fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

迷ったらそのまま
TOEICテストのリスニングでは迷っている暇はなく、一瞬で解答を決めますから、迷った問題の解答を後で修正するということはあまりないのですが、リーディングでは時間を自由に使える分だけ、迷った問題の再検討・修正という余地が生まれます。

これは曲者なのです。

特にヤバいのがPart5とPart6の語彙問題、それとPart7の同義語問題です。Part5とPart6の文法問題は、じっくりロジカルに考えれば正解を選べるので、勘違いに気づけば直した方がいいに決まっています。

Part7の同義語問題以外の問題も、余った時間で精査すれば、解答の根拠は見つけられますので、1回目に読んだ時に読み落としていた解答根拠を見つけたら、解答は修正すべきです。

しかし語彙問題と同義語問題で二択になった時は、最初に自分の感覚、フィーリングで選んだ解答は変えずにそのままにしておいたほうが良い結果が得られることが多いように思います。

修正する場合には、余程、your new answer に自信がある場合だけです。語彙そのものの意味やコロケーション・共起表現などは、それまで英語学習で培ってきた実力がモノを言います。だから、実力者ほど、自分が最初に選んだ解答はそのままにしておいたほうがいい。

1回目に読んだ英文は、おそらく英語の感覚で読んでいるわけですが、2回目、3回目に読む英文は、どこかしら日本語の感覚が混じってしまうのですね。日本語で考えてしまうところに落とし穴が潜んでいます。問題作成者もそこを突いてくる。

最後の最後でどっちにしようか迷ったら、100%の自信がない限り、そのまま解答は変えない。70%対30%くらいで新しい解答が正しいと思っても変えない。ファーストタッチで自分が選んだ解答を信じる。その1問が990点と985点を分けるんだ。

そうは言っても、変えたくなっちゃうんでうけどね。

さあ、今週末は公開テストだ!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



スポンサーサイト



未分類 | 14:34:32 | トラックバック(0) | コメント(0)