■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 申込済
224以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

TOEIC(R)テスト新形式完全攻略模試リ-ディング(SPまで)
昨日に続きまして、大里秀介さんの新刊〝TOEIC®テスト新形式完全攻略模試〟のレビュー記事です。昨日はリスニングでしたが、今日はリーディングです。

Tommyさん完全攻略模試

ご存知の方も多いと思いますが、念のため。新形式のリーディングセクションは、Part5の問題数が10問減り、その分、Part6とPart7の問題数が上乗せされています。変更は下記の通りです。

Part5:40問⇒30問
Part6:12問⇒16問(1セット4問×4セット)
Part7:48問⇒54問(SP:29問 MP:25問)

短文問題のPart5の問題数が大幅に減り、長文問題のPart6とPart7の問題数が増えるわけですから、どう考えても時間的には厳しくなることが予想されます。さて、このテキストではどうでしょうか?時間を計って解いてみました。

先ずはPart5ですが、よく練られていますね。文法問題は文構造をきちんと把握できないと選択肢を絞り切れないように工夫されていますし、語彙問題では、誤答の選択肢にTOEICギリギリの難語を配置するなど、思わずニヤリとしてしまう仕掛けがなされています。127番など、その典型でしょう。

また、副詞の語彙問題では、Part6の文書の何処かに同じような表現があって、解答のヒントになる部分があります。言い回しが同じだから。きちんと読んでいる人はこれで正解が分かります。この現象は、実は、公開テストでもよくあるパターンなんです。後ろのパートを解いている最中に、Part5のヒントが出てくることがよくある。意図的なのか、Part毎の問題作成者が異なるためのエラーなのかは知りませんが、本当にあるのです。そのパターンを再現しています。探してみてください。

そして、な、なな、なんと、4月公開テストのマイナーフォームで出題された問題が出ています!2問ズバリ的中!公開テスト前に作成されている模試ですからね、流石ですね。106番と108番は必見です!これを先に見ておくことができたらなあ、と思う方もいらっしゃるでしょう。

Part6は新形式問題が各4セットに1問ずつ追加されています。単語やフレーズではなく、1文まるまる挿入する選択肢を選ぶ問題ですね。これを楽しみにしていたんだ。結果的に、僕は全問正解しましたが、やはり、このタイプの問題は時間がかかりますね。4つの選択肢を読むのに15秒程度かかりますし、前後の文脈で、どの選択肢が相応しいかを検討するのに30秒程度かかります。4つの選択肢を一つ一つ、本文に入れ込んで考えないといけないから仕方ありませんね。これまでのテストよりも、45秒×4セット=180秒=3分、余分にみておく必要があるということです。

新形式のPart6は、1セット4問あるわけですが、これまでと違って、選択肢が本文の下に纏めて全部配置されているので、目の動かし方に慣れておかないと、本番でまごつきますよ。訓練しておきましょう。このテキストのセットは、比較的オーソドックスな良問ばかりですから、訓練にはうってつけです。

さて、Part7です。先ず目を引くのはテキストメッセージ、オンラインチャットです。登場人物が2人の場合は易しいのですが、本テキストのように3人以上になると、難易度がグッと上がりますね。それぞれのキャラクターの立ち位置を把握しなくてはなりませんから、難しくなります。自分がそのうちの誰かになったつもりで感情移入してしまうと読み易くなりますよ。

そして、ETSが、Part7のシングルパッセージに刺客として送り込んできたのが、これです。
In which of the positions marked [1], [2], [3] and [4] does the following sentence best belong ?

これは難しいですよ。選択肢に示されている文章を、本文中の適切な場所に補う問題ですが、本文全体の構成を理解できていないと、全部正解に見えてしまいます。英語力というよりは、国語力や、些か大袈裟かもしれませんが、論理構成力なんかが問われますね。英語でも日本語でも、日頃、受動的に文章を読んでいる人には辛い。日本語でも構わないから、日常的に自分で文章を書いている人には簡単な問題です。←この言い方、何処かで見たような・・・。

時間がなくなってしまいましたので、マルチプルパッセージは次稿に譲り、Part7は、ここで一旦、締めくくりたいと思います。

Part7 SPの感想ですが、トピックがTOEICそのものです。日本人の感覚とは少しずれているような話も出てきますが、それがTOEICでは出るんです。例えば、僕が経営しているジムが登場するパッセージがそうですよね。日本にそんな役割を担う会社は滅多にない。でもTOEICの世界では当たり前なんです。

また、この模試では、明らかな正解が1つだけ、明らかな誤答3つという問題が少ない。4つの選択肢の中で、正解の選択肢と、プラス、正解の選択肢に限りなく近いものが幾つか配置されています。トーイッカーの間では、これを〝魅力的な選択肢〟と呼んでいます。よく見て考えれば間違いの箇所があるのですが、パッと見ると誘われてしまう、悩ましい選択肢のことです。間違いなく、最近の公開テストの傾向を反映させたものですね。

最後に、このテキストの英文は決して長くありません。2010年前後の公開テストと比べると、むしろ短いくらいです。でも、それが最近の公開テストの傾向なんです。短い文書に情報をあちこちに散らして詰め込んで、悩ましい選択肢で受験者を惑わせる。それが、今の公開テストのトレンドなのであります。

この完全攻略模試は、そのトレンドを巧く取り入れているのですね。流石は、公開テストを毎回、必ず受験している著者のテキストですね。気が向いたら、たまに受験しているような、ゆる~い先生方には絶対書けねーぜ。←なんか知らんが、若干グレてる。

あ、昼休みが終わってしまったので、マルチプルパッセージのレビューは後日、書きます。すみません、長くなってしましました・・・。

ではまた。

応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト


TOEIC国内本レビュー | 13:30:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://rabbittoeic.blog.fc2.com/tb.php/1328-0e9eb811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PAGE UP

FC2Ad