■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得
2017年8月のIPで990点取得
2017年9月のIPで990点取得
2017年10月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 485 475 960
224 2017.10 受験済
225 2017.11 申込済
226 2017.12 申込済
227以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ひまわりの約束~session3での約束④
色分けの話はここまでで、次はスラッシュリーディングです。

僕は、スラッシュリーディングの切り方、つまり、どこでスラッシュを入れるか、は読み手の実力によって日々変化していくものと考えています。読み手の実力に依存します。実力が上がっていけばいく程、スラッシュの間隔は長くなり、数は減少していきます。

最初のうち僕は、カンマの前、接続詞の前、関係詞の前、前置詞の前、不定詞の前、分詞の前でスラッシュを置いて読んでいました。まだTOEICスコアが600点台の頃の話です。ですが、TOEICの文書に限って言えば、今はカンマの前、接続詞の前だけ、スラッシュで切っています。

600点台の頃と比べて実力が上がってきていますから、それで十分意味がとれるようになったということです。トレーニングを積み重ねた結果、ある程度、センテンスを固まりで捉えることができるようになったということでしょう。

結構、長めにスラッシュで切って大胆に読んでいきます。左から右へ、上から下へ、です。分からなかったら、文頭に戻ってもう一度読めばいい。それを返り読みとはいいいません。日本語の文書だって分からなければ二度だって三度だって読みますよね?同じことです。

スラッシュリーディングのやり方は色々あって、書籍も沢山出ていますから、立ち読みでもいいでしょう。幾つか読んでみて、今の自分に合ったやり方を盗んでください。

さて、次は、ネイティブがどうやって英文を読んでいるかについての、僕の仮説です。彼らの内面に迫ります。あくまでも僕の仮説なので、さらっと読み流してくださって結構です。これは時間の関係でセミナーではお話ししていません。

僕の印象では、ネイティブはおそらく、5文型など考えていなくて、動詞が持つ語法や特性から、次の展開を予測しながら読んでいます。例えば、informが出てきたら、次は人が続く。その後にはofかthat節が出てくるはずだ、と無意識に予測して読んでいます。

They predicted that と来れば、当然、次は未来のこと、つまり、これから起こることが何か示されると分かっています。そういうつもりで期待して読んでいきます。

英語は語順という制約が厳しい言語ですから、裏を返せば、次の展開が予測し易いということが言えます。先程のThey predicted that でも、これだけ見たらthatは節を導いていると断定はできません。代名詞の可能性も捨てきれないからです。predictは直後に名詞を目的語としてとる用法もありますから、経験上、ネイティブは2つの可能性を頭に描いています。

They predicted that the board of directors will ~と続いたことを確認して、ああ、やっぱりこのthatは接続詞だと確信します。実際には一気に目を左から右に走らせるので一瞬のことだとは思いますが、必ず、この作業をやっている筈です。

ですので、僕は動詞の語法には特に注意を払って学習しています。動詞を見ただけで、語法とか、特性とか、コロケーションとか、が思い浮かぶように意識して学習しています。漫然と読んでいても実力は上がっていきませんでしたから、ある時から学習の視点を変えたのです。

自分なりに工夫してきました。

マーカーの色分けもスラッシュリーディングも、動詞の役割を意識する学習も、誰かに教えてもらったわけではありません。ひとり孤独に学習する中で、試行錯誤しながら工夫を重ねていった結果です。

長々と述べてきましたが、僕が本当に言いたかったことは、各自、工夫してくださいということです。誰かの成功事例は、そのまま自分の成功事例になるとは限りません。他人の事例を見聞きして、良いと思ったところだけ上手に利用して、あとは自分にもっとピッタリ合ったやり方にカスタマイズしていってください。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト


学習会 | 00:35:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://rabbittoeic.blog.fc2.com/tb.php/1487-9664d552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PAGE UP

FC2Ad