fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Part7のarticleを克服する
Part7は固有名詞との闘いだと最近ここで書きました。その克服法のひとつとして蛍光ペンでの色分けを推奨しました。勿論、模試本を使っての練習ですよ。本番でそんなことできません。人名はイエロー、役職名と会社名はオレンジ、地名はブルー、商品名や著作名などその他の固有名詞はグリーンといった具合です。

ここから更に一歩進んで分かりやすくするために以下の方法をお勧めします。該当の語句を赤丸で囲む。特に記事問題に有効です。名詞を(多くの場合、固有名詞なのですが)修飾する語句を捕まえることが重要なのです。

①同格のカンマ←カンマを赤丸で囲む
②関係詞節←関係代名詞、関係副詞を赤丸で囲む
③現在分詞、過去分詞、形容詞による後置修飾←分詞、形容詞を赤丸で囲む

①から③は、実はすべて後置修飾なのですが、一応、分類したにすぎません。①から③はすべて後ろから名詞を修飾します。つまり、後ろから後付けで名詞を説明します。これを前からスラッシュを入れてどんどん読み下していきましょう。戻ったらダメです。というか戻る必要はありません。意味さえとれれば良いので。頭の中で綺麗な和訳をしながら読んだらダメです。

余裕があれば、上記に、代名詞の確認と、分詞構文の確認の2つを追加してください。代名詞はitとかtheyとか、分詞構文は、カンマ+doing, カンマ+doneの形です。article文書はこれでほぼ100%克服できるはずです。

難易度の高い語彙の習得は必要ですよ。知らない語彙と出会う確率はゼロにはできませんが、単語本などを有効に活用して知らない語彙に出会う確率を減らしてください。知らない語彙の意味をいちいち推測していたら時間が足りなくなります。

マーカーでの色分け、赤ペンでの丸印。たったこれだけのことで英文は見違えるほど読みやすくなります。だまされたと思って是非、トライしてみてください。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



スポンサーサイト



未分類 | 17:08:48 | トラックバック(0) | コメント(4)
またしても遠方の会場に
先程、9月12日の公開テストの会場をオンラインで確認したのですが、8月に引き続き、またしても遠方の会場になってしまいました。前回は中野サンプラザ、今回は早稲田ゼミナールです。

いつもは比較的近い大学なのですが、やはり大学などの会場確保が難しい状況が続いているのでしょうか?まあ、ゼミナールだから予備校?大学みたいなものですけど。一度くらい早稲田ゼミナールで受けたことがあったかも・・・。確か地下だったような・・・。違うかな?

いつもは大抵、東京経済大学か法政大学なのですが、このところ、成蹊大学とか、中野サンプラザとか、早稲田ゼミナールとか、珍しい場所ばかりです。

まあ、午前受験だし、お昼ご飯は食べないから何処でもいいといえば何処でもいいですね。抽選を潜り抜けて受験できるだけでも有難いと思わなくてはなりませぬ。

10月くらいから普通に戻るのですかね?何処でもいいし、贅沢は言えないのですが、コロナの感染がピークアウトしたとは思えませんので、できれば遠方まで電車やバスに乗るのは避けたいんですよね。会社も全く行ってないことですし・・・。

早くコロナが収束に向かって、いつも通りの受験体制に戻りますように( ˘ω˘)。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 18:54:18 | トラックバック(0) | コメント(2)
英文法解説
英文法の本を10冊以上は所有していて、ほとんどのテキストは通読しているのですが、江川先生の英文法解説(金子書房)だけは全ページ読んだとはいえない状況でしたのでトライすることにしたのです。

英文法解説

早起きして毎朝コツコツと読み進めてまいりまして、ようやくゴールが見えてきました。それで414ページまで読みまして次のページを読んだら、あれ?なんだか話が繋がらない。おかしいな、もう一度、読み直そう。

あれ?やっぱり繋がらないな・・・。と思って、次のページを見たら431ページになっているではありませんか!と、飛んでる・・・。415ページから430ページまですっかり飛んでいます。本の体裁としては綺麗で完璧なんですけどね。

きっと一巻分まとめてすっとんだのでしょうねえ。分厚い英文法書だから日頃は辞書的に使っていて、最初のページから最後のページまで一気通貫で通読したことがありませんでしたから気づきませんでした。

この度、全ページを通読しようと思い立ったから気がついたようなもので、それがなかったら永久に気づかなったと思います。おそらく2005年くらいに購入したテキストですから、今更、交換してくれと言うにもどうかと思うし、そもそも何処の書店で購入したかさえ覚えていません。

どうしたものかなあ?選択肢は3つ。出版社に申し出て交換してもらう。新しい本を自費で買う。抜けているページを本屋さんで立ち読みする。あ、コロナ禍だから立ち読みは厳禁ですねえ。面倒は嫌だから密林でポチりますかねえ。

それにしても、こんな豪快な落丁には初めて出会いました。ある意味、貴重な出来事ですよね。そもそも読まないと気づかないわけだし。まあ、今回のことは自分を褒めてあげて一件落着とするかな。よくぞ、ここまで精読しました!と。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:36:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
新形式問題対応編を再び
皆さんは新形式問題対応編を覚えているでしょうか?公式問題集Vol.1が出版される前にリリースされたTOEIC L&Rの問題集で、2016年5月の公開テストリニューアルに対応したものです。いわばVol.0に相当します。

ここ数年の間にTOEICを始めた学習者は、これを知らなかったり、あるいは知っていても、どうせ古い問題集でしょ?とか思ってやっていないかもしれません。しかし、これもれっきとした公式問題集でありまして、そのクオリティはVo.1~7と遜色ありません。

来週と再来週の月曜日と木曜日に、まさしくこの新形式問題対応編を扱った勉強会を開催する予定なので準備しているのですが、いろいろと気づきがあります。面白いのは、テスト製作機関も新しい形式を取り入れる中で試行錯誤されているなという痕跡が見られることです。

《これが新形式問題対応編ですよ》
新形式の公式問題集

これは発売された時の書店は物凄かった。なにせ10年ぶりに新形式に変わるわけですから、受験者がこぞって飛びつきました。あの時の売れ方は凄まじかったなあ。書店員さんが補充しても補充してもすぐになくなった。

その新形式初の公式問題集を約5年ぶりにじっくり取り組んでいるわけですが、楽しくて楽しくて時間を忘れてしまいます。皆さんも是非、本棚の奥から引っ張り出して解きなおしてみてくださいな。え?えっ?ブックオフに売っちゃった?そ、そんな・・・。もう一回買ってください。ブックオフで・・・。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:15:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
間違えるパターンを確認する
いくら問題集を解いて復習しても自分が間違えるパターンを確認して、それを繰り返さない工夫をしないと足りません。それが顕著なのがPart7でしょうね。誤答に誘われるパターンはひとつではありません。

本文の読み方が浅い
あるいは、ある部分を飛ばして全く読んでいない
そもそも必要な語彙量が全く足りていない
ある単語の意味を誤解して覚えている
文法知識の不足により正しく読めていない
パラフレーズに弱い
ある情報とある情報を結び付けて考えるのが苦手だ
リテンション能力が高くないため、本文と設問・選択肢を右往左往してしまう
そもそも設問の意味を正確に理解していない
NOT問題のNOTを見落とす
とにかく時間が足りない

まだまだありますが、ざっと以上のような原因に集約されるのではないでしょうか?答え合わせをして間違えた問題の解説だけ読んで納得しても実力はさほど伸びません。そもそも正解した問題だってマグレかもしれないし。

何故、間違えたのか、その原因を特定し、自分が間違えやすい問題を類型化したり、分析したりすることが重要です。そうしないと今後も同じような問題にやられっぱなしです。弱いところを強化する取組みをしていかないと飛躍的なスコアアップは望めないのであります。

そんなところを気づかせてくれるのが集合形式の勉強会ですが、ひとり学習でも気づくことはできます。日本語訳と語注、解説をじっくり読むことです。意外な勘違いにきづき、驚くこともしばしばです。僕は独学で満点までたどり着きましたから、この点は保証します。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:05:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
マークミスの真実
初級者でも上級者でも誰でも、意外とやってしまうのがマークミスです。ここでいうマークミスとは、頭の中では正解の選択肢を選んでいるにもかかわらず、実際にはその選択肢を塗らずに別の選択肢を黒く塗りつぶしてしまう行為を指します。

そんなことあるわけないじゃん!と思っているアナタ!アナタだってきっとやっています。マークミスをしていると気づく機会がないだけです。僕は模試会で気づきました。2時間のフル模試を解き終わった後、〇×をつけますよね。

その時、あれ?思っていたのと違う記号を塗りつぶしている、と気づいたのです。これが大事なんですよね。自分もマークミスをしていると自覚することが。それ以来、解答を終えてから、時間に余裕があるときはマークした記号を見直すことにしています。

そしてある時、僕はある傾向に気づいたのです。僕がマークミスをするのは決まってPart5かPart7のシングルパッセージなのです。なんでだろう?と思って我が身を振り返ってみて、あっ!と思い当たりました。

僕はPart5は3問解いて3問を一気に塗ります。つまり101番、102番、103番と解いて、例えば、(B)(A)(D)と一気に塗るわけです。このほうが問題用紙とマークシート用紙を行ったり来たりしなくて済むからです。この時に間違える。

またPart7のシングルパッセージでは2問付きのセットで2問全滅することが分かってきました。3問付きと4問付きのシングルパッセージは1問ごとに塗っているのですが、2問付きは何せ2問しかないから2問纏めて塗っていたわけです。

さて何ゆえに2問全滅するのか?例えば、147番が(B)、148番が(C)という状況の時に、僕は(C)(B)と塗ってしまうことがある超お馬鹿さんなのでした・・・。一気に2問間違えてしまうわけです。

実は8/22にもこれと同じことが起こりました。ただし、時間が余っていてマークミスを確認した時に気づいて慌てて修正しました。気づかなかったら2問も間違えてしまうところでした。現在のリーディングで2問間違えたらアウトです。495点は獲れません。

これからは1問ずつ丁寧に塗っていこう。そう気持ちを新たにしたテストでした・・・。でも本番になるとまたやっちゃうんですよね。長年の癖というものは恐ろしいものです。テンパっている時には素の自分が出ちゃうのでしょうね。

まあいいや、マークミスをしたって、それを修正できるだけの見直しタイムを確保して終わればいいんだからさ。なんくるないさー!ハハッ!ハハハッ!ハハハ・・・・・・。ハ、ハ、ハ・・・・・・。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 11:03:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
リスニング学習の仕上げに
リスニングの学習方法はいろいろあります。先ずは音声を聴くことから始め、音読したり、オーバーラッピングしたり、リッスン&リピートをしたり、シャドーイングをしたり、ディクテーションをしたり、本当に様々な取り組み方がありますよね。

これらのプラクティスにスクリプトをきっちり確認することと、日本語で正確な意味を考えることで効果は倍増します。スクリプトを一文ずつ、英文の構造を読み解き、冠詞や前置詞に至るまでどんな文字が使われているかを確認し、何故そうなっているのかを理解する。これがスクリプトの確認です。

次に、意味を取り違えている可能性もあるので、日本語訳で自分の思っている意味が間違っていないかを確認する。意外に勘違いして覚えている表現があったりして、この作業で間違っていた認識を正しい情報に上書きすることができます。日本語訳はこんな作業に役立つのです。こんな簡単な英文なら意味なんて分かるから日本語訳なんて読まなくていいや、という姿勢でいると、誤った認識を正す機会を失ってしまいます。

さて、リスニング最後の仕上げに何をするか?です。暗唱がベストですが、それに拘りすぎると学習のペースが落ちてしまうので、僕がお勧めするのが、レコーディングと第三者目線でのチェックです。

レコーディングといっても大袈裟なものではありません。スクリプトを音読して、それをスマートフォンに録音するだけです。そして、それを聴いてみる。テキストに付属されているネイティブの読み上げ音声を先に聴いて、その直後に録音した自分の声を聴きます。

どこが違うかチェックすると勉強になります。英文を完全に理解できていないと上手く喋れないんですね。変なところでスラッシュを入れていたり、自分の欠点がよく分かります。発音の間違いもここで気づきます。時に恥ずかしくなりますよ。ああ、こんなにできていないのか、と。

このトレーニングに向いている素材はズバリ、Part4です。Part3はひとり二役、あるいは三役になってしまうので感情移入もしにくいし、話の展開があっちこっちに向きを変えることが多いので負担が大きくなるからです。Part4が最適です。

いつもの勉強に疲れたら、是非やってみてください。これは勿論、スピーキングの練習にもなります。実際に声に出して喋るわけだし、それを第三者目線で聴くからです。淀みなく喋れた時の快感はこれをやってみた人にしか分かりません。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 07:02:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
お祭り感が最高です
TOEIC L&R公開テストが終わった日は、SNSを通じて皆で同じお祭りに参加しているような感覚を味わえるのが最高ですよね。午前と午後に分断されているので2回、山が来るのが面白い。

午前組が12:30くらいから呟き始めて盛り上がり、夕方になれば午後組がツイートをし始めます。何だかこのタイムラグにも慣れてきて面白いなと思っています。

現在は相変わらずにコロナ禍ですから、友人達と実際に会うことは難しくなっていますが、オンライン上であれば何も問題ありません。手元にスマートフォンがあれば直ぐに仲間達と繋がることができます。

公開テストの日は朝から晩まで話題はTOEIC一色。これはこれで素晴らしい世界だと思いませんか?同じ目標や趣味を通じて日本中で繋がっているわけで、僕は好きですね。

そもそも英語学習というものは孤独なものです。英会話学校などの教室に通うことで学習のペースを刻んでいる方もいるとは思いますが、大半の学習者はひとり家でとか、カフェなどで学習しているのではないでしょうか?なので、もともと英語学習者は孤独には強い(笑)。

だからこそ、たまには皆で集まって騒ぎたいではありませんか!なにも街中に集まる必要はありません。オンライン上で集まればいいのです。月一回の日曜日、SNSで繋がっている仲間たちと派手に騒いで日頃のうっ憤を晴らしましょう。

そのくらいは許されてもいいんじゃない?

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!




未分類 | 23:26:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
やはりリサイクルはなかった
昨日の公開テストではリサイクル問題があるかどうかを確認するミッションを自らに課していたのですが、ひとつも見つけられませんでした。彼らは本当に姿を消してしまったのでしょうか?

かつてメジャーフォームとマイナーフォームと呼ばれていた2フォーム時代にはリサイクル問題は当たり前にように出題されていました。リサイクル問題に出会ったからといって、それでスコアが上がるとは限りませんが、あ、これ見たことある、という感覚はありましたね。同じ問題なのにまた間違えたりして・・・。

現行の形式になって、更にコロナ禍に入って午前・午後の同一日2回開催になってからは特に、リサイクル問題に出会わなくなりました。僕は歳の割には記憶が良いほうなので出会えば気がつくと思うのですが、出会いません。

まあ午前と午後で5フォームくらいあって、そのうち僕が受験できるのは1フォームだけだから限界がありますよね。僕が受験した以外の4フォームからリサイクル問題が出ても、それは僕にとって初見の新問題なわけだから気づきません。

より公平なテストになったということですかね。毎回のように受験している人が過去に向き合ったことのある問題に出会えば少しくらいは有利になると思います。まあ、覚えていればの話ですが・・・。

I have a dream.

それは、いつか5フォーム全部を受けてみたい。そんなことは絶対無理だということは分かっていますが、そうしないと難易度のバラつきだったり、最新のトピックなどが分からないと思うのです。なので、つい夢想してしまうのです。だって、TOEICが大好きだからあああああ~!

とりあえず公式問題集と既出問題集で我慢しようっと。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 17:06:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
第274回TOEIC L&R公開テスト感想
中野サンプラザで受験してきました。初の会場です。結婚式の披露宴会場と思っていたら、小会議室のような部屋でした。横長の教室にIIBCの例のラジカセがひとつ。嫌な予感が的中です。音が爆音すぎて、Part3とPart4の先読みをしても全く頭に入ってこなくて、選択肢の先読みは諦め、設問だけの先読み方式に変更して対応しました。

欠席者が多かったから余計に音が大きく聴こえたのかもしれませんね。音が小さいとか、周りがうるさいとか、エコーがきついとかで苦労したことは過去にありましたが、音がデカ過ぎて辛かったのは初めてかもしれません。ちょっと記憶にありません。

さて、Part毎の感想です。僕は女性が照明器具をつけていたり、お皿を手渡したり、メモをとっていたり、部屋の奥の窓際に鉢植えが置かれていたりするフォームでした。以下の感想はあくまでも僕の個人的なものです。

Part1:普通(正解の選択肢にAがありませんでした。なんか残念な気持ちになる)
Part2:やや難(20番までは拍子抜けするほど易しかったけど、そこからが・・・)
Part3:やや難(慣れないトピックがあったのと、やはり時折速いセットが出現した)
Part4:やや難(Part3と同じ)
Part5:易(難しい語彙問題がなく、基本的な文法問題が多かった)
Part6:やや易(文脈依存問題が大半でしたが、文挿入問題が易しかった)
Part7:やや易(article問題とチャット問題が読みやすかった印象です)

Part1はさほど難しくなかったと思いますが、正解の選択肢に(A)がなかったので何だか気持ち悪かったなあ。個人的には(A)(B)(C)(D)すべて揃っていないと嫌なんですよね。

Part2は、When, Whereで始まる疑問文が多かったですねえ。しかも速いの。速いナレーションの対策は、八島晶先生の「極めろ!TOEIC L&R TEST 990点リスニング特訓」でトレーニングを積むのが最適だと思います。本番のテストよりやや難しく作られていますから本番が易しく感じる筈です。

Part3とPart4は新しいトピックが出ていましたね。これまでの傾向とは少し違っていたような気がします。相変わらず読み上げスピードが速いのがありましたが、スリースピーカーズの問題は聴きやすかったと思います。意図問題は易しかったけど、グラフィック問題はマップのやつが分かりにくかったかな?

Part5は英文の骨組みを把握するための文法知識があれば解ける問題が多かったと思います。接続詞VS前置詞の問題も多かったなあ。難しい語彙問題が姿を消しました。だけど時間はかかりましたね。のんびり解いていたわけじゃないのに8分かかりました。

Part6はやはり読みやすかった印象です。文挿入問題と接続副詞の問題が易しかったので時間がかからず、Part5の遅れを取り戻すことができました。6分で通過。

Part7は事前に最後のセットまでチェック。どんなタイプの文書か、文字数は多そうか、NOT問題は幾つあるか、同義語問題は幾つあるかなど、1分くらいでざっと確認して、解答時間の見積もりをしました。たぶんイケるなと確信。

結果、シングルパッセージの10セットは25分かかりましたが、マルチプルパッセージは20分かからずに解答を終えました。余った時間でPart5&6とPart7のシングルパッセージをもう一回解きなおしてタイムアップ。しまった!それよりはマークミスを200番まで確認すべきだったと反省しました。昨日の前日模試会ではマークミスがたくさんあったんだった!まあいいか・・・。

さて、今回はリスニングが4つ間違いまでが495点、リーディングは100問すべて正解しないと495点は出ないと予想します。僕がゆっくり解いて相当時間が余りましたから、超上級者は余剰時間にペンディングにしていた問題はすべて解答根拠を探し出して、誤答を正解の選択肢に塗りなおしたと思うからです。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 21:28:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
前日模試会終了!
埼玉県の某所で前日模試会を開催しました。20名収容のBoard Meeting Roomを贅沢に6名で使って開催しました。密にならないように配慮した結果です。あの楕円形のテーブルですね。

テキストは韓国産の既出問題集2のTest6を使い、2時間のフル模試を解きました。なかなか2時間ぶっ通しのフル模試は自宅ではできませんし、本番さながらの模試会は貴重な機会です。しかも公開テストの前日ですからね。本番の調整には申し分ありません。

僕はこの機会のために既出問題集2は解いていません。持っているだけで。模試会で初見で解きたいからです。Test10から遡ってTest6まできました。あと5回分は楽しめますね。その頃、次のテキストが出るといいんですけど。

明日は中野サンプラザで受験します。初めての会場で何とも言えませんが、おそらく結婚披露宴の会場なのでしょうね。音響がヤバそうな予感がしています。照明だってもしかしたらシャンデリアかもしれません。

でも、こんなご時世ですから受験できるだけでもTOEICの神様に感謝しなくてはなりません。ワクチン接種は完了しているとはいえ、マスクなど感染対策は万全にして他の受験者にご迷惑をかけないよう十分に注意して行ってまいります。

最近の傾向として、明日もリスニングが難しくてリーディングが易しいのではないかと予想しています。実は全然逆だったりして・・・。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:38:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
ようこそ中田選手!
北海道日本ハムファイターズを退団した中田翔選手が我が読売ジャイアンツに電撃入団することになりました。この顛末には安否両論飛び交ってはいますが、僕は大歓迎しています。

今の世の中は誰か有名人が問題を起こすと、その問題に関係のない輩まで参加してきて一斉に叩きまくり、業界から抹殺してしまうような風潮があります。これは宜しくない。二度と復活できなくなるし、更生の機会すら与えれません。


でもですね、人間という生物は多かれ少なかれ失敗を繰り返しながら生きていくものです。なので、その失敗の大きさや社会的な影響度にもよりますが、一定の挽回のチャンスは与えられて然るべきだと思います。

もう既に、野球界は甘すぎるとか、巨人軍の原監督はけしからんとか騒いでいる人達が現れました。全然関係ない部外者まで立ち入って、さあ殺せ、やれ殺せの大合唱です。あんたら一体誰なんだ?一体どうしたいんだ?

何がどこまで許されるかという議論は一旦横に置いて、落馬した者が再び馬に乗れる機会が与えられるような世の中になってほしいなと思った次第です。

それは僕も大きな失敗を繰り返してきたからです。一度や二度ではなく、人には言えないような過ちを繰り返してきました。しかし、その度、事の成り行きを見ている人がいて、僕を再び表舞台に引き上げてくださったのです。

まあ、僕の話はどうでもいいです。金髪を黒く染め、ピアスもネックレスも外し、ダーク色のスーツを身に纏い、神妙な面持ちで会見する中田選手を見て、この人にもう一度チャンスを与えてあげたいと思ったのです。

海辺で休憩する中田選手のそばに5歳くらいの女の子が近づいてきた。中田選手はその時身に着けていたファイターズのユニフォームを脱ぎ、その女の子にかけてあげた。素敵なプレゼントです。

こんな優しい男を闇に葬ってはならない。

僕はそう考えています。

この記事に関し批判的なコメントはお避けください。見つけたら即削除します。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 22:41:51 | トラックバック(0) | コメント(2)
Part7は固有名詞との闘い
TOEICのPart7は固有名詞との闘いです。シングルパッセージの最初の頃は気にもならなかった固有名詞ですが、後半のシングルでチャットに6人も登場してきて誰が誰だか分かりません(大泣)!

シングルのラスボスが苦手のarticle問題でこれも人の名前とか役職とか会社名とか地名とか本の名前とか演劇の名称とか、もう嫌なのおおおおおおお~!そんなにたくさん覚えられないのっ(怒)!

という方はいらっしゃいませんか?

これがダブルパッセージ、さらにトリプルパッセージになると余計に際立ってきます。もはや誰が誰なんだか、地名なんだか、店舗なんだか、わけが分からな過ぎて帰りたい!あああ、もう!ファーストネームかラストネームかどっちかにして!

という方はいらっしゃいませんか?

分かります。そのお気持ち分かりますとも!でもね、嘆いていても何も始まりません。TOEIC界の固有名詞地獄を何とかして克服しないとスコアアップという未来は訪れません。そこで固有名詞に慣れるためのヒントを差し上げます。

色分けしてください。人名はイエロー、役職名と会社名はオレンジ、地名はブルー、商品名や著作名などその他の固有名詞はグリーンです。公式問題集に色を塗りたくっちゃってください。問題冊子に塗るのが嫌なら、解答・解説冊子のほうでもいいですよ。

これは自転車の補助輪みたいなものですから、いつかは外すことになります。公式問題集2冊4セット分くらいこなすと慣れてくるので、補助輪なしで走れるようになります。ホントですよ。色分けによる情報整理は驚くほど視覚的効果が高いのです。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 18:04:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
タイミングよく現れる人達
長い間生きていると人生のターニングポイントというものは幾つも経験しています。その時は、ああこれがターニングポイントだなとは思いません。後に振り返った時に、そう言えばあれは人生最大の分かれ道だったなと思い当たるのです。

そういうふうに過去を顧みる時、いつも思うことがあります。それは、偶然にしてはあまりにもタイミングよく、僕を手助けしてくれる人が現れることです。絶体絶命の時、手を差し伸べてくれる人、決断できずに迷っている時にそっと背中を押してくれる人、行きずりで、何も言わずにただ話を聞いてくれる人。

手助けの仕方は様々ですが、その時々で、あの人がいなかったなら今の自分はなかっただろうなと思う人がたくさんいます。それこそ長編小説に出てくるような様々なキャラクターの人が登場するわけですが、現れるタイミングが良すぎる。

予め仕組まれていたかのように適材適所で、その時のピンチやチャンスの状況にドンピシャの人が何処からともなく突然現れる。それは旧知の人のこともあれば、それまで全く面識がなかった人の場合もあります。でも見知らぬ人であった場合も、何だか何処かで会ったことがあるようなオーラを感じる。

不思議ですよね・・・。

それほど昔に遡らなくても、例えば、僕がTOEICの学習を始めてからの期間に限定しても5人以上います。その人達とは今も仲良くさせてもらっています。皆さん、順調に成長し、次のステップへ、また次のステージへと会談を登って行かれます。

少年期・青年期をとっくに通過し、齢50を過ぎてからソウルメイト達に出会うとは思ってもみませんでしたが、どう考えてもこの人達は今生に限らず僕と何らかの繋がりがありそうだと思わずにはいられません。タイミングが良すぎるから。

あなたにもそんな人達がいる筈です。気がついていないかもしれませんが必ずいます。お互いに気づかずにすれ違ってしまうことも間々あるのですが、心配ご無用です。大切な人とは何度すれ違っても、何度でも邂逅のチャンスが訪れます。会うまでです。

もしあなたが、何故か気になる人に出会ったなら、何度でも偶然会うなあと思う人が周りにいるならば、ひょっとしたらその人があなたの運命を変えてくれる人かもしれません。ずっと昔から顔だけは知っている人かもしれないし、先月辺りから何度か見掛けるようになった人かもしれません。

そういう人は

不自然なくらい、

いくら何でもできすぎているなと思うくらい、

タイミングよく現れるのです。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 08:10:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
公式問題集Vol.1_Test1_Part6メモ②
本日の午前中のブログ記事の続きです。

139-142 お知らせ
1行目のamateur athleteの後ろのlooking forは現在分詞による後置修飾。139番の語彙問題はこの1文を読んだだけでは分からず、次の文、その次の文を読むと競技会らしきものへの呼び掛けであることが分かり、(C)challengeを選ぶことができる。

140番の後ろはSVの形となっているので、前文と繋ぐことできるのは関係副詞の(C)whereということになる。関係副詞の非制限用法の代表的な事例。

141番の前の文では開催場所に振れており、空所の後ろではエントリー方法が書かれていることから、空所には競技参加者の対年齢に言及している(B)が相応しいと判断する。この文書でのmeetは会合ではなく大会のこと。

142番はこの文書冒頭のamateur athleteとの対比になっている。つまり、アマチュアの大会であってプロは出場できないと言っている。(C)Professionalが正解。ただし、ボランティアとして登録することはできると締めくくっている。

143-146 Eメール
Eメールはメールの差出人と受取人の関係を抑えつつ、時折出てくる固有名詞に注意しながら文書の流れを正確に把握したい。

Miyashitaさんが京都のギャラリ0のオーナーであることは同格のカンマが示している。メールの受取人のEpinoさんの作品を気に入っていて、将来、別のギャラリーでも展示販売会をしたいという意向のようだ。

143番の空所はそこの何も入らなくても英文は完結していることから副詞を選ぶ。となれば、(D)particularlyが正解となる。

この文書では時制の変化に着目したい。1文目のwas pleased、2文目のwas particularly impressedは過去のことを示し、3文目のhopes、4文目のAre they、空所飛ばして6文目のPlease inform、we canなどはこれから先のことを示している。この流れはきちんと抑えたい。

144は空所の後ろのandが何を繋ぐかを考えればよい。ここで並列な関係になれるのは(C)exhibitionだけだ。展示と販売がセットになっている。145番はこの流れを受けて、売れなかった作品は10月にお返ししますよと言っている。これも未来のこと。

次の文のinformはTOEIC超頻出語で、inform 人 of(about)+モノ(事柄)の形をとるか、inform 人の後ろにthat節や疑問詞を使った名詞節をとる。同義語のnotifyとセットで覚えておきたい。

146番の正解(B)if soは勿論、if you are interestedの省略形で、チャットなどでは頻繁に使われる表現。最終行のcompensationは補償という意味ではなく、ここでは報酬とか支払いなど、つまりお金のことを指している。

この2つのセットは易しめなので、できれば高速で解いて8問全問正解し、勢いをつけてフルスロットルで難敵Part7に突入したいところだ。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 16:41:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
公式問題集Vol.1_Test1_Part6メモ①
公式問題種の復習メモです。公式問題集8冊をコンプリートする企画をやっておりまして、参加できなかったメンバー向けに作成したものですが、せっかくなので、ここで開示します。ご参考にどうぞ。

131-134 広告
There構文に不定詞を使った表現。no better timeは比較級を使っているが、意味的には最上級と同じになる。これより良い時期はない⇒最適な時期だ。

動詞のplanを見つけたら先ず、後ろに名詞用法の不定詞がくると予想せよ!ここでは不定詞ではなく名詞のvacationsでした。tailoredはTOEIC頻出語で、customizedと同義。後ろからvacationsを修飾している。ちなみにplanには、plan to doだけでなく、plan on doingの形もあるので併せて抑えておきたい。

specificationsは仕様のこと。意外に知られていないが、電化製品などの「スペック」とは、このspecificationのこと。「Spec」ですね。

everything from A to B(AからBに至るまですべて)の形。AとBの名詞のカタマリが長いので文構造を見失わないようにしたい。前置詞でスラッシュを入れる読み方に慣れておくと見落とさなくなる。

再びthere構文の登場で、there are many activitiesとある。読み手に初めての情報、つまり読み手が知らないであろう情報を提供するのでthere構文を使っている。文頭のthereを見たら、何か新しい情報が提供されるに違いないと身構えたい。

131番は過去分詞による後置修飾であったが、132番は形容詞用法の不定詞による後置修飾。keepはSVOCの第5文型を形成できる動詞として抑えておきたい。keep you busyは、あなたを忙しくさせ続ける、が直訳だが、ここでは、あなたを手持無沙汰にさせません、退屈させません、という意味。

アクティビティの話をした直後にくるのは、そのアクティビティの具体的な事例だ。132番は迷わず(C)を選びたいところ。文挿入問題は文脈を重視して選ぼう。

133番の空所の後ろは「you prefer」と短いけれどSVになっていることを確認できれば、空所には接続詞が入ることが分かる。選択肢に接続詞はひとつしかないので、間違えたくても間違えようがない。

relax and dineは動詞を2つ並べた命令文であることを一瞬で見抜きたいところ。Call us, Contact usという最後にお決まりのフレーズも抑えておきたい。ここでのCallとContactは他動詞扱いである。

このセットは132番、133番、134番の3つが近い位置に立て続けに出てくるので面食らってしまうかもしれないが、きちんと読んでいけば楽に4問正解できるセット。

135-138 記事
冒頭のBalmer Industriesの直後のカンマは同格を表すカンマで、TOEICには至るところで出てくるので慣れておきたい。同格のカンマも後置修飾の一種と考えておいて差支えない。3行目のEdon Durianの後ろのカンマも同じ使い方なのでよく見ておく。

135番の正解の選択肢leadingは「一流の」「主要な」という意味の形容詞で、「the+空所+会社」の形になっていて選択肢にこれがあればほぼそれが正解というほど頻出する。

announceという動詞は直後に名詞をとる用法と、that節をとる用法の2つとも頻出するので覚えておきたい。勿論、thatは省略されることも多い。asは前置詞と接続詞があるので、後ろが名詞(のカタマリ)なのか、SVなのかをサッと見抜きたい。

136番は文脈的に言えば過去形が相応しいが残念ながら選択肢に過去形はない。この文書が記事であることを思い出せば、過去の出来事に臨場感をもたせる狙いで現在形を使うということは当たり前なので、迷わず現在形を選ぶ。ただし、主語が単数であることを抑え、三単現のSがあるcomesを選ぶ。

137番の文挿入問題では、直前にDurianが現在勤務している会社を退任するという情報が書かれているので、その内容を補完して、7年間その職務を全うしてきたという選択肢(D)を選べば、話の流れが自然になる。

5行目のthe first position she has heldはpositionの直後に目的格の関係代名詞thatもしくはwhichが省略されている。省略というか、むしろ省略されるほうが普通だ。that, whichが入ると何となく冗長な感じになってしまい、英文のキレがなくなるし、リズムも悪くなる。

at the helm of~は見慣れない表現かもしれないが、helmが「かじ」とか「かじ取り」の意味なのでそこから連想して、「舵をとっている」「指揮をしている」状態だなと読み切りたい。

138番は主格の関係代名詞の非制限用法のwhoだ。Qiao氏の補足情報を付け足している。これも一種の後置修飾といえる。beginsにも注目!2行目のcomesは過去形の代替として現在形を使っていたが、ここのbeginsはそうではなくて、確定した未来を表現している。同じ現在形であっても、書き手の意図は異なると知ろう。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 09:14:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
理解して頭に入れる
きちんと理解できていないことを頭に入れるのは難しいことです。ましてやその記憶を一定期間保持するなんて無理です。筋道立てて理解して覚える。覚えたことを頭の片隅においたまま次の情報を取りにいく。

なんの話かと言えば、TOEICのPart7です。シングルパッセージの短い文書で設問が2問しかなければ簡単です。情報量が少ないし、文書もひとつないから様々な関係が複雑ではありません。

しかしこれがダブルパッセージ、トリプルパッセージとなると明らかに様子が変わってきます。まず3つある文書の関係を把握しなくてはなりません。広告とEメールと顧客レビューみたいに3つの文書の関係を正確にとらえるのは簡単なことではありません。

ここで重要なのは固有名詞です。

人の名前、役職名、会社名、都市名、工場や店舗の名称、イベントの名称、製品やサービスの名称、書籍名など、固有名詞は山ほど出てきます。これらをきちんと抑えなくてはなりません。

はっきり言って、TOEICで固有名詞をきちんと把握できない人のスコア伸びはどこかのタイミングでピタリと止まります。覚えるのが理想的ですけど、覚えなくても大丈夫です。理解して、自分のやり方でいいから把握する。

これができないと、ダブル、トリプルで設問5問全部正解するのは難しくなります。3~4問正解でいいのなら問題ありませんけど、5問全部正解を狙うなら固有名詞を克服しないと無理です。

いろんな人に訊いた結果、人それぞれ固有名詞の克服の仕方が違うことが分かりました。共通しているのは、満点を取っている、あるいは満点近くのスコアを獲っている人は自分なりのロジックで必ず克服しています。

今日のオンライン模試会ではそれを確認しようかなと思っています。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 17:27:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
公式問題集Vol.1_Test1_Part5メモ②
既刊の公式問題集8冊の復習をコンプリートする勉強会を開催しています。以下は、やり直し公式問題集の自分用メモです。今日はPart5の116~130番です。

116.空所の後ろは名詞のカタマリなので接続詞の用例しかない(C)unlessは真っ先に排除。文意から(D)withoutを選ぶ。No oneもNobodyも単数扱いである点も抑えておきたい

117.in working condition「作動する状態」の形容詞句。動詞guaranteeは直後にthat節を従える用法を持つ。assure someone that SVとの違いを抑えておく

118.空所SV, SV because SVと続く空所には接続詞が入る。文意的に逆説の(C)While=Although, Though, Even thoughが適切。declineは他動詞で丁重にお断りすること

119.通りの反対側=向かい側に何かがあることを伝えたい場合は(A)oppositeを使う。言い換えるなら、across fromだ。acrossだけでは同じ意味にならない。be located=be situatedと相性の良い副詞は、conveniently, inconveniently, remotely, centrally, ideally, strategically。全部覚えたい。

120.副詞は名詞以外のもの全てを修飾できる、と覚えている上級者が間違える問題。正解選択肢の(D)Originallyはa small festivalを直接修飾しているわけではない。この文は分詞構文で、文頭のHaving beenが省略されている。Originallyはカンマまでの文全体を修飾していると考えるのが正しい。TOEICで同様に使われる副詞は、Initially, Formerly, Onceの3つなので全部覚えておこう

121.先ずは文の動詞を見極める。include以外には考えられないが、includeの前に助動詞がないこと、三単現のSがついていないことに気づけば、これは複数形の主語に対応する現在形だと判断すべき。複数扱いの主語になれる選択肢は(C)Prioritiesしかない

122.可算名詞でかつ複数形であるEmployeesを修飾できるのはどれか?(A)Everyは可算名詞の単数形につく、(B)Muchは不可算名詞につく。(D)Whichは疑問形容詞として名詞節を形成できるが、ここでは文意をなさない。正解は(C)Those。Thoseはなくても、Employeesだけでも文は成立し、文意も変わらない。

123.personnelはstaffと同様、複数扱いであることに注意。need to doの不定詞の名詞的用法なので空所には動詞の原形が入る。後ろにeventsという目的語が見えているので、能動態の(A)have hostedが正しい。hostではなく、have hostedと完了不定詞になっているのは、これから最低2つの研修行事を主催すればよいわけではなく、既に主催した経験があることを賞与の資格としているから。見込みではなく、経験を要件としている

124.空所の後ろが名詞のカタマリであることを見抜けば、空所に入るのは前置詞。選択肢に前置詞は一つしかない。手段、用法などを表す(B)throughが適切。形容詞のthorough「完全な、徹底的な」と見間違えないこと

125.適切な句動詞を選ぶ問題。英検と違い、TOEICでは稀にしか出題されない。大抵、見たことがある選択肢が正解で、見たことがない選択肢は誤答であることが多い。迷ったら知っている選択肢を選ぼう。plan to doの形と併せて、plan on doingの形も覚えておきたい

126.deliberatelyには大きく2つの意味がある。「熟考して」と「意図的に」であり、ここでは後者の「意味で使われている。偶然ではなく意図的にユーモラスなコマーシャルに仕立てあげているという状況を描写している。黒のフレーズP.41のdeliberatelyを参照

127.選択肢の内、文法的に名詞を修飾できるのは(B)と(C)だけ。(B)establishedは、「既に設立された、既に確立された」が元々の意味。そこから「既定の、定評のある、有名な」という「意味に発展する。黒のフレーズP.81のestablishedを参照

128.副詞の難語が並ぶ難問。黒のフレーズP.63のevenly「均等に」の逆と考えれば、unevenlyは「不均等に」ということになり、これが正解。gently「易しく」は黒のフレーズP.201を参照

129.three「3つの」の後ろが空所で前置詞のtoと続くので、空所には複数形の名詞が入る。その条件に合致するのは(A)indicatorsしかない。indicator「指標」は暗黒のフレーズP.141を参照

130.空所には述語動詞が入る。自動詞でかつ前置詞toと相性が良いのは(C)correspondと(D)subscribeの2つ。ここでは文意的に(C)correspondが正解。figureの名詞用法は黒のフレーズP.179を参照

以上、簡単ではありますが、参考になれば幸いです。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 11:13:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
公式問題集Vol.1_Test1_Part5メモ①
既刊の公式問題集8冊の復習をコンプリートする勉強会を開催しています。以下は、やり直し公式問題集の自分用メモです。今日はPart5の101~115番です。

101.適切な格の代名詞を選ぶ。thatは目的格の関係代名詞で先行詞がモノ(agenda)なのでwhichで置き換え可。省略もできる。

102.複合名詞を完成させる問題。頭の中で能動態に直してみると分かりやすい。send the food order to the catererでしっくりくる。他の選択肢では意味不明

103.thanを見つけたら比較級を探せ!slow to warm upで「温まるのが遅い」という意味。叙述用法の形容詞に不定詞が組み込まれている点に注意。「ずっと」遅いなら、slowerの前にmuchを置く

104.空所の後ろは名詞のカタマリ。名詞を修飾できる代名詞は所有格。Employees from 組織名だけでなく、Employees at 組織名, Employees of 組織名もある

105.正解のshow=presentと覚えよう。助動詞mustの後ろは当然、原形動詞を置く。permitは可算、permissionは不可算の区別も重要

106.完成している文の補足情報を加えるのは副詞の役割。述語動詞が現在完了形になっているのは「売り上げが着実に伸びている状況」が現在も続いているイメージ

107.paid internshipは知らなくても、paid leave「有給休暇」から連想して正解を導きたい。これもhave completedという現在完了形。インターンシップを終えた効果が現在も参加者に影響を与えているイメージ

108.redeemはクーポン券などを商品に換えること。形容詞のredeemable「商品に換えられる、換金できる」も併せて覚えたい

109.24-hour noticeは「24時間前までに知らせること」であって「24時間いつでも」ではない。appointmentは「約束」の意味ではengagementが同義語だが、役職などの「任命」の意味もある

110.空所の後ろはSVの節になっているので接続詞が必要。so that S can(could) doの形が重要。so thatのthatは省略できるが、soは省略できない。また、so that はin order thatで置き換え可

111.動詞の形を問う問題。(D)will make以外は単独で文の述語動詞になれない。will makeは時制のキーワードであるnext monthとも整合する

112.complimentary=free「無料」という意味。complementary「補足の」と発音が同じなので、リスニングセクションでは文脈でどっちの意味か見極めること

113.前置詞の語彙問題。guest passをobtain「得る=get」する場所に関する前置詞を選べばよい。正解は(B)fromだが、atもよく使われる

114.前置詞ofの後ろが空所になっているので名詞のカタマリを形成したい。空所の後ろにchemical solutionsという名詞が見えているので他動詞と名詞の両方の機能を併せ持つ(C)combiningを選ぶ

115.前置詞inの後ろが空所で名詞のlanguagesと続く。前から名詞を修飾できるのは形容詞、現在分詞、過去分詞、複合名詞を形成する名詞。ここでは形容詞の(D)multipleが適切。allow someone to doの形も抑えたい。受動態ではsomeone is allowed to doとなる

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 22:58:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
締め切りました
公式問題集8冊を短期間でコンプリートする企画の応募は、一旦、締め切りました。追加で募集するかどうかは不明です。状況を見ながら考えます。

公式問題集の復習企画にご賛同いただきまして有難うございます。今回の取組みはまさしくTOEICのバイブルとも言える公式問題集を深く掘り下げることです。企画の性質上、どうしても公式問題集を入手していただく必要がありますが、参加費は無料です。

さて、誰もが持っている公式問題集ですが、多くの学習者はそれらを1度か2度解いただけで放置されているのではないでしょうか?答え合わせをして、間違えた問題だけ見直して、それで終わりにしていませんか?それでは公式問題集が泣いています。

本来、本番と同様のクオリティを持ち、本番の傾向をストレートに反映している公式系の素材はもっと真剣に取り組むべきものだと思います。本文の隅々まで、設問や誤答の選択肢に至るまで細かく分析してまいりましょう。

8冊16セットは決して少ないに分量ではありません。侮ることなかれ!これらを100%完璧にこなそうとしたら、おそらく普通の人なら2年以上はかかるでしょう。それくらい奥行きがある素材です。

ですので、公式問題集を8冊をTOEICの教科書と位置づけて、今更ながらの感はありますが、一緒に取り組んで参りましょう。得られる果実は計り知れないと思っています。

僕は既に新形式問題対応編とVol.1の合計4セットは解きなおしました。結構、忘れていて間違えます。特にPart7の解答根拠の散りばめ方は見事という他ありません。この感覚を身に着けたら公開テストでのブレイクスルーは間違いありません。

大人数だとディスカッションができなくなりますので、このまま少人数で進行してまいりましょう。参加者の状況に応じてテキストの順番を変えます。新形式対応編は現時点で持っていない方がいらっしゃいますので、以下の順番とします。

Vol.1
Vol.2
Vol.3
新形式対応編
Vol.4
Vol.5
Vol.6
Vol.7

新形式対応編をお持ちでない方は、Vol.3を終えるまでの間にテキストを入手してください。新品である必要はありません。Amazonの中古品で十分です。書店に行かなくても自宅まで届けてくれますし、思って以上に綺麗です。3冊6セットをこなすうちに準備を整えてください。

先ずは皆様のコミュニケーションツールの取得環境を教えてください。とりわけ以下の情報が重要です。ブログコメントではなく、返信メールにてご教示ください。これらの情報が揃わないと前に進めません。全員が対応できるものを選択するからです。

Zoomに対応できる、できない?
clubhouseに対応できる、できない?
Twitterのアカウントを持っていてSpaceに対応できる、できない?
Facebookのアカウントを持っている、持っていない?

返信メールお待ちしております。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 22:58:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
ブロ友申請について
このブログを訪問してくださる方の中で、ブロ友申請をいただくことがあります。現在も数名の方に申請いただいておりますが、事情によりブロ友は受けておりません。現在、ブロ友はゼロです。申し訳ありませんが、それは今後も変わりません。

ブロ友を承認すると、ブロ友にしか開示できない記事というものが生じます。これが問題なのです。僕は将来の執筆のネタを「ブロ友のみに開示」の機能を利用してストックしているのですが、現時点で、この秘密の記事を読めるのは僕一人です。ブロ友が0人だからです。

一人でもブロ友申請を承認してしまうと、この機能を放棄しなくてはならなくなります。僕がストックしている秘密の情報をブロ友なら読めてしまうからです。

このような事情でブロ友の申請をいただいても全て否認させていただいております。どうかお気を悪くなさらぬようお願いします。申し訳ございません。重ねてお詫び申し上げます。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 10:57:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
公式8冊コンプリート仲間いますか?
昨日、公式の8冊の総復習計画を発表しましたが、もしかして、一緒にやりたいという人がいましたら、一緒にやりませんか?分からないことが出てきたら皆で解決しましょう。

全8冊16セットは結構厳しいと思いますので、ご自身がやってみたいと思う冊子だけで結構です。例えば、Vol.5からVol.7だけやりますとか、新しいものは手を付けているので、Vol.1からVol.3だけやりますとか、どれか1冊だけやりますとか、ご自分のペースでやればいいと思います。そもそも8冊すべて持っている人が少ないかもしれませんしね。

方法はこれから考えます。このブログをプラットフォームとしてディスカッションしてもいいですし、1人とか2人ならZoomを使ってもいいかもしれません。書き込むのも大変ですから。もっと手軽にclubhouseなど、音声のみのコミュニケーションツールを使ってもいいかもしれませんね。

公式問題集入ってみれば本物ですから、過去問と同じです。僕はリスニングはやりませんけど、できればリーディングとセットでこなしたほうがいいですよね。

こうしなければならない、という厳格なルールはありません。8月初開催の公開テストに向けて一緒に頑張ってみようと思う方は是非、手を上げてください。大抵の疑問には僕がお答えできると思います。

僕は明日からスタートする予定です。やり始めたら早いですよ(笑)。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:04:20 | トラックバック(0) | コメント(3)
公式問題集8冊総復習
8月22日のテストに向けて何をやろうかと思案していたのですが、これまでに出版されている公式問題集の8冊16セットの復習をしようと決めました。リスニングは安定いているのでリーディングだけ16セットやります。

公式問題集は最新刊のVol.7から手を付けるのが王道ですが、絶対に8冊コンプリートするので一番古い新形式問題対応編からやります。その後、Vol.1からVol.7の順番で仕上げていきます。

公式問題集は本番さながらに1回だけ解いて、そのままという状態が多いので、それでは勿体ない。隅々まで読み込んで公式のパターンを身体に染み込ませたいですね。

1日に2セットだと、解くだけで2時間半はかかりますから、これから毎日4時から2セットということになりそうです。4:00-5:15で1セット、15分休憩して5:30-6:45で2セット目かな?お昼ご飯の時間と夕方の空いた時間に復習になるでしょう。

いつもは見ない日本語訳や語注なども適宜参照しながら、誤った理解をしていないか、丁寧にチェックしつつ進めていきたいと思っています。

基本、ピリオドまで全部読み、隅々まで全部読みとし、65分で100問を解答、残り10分でペンディングにした難問を再検討という自分ルールにするつもりです。これができないなら100問正解は覚束ないと分かっています。

前回の公開テストも2問間違いの98問正解で10点引かれ485点でした。つまり100問正解のみが495点だったことになります。易しいセットに当たってしまうと1問も間違えられないということですね。ならば100問正解を狙うのみです。

楽しみだなあ、公式16セット。そうこうしているうちに広域問題集Vol.8が出るんじゃないかな?過去の出版の間隔を見ると、そろそろ出ても不思議じゃない時期ですね。Vol.7が出てから8ヵ月が経過していますから。今度は何色だろう?

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:51:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
怒りから喜びへ
SNSを見ていると、ご自身のプロフィールとか、ツイートで、過去に英語ができなくてバカにされたとか、低学歴をバカにされた、あるいは自分の夢をバカにされた、ということを発信している人が結構たくさんいらっしゃいます。

だから、自分をバカにしたやつらを見返してやるんだと。それはそれで構わないと思います。英語学習を頑張る原動力が過去の口惜しかった経験だ、ということはよくある話で、僕も似たような経験がありますからよく分ります。

でもですね。そういった怒りや憎しみや復讐心(大袈裟か?)に燃えて勉強するのは、ある線を超えてからは卒業したほうがいいような気もするのです。否定はしませんよ、人それぞれですから。僕が個人的にそう考えているだけです。

怒りとか復讐といった謂わばマイナスの感情は、できるなら早めにサヨナラしたほうがいいのかなと。過去に出会った面倒くさいやつらにいつまでも自分の人生を縛られているみたいで嫌じゃないですか?

ツイッタランドなどSNSの世界には素晴らしい英語学習者が溢れているではありませんか。過去のしがらみなんか捨てちまって、この素晴らしい仲間たちと未来を歩いていったほうが楽しいし、自分の人生もより光り輝くと思うのです。

それで何かイチャモンとくてくるやつが現れたら、そんなもん速攻ブロックです。貴重なあなたの人生の時間を無駄にする輩など、迷わずシャットアウトしてください。問答無用です。素晴らしい仲間達と英語学習という素晴らしい世界を満喫しましょう。

それにはマイナスの感情を捨てる、それが難しいなら一旦、横に置いて、プラス思考で前に進むことを僕はお勧めします。限りある大切な時間は大切な人と一緒に過ごしたいと思うから。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:04:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
纏まった時間にできること
お盆休みが始まりました。社会人にとって纏まった休暇がとれるのは、お盆休みと年末年始くらいではないでしょうか?この時間を英語学習に活用できる方は存分に活用したいですよね。年齢を重ねる度にだんだんと自由な時間はとりづらくなります。

大学生の頃は、授業に出る、サークル活動に精を出す、アルバイトをするなど、それなりに忙しいかもしれないけれど、そんなものは忙しいうちに入らないことを社会人になって知ることになります。

独身ならまだしも家族を持てば更に忙しくなります。自分の自由になる時間はほぼ通勤時間と昼休みくらいになりますよね。

40代以降になってくると別の忙しさに追われることになります。両親の病気や介護問題、ご自身の病気や家族の病気、やむにやまれぬ転職などで、勉強どころではない日々が続くこともあります。

還暦前後の世代になってくると、今度は残りの人生との向き合い方を考え直さねばならない時代に突入します。もう引き算で物事を考えないといけない世代になります。

なにやら暗い話にように思えるかもしれませんが、そうではありません。一部の例外を除き、ほとんどの人が通る道です。ですから、このお盆休みのような時間を大切にしましょうということです。明るい未来を迎えるためにです。

僕は日頃からよく提唱していることが、纏まった休みがとれそうな時は、英文法書を通読してみましょうということです。日常的にはなかなかできないことだからです。一億人の英文法でもエバーグリーンでもロイヤル英文法でも何でも構いません。

英文法の穴を埋めるのはこんな時しかありません。TOEICの問題演習だけでは埋められない、ちょっとした穴を埋めるには英文法書の通読が最適です。一日50ページ程度で結構ですから、是非、読み進めてみてください。英語の世界がまた少し広がりますよ。

分厚い英文法書の通読なんて嫌だという人は、積読状態になっているペーパーバックの読破でも構いません。インテンシブに取り組める何かにトライするということが大事なのです。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 22:02:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
侍ジャパンおめでとう!
侍ジャパン、悲願の金メダル獲得おめでとうございます(パチパチパチ)!監督、コーチ、24人の選ばれた戦士たち、どれひとつ楽なゲームはなかったけど、無傷の5連勝はお見事でした!

個人的にはジャイアンツの岡本選手が選ばれなかったことは不満ですけど仕方ありません。ヤクルトの村上選手が決勝のホームランを打ってくれたので水に流しましょう。3年後に、もし野球が正式種目のままなら侍の4番として岡本選手に活躍してもらいたいですね。

しかし、今回のオリンピックでは予想していた通り、日本プロ野球で活躍しているピッチャーが立ちふさがりましたね。ドミニカのメルセデス、アメリカのマルティネスのピッチングは素晴らしかった。彼らにも、色は違うけどメダルが届けられて良かったですよね。日本の投手陣もそうですが、ピッチャーの活躍が光りました。

一方、日本の野手陣は、1番、2番、3番、8番、9番の活躍が印象的でした。真ん中の打順が爆発しませんでしたけど、よく考えたらそれぞれのチームに戻れば、皆、クリーンアップ級のスター選手ですものね。

MVPのヤクルトの山田選手は順当だと思いますが、個人的には広島の栗林選手にもMVPを差し上げたい。5試合で2勝3セーブ。入団1年目にして侍ジャパンの守護神を任され、あの凄まじい重圧の中、遺憾なくその実力を発揮してみせてくれました。素晴らしい!

もうすぎオリンピックも終わりますね。開催する、しない、有観客、無観客、さんざん物議を醸したオリンピックがもう直ぐ幕を閉じます。開催に賛成の人も反対の人も参加している選手達は心から応援してあげましょう。彼らに罪はありませんから。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:51:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
8月のテストに異変が
本邦初の8月の公開テストですが、何やら異変が起こっています。異変という程、大袈裟なものではないかもしれませんが、それはテスト会場です。SNSを見ていて気づきました。

要すれば、いつもの会場ではないわけです。ベルサールなどの非大学会場が多くなっています。僕もネットで調べましたら家から全然近くない中野サンプラザでした。そんなところ、身内の結婚式以来です。

やっぱり、大学が夏休み中ということもあるのでしょうね。これまで8月にテストを行っていなかったのは大学キャンパスを使用できず、会場が確保できないという理由があったのかもしれません。

カンファレンスルームなら問題ないのですが、結婚式の披露宴会場となると大いに問題あります。かつて御徒町の会場が披露宴に使われる会場だったのですが、音響が酷い。エコー効きまくりで音が反響してしまってPart2なんか何を言っているのか分からなくて死にそうでした。

また、証明が物凄く高いところにあるシャンデリアだったのです。シャンデリアですよ。あれは綺麗だけど、限りなく間接照明に近く、つまりテストを受ける環境としては暗いのです。あれはきつかったなあ・・・。

まあ、今回は受験できるだけで有難いと思ってせいぜい問題と単語を覚えて帰ってこようかな。頑張れば100個くらい単語をフレーズのまま覚えて帰って来れますしね。

考えてみれば、今までがいつも大学の教室で恵まれていたということなのかもしれません。初の中野サンプラザ、どんな感じなのでしょうか?何だか楽しみになってきました。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:35:51 | トラックバック(0) | コメント(2)
未来の自分に記録を残す
英語の実力を自分の物差しで測ることは難しいと思います。つまり、どれだけ実力があがっているのかが分かりにくいのですね。TOEICのようなテストを受験すれば、スコアという目に見える形で測定してくれるわけですが、それとて1回のテストで全てを測れるわけではありません。

状態評価で何となく分かるケースは確かにあります。あれ、この英語はきちんと聴こえるなとか、この英文は英語の語順のまま楽に読めるなとか、ですね。かつて出来ていなかったことができるわけですから、実力はアップしているに違いありません。

そこで僕のお勧めです。

使用しているテキストにマーカーと鉛筆で印をつけておくことです。聴こえなかった部分、知らなかった単語などをスクリプトにマーカーしておくのです。欲を言えば、その横にいつマーカーしたのか分かるようにしておけばベストです。僕はマーカーの代わりに付箋、ポストイットを貼っていました。

こうしておくと、数年ぶりに同じテキストを見た時に自分の成長具合が一目瞭然で分かるのです。こんな簡単な英語が聴こえていなかったんだ。こんなに基本的な単語さえ知らなかったんだ。そう思える時が必ず来ます。

未来の自分のために記録を残しておいてください。爪痕を残しておいてください。それは今しかできないことなのです。未来の自分を励ますために今、記録しておいてください。

そんな些細な記録が未来の自分の頑張りを支えます。

テキストに書き込むのが嫌いな方は、僕と同じように付箋を貼って、そこに書き込んでおいてください。その付箋はいつか剥がして捨てる時が必ず来ます。懐かしさがこみあげてくると思いますよ。自分の成長を測ることができるのはテストだけではありません。ちょっとした記録でも成長を確信できるのです。

未来の自分にエールを送ってくださいね。あなたのことを一番褒めてあげなくちゃいけないのは、あなただから(*'ω'*)。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 07:32:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
Part5の選択肢いつ見る?
Part5の選択肢をいつ見るか?これは上級者の間では結構、分かれます。問題文を読む前に4つの選択肢を見て問題の類型を把握するという人、問題文を空所まで読んで、その時、初めて選択肢を読むという人。どっちが正しいとは言えません。好みの問題です。

僕は空所まで読んで、また場合によってはピリオドまでザっと読んでから選択肢を見ることにしています。文頭が空所になっている時でもピリオドまで先に読むことがあります。日頃から、選択肢を見なくても空所に適切な語句を入れる訓練をしているからです。

この方法は選択肢に幻惑されないのが良いのです。時間はかかるので、200番まできちんと解き終わる自信がある方以外にはお勧めできませんけど。

おそらく90%以上の方が問題文を読むより先に選択肢を見ているでしょうね。そのほうが効率的に解くことができますし、必ずしもピリオドまで読まなくても正解の選択肢を特定できることもあります。

実は、僕はPart5の30問を解き始める前に選択肢をザっと眺めています。30問×4=120の選択肢になりますが、30秒くらいですかね?ザっと眺めています。これだけでほぼ難易度が分かってしまいます。今日は手強そうだなとか、素直な問題ばかりだなとか。

我こそはと思う人は、是非、練習で選択肢後回し方式を試してみてください。本番でいきなりやっちゃダメですよ。あくまでも練習で試してください。

僕が目指しているのは、空所などものともせずにピリオドまで読み切り、一発で空所に適切な語句を補う力です。なので、選択肢は後回しなのです。どうせ後で見るわけですから急ぐ必要はありません。

しかし、問題文を読みながら選択肢がチラッと見えてしまうこともありますので、全部が全部、後で見ているわけではありません。4つ全部見えてしまうこともしばしばです。要は慣れですね。

皆さんはどんな解き方をされていますか?

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:15:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
メダルの獲得数が全てじゃない
オリンピックが進むにつれ、テレビでは盛んに金銀銅のメダルの数を報告していますが、僕はあれがあまり好きじゃない。そりゃあ、メダルの数は国民の関心事には違いないわけだけど、メダルに届かなかった選手へのリスペクトに欠けるような気がするからです。

画面のど真ん中にメダルの画像を持ってくる必要はないと思うのです。画面の横だって下だって、数さえ分かるように表示すれば事足りるのではないかと思ってしまう。メダル獲得シーンなんかはメディアに取り上げられるに違いないわけだから、惜しくもそこに至ることができなかった選手の思いを尊重してあげて欲しい。

更に言えば、このようなコロナ禍にあっても、ボランティア活動に自らの時間を惜しみなく捧げている人達がいます。この人達がいなければオリンピックもパラリンピックも成立しません。決して表面に出てくることのない裏方さんの思いも汲み取っていただいたいですね。メディアの役割はひとつじゃない。

TOEICに置き換えて考えてみても同じです。←何故、TOEICに置き換える?

990点や900点という目標を達成した人だけが頑張っているわけじゃない。400点だって500点だって立派な目標達成だと思うのです。この人達こそが次世代の高得点達成者予備軍です。彼らは未来のエースなんです。いつか僕達を追い抜いていく。

メダルの獲得数だけが全てじゃない。

現時点での結果だけが全てじゃない。

メダルを目指して努力してきた道のりにこそ大きな意味があるんだ。それがいつかメダルという形ある結果に結びつく可能性があるだけであって、あくまでも大切なのは努力の継続です。僕達はメダルに拍手を送っているわけじゃない。メダルを獲得するまでのあなたの努力に想いを馳せ、惜しみない拍手を送るのだ。

だからメダルに手が届かなかった人にも等しく拍手を送る。素晴らしい努力に敬意を払って。ありったけの拍手を送るんだ。そうするとほら、悔し涙の向こうに未来のメダルが、未来の笑顔が見えてくるでしょう?悔し涙と、やがて訪れる輝くような笑顔の瞬間を重ね合わせて今日も拍手を送る。

残りの期間もテレビ観戦を中心に応援しましょう!

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 07:53:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ