■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 受験済
222 20170.7 申込済
223 2017.09 申込済
224以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ひまわりの約束~session3での約束③
ネイティブと我々で絶対的に違う感覚って、何だと思いますか?僕もいろいろと試行錯誤して考えてきたのですが、それは少なくとも3つあると思っていて、

① 時制~その出来事はいつの話なの?
② 数~それって数えられるものなの?数えられるとしたら、幾つあるの?
③ 前置詞~名詞の前に置かれるキーワード

だと僕は考えています。何人かのネイティブの話を聴いて確信しました。でも、この3つの感覚って、ネイティブは英文を書いたり読んだり、喋ったり聴いたりする時に、意識することはないんですよね。勿論、ネイティブ同志のやりとりの場合ですよ。〝無意識に〟確認している。

でも、僕達ノンネイティブは最初のうちは無意識にはできないから、半ば強制的に、そこを意識する必要があるのです。3色のマーカーの色分けは、時制、数、前置詞を塗り分けたものです。

3色マーカー

先ず、時制からいきましょう。

述語動詞と、節の中の述語動詞を黄色のマーカーで塗っています。動名詞とか不定詞も動詞の仲間ではありますが、分類が複雑になりすぎるので、一旦おいておきましょう。どうせ読みますけどね。整理上、一旦無視します。

次に、数に関するものです。

オレンジ色のマーカーで塗っています。不可数名詞、可算名詞、可算名詞なら単数か複数か?数を修飾する数詞。muchとかfewとかsomeとか。あとは代名詞も含めましょう。thisとかtheseとか、themとか。これも数を示しますからね。

最後に前置詞です。

青いマーカーで塗りました。これは出てくる都度、体感していくしかありません。ネイティブが何故、そこにその前置詞を使うのか、英文全体を見て、いや、その文書全体を見て感じ取らなくてはなりません。どんなに優秀な英語の先生でも、これを別の言語である日本語で完璧に置き換えて説明することには自ずと限界があります。そんなことができたらノーベル賞ものです。

トレーニングの手順としては、最初に、黄色のマーカーに意識を集中して読む。何故、ここが現在完了形なのか、何故、次のセンテンスが未来形なのか、考えながら意識して読みます。

次に、数に意識を集中して読む。何故、この名詞をmuchが修飾できるのか、何故、aではなくtheなのか、何故、ここでsがつくのか、themとか何を指すのか、オレンジ色のマーカーに意識を集中して読みます。

最後に、前置詞です。青色のマーカーに意識を集中させて、何故、ここはtoなのか、何故、atなのか、何故、fromなのか、センテンス全体の意味を考えながら、あるいは文書全体の文脈を考えながら読んでいきます。

ここまで、それぞれの色を5回くらいずつ意識して読むと、既に細部まで読めたことになります。この段階で、〝色を塗っていない〟元のテキストを取り出して読んでみてください。それまでとは違った感覚で読めることが実感できる筈です。

それまで気づかなかった細部に自然と気づくことになります。この訓練を繰り返していくうちに、マーカーで色づけしなくても細部まで読めるようになっていきます。ネイティブの感覚に少しずつ近くなっていくのです。

時制だとか、数だとか、前置詞だとかの感覚が意識の底に沈んでいきます。つまり、無意識で感じ取れるようになっていきます。そして、本当に分からない英文に遭遇した時だけ、知識の引き出しを空けて、考えるようになります。通常は考えなくて済むから読解スピードが自然と上がっていくわけです。

長くなりましたので、再びここで一旦切ります。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト


学習会 | 00:20:12 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ありがとうございます
Rabbitさん

奥義を公開していただき、ありがとうございます。
色分けについては、やっている方がかなりいらっしゃることと思いますが、時制、数、前置詞で分けてらっしゃるところが、さすがRabbitさんだと思いました。
その3要素は言わずもがなですが、Part5での重要テスティングポイントでもありますね。つまり、Part7の文章で、しっかりPart5t対策ができると。
2016-08-18 木 12:58:54 | URL | りゅう [編集]
Re: ありがとうございます
りゅうさん

奥義でも何でもありません。ひとつの事例に過ぎません。

色分けなんて実は何でもいいんです。自分がやり易ければそれでいいと思いますよ。

> その3要素は言わずもがなですが、Part5での重要テスティングポイントでもありますね。つまり、Part7の文章で、しっかりPart5t対策ができると。

Part5もPart7も出処は同じですからね。そういうことなるでしょう(^_^)。
2016-08-19 金 12:43:03 | URL | Rabbit [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://rabbittoeic.blog.fc2.com/tb.php/1486-e8b4b272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PAGE UP

FC2Ad