■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 申込済
225 2017.11 申込済
226以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Part7勉強法<後半その2>
模試1セットを15分(※)で読めるようになったら、次のセットに進んでもいいでしょう。あとは同じことを繰り返すだけです。段々と速く読むリズムを、理屈ではなく、身体が覚えていきます。副次的な効果としては、15分でPart7を1セット読めたという自信がテスト本番で自分を後押ししてくれます。間に合わない筈がないと。
※当然ながら、他の能力と同様、読解スピードには個人差がありますので、15分がどうしても難しければ20分でも25分でもOKです。そこはご自身の判断になります。

そして、徐々に変化が起きてきます。

最初の内は、同じ文書だからこそ速く読めていくわけですが、やがて、初見の文書も速く読めるようになっていきます。英語の表現やリズムが身体の中に蓄積されていくんですね。1語1語読んでいた文書が、フレーズのカタマリで読めるようになり、もっと進むと、ところどころ英文1文全体をカタマリで左から右に目を動かして一気に読めるようになっていきます。この感覚は快感です。

この辺りになると、次にthat節が現れる筈だ、とか、次に出てくるのは未来のことだ、とか、今までとは逆の意見が出てくるに違いない、とか、ある程度、文書の先の構造を予想できるようになります。そうなると、スピードに拍車がかかります。次のステップとしては、例えば2段落目を読み終わったところで、3段落目、最終段落までの展開が予想できるようになります。これは文書の蓄積が多くなればなるほど頻度も高くなります。デジャブ現象にも似ています。

ちょっと整理すると、

① ゆっくり読めるように準備する。つまり、分からない箇所を根絶する。文構造、文法、語彙などを徹底的に調べまくる。

② 5日間~1週間くらいのスパンで同じ文書を繰り返し読む。ただし、意識して、今日は昨日より速いスピードで読む。

③ 英文の形(構造)から、次に出てくる表現を予測する。主に、動詞が持っている語法や特性を理解することで、次の表現方法を予測することができるようになります。

④ 話の内容から、次の展開をある程度予測しながら読む。これは日本語の文書でも同じです。特に、TOEICの文書は定型のものが多いので、ある程度の予測は誰にでも可能です。

以上ですが、全部できなくても、①と②だけできるようになれば、さしあたってはOKです。③と④は、僕も発展途上で試行錯誤を繰り返している最中です。

纏めますが、英文の分量が多いPart7を克服するには、先ずは英文を正確に速く読める訓練をすることです。TOEIC独特の設問や選択肢の妙というやつも、いずれはやっつけなくてはなりませんが、先ずは本文が正確に速く読める実力を養うことが先決だと僕は思っています。

だって、本文を正確に速く読めれば時間は余ります。余った時間で、設問・選択肢なんて何とかなります。極端な話ですが、速く読めれば、リテンションだって必要ありません。気になる箇所は、余った時間で気が済むまで何度でも何度でも読めばいいからです。

正確に速く読める力は、誰が何と言っても、TOEICテストにおいては絶対的なアドバンテージです。多少ひねった問題でも、NOT問題でも、時間さえあれば何とかなるケースが多いのです。何故なら、Part7は探せば必ず本文に答があるからです。当然ですが、速読力はリスニングの先読みにも有利に作用しますね。

リーディングのスコアが停滞しているなら、同じ文書、Part7の1セットを1週間程度、続けて読むトレーニングを実践してみてください。何かが変わります。僕はPart7だけでなく、Part5~Part7の1セットを丸々、1週間読み続ける訓練をしてきました。それだけで、特に慌てなくても、リーディングセクションを60分~70分で解き切れるようになったんです。かつて、DPまで到達することがなかった僕がです。

本稿では、同じ文書を繰り返して読むことを推奨していますが、僕は〝初見の英文を速く読む訓練〟を決して否定しているわけではありません。これ以上速く読んだら、もう意味がとれなくなるというギリギリのスピードで読んで、読解スピードを鍛えるということは重要なプラクティスです。決して否定しません。英語学習者なら誰しもが、いずれは取り組むべき課題です。

ですが、ゆっくり読んでも分からないことだらけの人が、今、優先して取り組むべきことではないと考えているだけです。優先順位が違うと言っているだけです。僕も含めて、です。構文や文法事項で分からないことだらけの文章を、無理に速く読もうとすると、遠回りどころか弊害が出ます。英文の正しいリズムを吸収できずに変な読み方の癖がついてしまうからです。間違った音読が身にならないのと同じ現象です。

最後に、本稿で僕が主張しているのはあくまでも僕が試みてきた方法です。自分以外の人には当てはまらないかもしれません。ご参考、ということです。是非、ご自身にピッタリ合った勉強法を模索していってください。

世の中には、それは間違った勉強法だとか、正しい勉強法はこうだとか、いろいろ口喧しく騒ぎ立てるお節介な人達がいますが、そんなもん、ありません。勉強法に正しいも、間違っているもありません。現時点で、その人にピッタリ、フィットしたやり方かどうか、とういうことはあり得ますが、百人いれば百通りの勉強法があっていいと僕は思っています。

重ねて申し上げますが、本稿はあくまでも〝Rabbitの場合〟です。ご自身の勉強法を確立する過程で、幾分でも参考にしていただければ幸いです。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト


未分類 | 16:15:23 | トラックバック(0) | コメント(14)
コメント
Rabbitさん、ご多忙の中投稿ありがとうございます。
じっくり読ませていただきました。今、自分がまさに必要じゃないかと思っていた事が書かれてありました。心にグサッときました!
ゆっくり読んでもわからない文章は、速く読んでもわからない。
当然の事ですがものすごく重要ですね。ゆっくり正確に読む練習をやっていきます。
そしてその過程で自分にフィットするやり方を確立したいと思います。

ご享受本当にありがとうございます。
2015-11-27 金 16:58:37 | URL | コジカ [編集]
とてもタメになりました
初めまして。
以前からブログを拝見しておりましたが今日初めてコメントします。

パート7の時間不足の壁、まさに今私がぶち当たっている問題です。

rabbitさんのブログに書いてあること、とても参考になりました。

今までは「わかっちゃいるけど、でも、でもっ!!」と取り組めずにいましたが、
rabbitさんの書いていることを読んで納得がいき、「これなら目指してるところまでいけるかも!」という気がしてきました。

忙しい中時間を割いて、タメになるブログを書いていただいていることに感謝します。

ここでいただいたヒントとパワーを糧に、頑張ります!

2015-11-27 金 19:30:26 | URL | アスカ [編集]
納得
ブログ記事ありがとうございました。
私が何となく考えていたのと大きく乖離はしていませんでしたが

>② 5日間~1週間くらいのスパンで同じ文書を繰り返し読む。
>ただし、意識して、今日は昨日より速いスピードで読む。
これは意識していませんでした。漫然と空き時間に早く読んでみただけ、しかも繰り返しが欠けていました。
まずは公式問題集Vol.6を1セットを丁寧に読んでから、時間を計って20分程度を目指して短縮してみます。

>③ 英文の形(構造)から、次に出てくる表現を予測する。
>主に、動詞が持っている語法や特性を理解することで、
>次の表現方法を予測することができるようになります。
ふむふむ動詞の語法や特性を理解すると、他動詞、自動詞の区別、コロケーションなどが身に付いてくるでしょうね。

単語じゃなくて節とかセンテンス単位で読めるようになりたいです。
まずは地道に第1歩から
 
2015-11-27 金 19:48:05 | URL | pakuqi [編集]
Rabbitさんは太っ腹ですね
あの腹にはビールではなく愛がつまっているんですね
2015-11-27 金 21:36:04 | URL | カール [編集]
I should try.
Rabbit様

以前のBlogにTOEICの達人は、コミュニケーションスキルが高いようなことを書かれていましたが、Rabbitさんもその域だと思います。
私は典型的な理系思考なので、記載が理論的かどうかで、伝わりやすさを判断する傾向にあります。
Rabbitさんは文系の大学を卒業されていますが、特に今回の記事は理論的に感じました。
更に、それをやるとどうなってくるといマイルストーンに言及されているので、それも有難いです。
Part7の教材が手元にあるので、早速実践してみます。
2015-11-28 土 05:02:10 | URL | Gussan [編集]
Part7対策、実践します!
具体的に詳しく分かりやすく教えて頂き感謝です。
今までは信念をもって貫いている勉強法はなく、あれもこれも手を出してどれも中途半端。一つやってると他のあの本もやらないとダメなのでは…なんて不安になってしまうんです。一番ダメなタイプですね。

さて、今から手持ちの公式問題集のどれか選ん実行します。Part7本文15分で読む!これにはビックリです!私にそこまでの素質はないかもしれませんが、挑戦してみます。成果として何かが変わるといいな、その快感味わいたいな、継続は決して楽ではありませんが楽しみができるとやり甲斐もありますね!
もちろん勉強法は人それぞれ、でもすごく説得力あったから納得した上で、まずはPart71セット一週間、それだけ考えて継続します。
私の次の受験日は1月、ちょっとでも受験中の手応えに変化あることを夢見ながら頑張ってみます。

お忙しい中、詳しく教えて頂き本当にありがとうございました。

2015-11-28 土 13:08:28 | URL | クレア [編集]
すごいよい方法ですね。
私も現在ダブルパッセージに入ったら時間がたりなくて、20問くらい塗り絵している難民です。
でもこの方法なら着実に実行出来そうです。
頑張ります!
2015-11-28 土 22:40:50 | URL | Taka [編集]
Re: タイトルなし
コジカさん

コメント有難うございます<(_ _)>。

> ゆっくり読んでもわからない文章は、速く読んでもわからない。
> 当然の事ですがものすごく重要ですね。ゆっくり正確に読む練習をやっていきます。

これは本当です。僕も勘違いして、しばらくは速く読むことばかりしていましたが、結局、先ずはゆっくり読むことにしたのです。その後、読解スピードは半ば自然に速くなっていきました。焦ることありません。

> そしてその過程で自分にフィットするやり方を確立したいと思います。

そうですね。自分にベストフィットした方法を探索していくのも楽しいですよ。是非、楽しみながら探していってくださいね。
2015-11-30 月 18:04:09 | URL | Rabbit [編集]
Re: とてもタメになりました
アスカさん

> 初めまして。
> 以前からブログを拝見しておりましたが今日初めてコメントします。

初めまして、Rabbitです。コメント有難うございます<(_ _)>。

> パート7の時間不足の壁、まさに今私がぶち当たっている問題です。

一見すると遠回りのようですが、地道に確実に読む訓練をしていけば、必ず、少しずつですが、速く正確に読めるようになっていきます。

急がばまわれです(#^.^#)。

2015-11-30 月 18:07:05 | URL | Rabbit [編集]
Re: 納得
pakuqiさん

いつも有難うございます(#^.^#)。

>② 5日間~1週間くらいのスパンで同じ文書を繰り返し読む。
>ただし、意識して、今日は昨日より速いスピードで読む。

実は意識しなくても、昨日より速いスピードで読めるようになります。同じ文書ですから。でも、それが気持ちいいから続けられるのです。ストレスなくできると思いますよ。

>③ 英文の形(構造)から、次に出てくる表現を予測する。
>主に、動詞が持っている語法や特性を理解することで、
>次の表現方法を予測することができるようになります。
> ふむふむ動詞の語法や特性を理解すると、他動詞、自動詞の区別、コロケーションなどが身に付いてくるでしょうね。

その通りです。自然と、次の表現が予測できるようになっていきます。これは日本語の文書を読む時と同じなのですが、英語は文構造のルールが日本語よりもずっと厳しいので、より顕著に表れるのですね。

地道に一歩一歩頑張っていきましょう(@^^)/~~~。
2015-11-30 月 18:11:52 | URL | Rabbit [編集]
Re: タイトルなし
カールさん

TOEIC愛とホッピーが詰まっているのです(@^^)/!←やっぱり酒入ってる(-"-)・・・。
2015-11-30 月 18:16:32 | URL | Rabbit [編集]
Re: I should try.
Gussanさん

コメント有難うございます<(_ _)>。

> 以前のBlogにTOEICの達人は、コミュニケーションスキルが高いようなことを書かれていましたが、Rabbitさんもその域だと思います。

とんでもありません。僕はコミュニケーションスキル弱いです(>_<)。

> 私は典型的な理系思考なので、記載が理論的かどうかで、伝わりやすさを判断する傾向にあります。
> Rabbitさんは文系の大学を卒業されていますが、特に今回の記事は理論的に感じました。

僕は超文系人間ですが、出身が法律学科なので、少しは理論的にみえるのかもしれません(^_^.)チガウカ。

> 更に、それをやるとどうなってくるといマイルストーンに言及されているので、それも有難いです。

一体どうなるか分からないとピンときませんよね(笑)。

> Part7の教材が手元にあるので、早速実践してみます。

是非試してみてくださいね。1ヶ月くらい続けていくと効果が分かるようになります。

ではでは。
2015-11-30 月 20:05:49 | URL | Rabbit [編集]
Re: Part7対策、実践します!
クレアさん

> 今までは信念をもって貫いている勉強法はなく、あれもこれも手を出してどれも中途半端。一つやってると他のあの本もやらないとダメなのでは…なんて不安になってしまうんです。

お気持ちよ~く分かりますよ。僕もかつてはそうでしたから。気持ちばかり焦ってしまって・・・。

> さて、今から手持ちの公式問題集のどれか選ん実行します。Part7本文15分で読む!これにはビックリです!私にそこまでの素質はないかもしれませんが、挑戦してみます。成果として何かが変わるといいな、その快感味わいたいな、継続は決して楽ではありませんが楽しみができるとやり甲斐もありますね!

公式問題集であればどれでもよろしいかと思います。ご自身で一番愛着があるテキストが望ましいと思います(#^.^#)。

> もちろん勉強法は人それぞれ、でもすごく説得力あったから納得した上で、まずはPart71セット一週間、それだけ考えて継続します。

欲張らずに先ずは1セットで構いません。公式問題集は2セットありますから、余裕が出てきたら2セット目ですね。

> 私の次の受験日は1月、ちょっとでも受験中の手応えに変化あることを夢見ながら頑張ってみます。

1月までまだ時間がありますので、辛抱して続けてみてくださいね。

ではまた。
2015-11-30 月 20:09:40 | URL | Rabbit [編集]
Re: すごいよい方法ですね。
Takaさん

コメント有難うございます<(_ _)>。

> 私も現在ダブルパッセージに入ったら時間がたりなくて、20問くらい塗り絵している難民です。

20問塗り絵は勿体ないですよ。DPには解き易い問題も沢山ありますからね。

> でもこの方法なら着実に実行出来そうです。
> 頑張ります!

頑張ってみてください。たとえ同じ文書でも、読める英語は楽しいですよ(@^^)/~~~。
2015-11-30 月 20:11:39 | URL | Rabbit [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://rabbittoeic.blog.fc2.com/tb.php/1162-440c789e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PAGE UP

FC2Ad