれませんが、実はそんなことありません。本の制作は、ゴールが近づいてくるにつれて、他のプレイヤーとの共同作業が増えてきます。それまでは分業作業が多いわけですが、佳境に入ってくると、俄然、ワンチームになってくるのですね。

だから、ゴールが近くなるほどに、自然と盛り上がってくるのです。仲間達と一緒にモノを作る喜びは本当に溜まりません。ここに至るまでには苦しい局面もあった筈なのに、そんな苦労など何処かに吹っ飛んでしまって、ああ、もう少しこのまま、この仕事をしていたいなあと思ったりもします。

まだ書影こそ出ていませんが、Amazon の予約も始まっているみたいです。販売価格は黒のフレーズと同じになる予定で、850円+税となる見込みです。今は少し高めの金額が表示されていますが、修正される筈です。既にご予約いただいた場合でも、金額は自動的に修正されますのでご心配無用です。

編集者さん、校正者さん、監修をお引き受けいただいている〇〇先生、音声レコーディングをしてくれるナレーターさん、他にもいろいろと縁の下で僕を助けてくださっている人達がいます。読者さんは勿論ですが、この周りにいてくれる仲間達のためにも良いものを作りたいなと思っています。

TOEIC学習者の夢、特急シリーズを世に出すこと。半年前にその夢が叶い、信じられないことに早くも2冊目が出るのかと思うと、身が震えるような思いです。学習会で一緒に頑張ってきた仲間達がいなかったら、この2冊は書けませんでした。今、この瞬間が奇跡です。

暗黒のフレーズ製作は佳境に入りました。もうすぐ形になります。

山国の遅い桜が咲く頃、おそらく完成します。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!


未分類 | 19:30:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
4月も無事当選
4月の公開テストも無事に当選しました。僕は東京午前受験組ですが、皆さん、当選しているような気がしますね。SNSなどで見る限りでは、4月に東京で申し込んだ方で抽選で落ちた人は見当たりません。

徐々に受験会場の手配が整ってきたのでしょうかね。IIBCさんのご苦労には感謝です。コロナが終息に向かわずに緊急事態宣言が延長されている状況ですからね。大変な努力をされているのだろうと拝察します。これを当たり前と思わずに感謝して受験しなくてはなりませんね。

さて、4月はまだ先ですが、3月の受験票が届き始めたようですね。我が家にはまだ来ていませんが、ネットで受験会場は確認できますので、見てみたら、東京経済大学でした。一番、当たる確率が高い会場なのですが、何だか久しぶりです。

新宿のNSビルとか、吉祥寺の成蹊大学とか、普段は当たらない会場ばかりでしたから、ようやく通常モードに戻ったということなのでしょうか?いや、そんなことありませんよね。だって、午前と午後の2回に分けているわけですから。コロナ前に戻るにはまだ1~2年かかるのでしょうね。

家の桜の木が日に日に変化していきます。毎日、見るのが楽しみです。朝と夕方では全く違うのですよ。それだけ蕾が育つスピードが速いのです。植物は強いね。コロナなんて関係ないもの。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:22:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
落ち着いたらまた来るね
新型コロナウイルスが蔓延して以来、あらゆる業種の方々が苦しい経験をしている。特に、夜にお酒を提供する飲食店は大変な思いをされていると思う。こんな言い方をすると、揚げ足を取るように、他の業態だって大変なんだとという批判の声を浴びせる輩が要るけど、そんなことを言っているわけではない。

伝染病が流行している最中、人の口に入るものを限られた空間で提供している店の、そのご苦労たるや、想像を絶するものだ。追い打ちをかけるように、お酒を提供する店が午後8時に閉店しなくてはならない状況というのは、普通に考えても只事ではない。実質の営業時間は数時間だ。

在宅勤務が推奨されているとはいえ、まだまだテレワークができる環境が整っている人は多くない。多くのサラリーマン達は、不安にかられながらも、決して空いてはいない電車に乗り、都心まで通勤している。午後5時、6時に仕事を終えても、同僚で固まって飲みに行くなどできぬご時勢ゆえ、せめて密にならぬよう、自宅近くの馴染みの店に顔を出そうと思うだろう。

しかし、入店はせいぜい7時頃。つまり入店と同時にラストオーダーを迎える理不尽に直面する。そんなわけだから、どうしても足が遠のき、スーパーのタイムセールで半額になった刺身でも食らいながら家飲みを決め込むことになってしまう。それはそれで悪くはないが、馴染みの居酒屋に貢献できない。それが身を切るような思いがして辛い。

とある居酒屋での会計時に、常連さんが何気なく言った言葉と、聴こえるか聴こえないか微妙な大きさの声で店主が放った一言が今も耳に残って消えない。

マスター、しばらく来れないけど、コロナが落ち着いた頃にまた来るね。

(独り言のような小さい声で)その頃には、うちの店は潰れてるよ。

えっ??? 何???? 何か言った???

いや、何も。毎度有難うございます。おおきに~!

本当だよ。嵐が過ぎ去ってから戻ってこようとしても、もう店は跡形もない。クラウドファンディングでもしてあげたらいいのかもしれないけど、何せ救わなくてはならない対象が多すぎてそうもいかない。だから、自分は、感染対策をしっかりしながら、お店に通おうと思っているし、実際にできる範囲でそうしている。そんな振る舞いを責める人もいるけれど。

大人数でおしかけて大きな声で騒いでるような輩は言語道断だけれど、何とかして自分たちの贔屓の店を守りたいと、節度を保って通っているお客さんまで一色担に責めないで欲しい。あなたがいつか、コロナが収まってから店に戻った時、そこに座れるのは、通い続けた人がいたからなんだ。あなたが自粛したからではない。

自粛すべきなのか、応援に通うべきなのか、悩ましい。人それぞれ立場も違うしね。どっちが正しくて、どっちが間違ってるということでもない。でも、BOSSの缶コーヒーのCMじゃないけれど、この世界は誰かのお陰で成り立っているのだ。そのことをゆめゆめ忘れてはなりませぬ。皆で応援しよう~!頑張れ、飲食店の皆さん~! 頑張れ~、ニッポン!

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 14:38:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
染井吉野の蕾み
家の隣にある染井吉野の蕾みが徐々に膨らんできました。毎日、見ていると分かりにくいのですが、写真を撮っているので、数日前と比較すると分かりやすい。明らかに大きくなっています。

隣には梅の木があって、それは散り始めていますね。もう一雨きたら落ちてしまいそうな佇まいです。まるで桜の木にバトンを渡すかのように散っていくのですね。

気温も日ごとに温かくなってきました。まさしく、文字通り、三寒四温を繰り返しながら、季節はゆっくりと、しかし確実に、冬から春へと移ろいでゆきます。

日本は四季がある国なのに、つい最近までは季節の草木に注意を払うようなことはありませんでした。旬の食材には人一倍敏感でしたけど(笑)。

やはり、病気を経験してからですね。特に、桜の木が気になりだしたのは。一気に満開になって直ぐに散ってしまいますから、うっかりしていると、その年の桜は見逃してしまいます。あと1年は生きていないと見ることができない。

もしかしたらこれが最後の桜かと思えば、どうしても観ておきたいですよね。家の1本桜もいいけれど、混まない日、時間帯を狙って、靖国神社の桜も拝みに行きたいと思っています。日本に生まれた者として、靖国の桜には特別な思いがある。

蕾みはあっという間に花開きそうな気配だ。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 22:50:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
文法特急のAmazonレビューを投稿しました
Amazonレビューを投稿しました!

《進化を遂げたTOEICバイブル!》

2009年に発売され一世を風靡した「文法特急」の増補改訂版です。TOEICのPart5とPart6を全問正解するための、必要にして十分な情報がこの1冊に凝縮されています。まさにTOEIC学習者のための絶対的バイブル!

文法特急改訂版

TOEIC L&R公開テストを毎回欠かさず、自ら受験し、研究を重ねてきた著者の渾身の1冊と言えましょう。Part6を現行のテスト形式に合致するよう改稿し、更にPart5には新たに35問を追加した贅沢な作りになっています。

そして、本書最大の特徴は、その音声にあります。今や、問題文の英語音声が無料で配信されるのは当たり前の時代になりましたが、本書には何と、花田徹也先生ご本人の解説音声が付属されています。

あのカリスマ講師の講義を無料で聞くことができる、信じられない特典付きなのです。まさに、ここまでやるか!といった大盤振る舞いです。本書を買ってから聴くか、聴いてから買うか、それは読者次第です。文句なしの星5つ!

私は改定前の2009年版を使って学習し、900点を突破した実体験があります。改訂版は更に進化しています。自らの経験から、自信を持ってお勧めします!

以上です。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



TOEIC国内本レビュー | 23:03:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
先ずは元祖 文法特急の復習から
花田先生の文法特急の改訂版を一通り解き、解説も読みました。まだ和訳は読んでませんし、音声も全く聴いてません。

このタイミングで一旦、新刊を離れ、2009年刊行の元祖文法特急に戻りたいと思います。何故なら、そうすることで両者の違いをはっきりと認識できるからです。

いずれ、この新刊を使って学習会などを開催できたらいいなあと思っているので、そのためにも誰よりも詳しくなっておかなければなりません。

明日からの土日も、暗黒本執筆の合間を縫って文法特急を研究したいと思います。それにしても、この本、分厚くなりましたねえ。

この分厚さでこの価格は出版社さんも思い切りましたね。10万部単位で売れると見込まない限り、このページ数でこの価格設定にはならないと思いますよ。

出版社さん、花田先生、有難うございます。必ずやご厚意に報いる所存です。←誰なの(^^;?

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:28:24 | トラックバック(0) | コメント(1)
あの文法特急ブーム再来か?!
2009年に一世風靡しましたTOEIC TEST特急シリーズ!当時、読解特急、文法特急、単語特急の3冊が同時発売され、携帯に便利で、気軽に使える新書サイズのTOEIC本として学習者の間では話題になっていました。

当時、売上の出足はそれほど好調ではなかったのかもしれませんが、徐々に学習者の人気を集めるようになり、現在では特急シリーズはTOEIC学習者達の定番中の定番となりました。初学者はむしろ、公式問題集より先にこちらを買え、という声も多いくらいです。

この3冊はお世辞抜きでどれも素晴らしいけれど、とりわけ僕が気に入っていたのが花田徹也先生の文法特急でした。TOEICテストの傾向を的確に反映させた問題に加え、学習者に疑問を残させない歯切れの良い解説に僕はすっかり痺れてしまいました。

あの感動を再び味わえる瞬間がやってきました!改訂増補版はページ数も内容も分厚くなって帰ってきました。帰ってきた、文法特急!週末は隅々まで目を通します。

既に気になっている箇所があるんですよね。ネタバレしちゃうから詳しくは書けないのですが、320ページの解説のド初っ端に、なんとなくワタシが登場しているような気がするのです( ̄▽ ̄)。

いや、なんとなく、ですよ。でも、あの名前で、あの行動的パターンは、どう考えてもこの世界ではワタシ以外には考えにくく( ̄▽ ̄)。

いや、気のせいかもしれません。皆様のご判断にに委ねたいと思います。とにかく、先ずは文法特急を買って、320ページまでたどり着いてくださいな。そのうえでご判断ください( ̄▽ ̄)。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:12:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
ネガティブな発言は控える
よくSNSで自分自身に向けてネガティブな発言をしている人を見かけます。酷いのになると、自分はクズだとか、ヘタレだとか、ダメ人間だとか公言していたり、プロフィールにもそんな内容を記載している人がいます。

人それぞれだから関係ないだろ、好きにさせろよ、と言われればそれまでですが、僕は、個人的にはネガティブ発言はあまりお勧めしません。何故なら、繰り返し発言していることは、無意識のうちに現実に近づいていくからです。

逆のパターンのほうが分かりやすいかもしれません。周りからは到底無理だと思われるような大きな夢を追いかけている人でも、自分はできる、自分ならやれる、と言い続けていると、不思議なもので、そのうち、夢に近づいていくし、本当に夢を叶えたりします。夢の実現は自分を信じるところから始まるのです。

言葉の魔力です。

だから僕はいたずらに自分を卑下したりしません。朝、起きて、顔を洗って歯を磨くときに、鏡に自分の顔が映ります。その時、昨日の自分を褒めてあげる。こんな僕のことなんか、誰も褒めてくれないけど、僕だけは褒めてあげる。

ついでに、今日やるべきことが、絶対うまくいく、と声に出します。言葉の神様を味方につけるためにです。僕は映画のロッキーが好きなんですけど、シルベスター・スタローンが自分に言います。俺は強い、最高だ。負けるわけがない。俺がチャンピオンだ!

セコンドの男が言います。ロッキー、お前は最高だ、お前がナンバーワンだ、誰にも負けやしないぜ。見ろ、アイツを。ビビってるぜ、お前が怖いんだ。お前は世界一強いからな。さあ、この次のラウンドで決着をつけろ。アイツをぶっ倒してこい。早いとこ、乾杯しようぜ、チャンピオン!

言葉の魔法です。

まあ、セコンドの存在はともかくとして、先ずは自分を信じることが大事だし、それには、自分に向かって前向きな言葉を投げ掛けてあげることが大切だと、僕は考えています。毎日です。

確かに、こんな時代だから、常に最悪の事態、最悪のシナリオを考えて準備しておくことは必要です。しかし、何もかも全てがうまくいく、最高の状態、最高のシナリオを思い浮かべておくことはもっと必要なことだと思うのです。日曜日のテストは失敗しちゃったけど、次は絶対大丈夫だ!いける、いける!

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 06:26:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ