fc2ブログ
 
■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
著書は以下の通り
『サラリーマン居酒屋放浪記』
『サラリーマンのごちそう帖』
『TOEIC L&Rテスト860点奪取の方法』
『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』
『TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ』

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

興味が尽きないTOEIC②
昨日に引き続き、今日も記事問題の中に面白い表現を見つけました。大学受験英語としては一般的なので受験生は皆さん、知っていると思いますが、以下のような表現でした。

It was not until I started pursuing new opportunities strategically and stopped worrying about the occasional mistake that my company developed into the multinational-dollar firm it is today.

日本語訳は以下の通りです。

新たに訪れる好機を戦略的に追い求め始め、度々起こる失敗に気を病むことを止めた時に初めて、私の会社は現在の数百万ドル規模の会社に発展したのだ。

文構造を簡略化すると、It was not until SVO, SVO that SV の形です。この that は関係代名詞ではありません。その証拠に that 以下は文として成立しています。この It ~ that は、It がthat 以下を表す形式主語です。

直訳すれば、私の会社が現在の数百万ドル規模の会社に発展したのは、新たに訪れる好機を戦略的に追い求め始め、度々起こる失敗に気を病むことを止めた時までなかった、です。

そして、この英文に続いて似たような表現が登場します。ここが僕が冒頭、面白いと言った意味です。

It was a change in mind-set that made all difference, but it took me years to figure out.

日本語訳は以下の通りです。

決定的な違いを生んだのはものの考え方の変化であった。しかし、それを理解するには何年もかかった。

最初の It ~ that は強調構文です。強調構文の場合、that 以下の文に何か欠落しているので分かります。made all difference の主語が欠落していますね。元の英文は、A change in mind-set made all difference. です。a change in mind-set を強調するために It からthat で挟み込んでいます。

そして、but 以下のit は to figure out の不定詞を表す形式主語です。この辺りの使い分けが面白いですよね。英文を読むときには代名詞の元が何なのかを確認することが大事ですが、特に、この it は何?と問い掛けながら読み進めることが大切です。今日、ご紹介した事例は、it が3つ連続し、しかもその役割がそれぞれ違っていることが面白いのです。

こんなふうに楽しみながら復習し、TOEICのリーディングでは一切の疑問を残すことなく理解する。そして何度も何度も音読して自分の頭と身体に染み込ませる。そうすると精読していた筈なのに、いつの間にか速読できていることに気づくのです。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



スポンサーサイト



未分類 | 07:46:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
興味が尽きないTOEIC
現在、既刊の公式問題集8冊16セットの復習をしているのですが、繰り返すたびに新しい発見があって楽しい。昨日は動詞の使われ方に意識を集中して復習したのですが、以下のような発見がありました。

TOEICではもはや有名な assure という動詞は、原則、次のような形をとります。
assure someone that SV ~
assure someone of (about) ~
SがVであることを人に保証する、of (about) 以下のことを人に保証する、という程度の意味です。直後に人を置くのがポイントですよね。convince とか、persuade とか、warn なども同じ語法を持っていますね。

この assure 君、実は第4文型をとります。SVOOの形ですね。昨日、公式問題集で発見したのです。
I could assure you good exposure and an eager clientele.
意味はメディアへの露出と熱心な顧客を約束しますよ、という程度の意味ですが、どうです?SVOOの形をとっているでしょう?こういうのを見つけるのが楽しいのです。また、

inquire という動詞はTOEICでは主に自動詞の用法が有名ですね。
inquire about (of) ~で、~について問い合わせる、尋ねる
inquire into ~ で、~について調べる、精査する
という語法が一般的です。ところが、以下の文章を発見しました!
I‘m writing to inquire whether you might be available ~
貴方がご都合よろしいかどうか尋ねるためにお手紙書いています、と言う程度の意味です。

辞書を引くと確かに他動詞用法もあって、特に直後にwh疑問詞を好んで使われる、とあります。これも面白いですね。

このセットでは他にもたくさん面白い発見がありました。公式問題集に限ったことではありませんが、何度噛みしめても味が出てくるのがTOEICです。1回だけではもったいないですね。壁越え模試も最低5回くらい繰り返すと良い結果が得られるような気がします。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:55:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
人気商売に100はない
医者でも弁護士でも作家でも美容師でもラーメン屋でも人気商売に100はないというのが僕の持論です。100というのは仕事の量です。

その人の仕事量のMAXを100とします。これが平時の状態での限界点、分岐点ですね。今、既に100の状況ならこれ以上の仕事は受注しない。つまりお断りするということです。

しかしそう簡単にはいきませんね。断れば仕事は他にいくことになります。ライバルに付け入るスキを与えてしまいます。一回ならともかくこの次のチャンスも奪われるかもしれません。

となれば無理してでも受注してこなす。この時点でMAXの筈の100を超えて120になっている。仕事は忙しい人に頼めの典型で、忙しい人には更に仕事が持ちかけられることになります。多忙な人ほど最新の情報を持っているし、頼りになるからです。こうしてあり得ないくらいの仕事量200に到達したりします。

いつも多忙を極めているような人を傍から見ると、何故あそこまで頑張るのだろう?といぶかしく思うかもしれませんが当の本人は必死なのであります。余分に稼ごうと思っているわけではありません。

人気商売に100はありません。ましてや80はあり得ないのであります。80は近い将来のゼロを予感させるからです。仕事を維持したいのなら120とか150で走り続けるしかありません。

華やかに見えるあの人も実はたいそう苦労しているのであります。

人気者は辛いのです。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 06:29:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
綴りが同じ単語に注意
最近、個人的に主催している勉強会でよくお話しているのが、同じスペルで複数の品詞の用法がある単語に気をつけようということです。そう言われても何のことか分からないかもしれませんので幾つか実例をあげると、

plan
design
cut
use
work
increase
need
damage
play
end
travel
present
last
broadcast

キリがないのでこれくらいにします。これらは公式問題集の1セットに出てきた多品詞の単語達ですが、どれも易しい。しかし字面に馴染みがあるこんな単語達が実は曲者で難しい。

何が難しいかと言えば、例えば、plan は名詞と動詞が同じ形です。plans と変化しても動詞に三単現のSがついたものなのか、名詞が複数形になったものなのか、この単語だけを見ても判断がつきません。

cut に至っては、動詞の場合、cut-cut-cutと変化するから余計に名詞の cut との区別が難しくなります。要すれば、多品詞の単語達は英文の基本構造、骨格を見抜きにくくするのです。

これらの単語の正体をいとも簡単に見破るのは英文法の知識とその運用力です。ほぼ見た瞬間に分かります。その位置には名詞しかこない筈だ、それが動詞として機能しないとこの文には述語動詞がないことになってしまうなど、考える暇もなく一瞬で見抜くのです。

上級者ほど、一見易しい単語の難しさ、扱いづらさを知っています。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:27:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
復刻版の裏にある熱意
最近になって岩波新書の復刻版が売れに売れて増刷を繰り返すという稀有な現象を見ました。長部三郎先生の「伝わる英語表現法」です。

僕もオンライン書店で購入して読んでみましたが、なるほど名著と絶賛されるだけに理由がある。20年以上も前に初版が出た古い本であるにもかかわらず、なんだか時代を超越した学びのポイントが浮かび上がってきます。

英語と日本語の根本的な違い、言語としての目線の違いなどを的確にとらえていて、かつ、その説明の仕方に説得力があって興味深い。

興味のある方は1冊購入して読んでみることをお勧めしますが、本稿で言いたいことでは本の内容ではありません。何故にこの復刻版が市場に再登場した途端に増刷に次ぐ増刷となったのか、その
背景にあるものは一体何なのか?ということです。

この背景には、読者の英語学習に対する熱心さや憧れがあると思うのです。相変わらず日本人の中には英語を学びたいという熱心さ、英語をコミュニケーションツールとして操れるようになりたいという憧憬があるように思えるのです。

そこに渡りに船とばかりに本書が現れた。

どうやら皆が購入しようと躍起になっていて市場で品薄状態になっているようだ。出版元の岩波書店も焦るほどの売れゆきで慌てて重版を繰り返しました。ネット社会では良くも悪しくもひとたび火がつくとあっという間に情報は拡散していきます。

僕が本書を手にしたのはようやくブームが落ち着きを取り戻した頃でした。古本を高価格で買い取ることもなく、通常価格で新品を購入することができました(笑)。

ある書籍が爆売れする背景には必ずその背景には誰かの純粋すぎる熱意がある。

そう感じた一幕でした。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:27:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
壁越えオンライン模試会に参加して
木曜日の朝4時に起きてからずっと仕事をしておりまして、流石に眠気もピークに達していましたので、参加を予定していたオンライン模試会はスキップしようかと思ったのですが、冷たいシャワーを頭から浴びて目を覚まし参加しました。

半分眠りながらだったけど参加して良かった。

HUMMERさんとTommyさんの講義から大きな気づきが2つありました。それが何だったのかは秘密ですけど得をした気分です。さっそく試してみようと思っています。

一方、もし自分が講師役であったならこうするな、ということで重なっていることも沢山あってそれはそれで自信を深めることになりました。ああ、やっぱり自分は正しかったんだって。

人それぞれイベントに参加する動機や目的は違うと思います。今日の僕の場合はお二人からTOEICの教授法を盗むことでした。運よく2つ、きっちり盗みました。自分のものになるようカスタマイズしたいと思っています。

楽しかったなあ。リスニングの解説も楽しみです。きっとまた思いもよらない気づきがあることでしょう。ワクワクしますね。またお会いしましょう!

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 21:59:34 | トラックバック(0) | コメント(2)
コワイ負け癖
仕事でもプライベートでも土壇場で踏ん張らないといけない局面というものが少なからずあって、最初のうちは必死に頑張っているのだけれど、どこかのタイミングでこれはもう無理だってなることってありますよね?

もう限界!これ以上、堪えていると病気になってしまうとか、誰かを恨んでしまうとか、家庭がバラバラになってしまうとか、そういうギリギリの状況です。大抵の人の場合、若い頃より年を重ねていく段階で経験することが多いのかな?

逃げなくちゃいけない時があります。それも積極的に逃げなくちゃいけない時があると思います。

逃げるというと、後ろ向きのイメージが先行しがちですけど、僕はそう思いません。逃げるという行為は見方を変えれば、別の方向に前進することだからです。限られた人生の時間の中でくだらない輩と関わっている暇はありません。この人と関わっていたら無駄な時間を消費してしまうと確信したら一目散に逃げましょう。それがたぶん正解です。

難しいのは、逃げなくてもいいのか、逃げるべきなのか判断がつかない場合ですね。安きに流れちゃうと、きちんと向き合わないといけない局面なのに何だかんだ理由をつけてその場を去ってしまう。これってある意味楽だから癖になるんですね。

最初のうちはそれも悔しくて少し抵抗があるのですが、慣れていると悔しさを感じなくなってくる。これが危ない。悔しさの感情を心のうちに隠してしまうともう歯止めが効かなくなるんですよね。言い訳ばかり上手になってね。

負け癖って怖いなって思います。

だから今もいろいろ苦しいけれど、瀬戸際で踏ん張っている。周囲の人から見たらそんなに頑張らなくってもいいのでは?と思われることでも頑張ってしまうのです。自分の中に負け癖がついてしまうのが嫌なんですね。嫌というより怖い。

ああ、今日もノルマにしていたPart5の1セットできなかったけど仕方ないよね。仕事が忙しかったし、体調もいまいちだったし、子供の面倒も親の介護も大変だった。明日、2セットやればいいや。そうなりませんか?僕はそうなります。弱い人間なので(笑)。

一日や二日、いや一週間や二週間くらいならそれも構いません。でもずっと続くようならそれは負け癖がついています。どこかでその流れを断ち切らないといけませんね。

負け癖がついてしまうのは本当に怖い。悔しいという感情が湧いてこなくなるのは本当に怖い。だから多少苦しくっても頑張ってしまうんだなあ・・・。誰かに言っているわけではありませんよ。自分自身に言っているのです。

冴えない親父の独り言でした。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:43:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
TOEICの各Partを例えてみました②
リスニングセクションに続きリーディングセッションです。やはり自称TOEICerの方しか興味がないであろう内容になってしまいました。予めご了承ください。ごめんなさい。

【Part5】私の心の隙間を埋めてみなさいよ。4つから選ぶつもり?実力不足だわ。
Part5は空所補充問題ね。馬鹿げてるわ。せっかく完成している英文から1語引っこ抜いてきて補充させるなんて。まるでワタシの心の隙間を見透かしているみたいね。ふっ。

品詞問題だか、語彙問題か知らないけど、こっちは瀕死問題、恋問題なのよっ!あああ、もおおおおっ~!ちょっとお、誰かいないの?!←アブなくない?

しかも四択ってどういうこと?ワタシの人生の可能性は無限なのよ。四択じゃないの。そこの貴方、選択肢なんかに頼らずに自力で空所を埋めてみなさいよ。え?できないの?貴方の実力ってその程度だったの?空所なんかものともせずに言葉を瞬時に補いながら読めなくちゃホントの実力者とは言えないわね。←良いこと言ってる。マグレだけど。

【Part6】だ・か・ら、空気読んで!そんな流れじゃないでしょ?
このPartはちょっと見ないうちに変わったわ。なによ、文挿入問題って?勝手に1問ずつ増やしといて更に文挿入ってあり得ないわ。難しすぎるもの。文脈、コンテキストが分からないと正解できないから、空気読めない貴方には無理でしょ?

昔っからKYだからね、アナタって。←KYって古くない?今時、誰も使ってませんよ。ランバダ踊ってるヤツ見つけ出すくらい難易度高いですよ。シェー!ガチョーン!アジャパー!

ちょっと真面目な話をするけど、文挿入問題の選択肢は事前に4つ先読みしちゃダメ。3つはその文書のストーリーと関係ない情報だから先に頭に入れると迷っちゃうのよ。妄想の世界に入り込んでしまうの。ワタシの人生と同じね。すっかり道に迷ってしまったわ。

現在・過去・未来~♬、あの人に遭ったなら~♪、わたしはいつ~ま~でも待ってると誰か伝えて~♬。え?この唄、知らない?渡辺真知子の・・・。迷い道・・・。そう・・・。年はとりたくないものね。ふっ。気にしないで。Part6には何の関係もないから。

【Part7】私の宝物をそこらじゅうに隠したわ。さあ探してみなさいよ。ふふふ。
パンパカパーン!パパパ、パンパカパーン!TOEICのメインイベント、Part7の始まり、始まり~!キャッホー!←なんか、いきなりテンション変わってませんか?

Part5がリーディングの華ならPart7はリーディングの王様!ライオン模試よっ!←勝手に名前出して叱られますよ、メディアビーコンさんに。

Part5の語彙問題は知らなかったらアウトでしょ?そうよね?でもPart7はきちんと細部まで読めば答えが書いてあるの。必ず正解の根拠が見つかるのよ。このくじにはハズレはないの。正解の根拠はまるでお宝のように隠されているの。ドアや階段の横とか部屋の突きあたりとか探した?←ドラクエかっ?!

そんなわけで←どんなわけ?、ワタシは必ず宝物を見つけることができるけど、貴方には無理ね。だって時間いっつも足りないんでしょ?貴方?モタモタ読んでるからよ。英文を左から右へ、上から下へ、スパスパ~と読まないからそうなるのよ。このノロマ!←言い過ぎじゃないッスカ?

そうやっていつまでも塗り絵してなさい!え?トリプルパッセージはまだ見たこともないですって?全然オセーわよ!え?塗り絵は全部Bと全部Cとどっちにすべきかって?知らないわよ、そんなこと!あああ、もう、あそこにある宝とそっちにある宝をくっつけてアッポーペーンすれば答えが分かるのに!イライラするわね。

明日、旺文社さん主催の壁越え模試オンラインセミナーがあるからそこで学んできなさい!濵﨑先生と大里先生に教えを請うてきなさい!この2人の大御所に学べば貴方だって何とかなるから。え?全部Bか全部Cかを教えてくれるのかって?そーじゃねーわよ、このアンポンタン!

良い子は全部Aを塗りましょう。←それも違うんじゃあ・・・。

ではではー!

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:28:34 | トラックバック(0) | コメント(2)
TOEICの各Partを例えてみました
TOEIC L&Rテストの各Partを例えてみました。え?例えたって、何に?あ、いや、女性に・・・。何それ?あ、まあ、深い意味はないんですけど、各Partの特徴を女性の性格に例えてみたら面白いんじゃないかと思って・・・。

というわけで、世にTOEICerは数多あれど、このような企画を着想し、そして実行に移すことができるTOEICerは僕だけです。できる、できないの話ではなく、あまりにも馬鹿馬鹿しくて誰もやらないからです。昨日、お酒を飲みながらボンヤリしていたら天から降りてきた物語をどうぞ。

さあ、先ずはリスニングセクションからいってみましょう!

【Part1】私がいつもいると思わないで。誰もいない風景だってあるわ。
このPartで貴方は6枚の画像を見ることになるの。昔はリスニングのオアシスとか言われて10枚あったのに思いっきりリストラされたわ。大抵、1枚だけ人が居ないのは偶然じゃないの。私がいつも貴方の傍にいると思ったら大間違いよ。安く見ないで!

誰もいない公園にベンチが置き去りにされている理由も、無人のレストランのテーブルにフォークとナイフだけが綺麗に並べられている理由も貴方には分からないわよね。そうね。イズとハズの違いさえ分からない貴方には、ビーンとベンの違いさえ分からない貴方には、永遠に理解できない謎だと思うわ!ほーほっほっほ!ほーほっほっほ!おととい来なさい!

【Part2】私は気まぐれ。何でも素直に言うと思わないで。女心と秋の空。
いつもは訊かれたことにはストレートに答えてあげているけど、そうしたくない日もあるの。この靴とあの靴、どっちが似合うかなって?ワタシは貴方のお母さんじゃないわ!あそこに店員がいるわよ!

ふう、時に早口にもなるわね。一回しか言わないから、耳の穴かっぼじくってよく聴くのよ。え?なに?昨日の映画はどんな内容だったかって?ワタシ、残業で行かなかったわよ。会社のピクニックは行くのかって?明日はたぶん雨よ。

【Part3】たまには三角関係もありね。あなただけじゃ物足りないの。←アブなくね?
いつもは二人。男と女。女と男。大抵、それで十分なんだけど、時には二人では得られない刺激が欲しいのよおおお~!←アブなくないっスカ?。3人の場合、男+男+女、もしくは女+女+男のパターンしかないわ。何故かって?全部、男だったら私の出番がないじゃないの!キイイイイイイ~!←絶対アブないって。

ちなみにワタシにワケ分かんない地図を送ってくるのはやめて。マップは苦手なのよ。表か棒グラフにして。ワタシがどこの駐車場にクルマを止めったって貴方には関係ないでしょ?あ、なんでいつも私が使っている図書館の隣のパーキングが使えないのよ?図書館がリノベーションの工事中?関係ないわ、そんなの。分かったわよ、一番北側のオフィスビルの脇に駐めればいいのね?

【Part4】時には独りで叫びたい夜もあるわ。誰も聴いてなくたって関係ないの。
13回も会話に参加してたらさすがに飽きたわ。もう一人にして。独りで叫びたい夜だってあるのよ!オオカミじゃないけど・・・。え?なんでいちいち自分の職業を言わなくちゃいけないのよ。絶対、言わないからね。当ててみなさいよ!ツアーガイドだなんて言わないからね!あ、言っちゃった。

ワタシが何処にいるかって?貴方バカじゃないの?最後まで聴いてりゃそのうち分かるでしょ!あ?ジャケット売ってるレストランなんかある筈ないでしょ!歯医者さんでもなければスーパーマーケットでもないわよ!貴方あたまオカシイんじゃない?さっきから古着は月末まで20%ディスカウントだって言ってるじゃない!味噌汁で顔を洗って出直してきなさい!TOEICに味噌汁は出ない?だったらスープよ、スープ!

さあ、ワタシのホントの気持ちを4つの文にしてあげたわ。ワタシの意図を読み取ってごらんなさい。帰りのフライトまでもう1時間しかないの。はあ?空港まで送って欲しいのかって?そうじゃないわ!だ・か・ら、午後のプレゼンはワタシの代わりに貴方がやるのよ!このスカタン!

結局、Part1からPart4まで全部同じ性格じゃん・・・。しかもスーパーどSキャラ・・・。

このシリーズ、実はリーディングも書き終えるところですが、評判が悪かった場合はお蔵入りとさせていただきますので、どうぞ宜しく。ご理解の程を・・・。オマエは一体、何をやりたいんだ?という批判はあらかじめお断りします。

ではではー!

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 17:29:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
オンライン模試会の〆切
一部、大型書店などでは先行販売されていたようですが、本日付けで旺文社さんから「TOEIC L&Rテスト 壁越え模試」が発売開始となります。

そこで大事なお知らせです。既に聞き及んでいる方も多いとは思いますが、この模試本を使ったオンライン模試会が開催されるのです。

9/25(土)はTest1のリーディング、10/16(土)は同じくTest1のリスニングの解説を聴講することができます。詳細は出版社からのご案内を見ていただきたいのですが、9/25(土)のリーディングの回の申込〆切が本日となっていますので、ご希望の方は急いでください。

本イベントは、最初は参加枠が200名でしたが、希望者殺到したために急遽、枠を500名に増枠しております。200名の時点で間に合わなかった方が増枠の情報を知らないといけないと思い、念のため拙ブログにて発信しております。

希望される方は急いでね!

濵﨑潤之輔先生と大里秀介先生のダブル解説を聴けるセミナーはなかなかありませんよ。しかも無料です!申し込み方法が分からない方は下のURLをクリックして受付サイトに飛んで行ってください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000066.000055026.html

今日ですよ!今日!急いでください。500名に増枠してますから、おそらく漏れることはありません。模試は事前に解いておいて解説部分だけ参加でもOKです。とにかく急げ~!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 15:49:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
暗黒は友好国へと海を渡った
本年4月に発売されました「TOEIC L&R TEST 超上級単語特急 暗黒のフレーズ」はついに海を渡り、私たちの友好国 台湾に上陸しました!やったあ!バンザーイ!マンセー!

台北にて

この写真は僕がTOEICを通して知り合った親友が撮影し送ってくれたものです。台北のジュンク堂書店の棚ですね。暗黒のフレーズはTEX加藤先生の名著たちに囲まれて幸せそうです。

台湾で人気が出た書籍は中文化されることもあるそうで、つまり、中国語版に翻訳されて出版されることもあるみたいなので夢は膨らみますね。日本で出版されただけでも最高に嬉しいのに外国で、しかも僕が大好きな台湾でコピー商品が出版されるなんて考えられません。

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 14:27:35 | トラックバック(0) | コメント(1)
5分間特急!キター!
TOEICリスニング研究の第一人者として有名な八島晶さんの新刊『TOEIC L&R TEST 5分間特急 超集中リスニング』がリリースされます。この6月に『極めろ! TOEIC® L&R TEST 990点 リスニング特訓』(通称:リス特)が発売されて間もないというのに、怒涛の出版ラッシュ!

《5分間特急 超集中リスニング》
5分間特急

スクリプトをみれば基本的な英語なのに、何故か聞き取れない。初中級者に共通の悩みですね。あと少しなんどなあ・・・。そんな悩みを著者が解決してくれます。なにせ6,000人以上の受講生と向き合って指導を続けてきた著者の集大成です。毎日5分ならできるでしょ?

本書の特徴は大きく括ると3つあります。
1.定番問題、新傾向問題、難問
TOEICの定番問題、令和になってからの新傾向問題、ひねりのあるトリッキーな難問をバランス良く収録しています。このバランス良くという点が重要なのです。どれかひとつに偏るとオーセンティックじゃなくなる。

2.ワンポイントアドバイス
著者がリスニング指導を続ける中で繰り返し伝えているTIPSが数多くあります。その中から50個を厳選して「ワンポイントアドバイス」というミニコラムとして掲載しています。この50個のヒントを読むだけでも本書の価値はあります。

3.高難易度ナレーター
あなたもやられているでしょう?あの早口のオーストラリア人ナレーター、あのハイトーンボイスのイギリス人女性ナレーターですよ。苦手のままでいいんですか?ダメダメ、克服しなくちゃ!本書では彼らに似た声質のナレーターが本番と同等のスピードでスクリプトを読んでいます。いいですか?知っている人の声は聞きやすいのです。この本で慣れちゃいましょう。

発売は10月7日です!Amazonの予約受付開始しております!

本書はまさにTOEICリスニング対策の最終兵器!勝手に大胆予想をさせていただきますが、もうこれ以上、TOEICのリスニングに特化した良書は出ないでしょう。少なくともしばらくの間は。特に根拠はありませんが、何となくそんな予感がします。

発売は10月7日です!Amazonの予約受付開始しております!

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



公開&IPテスト | 15:38:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
壁越え模試TEST1
朝4時に起きまして、壁越え模試のTEST1を解いてみました。5セット収録されている模試なので、まだ1/5に過ぎませんがネタバレに注意しながら感想を述べたいと思います。

壁越え刊行記念

この模試をひと言で表現するならば、オーセンティック&プラクティカルということになりましょう。本物そっくりにして実用性も抜群です。さすがは両巨頭の作品という他ありません。

まずリスニングですが、読み上げスピードはPart1からPart4の全編を通してノーマルスピードです。変に速すぎるようなことはありません。最も印象的だったのはパラフレーズの妙ですね。特にPart3とPart4では、本文中の表現と選択肢のフレーズが絶妙のパラフレージングによって悩まされます。

少し考えると、あっそうか!と分かるのですが、ワンテンポ遅れての理解となるため解答が遅れ、次のセットの先読みに影響します。読み上げスピードが速いわけでも、難しい語彙が使われているわけでもないのに正解の選択肢を特定するのに時間がかかるのです。うまいなあ。

リーディングも同じような傾向にあって、難易度の高い語彙は少ないのに、慣用句的な言い回しに戸惑ったり、その単語にそういう意味もあったのかとうならされたり、感心してしまいます。クロスリファレンスも程よくスパイスが効いています。2つ目のダブルパッセージのクロスリファレンスは難しかった。ネタバレしてしまうのでどれとは言えませんが、やられました。

結果は、リスニング96問正解、リーディング99問でした。リスニングはPart2、Part3、Part4でそれぞれ1問ずつ間違え、リーディングは前述の通り、ダブルパッセージで1問やられました。

あと4セット、直ぐに解いてしまうのは勿体ないような気もするけど、この連休のうちには解き終えるでしょう。日本語の訳文は直訳でもなく、かといって意訳でもなく、ちょうどバランスの良い訳に仕上がっていてナイスです。解説はコンパクトで、それでいてポイントを抑えていますので頭に残りやすいですね。時折、登場する先生方のコメントに勇気をもらえます。もう都心部の大型書店では店頭に並んでいるみたいですよ。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



TOEIC国内本レビュー | 10:53:08 | トラックバック(0) | コメント(2)
一番楽しいのは記事問題
TOEICの模試を解いていて一番楽しいのはどのPartですか?これはTOEICと長いこと付き合っていくうちに変化していくとは思いますが、さてどのPartでしょう?

かつての僕はリスニングではPart2が、リーディングではPart5が圧倒的に好きでした。1問1答方式が好きというのもあります。受験生時代、山川出版の日本史1問1答は好きすぎて寝床に入ってもやってました。お蔭で、日本史は当時の僕の得点源になりました。

また、Part2とPart5を継続してやっていれば、そのうちに他のPartもできるようになるという自信めいたものがありましたね。結果、本当にそうなったけど。

今、一番楽しいのはやはりPart7ですかね。あのクイズのような感覚が面白くて仕方ありません。答えが文中に必ず隠されているというのも興味をそそられますね。解答の根拠が必ずあるというロジカルな側面がたまらなく好きです。

そして、その大好きなPart7の中でも際立って面白いのが記事問題、article問題ですね。昔はレターとかEメールなんかが読みやすくて好きだったのですが、最近では何だか物足りない感じがしてきました。

記事問題はストーリーがきちんとしていて読み終わった後も頭に残りやすいですよね。そして、語彙のレベルが比較的高く、最近のPart5では問われなくなった、やや高度な文法事項も随所に見られるという特徴があります。少しアカデミックな香りがしますよね。

僕が執筆しております双子の単語集「黒のフレーズ」と「暗黒のフレーズ」には、記事問題に出てくる高レベルな単語をたくさん収録しています。これは意図的にそうしました。読者の皆様がよりスムーズに記事問題を読めるようにと、articleに出てくる語彙をふんだんに盛り込んでいます。

文法事項も適度に難しい項目が盛り込まれていて楽しい。分厚い文法書を通読しているような学習者なら難しいことはありませんが、程よい手応えがあって嬉しいのです。例えば、
・If節のない仮定法
・未来完了
・未来を表す様々な表現
・倒置と省略
・数詞と組み合わせた関係代名詞の非制限用法
・完了不定詞
・様々な形の分詞構文
・7種類の後置修飾
・カンマ、コロン、セミコロン、ダッシュなどを駆使した表現
などですね。これらは2016年以前の旧TOEIC時代にはPart5にも頻繁に登場していた文法事項なのですが、今ではPart5でお目にかかることは珍しくなってしまいました。たまに出てくるけど。Par7では今でも頻繁に出会う表現なので嬉しい限りです。

さて久しぶりに読解特急3でもやろうかな?知っていますか?読解特急3は記事問題だけ20セット集めたPart7対策本で、僕は名著だと思っています。通常のTOEICの記事問題は架空の話ですが、この読解特急3は実際にあった過去の出来事を題材にしているという点も特徴のひとつです。

読解特急3

記事が苦手な人は是非、チャレンジしてみてください。数多い特急シリーズの中でおそらく難易度はナバーワンです。見開き2ページに文字がビッシリというセットもあります。我こそはと思う方はチャレンジすべし!神崎先生とTEX加藤先生の共著ですから間違いありません。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 12:04:04 | トラックバック(0) | コメント(4)
満を持して壁越え模試!
TOEICファンの皆様なら既に聞き及んでいることと思いますが、旺文社様より壁越えシリーズ第2弾が登場します。お馴染みも壁越えトレーニングに続き、今度は壁越え模試です!

壁越え模試L

壁越え模試R

言わずと知れたTOEIC鉄壁コンビ、大里秀介さん(通称:Tommyさん)と濵﨑潤之輔さん(通称:HUMMERさん)(←五十音順)の新刊になります。

太っ腹にドドーンと5セット500問ずつ収録されていますので合計1,000問です。これは解きごたえがありそうです。中身をざっと拝見しましたが、英文・設問・選択肢・日本語訳・語注・解説・コラム・スコア換算表などなど、良い感じに仕上がっていそうですよ。

音声も少しだけ聴きましたがバッチリです。リーディングにも音声が付属されていてPCでもスマホでも聴くことができます。ウオーキングしながらとか、手ぶらでも復習できますから有難いですね。

この連休中に全5セットを解いてみたいと思っています。いろいろ予定が詰まってはいるのですが、僕の性格からしておそらくやり切ってしまうことでしょう。

うん、文字も大きいし紙質も最高です。大きな本なのに意外と重くもありません。問題冊子だけなら凄く軽いですから、解答解説冊子が要らない復習の際は余裕で持ち歩けますね。さて、明日の金曜日まで全力で仕事をして連休にスパートします。

詳しいレビューは後日、このブログにアップします。あ、それと、リーディングのほうの109ページに僕がさりげなく出てきますのでお楽しみに!

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 17:37:21 | トラックバック(0) | コメント(1)
公式問題集Vol.8リリース決定!
既にTOEIC界隈では盛り上がっていますが、公式問題集Vol.8がリリースされますね。2016年5月の改訂以降では9冊目の公式問題集となります。

《公式TOEIC Listening & Reading 問題集8》
公式問題集Vol.8

8冊目が出版された段階で次の公式問題集の表紙の色はどんな感じだろう?と囁かれていましたが、パープルカラーでしたね。意外な色でしたねえ。

パープルカラーは、2016年5月の改訂前の公式問題集Vol.4の色です。実際に現物を手に取ってみたら微妙に違うのかもしれませんが、少なくとも色合いは同じでしょうね。

この過去のパープル色のVol.4ですが、6冊のシリーズ中では一番難しいという評価を受けていたテキストです。干支が一回り、12年の時を経て復活するパープル模試の難易度や如何に?

Amazonサイトを見るとリリース日は10月15日になっていますが、噂によるとTOEICの日(10月19日)発売ではないかという説も聞こえてきています。どっちなのかなあ?

いずれにしても10月24日の公開テストに間に合うことは確実ですので、前日模試会でTest1かTest2を使うという選択肢もありですね。その頃、緊急事態宣言がもし解除されているようなら、30人くらいの小規模人数で模試会を開催しても面白いかもしれませんね。少し様子見です。

それにしても、新しいテキストが出るというだけで、新作のゲームが発売されるかの如く大騒ぎしているTOEICer達って可愛いですね。今更ながらですが、この世界は素晴らしいと思います。だから死ぬまでここにいようっと。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 09:12:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
リスニングの音響対策
公開テストを受けて一番凹むのはリスニングの音響がショボかった時ですよね。後ろの方の席で聴こえにくいとか、前列の端っこの席で片側の耳からしか聞こえない、んてのは、まだまだ序の口です。

最高にヤバいのは結婚式場とか、ホテルのバンケットルームとかの天井が高い部屋です。音が反響してファンファン聴こえます。過去に何度かこんな会場に割り当てられましたが、結果は推して知るべしです。

しかし、コロナ禍にあって、そのような会場に当たる確率が高くなってきましたから、仕方ないとあきらめてしまうわけにはいかなくなりました。何とかその音を克服しなくては!

うるさい環境に慣れるための音声はありますよね。セミの鳴き声入りバージョンの音声とか、韓国発で出ていますから活用できますし、そんなものなくても、わざと騒々しい環境にすればいいわけですから練習できます。

しかし、あのファンファン音はどうしたものか?

そして今朝、僕は思いついてしまったのです。昨夜は遅くまで勉強会をしていてお風呂に入らなかったので、今朝の入浴時に、あああっ、これだ!っと。

そうです。お風呂の中にラジカセやブルートゥースのスピーカーを持ち込んで聴けばいいんじゃない?さすがにラジカセは大きくて無理だから、小さめブルートゥースのスピーカーを持ち込んで聞いてみました。その結果や如何に?

聴きづれえ・・・。

ということは成功です。紙のテキストを持ち込むわけにはいかないけど、一番ヤバいのはPart2なんだから、Part2の音声が聴ければそれでいい。

聴きづれえ・・・。

しばらくこの方法でやってみようかな。ファンファン音対策の高地トレーニング。まさか湯船につかってTOEICのリスニングをやる日が来るなんて考えてもみませんでした。しかし、効果はありそうですよ。

ひとつ問題があります。評判がよろしくないの。何がって?

家族の・・・。

お風呂で何やってんの?って。

決して遊んでるわけじゃないんだけどね・・・。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 14:35:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
一夜明けて
TOEIC L&R公開テストというお祭りが終わりました。まだ興奮冷めやらぬ雰囲気も残していますが、今日から再び日常に戻っていきます。その前に昨日のテストを自分なりに冷静に分析して次に活かしたいですね。何せ次は10/3です。もう20日後に控えています。

僕はここのところずっと午前受験をしていますが、直近3回のテストで感じていることは、リスニングが全体的に難しくなったということ、リーディングの語彙レベルが上がってきているなということです。

リスニングではスピード負けしないトレーニング、馴染みの薄いナレーターの音をしっかり捉えるトレーニングが必要だと思います。リーディングは文脈を正確に追わないと正解にたどり着けない問題が多くなっていますので、英文の骨格を把握できる確かな文法力が必要ですし、語彙レベルも上げていかなくてはなりません。語法やコロケーションにも気を使いながら語彙を増やしていかないと、現在のTOEICでは闘えませんね。

勿論、目指すスコアによって取り組むべき課題は変わってきますが、目標スコアと現在の自分を見比べてみて、足りないものは何なのか、じっくり反省してみる時間も必要だと思っています。いきなり背伸びしても仕方ありませんから、順を追って課題をこなしていきたいところです。To doリストを作ってみるのもいいかもしれません。

ああ、本当に、一夜明けて、今はボーっとしています。TOEICは本当に楽しい。生涯学習と位置付けている英語学習をより豊かにしてくれます。

そう言えばTOEICテストは楽しみにしていた旅行に似ていますよね。旅行は旅立つ前の計画段階や直前に夢想する楽しみがあり、勿論、旅行の最中の楽しみがあり、そして帰って来た後にも写真などを観ながら振り返って楽しむことができます。

TOEICも同じです。テスト前に話題になっているテキスト皆で解いてみたり、目標スコアを言い合ったり、テスト当日は目標宣言をしたり、経過報告をしたり、お互いの健闘を称え合ったりします。後にネット情報などを探り、振り返ったりすることもできます。物議を醸すような問題が登場した回は盛り上がりますね。

加えて、TOEICにはもうひとつ大きな付加価値があります。そうです。オンラインでのスコア発表という大イベントに参加できるということです。終わったはずのテストなのに、もう一度、最高に盛り上がることができますよね。この日の泣き笑いはもはや国民的イベントと称しても差し支えないでしょう。

いやあ、TOEICってホントにいいものですね。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 08:04:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
第276回TOEIC L&R公開テスト感想
本日高田馬場の早稲田ゼミナールで受験してきました。会場に到着するといきなり密!何故か中に入れない人たちが道路に溢れていました。申し訳ないけど係員の指示が悪い。

教室は2階と地下1階で僕は地下でした。エアコンが止まっていて暑い。リスニングの時間からエアコンを作動させることにして音テストを再実施すると、聴こえないのでエアコンを止めてくださいと申し出た受験者がいたので、振り返って思いっきり睨みつけてやりました。結局、音を大きくしてエアコンは作動させることになって一件落着。

さて全体の感想ですが、難しかったの一言です。リスニングはPart2の15番から25番くらいの中盤が難しく終盤は易しいという不思議なフォームでした。Part3とPart4は読み上げが速いセットが幾つかあったのと、新人の?英国人女性のナレーションが聴きづらかったと思います。

リーディングはここ1年くらいでは一番難しかったんじゃないかな?Part5もPart6もそれぞれ8分かかりましたし、Part7のシングル29問は24分くらいで通過しましたが、マルチで貯金をはたいた感じですね。結局、4分弱しか余らなったのでマークミスだけ確認して見直しはしませんでした。以下、個別Partのざっくりした印象です。僕は、傘・バッグ・電動工具・釣り銭・後ろの棚・イス3脚のフォームでした。

Part1:普通(5枚目の女性が箱を持ち上げている写真が意外な選択肢でした)
Part2:やや難(中盤が難しく終盤が易しいという・・・)
Part3:やや難(英国女性が聴きづらい)
Part4:やや難(1セットワケわからんのがあった)
Part5:易(難しい語彙がなかった)
Part6:普通(文挿入で2問悩んだ)
Part7(SP):普通(1問だけトリッキーなのがあった)
Part7(MP):やや難(解答根拠がみつけにくいものが多かった)

リスニングは速さよりも新人ナレーターの聴きづらさが際立った回だったと思います。声質に慣れてないというか、何だか頭にすんなり入ってこなくてイライラしました。公式問題集Vol.8にあのナレーターが入っているといいんだけど。早く慣れないと今後も苦しみそうです。

リーディングのPart5は基本的な文法事項のおさらいが必要ですね。文法書を1冊読んで理解している人だったら正解できるけど、文法に穴がある人には辛いセットでした。でも出題される文法の範囲は数年前と比べると狭くなりましたねえ。

Part6は完全に文脈依存の問題が多くなった印象です。文挿入問題然り、接続副詞を選ぶ問題然り、語彙問題しかり、コンテクスト重視です。一見、文法問題に見える問題もよく見て考えれば文脈で正解の選択肢を特定できる問題でした。

Part7のシングルは易しかったけど、1問、人の名前がEメールアドレスでしかと判断できない問題があってそれは正解でした。(D) Contact 〇〇さん が正解でしたよ。〇〇さんの名前はEメールアドレスにしか登場してないの。あれはキツいなあ。

マルチは難しかった。大して読ませる分量は多くないのに正解を特定する根拠がなかなか見つからない。結局、見つかるわけだけど時間がかかる。4分くらいしか見直しの時間が余らなかったのは久しぶりです。あ、書き忘れたけど、同義語問題はここ数回、極端に易しくなった印象です。間違えようがない。

今日の難易度を考えると、495点を獲得ぎりぎりライン、リスニング5問まで、リーディング2問まで間違いが許されると思います。

さて、今回も黒のフレーズと暗黒のフレーズから出ている単語を確認するという「ミッションを実行しましたが、相当沢山出ていました。正解の選択肢に思いっきり絡むのが4つありました。知っていれば簡単、知らないと物凄く悩むというパターンです。購入していただいた方のお役に立てて嬉しいです。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!




未分類 | 22:54:03 | トラックバック(0) | コメント(4)
第276回TOEIC L&R公開テスト当日
本日は高田馬場の早稲田ゼミナールで受験してまいります。記憶が正しければ、この会場は過去に1回だけ割り当てられたことがあります。確か地下にある会場だったような気が・・・。だったらうるさくない筈です。

というのも昨日、前日模試会だったのですが、日本橋の工事現場の真向かいの会議室だったのです。ボーリング調査の真っただ中で、その騒音たるや凄まじいものでした。あれではリスニングは無理だわあ。でも今日の本番に向けて高地トレーニングになりました。そろそろ出かけようかな。

受験票
本人確認書類
腕時計2個
1.3mmマークシート用シャーペン2本
0.9mmシャーペン1本
0.5mmシャーペン1本
プラスチック消しゴム2個
リーディンググラス
のど飴代わりのフリスク
不織布マスク2枚
折りたたみ傘
入場前に身体を冷やすための扇子
ボディペーパー
ミネラルウォーター

などなど、リュックサックの中に詰め込みました。準備万端です。

では行ってまいります!

皆さん、共に頑張りましょう!

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 08:13:00 | トラックバック(0) | コメント(1)
文句ばかりの人は消えていく
いつだったか、リビングで単語本をペラペラめくりながらTVを観ていたら、中村雅俊さん、田山涼成さん、小日向文世さんの3人がトーク番組をやっていたのです。いずれ劣らぬ名優たちですよね。個性が際立っていて、僕も大好きな3人です。

仲良し3人組

聞けば、3人は若い頃から苦楽を共にした俳優仲間ですが、周りにいた他の仲間たちは一人また一人と消えていったそうです。残っている人と消えていった人の違いはどこにあるのでしょう?僕は、以下の小日向さんと田山さんのやりとりにその答えが集約されていると思うのです。

《ここから引用》
小日向:一緒にね、ずっと一緒に、劇団時代、一緒に頑張ってきて。何かの瞬間にうまい具合に回っていく人と、なかなかそうじゃない、芽がなかなか出ないっていうのは、それは何なんだろうね。田山さん、そう思わない?

田山:いや思いますけど、あの、ひとつ言えるのは、現場なりなんなりで、ぶつぶつ文句言う、稽古の間でもぶつぶつぶつぶつ文句を言ってる人は、すべて消えました。

小日向:ああー。

田山:恵まれない役でも、口には出さないでも希望を持って、ここで(頑張るんだ)っていう人たちは、今まだ現役でやってる人もいますけど、自分のやってることにぐちぐち言ってる人は、本当に消えていきましたね。だから、文句は言わないのがいいですよね。

《引用ここまで》

ぶつぶつ文句言ってる人はすべて消えた。自分のやってることにぐちぐち言ってる人は本当に消えていった。そう仰っています。本当にそうですよね。言い得て妙です。

与えられた仕事を一生懸命こなそうと努力している人、嫌な顔をせずに嬉々として取り組んでいる人を見ると、こっちも楽しくなってくるし、その人のことをほとんど知らないのに何だか無性に応援したくなってきます。重ねて、僕自身もそうありたいと思っています。

明るく楽しそうにやっている人のところに人は自然と集まってきます。それとは対極に、暗くて不平不満ばかり口にしている人の周りに人は寄り付かないし、近くにいたとしても距離をとるようになっていくし、いつしか離れていきます。

長引くコロナ禍において、苦しいことはたくさんあるけれど、愚痴りたいことも少なくないけれど、任された仕事があることに感謝し、そして、感染防止により行動は一定制限されてはいるものの、こうして安らかな週末を迎えられる幸せを噛みしめて、今日一日を全力投球したいと思うのであります。

ではでは。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 06:21:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
あちこちに落ちているヒント
TOEIC L&R公開テストはあちこちにヒントが落ちています。はて?何のことか?と思っていますね?リーディングセクションのことです。気をつけて見ているとヒントがほらここにも、あそこにも!

例えばPart5の空所付近の英文に (so that) we can という表現があって、あなたは(so that)を選べずに(in case)を選んでしまっていました。自分では正解したとほくそ笑んでいます。

ところが、Part5を終えてPart6に取り組んでいた時!その時です! so that you can be informed of~ などという英文に出会ってしまいます。更にPart7に進んだ時、ダブルパッセージのレターの中に、so that we can help you obtain~、などという英文を発見してしまいます。

そうです。Part5の正解の選択肢と同じ表現が他のPartにそのまんまの形で使われているではありませんか! 嘘だと思ったらお手持ちの公式問題集を隈なく確認してみてください。同様の事例は幾らでも出てきますから。

これはヒントというより、もはや答えですよね。ん? さっき、instruct を選ばずに teach を選択したけど、ん? instruct our seminar participants to complete a survey って書いてあるな。あ、さっきのも実は instruct が正解だったんだ!直さなきゃ! ってなるんです。

この現象は本当に起こり得ることなのです。

日本と韓国の公式系の問題集などを何度も何度も繰り返し解いて音読していると気づきますよ。問題を制作しているETSが意図的にそうしているかどうか確認する術はありませんが、昔から実際に当たり前のように起こっている現象で、TOEICオタク達にとっては周知の事実です。

諦めずに必死に問題に向き合っている人には助け船が出されるのですよ。リーディングのディレクションの英文の中に答えと同じフレーズが入っていて大騒ぎになったこともあるんです。いやあ、TOEICって本当に素晴らしい世界ですね。洒落が利いているし、めっちゃ親切です。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 07:40:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
英文法書を3冊纏め買い
僕は元々、英文法嫌いでしたが、TOEICの研究を続けているうちにすっかり英文法オタクに変身してしまいました。英文法関連の蔵書は既に20冊を超えていますが、この度、更に3冊追加購入することにしました。いつもはAmazonで買うのですが、今回はポイントを期待して楽天で買いました。

3冊纏めると結構な金額になりますが、鮨屋で軽く1回飲んだと思えば安いもんです。←何その比較?この3冊は今年中に通読を終えようと思っています。纏まった休みとか、暇な時には分厚い英文法書をじっくり読むに限りますよね。うふふ。それにしても現代英文法講義!高い!高すぎる!←今気づいたのか?

《現代英文法講義》 安藤貞雄先生 ¥7,260
現代英文法講義

半世紀余にわたる著者の英文法研究を集大成し、渾身の力をふりしぼって書きあげたライフワーク。豊富な用例を著者の文法観に基づいて体系化した学術書であると同時に、常に座右に置いて、英文法上の疑問が浮かぶごとに参照できるreference grammarである。その際、英語の文法現象のhowを記述するにとどまらず、常にwhyという疑問に答えようとした。

《英文法総覧》 安井稔先生 ¥2,724
英文法総覧

伝統文法のわく組みの中に、新しい言語学の知識を盛り込み、さらに、豊富な範例文で、英文の基本的な仕組みが理解しやすいように構成。1982年刊の全面改訂版。

《新英文法概説》 山岡洋先生 ¥3,585
新英文法概説


本書は「文中での機能」という点に着目して英文法全体を説明しています。Part Iでは、5文型の代わりに「述部」に着目した文型分類を提案し、文中で句がどのように形成され、それぞれの句が主部・述部・修飾部のいずれかとして機能することを説明しています。Part IIでは、品詞を主部になれる品詞と主部になれない品詞に大別して、それぞれの品詞を文中での機能という観点から説明しています。

手配した業者がバラバラだから、届いた順番にざっと内容を確認しながら気になったページには付箋を貼っていこうと思っています。今から楽しみでなりませんわ。ホホホ。ホホホ。ホホホホ。

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 14:38:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
ドリームキラーに負けるな
その年になって今更、英語なんて勉強したって何になるの? え? TOEICで800点を目指してるって?ハハハハハ~! ムリ、ムリ~! ちょーウケルんですけどお~! とか言ってくるヤツいませんか? まあそこまで酷くなくても、夢の実現に水を差す人って何処からでも現れるのです。

負けたらダメです。

ドリームキラーはこうしている今も、あなたの夢をつぶそうと虎視眈々と狙っています。他人の夢をつぶしたって何の得にもならないのにね。やっかみと嫉妬心から近づいてくる人は相手にしなければいいわけで、まだ対応しやすいのですが、もっと身近にいるドリームキラーは厄介です。

職場の同僚だったり古くからの親友だったり、それどころか時には家族だったりします。こういう近しい人達は心底あなたのことを心配して声をかけてきます。無駄な時間を過ごさせたくないという優しい気持ちから、あなたを叶わぬ夢から一刻も早く目覚めさせようとしてきます。余計なお世話なんだけど近親者だから無下にもできなくて困ります。でも、

負けたらダメです。

あなたのことを本当に知っているのはあなただけです。あなたのことを誰よりも知っているのはあなたです。あなたのことを誰よりも信じているのはあなたです。それがたとえ、大切な人生のパートナーだったとしても、あなたの夢を諦めさせようとしてくる人の言葉を真に受けてはなりません。

負けたらダメです。

初心を貫いてください。あの時、誓ったではありませんか!

奇しくも昨日は8月の公開テストのオンライン発表日でした。あれだけ勉強したのにスコアが上がらないどころか下がりましたね? 落ち込んでいますね? 自分にはやはりTOEICなんて無理だったんだと思い始めていませんか?

そんな時ですよ。ドリームキラーが死神のように音もなく近づいてくるのは。

負けたらダメです。

テストなんだから運もあります。不得意な問題ばかり出たり、体調が悪かったり、受験会場に恵まれなことだってあります。今回で終わりじゃありません。TOEICはスコアダウンと闘う歴史です。スコアダウンも過ぎてしまえば過去のことです。もう一度、立ち上がって前に進みましょう。続けている限り挫折じゃありません。

近づいてくるドリームキラーを吹き飛ばせっ! 一匹残らず吹き飛ばせっ! 二度と寄ってこないように力一杯、吹き飛ばせっ! ほら、いなくなったでしょ? あいつらは強いやつには弱いんだ。もう大丈夫。ドリームキラーをやっつけたあなたは無敵だ。もう誰にも邪魔はできない。

少しからだを休めて元気が出てきたら、ゆっくり起き上がってください。

もう一度、僕と一緒に前に進もう。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 15:44:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
考えている場合ではない
TOEIC L&Rのリーディングセクションは与えられた75分に対して読む分量が比較的多いので、全部読むべきか、必要な箇所だけ読むべきか、という論争があります。論争は大袈裟か・・・。

まあ、満点狙いの人はそんなもん全部読むに決まってるでしょ!ということになりますが、悩ましいのが800点とか700点などの区切りのスコアを狙っている人向けのアドバイスです。

しかし、僕は全部読むスタイルをお勧めしています。少なくともノータチのエリア、未読ゾーンを残さないことが大事です。何故なら文書をパッと見て一瞬で、どこが大事なエリアか分からないでしょ?

そうすると考えちゃうわけです。う~ん、ここは読むべきか、読まないで先に進むべきか?う~ん、どうしようかなあ・・・って。そんな余計なことを考えているうちにドンドン時間は経過していきますから、そんならいっそのこと、読んじまったほうが早いって!

そもそも論ですが、どこを読まなくてはいけないか、どこなら読み飛ばしても解答に影響がないか、それを一瞬で判断することができるのは満点レベルの人だけです。それくらい経験と実力に裏打ちされた高度な判断なのです。

だったら全部読めばいいと思います。スピードの強弱はつけるべきですよ。何となくこの端っこ辺りは解答にはあんまり関係なさそうだなって思ったらそこは眼を動かすスピードをやや速めて通り抜ける。でも、一応、ノータッチではないと。

ひとつのセットで読む場所を選ぶくらいだったら、例えば、190番まではきちんと全部読んで解答して、191番以降は潔く塗り絵した方がスコアは伸びるし、安定します。そのうち速く読めるようになって塗り絵は卒業するから大丈夫です。

とにかく、サボらずに全部読みましょう。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 13:16:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
やめる理由なんてなかった
雑誌のインタビューだったり、懇親会の席上だったり、シチュエーションはいろいろですが、よく訊かれるのが、何故、英語学習を続けられたのですか?ということです。この質問には飽きるくらい出会いました(笑)。

僕はTOEICで600点台のスコアを13回取得するという珍しい経歴の持ち主なので訊かれるのだろうと思います。そんなに長い期間、まったく英語力が伸びなかったのによくやめませんでしたね、ということを含意した質問なのだと思います(笑)。

質問者の気持ちはよく分かるけれど、英語学習をやめよう、やめたいと思ったことはありませんよ。そりゃあ、テストを受ける度にできなくて落ち込んで、スコアシートが到着すればやっぱり600点台で更に落ち込んで、そういう時期はありました。

当時、名古屋に住んでいましたけど、TOEICをやっている人なんて周りに誰もいませんでしたから相談することもできず一人で悩んでいました。このままの勉強方法でいいのかなあ?遠回りしているような気がするし、それどころかもしかしたら弊害がある勉強の仕方をしているのかもしれない。

そういう悩みは絶えずつきまとっていたけれど、別に英語学習そのものを止めようと思ったことはただの一度もありません。楽しかったからです。好きだったからですね。

来る日も来る日も近所のコメダ珈琲店に通って一日2時間は勉強していました。主に会話形式の単語本で勉強していたのですが、少しずつ読めるようになるのは楽しかったし、音声も徐々に聴きとれるようになっていくと嬉しかった。

それがまだTOEICスコアに反映されていないだけでした。きっとタイムラグがあるんだろうな、くらいに思っていました。同じ英文を読めたり聴けたりできるようになり、それが脳内で定着して初見の英文に活用されるに至るまでには醸成に時間がかかるに違いないと信じていました。事実その通りでした。

よく考えてみたら、TOEIC学習の初期の頃は公式問題集どころか、TOEICに特化した教材は何も使っていませんでしたね。それよりは圧倒的に足りない語彙を何とかしなければ、全く聴きとれない英語の音を何とかしなければ、と思っていました。CD付きのダイアローグ形式の単語本を選んで勉強していたのはそういう理由からでした。この頃の地道な努力が現在の僕の基礎をつくった。英語は語彙と音だ。

話を戻すと、テスト結果は相変わらず芳しくはなかったけれど、英語の勉強自体は楽しかったのです。未知の外国語に出会い、それらを少しずつ覚えて吸収していくことは、多忙を極めていた保険会社の最前線で戦っていた僕にとっては、ささやかな喜びでした。砂漠のオアシスでした。

やめようと思ったことはありません。

楽しかったし、好きだったし、毎日の喫茶店学習には充実感しかありませんでした。そしてもうひとつ。僕は自分の近未来の飛躍を信じていました。必ず大ブレイクするその時が訪れるに違いない。誰よりも強く、そう信じていたのは他ならぬ僕でした。当時、既に50歳を直前に控えていましたけど(笑)。

本日は8月の公開テストの結果がオンラインで公表される日ですね。結果に一喜一憂するのも素晴らしいことです。その気持ちを味わえるのは頑張った自分がいるからです。喜びの涙は当然ですが、悔し涙を流せるのも努力の証です。大事なのは、結果を受け止めたらいつまでも引きずらずに淡々と学習を続けることです。

僕はやめようと思ったことはありません。

あなたはやめたいですか?せっかく生涯英語学習という素晴らしい世界を知ったのに?英語学習に目覚めなければ出会うことはなかった素晴らしい仲間と一緒にいるのに?

スコアなんて二の次です。真の目標はその先にある筈です。一時の感情に支配されて見失ってはいけません。先を見据えて、もっとずっと先を見据えて、成りたかった自分になるために、素敵な仲間達とコツコ頑張っていきましょう。

最後にもう一度だけ言っておきます。

やめようと思ったことはありません。

やめる理由なんてなかったからです。

それはこれからも変わることはありません。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 06:30:00 | トラックバック(0) | コメント(1)
目標スコアを目指さない
妙な言い方をしてすみません。目標を持つなと言いたいわけではありません。目標スコアぴったりの皮算用をしないでくださいと言いたいのです。900点目標なら900点ぴったりを目指さない。

というのは、目標スコアにあと少しで届かない人の共通項が、この目標ぴったり計画なのです。例えば、900点目標でL470点R430点の合計900点を狙うわけです。

得点の内訳もPartごとに概ね決まっていて、それをクリアーすると、ぴったり900点なんです。つまり余裕はありません。頭の中で描いた計画が全部うまくいってギリギリ900点なんですから。

例えば、リスニングの時間にちょっと隣の人がざわざわしていて気を取られているうちにPart3の1セット3問全滅してしまいました。もうこれでその回の900点達成の夢は消えましたね。ギリギリを目指して勉強してきたから他のPartでの挽回は不可能です。

例えば、リーディングで苦手の記事問題が5つも出て焦っているうちにトリプルパッセージ1セット5問を塗り絵しました。もうこれで900点は無理です。だって元々の計画が900点ぴったりなんだから仕方ありません。貯金は一切ないんです。

だから取りたいスコア=目標スコアではダメなんです。目標スコアは本当に取りたいスコアの少なくともプラス25点以上であるべきです。大抵1問の毎に対してマイナス5点が計上されますから、25点÷5点=5問ですよね。

5問くらいは予定外に間違えますよ。狙っているスコアが500点とか600点の場合は、予想外に上振れすることもあり得ます。ですが、狙いが800点とか900点の高レベルになると、上振れのラッキーは期待できません。運任せの時代は終わりました。

目標スコアを目指さない!

900点を奪取したかったら、950点を目指しましょうとは言いません。ですが少なくとも925点を目指しましょう。安心してください!それでギリギリ900点ですから。勝手に余計な壁を作ったらダメです。

目標スコアぴったりを目指していいのは990点だけです。それ以上のスコアはどうあがいても獲れないからです。まあ990点の内容にも実は結構、差はありますけど。

目標スコアというのは不思議なもので、あれだけ獲れなかったスコアなのに、一度獲れると呪縛から解き放たれたように何度も獲れるようになります。そのコツは、目標スコアぴったりを目指さないことです。さあ、今から25点、目標を上方修正しましょう!それできっと幸せになれます。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 07:38:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
ユ・スヨン1000問ドリル完了!
今朝から「TOEIC TEST語彙・熟語・コロケーション1000問ドリル」に取り組み始めまして、先程ようやく1000問コンプリートしました。解きっぱなしではなく、1セット8問解き終えては復習というスタイルでこなしていきましたので、思ったよりも時間がかかってしまいました。

スヨン1000問ドリル

間違えた問題は15問で以下の通りです。
057:深く吟味するイメージのintoを選んでしまった
124:quicklyもありだと思うんだけどねえ・・・
168:liableにlikelyの意味があったのね・・・
188:なるほどお、そっちか
223:useだと思ったんだけどな
272:普通の形容詞にその副詞が使えるのね
335:文意を勘違いした
373反映させた結果、というふうに解釈してしまった
398:この選択肢は初めて見た
691:distributeだから、toかtowardだと思い込んでしまった
763:より高度に精通いていることだったらhighじゃない?ダメかあ
768:こっちはhighlyかあ。うまくいかんもんだね
879:ここでジャイアンツが同点に追いつかれたので焦ってしまったぜ
961:groupを選んでしまった!これは昔、明治のIPテストで間違えたやつだ
970:瞬間的にanyを選んじゃった

正答率99%を目指していたけど結果は98.5%でした。でも、まあまあかな?次な何をやろうかしら?分厚いテキストを一気通貫でやっつける快感は癖になりますよね。これにしようかな?

スヨン必殺解答ルール292

これは534問しかないから直ぐに終わっちゃうと思うけど・・・。どんだけスヨンなんだ?

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 23:59:52 | トラックバック(0) | コメント(3)
英検1級でる順パス単の評価
英検1級でる順パス単の5訂版がリリースされて少し時間が経過しました。来月に試験が迫ってきましたので、このタイミングで記事を書き起こしております。

パス単5訂版

2400語の見出し語を細分化したり、1セットに異なる品詞をバランスよく散りばめたり、miniテストを充実させたりと、個人的には非常に使い勝手も良くなったし、高く評価しております。

まあ評価というと何だか偉そうな、上から目線の感じがしますけど、全然そんなことありません。素晴らしい単語帳を世に送り出していただき心から感謝しております。文句なしの星5つ(★★★★★)です!イエーイ!イエーイ!(゚Д゚)ノ!

ところが、購入者の一部では評判がよろしくないらしい。そんな噂を聞きつけ、よくよく調べましたところ、旧の4訂版に比べて語彙レベルが下がってしまった、つまり、易しくなったというのが評価を下げている理由のようなのです。

こういう評価には残念な気持ちです。パス単1級はですね、最新10年間の出題データをきちんと分析したうえで作成されているわけです。つまり、易しくなったと言われても、それが試験の傾向なのです。オーセンティックなものとするためには見出し語の顔ぶれは変えられないのです。

だってそうでしょ?「最新10年間の出題データを分析」と表紙に謳っている以上、恣意的に見出し語を変えることはコミットメントに違反することになるのです。難易度調整なんてできないのですよ。

そして、出る順になっているので、「でる度A」の見出し語はどうしても易しめになるのです。「でる度C」まで確認していくと、相変わらず難しい単語が並んでいます。僕はそれほど難易度が落ちたとは思えません。でる順を放棄してシャッフルし、単語をランダムに並べ替えればさほど変わらないんじゃないかな?

それともうひとつ。批判する方は大事なことを忘れていますよ。あなたが4訂版を手にした時と、この5訂版を手にした時を比べて、あなたの英語力は同じでしょうか?おそらく違うと思いますよ。

そうです。易しく感じる原因の最たるものは、あなたの実力の変化です。あなたの実力は数年前と比べたら格段にアップしている筈なのです。だから簡単に見えるのです。自分でも気づかないうちに語彙力が伸びたということです。是非、そんな目でもう一度、難易度を検証してみてくださいませ。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



英検 | 04:42:47 | トラックバック(0) | コメント(2)
1週間サイクルの英語学習
以前にもこのブログに書いたことがありましたが、英語学習の時間管理は1週間単位が分かりやすくて良いと思います。僕はかつて1か月単位で記録していて、それを自宅の冷蔵庫にマグネットで貼っていました。

しかし、1か月は長すぎるんですよね。英語学習は毎日が基本だから1週間程度でラップタイムをチェックするのが宜しいかと思います。そのために大事なことは何曜日からスタートするかです。

僕は平均的なサラリーマンですから基本は土日が休暇日です。最初は月曜日をスタート日として日曜日をゴールとしていました。ですが、これだとどうしても学習が土日に偏ってしまうのですね。

1週間の学習時間を例えば最低15時間とします。月曜日から水曜日まで全く学習時間を確保できなかった時、まあいいや、土日で頑張れば、となりがちなのです。結局、目標を達成するためには土日に合計10時間くらい学習しないと追いつかないということになる。

そんなことを繰り返しながら、僕はスタートの曜日を変えたのです。月曜日から日曜日に。この意図は、日曜日に頑張って学習時間の貯金を作り、それでも目標に届きそうになかったら土曜日に頑張ればいいという計画づくりでした。

土曜日からスタートした場合、土日でコケちゃうと、もう追いつかなくなるから、その週は諦めちゃうんですね。なので、学習時間をたくさん確保できる土日を切り離したのです。これは大いに成功しました。

日曜日に4時間くらい学習して貯金を作り、常に貯金のある状態で土曜日まで頑張る。土曜日を精神的にも楽な状態で迎えることができますから、目標の15時間を大きく上回ることが増えました。大抵の週、最低でも20時間以上は英語を学んでいました。そのペースだと年間で1,000時間に到達します。

実際には、何を身につけたかが重要なのであって、どれだけ机に向かっていたかはさほど重要ではないのかもしれません。しかし、英語学習は上達の度合いが自分では分かりにくいので、学習ペースの進捗度合いを測るには、ある程度、時間管理に頼らざるを得ないと思うのです。

是非、1週間単位での時間管理を導入してみてください。きっと成功すると思います。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!



未分類 | 15:52:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ