■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 申込済
225 2017.11 申込済
226以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

難しい同義語問題の考え方
TOEICのPart7で一番嫌らしいのが〝closest in meaning〟と表記される同義語問題です。これは大抵の場合、1回のテストに2問~4問程度出題されるわけで、すべてが難問というわけではありませんが、1問ないし2問悩ましいやつが出てきます。

これを正解するか落とすかで天国と地獄に分かれることがあるんですね。つまり、495点と490点の分岐点になるんです。僕もかつて、同義語問題をうっかり落としたために、あと一歩で届かなかった経験があります。

Part7について言えば、同義語問題以外は、時間さえ余ってじっくり読めば全問正解できるんですよね。だって答が本文中に必ず書いてあるから。NOT問題だって、suggest問題だって関係ありません。きちんと読めば落とさない。問題はその時間があるかどうかだけです。

だけど同義語問題はそうはいかない。知らなかったら終わりです。

と、思っていました。ですが、そうでもないことが最近分かってきました。

同義語とか、パラフレーズとか難しく考えるから、中途半端な知識に踊らされて迷ってしまうんだ。大抵の場合、本文中に示されている語彙は、選択肢(A)(B)(C)(D)の意味を全部持っていることが多い。これはテストが終わった後、英英辞典で調べてみると分かります。あれえ?4つ全部あるなあって。

だから、いっそのこと本文中に示されている語彙と選択肢の語彙を見比べて解答を決めるのを止めればいい。あまりにも定番のものは1対1で見比べて決めても勿論構いません。例えば、regarding = concerning みたいなやつですね。どうひっくり返っても間違えようがありませんから。

そうではない悩ましい問題は、空所補充問題だと思えばいいんです。つまりPart6方式です。本文中に示されている語彙は無視します。そこが空欄だと思えばいい。それで、選択肢の(A)~(D)まで順番に当てはめていって、文章全体の中で一番文意がしっくりくるものを選べば、それが必ず正解です。

同義語の難問は、実は受験者の語彙力を判定しているわけではなくて、英文全体の意味を細部に亘るまできちんと理解できているかどうかが問われているわけです。その対策は非常にオーソドックスなものになろうかと思います。日頃から文章全体の文意を正確に読み取る訓練を積み重ねることであって、滅多にお目にかからない難しい語彙を片っ端から覚えることではありません。

僕はそう考えています。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト


未分類 | 12:12:14 | トラックバック(0) | コメント(5)
コメント
おっしゃるとおり
Rabbitさん

いつもお世話になっています。
Part7の同義語問題の件、おっしゃるとおりだと思います。問題周辺の接続詞や接続副詞等も正答の手がかりになるのではないでしょうか。
ここにきて、灼熱のゼミ合宿の効果を実感しています。
と言いつつ、TOEICの日の前日に開催された、あ〜るさんの勉強会では、設問を読み違えるという初歩的なミスでPart7全問正答を逃してしまいました。
2015-10-21 水 12:39:08 | URL | りゅう [編集]
間違えました
今年は飛躍のゼミ合宿でしたね。
2015-10-21 水 12:48:13 | URL | りゅう [編集]
Re: おっしゃるとおり
りゅうさん

設問は本文よりも2倍くらい時間をかけて読みたいですね。

そうしないと設問の趣旨を間違えますし、最悪の場合、先月の僕みたいにNOT問題を見落とします・・・。
2015-10-21 水 13:05:38 | URL | Rabbit [編集]
センター国語(古典)との比較
センター試験の古典でも現代語との同義語問題があり、間違いのパターンはどれかです。
(1)辞書的な意味では正しいが、本文にあっていない。
(2)本文ではあっているが、辞書的な意味では間違い
(3)本文でも変だし、辞書的な意味でも変。

これと、TOEICを比べてみると、TOEICでは(1)か(3)でひっかけてきて、(2)でのひっかけのパターンには出会ったことがないです。ということは、Rabbitさんの記述どおり、本文が空欄になってて、空欄に適する語句はなんでしょうかという問いでも成立するように思えます。ん、これって、まさしくPart6と同じですなあ。じゃあいっそのことPart6とPart7を一緒にしゃちゃえ(無茶ぶりですが、将来的にあり得るかも)。
2015-10-22 木 19:00:27 | URL | Ringo [編集]
Re: センター国語(古典)との比較
Ringoさん

古文との比較というのも面白いですね。僕は学生時代、古文漢文は結構得意でした。

いろいろな切り口で考えてみるのも楽しいですね(#^.^#)。
2015-10-23 金 13:34:07 | URL | Rabbit [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://rabbittoeic.blog.fc2.com/tb.php/1108-deaac617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PAGE UP

FC2Ad