fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

確実にスコアアップできる!TOEIC教材チャート
「ENGLISH JOURNAL ONLINE」の「殿堂入り」記事としても紹介されている教材チャート2種類が更新され、拙著「TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ」が追加されました。

これは、昨年11月にリリースされた記事のアップデートですが、拙著「860点奪取の方法」と「黒のフレーズ」に続いて、3冊目ということになります。

《2021年上半期版》
TOEIC教材チャート

この教材チャートは、濵﨑潤之輔先生の選書のもと、作成されているもので、通称「ハマーチャート」と呼ばれております。全国の大型書店にも掲示されているところが多いので、皆様も見掛けたことがあるかもしれません。

パート別 x レベル別のTOEIC おすすめ参考書の最新ガイドとして、とても信頼されているソースですので、大変光栄に思っております。

皆様も、是非、この中から、現在のご自身にベストマッチの1冊を見つけ出してくださいね。もうネットを探し回って悩む必要はありません。TOEICのスコアアップに必要な情報はここにあります。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:34:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
セミナールームもアウト
来週の土曜日、5人で勉強会を開催する予定にしていましたが、施設から連絡がありまして、東京都の要請に従って、部屋を閉鎖するのでキャンセルしてくださいと連絡がありました。

密にならないように、24名収容キャパに部屋に、少人数の5名で開催しようと思っていたのに、それでもアウトなんですねえ。赤字覚悟で少数に絞り込んだのに。

まあ、仕方ないですよね。コロナの感染拡大に歯止めがかかっていない状況ですから、ここが協力するしかありません。キャンセル費用は全額返金してもらえるみたいだから、ここは大人しく引き下がりましょう。残念だけど。

しかし、こうなると心配なのは、L&Rの公開テストですね。週明けまで待っても1日あたりの感染者数や重症患者数が期待通りに減らなければ、地域を特定しての部分的な中止はあり得そうですね。例えば、緊急事態宣言が出ている都府県では中止! とかなると嫌だなあ。

そうは言っても、かつてない国難に直面しているわけですから、テストなんてやってる場合じゃない、という意見も出てきそうです。そうなった場合でも、大学に単位認定とか、卒業や進学に絡んでいる人達だけは受けさせてあげたいですよね。人生かかってますから。不要不急じゃありませんから。

感染者よ、何とか劇的に減ってくだされ!

って、何も効果的な対策をしていないから無理かもしれないけど、何とか収まってくだされ! 僕がやっている個人的な勉強会くらい中止になったって構わないけど、TOEICテストは国民的行事ですから、開催されないと困る人がいるんです!

皆さんも一緒に祈ってくださいませ。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 14:54:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
6月の公開テスト合格!
先程、6月のTOEIC L6R公開テストに当選しました! たぶん、大丈夫だろうとは思ってはみても、以下のメールを読むまでは安心できません。もしや、という不安はありますよね。落ちたことがあるだけに・・・。

As a result of random selection process, we are pleased to inform you that you have been selected as a test taker for the 270th TOEIC L&R Test. Your admission ticket will be posted to you about two weeks before the test date. Please feel free to contact us if you have any questions or concerns.

一応、午前・午後の1日2回開催であれば、ほぼほぼ希望者全員が受験できる雰囲気にはなってきましたね。たまに抽選漏れしてしまう方も見かけますが、ごく少数にように思えます。

これがいつか、午後だけの元の姿に戻る日が来るのでしょうか? 分かりませんけど、1日も早くコロナが終息してくれることを祈るのみです。今は、プロ野球も無観客試合を強いられている状況ですから、TOEICテストも、いつ受けられなくなるか分かりません。

個々ができる感染対策を十分に講じて、テスト会場、他の受験者の迷惑にならぬよう気をつけなくてはなりませんね。さすがに、当日、微熱があったり、咳が出るようですと欠席ですから。気をつけましょう!

あ、今月のテスト会場がネットで見られるようになっていますね。僕は、国分寺の東京経済大学に決まりました。勝手知ったる受験会場です。前回はリスニングの音声にやられましたので、馴染みのある会場は助かります。

では、今日はまだ業務終了していませんので、急いで仕事に戻ります!

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 17:42:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
最初の3語を聴き取る
何の話かと言えば、TOEICテストのPart2のことです。25問あるPart2で一番大切なことは、問い掛け文の最初の3語に意識を集中して絶対に聴き漏らさないことです。

4語目からは聴かなくていいというわけではありませんが、最初の3語はとりわけ重要だからです。第10回チャリティセミナーで、八島先生が、Part2の穴あきディクテーションのセッションを担当されましたが、まさにあれがそうです。

スクリプトにして読んでしまえば、簡単に分かる英語が実は聴き取れていないのです。状況設定の説明が一切ないPart2において、問い掛け文の最初の3語を聴き落としたら、その問題はまずアウトです。逆に、最初の3語さえ、きっちり聴き取っていれば、その先の英語があやふやな聴こえ方だったとしても、正解を拾える可能性がグッと高まりますこれは本当です。

例えば、以下のような3語が正確に聴こえたとします。

When will he
Where will you
Weren’t you supposed
Who did the
It’ll be

この3語には正解を手繰り寄せる重要な情報が凝縮されています。When will he で分かる情報は、いつであるか、時が問われている。will だから未来のこと、これからに事が問われている。動作の主体は he 彼だ。

この3つの情報を頭にインプットした状態で、選択肢(A)(B)(C)を聴くのと、3つのうち、どれかが曖昧な状態で聴くのとでは、正解率が大きく変わってきます。ある程度の実力者が最初の3語を聴き取ることができたとしたら、それだけでPart2は半分正解できます。そのくらい重要なのです。

3つくらい聴き取るのなんて簡単だよ、と言い切れますか? オーストラリアの早口男性が音の連結・消失を絡めてガチできた時に本当に聴けますか? もしかしたら、一つ前の正解を選ぶのに迷ってしまい、気持ちが整わないうちに早口でまくしたてられたら聴けますか?

八島さんがセミナーで訴えていたことは、多少速く読まれたとしても、その音がどう聴こえるか、予め知っていれば対処できるということです。現在、誤って認識している、つまり、こう聴こえる筈だと思っている音の正しい上書きが大事だよということです。

Part2の素材を使って徹底的にディクテーションを繰り返すことがその近道なのです。まずは最初の3語を聴き取ること。それができるようになったら他の部分も聴き取るように努力することです。TOEIC以外の他の素材に頼る必要なんてありません。TOEICのPart2で十分です。余力があったら、スピードを1.25倍速や1.5倍速で聴いてみてください。

Part2が楽勝で聴けるようになったなら、Part3とPart4が聴けないなんてことありません。対話のシーンが目まぐるしく変わるPartに対応できるのなら、Part3とPart4の意図問題もグラフィック問題も敵ではありません。まずは最初の3語を確実に聴き取ることからスタートです。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:23:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
公式問題集は美しい
TOEICの公式問題集といえば、本家本元ですから、公開テスト本番と質は同じです。日本では過去問は売られていないので、TOEIC受験者はこの公式問題集を徹底的にやり込むことが目標達成への近道出ることは間違いありません。

僕も、既に何度も解いている公式問題集を読み返したり、移動中に音声を聴いたりしていますが、やはり、その完成度の高さには惚れ惚れしてしまいます。無駄がないというか、人間に例えるなら、細マッチョみたいな感じですかね?

最近ではむしろ、本番のテストよりも良質なんじゃないかなと思ったりもしています。毎回、5つも6つも大量生産しなくてはならない公開テストのフォームより、たった2セットに拘って制作し、全国的に販売する公式問題集のほうが、チェックが厳しかったりして(笑)。

冗談はさておき、この公式問題集を繰り返しやらない手はありません。特にPart7は、1回やったくらいでは読み落としが多く、気づかない点が多々ありますので、少なくとも5回くらいは丁寧にやったほうがいいと思います。

毎回、新たな気づきがあるし、単純な思い違いで意味を取り違えている場合もあります。公開テスト本番とそっくりな公式問題集でやらかしている間違いは、本番でもやらかしている可能性が高い。自分の欠点に気づき、そこをつぶしていくという作業はどんなテストにだって欠かせません。

公式問題集7⇒6⇒5⇒4⇒3と、新しいものから順に遡って復習をしていってください。お勧めは英文の書き写しです。僕はこれを写経と呼んでいます。大きな気づきを得られるし、自然と英文ライティング力が養われます。そして、書ける英文は必ず読めるのです。

美しきかな、公式問題集!

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:01:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
試験に出る英単語
出る単、しけ単、などの愛称で親しまれたベストセラー単語本です。と言っても、僕が手にしたのは今から40年以上も前のことでした。受験生なら誰しも持っていた単語集です。いわば、昭和時代の金のフレーズです。

《森一郎先生の試験に出る英単語》
試験に出る英単語

僕は、高校時代は持っているだけで使っていなくて、駿台予備校に通っていた浪人時代に主に電車の中で使っていました。JR立川駅から御茶ノ水駅までの間、暇だったので、この単語集か、山川出版社の日本史一問一答を開いていたのですね。これが試験本番で途轍もない威力を発揮することになった。

試験に出る英単語の全部を覚えたわけではありません。僕は、最重要単語と位置付けられていた666個の単語だけ優先して覚えました。その次に位置する重要単語のチャプターは知っている単語を確認する程度に留め、意識して覚えようとはしなかった。

当時、日本史と国語で満点を目指して、英語の点はそこそこで逃げ切るという戦略をとっていましたので、深入りはしなかったのですね。

蛇足ですが、日本史は相当勉強していました。山川出版社の教科書は、脚注も含め、何ページの何処に何が書いてるあるか、正確に記憶していました。つまり。教科書まるまる1冊覚えてた。同社の日本史用語集も9割程度覚えていました。年表や資料にも強かったので、私大のテストでは大抵、満点でした。

だけど、英単語を覚えるのは苦手でした(汗)。

僕は駿台予備校の前私文コース(午前の部・私立文科系コース)に通っていたのですが、バイトで朝日新聞の配達員をやっていたので、英単語の勉強は電車の中くらいしかできなかったんですね。だから、最重要単語の666個に絞った。

同じクラスの人達は、この単語集を全部覚えてしまっていて、旺文社の赤尾の豆単にまで手を出しているツワモノもいましたね。僕は、あれは見ただけで挫折しましてけど。アルファベット順に単語が並んでいるやつね。無理でした。

しかし、この単語集を改めて見直してみると、やはり凄いですね。特に、最重要単語の666個のセンスがいい。現在のTOEICテストにおいても重要だなと思える単語の宝庫です。僕が知らない単語、つまり忘れちゃっていた単語は、40個くらいありました。もう覚え直したけど。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 15:50:16 | トラックバック(0) | コメント(2)
スランプってあるよね
日々、英語学習をしていると、突如としてスランプに見舞われる時期があります。スランプは、英語では slump と表記しますね。落ち込みとか、景気後退とかの意味ですが、個人的な「不調」も表す言葉です。

スランプは、劇的な絶不調という場合だけではなく、なんとなく調子が出ないとか、気だるいとか、イマイチやる気が湧いてこないなどの、ゆるやかな不調も含まれます。

人間だからそんな時もあります。心身ともに絶好調という時期のほうが少ないですよね。人は大抵、ひとつかふたつは常時、悩み事や近々に解決しなくてはならない事案を抱えて生きているものです。大抵そうですよね? 何に悩みがないという状況は少ない。

だから、少しくらい上手くいかない状態が普通です。しかし、この「大抵、ひとつかふたつの懸案事項」が、みっつ、よっつ、いつつ、と増えていって、時期が重なることが稀にあります。懸案事項が時期をずらしてくれずに横一線並んじゃう時ってあるのよねえ。ホントの話。

これが、スランプの正体です!

懸案事項が多すぎて、自分の問題解決能力のキャパを超えちゃうわけです。そうなると、ため息ばっかり出てきて、精神的に辛くて、もっと悪くなると、フィジカル面まで不調が拡大していってしまうこともあります。頭が痛い、胃が痛い、あ~、ついでに背中も腰も痛い。

こうなっちまうと、英語の勉強どころじゃねえっ! のであります。

そんな時は思い切って休めばいいと思います。長い人生、少しくらい英語の勉強を休んだって問題ありません。大勢に影響ありません。

そんなこと言っても、もうすぐTOEICテストがあるんです! 月末には英検だってあるんです! という声が聴こえてきそうですが、次があるではありませんか。←超テキトー! TOEICは毎月のようにあるし、英検だって年3回はあるわけですから、割と早く次のチャンスは訪れます。焦らない、焦らない。

スランプの原因の半分くらいは、何もしなくたって、時間が解決してくれることが多いものです。懸念事がひとつ減り、ふたつ減り、平常時に近づいてきたら、またギアを上げて勉強すればいいんです。語学学習なんて生涯にわたって続くことですから、調子が良い時もあれば悪い時もあります。

だから、あれ? スランプに入っちゃったかなあ? と思ったら、少しペースを落として、あるいは、すっかり休んじゃって、事態が好転するのを待ちましょうね。大丈夫です。それで今までの努力が水の泡になってすっかり消えてなくなったりしません(笑)。

日々培ってきた語学力というものは、しっかりと深いところまで値を張っていますから、しばらく水をやらずにほったらかしておいても全然大丈夫です。

そう言いながら、僕はスランプの時、寝ながら単語本などをチラチラ見ている未練がましいヤツです。言動不一致の小心者です。なんとなくボーっと見てるだけなんですけどね。読んでるわけじゃなくって・・・。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 12:13:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月7日まで不在です
日本語より英語のほうがずっと分かりにくい場合がありますね。ゴールデンウイーク中だから、長期休暇を取得されているカウンターパートが何人かいて、メールを打つと自動的に返信されてきます。そのひとつがこれです。

5月7日まで不在にしております。

5月7日までオフィスにいないのか、5月7日からはオフィスにいるのか、この文字だけでは判別できません。どうせ今日は連絡する用事はないから問題はないのだけれど、曖昧な日本語だなあと思ってしまいます。まあ、一般的な日本の慣習では、上記の表現は「5月7日もいない」となるのかな?

一方、英語だとどうなるのでしょうね? 英語の場合、前置詞の until を使うことが多いです。例えば、以下のような表現になります。

Rabbit will be away until Monday.

これって、どっちだと思いますか? Rabbit は月曜日、オフィスにいると思いますか? いないと思いますか? 日本語と同様に微妙ですよね。

しかし、ネイティブに訊くと、そんなの明確だって言うんですよ。Rabbit は月曜日には「いる」のだそうです。 will be away の状態は、月曜日には解消されていると考えるのが妥当だそうです。そうなの~? なんだかなあ・・・。←阿藤快ふうに。

上記の、Rabbit will be away until Monday. は、

Rabbit will be back on Monday. とイコールだそうです。

う~む、これって、Part7に出てきたら悩みそうですね。普通に読んだら、月曜日もいないような気がしてしまいます。でも、英語ネイティブがそう言うなら、月曜日はいるんでしょうね。英語って奥が深いわあ。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 07:13:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
母のワクチン接種予約
実家の母のところに、コロナワクチン接種の予約案内が届きました。高齢で分からないだろうと思い、僕が代わりに封書を開封したのですが、いつから予約を受け付けるのか、いつから接種可能なのか、肝心の情報がどこにも見当たらない。

おかしいなあと思いつつ、書類を隈なく見直していると、接種予約受付システムという表記があって、その横にあるQRコードを発見! それを読み取ると、5月6日から、電話予約とネット予約ができる旨の記載があった。

これってどうなの?

まあ、分かると言えば、分かりますよ。でも、送られてきた紙の書類には、一番重要な情報、つまり、いつから予約できて、いつから接種できるのか、という情報が欠落しているのはどうかなあと思うのであります。

QRコードを読み取ることはできるけれど、それは僕だからできることであって、90歳の母には無理です。そもそもスマートフォンを持っていないし、仮に持っていたとしても、QRコードを読み取るアプリをダウンロードして、必要な情報源にアクセスできるだろうか? Noですよね。

行政って不親切だなと思いました。申し込みが集中しないように意図的にやっているのか、と疑いたくなってしまいます。母は、僕のような肉親が近くにいて、代わりに予約してもらえるわけだからいいとして、一人住まいの高齢者はどうなるのでしょう? 結局、接種できなくなってしまいます。できても、だいぶ遅くなるでしょう。

役所と個々の住民とを繋ぐパイプ役が必要なのかもしれませんね。行政もできる限りのことはしていただいているのでしょうけど、如何せん、高齢者にとっては無理がある制度が多すぎます。これから超高齢化社会を迎える日本の課題が浮き彫りになってきたように思います。

PCとスマホと固定電話を駆使して、ファイザー社のワクチンの1回目の接種予約は何とか完了しました。僕が連れていける土曜日に予約できたのはラッキーでした。でも何だか、心の奥にしこりのようなものが残っています。

これでいいのかなあ?

こんなものなのかなあ?

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 17:22:48 | トラックバック(0) | コメント(3)
どうなんでしょう?
元々、望みが高くないのかもしれないけど、僕は今のコロナ禍での自粛生活はそんなに嫌じゃないし、たいして辛くもない。むしろ、ずいぶん楽だなあと思っている。

まだ外が暗い早朝から起き出して夕方には仕事を終える。いなげやとか、西友とか、近所のスーパーに行って半額になったお惣菜を買い求め、たまには角上魚類なんかにも行って、刺身や握り寿司も買うけど、つまりは家飲みの準備をするわけです。

お酒は安い発泡酒とか缶酎ハイ、3リットルパックの日本酒、4リットルのウイスキーなんかを休日に量販店で纏めて買っておきます。軽自動車でササっと買ってきちゃうから誰にも会わない。

18時頃になると楽しみにしていた巨人戦が始まるから、それまでは何も飲まずに食べずに待っている。1回表が始まると同時にひとりで乾杯! 就職して以来、プロ野球のゲームを初回から観戦できる日が来るのは定年後だと思っていたから、これだけで滅茶苦茶幸せです。

大好きな野球を観ながら、ディスカウントお惣菜をつまんで好きなお酒をゆっくり飲む。辛いことは何もなく、なんなら永遠にこのまま時が止まってくれればいいとさえ思う。

昨日は運よく、飲みたかったビールを幾つか手に入れて、今日は昼から飲みながらジャイアンツを応援する。裏表のインターバルの時間は暇だから、TOEICのPart5を高速スピードで解いたりもしている。これ以上の至福の時間はない。

まあね、スーパーとか、ドラッグストアまで行けなくなると結構きついかもしれないけど、今の状態なんて、戦時中から比べたら最高でしょ? 僕は我慢してるって感覚は全くない。小さい子供さんがいたり、介護しなくちゃならない親御さんがいたり、事情は人それぞれ少しずつ違うけど、そんなに悪くないと思うんだけどな。

医療従事者の皆さんなんて、それこそ大変だと思うんですよね。彼らの献身的な頑張りを目の当たりにしてたら、遊びに行きたいとか、皆で飲んで騒ぎたいとか、そういう願望というか、欲望というか知らんけど、そんなもん、何処かに吹っ飛んじゃうと思うのです。

元々、望みが高くないからかもしれないけど。

早朝から日付が変わる夜中まで必死に働いて、それでもノルマが消化できなくて、死にたいほど苦しみ、悩んだ、あの頃に比べたら、僕にとって、今は天国です。

会社に行こうとしても、来ないでくださいって言われて、休むつもりがなくても、最低あと5日は休んでくださいって言われて、それでもきちんと仕事をしていれば給料は貰える。そりゃあ、コロナ前と比べれば手取りは減るだろうけど、暮らしていくには十分だ。

そんなだからさ。

家にいてくれって言われれば、そのくらい守るよ。

会いたい人は一杯いる。行きたいお店も山ほどある。

だけどね。

今はそういう時間じゃないんだ。

あそこなら密じゃないと思いました。

マスクしてるし、みんな行ってるからいいと思いました。

外でやるバーベキューなら感染しないと思って。

そういうことじゃないんだけどなあと思う。我慢できない若い人達、とか限らないかもしらんけど、そういう人達は、過去に苦しい思いをしたことがないのかなあ?

僕は、もっともっとずっとずっーと苦しい時代があった。

今日も家で角ハイボールを飲みます。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 13:55:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ