■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 申込み済
220 2017.05 申込み済
221以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ひまわりの約束~session3での約束⑤
ひまわりの約束の約束の続きです。Part7の文書をどうやって読むか?というテーマですね。人によって細かい部分は違いますが、僕の場合をご説明しましょう。

先ず、Part7を解き始める前に、200番までページをめくってみてください。読まなくて結構です。何処にどのくらいの文章量があるかだけでもチェックしておくのです。一見、多そうだけど、結構、表があるな、とか、ヤバい、article問題が4つもある、とか、そんな感じです。これが147番から解答すべきスピードを決める目安となります。

一度、模試を解くときに試してみてください。いきなり初めて公開テストでやってはダメです。混乱するだけですから。新しいことをやる時は、必ず、模試で試してから実行に移してください。そうしないと失敗します。

さて、200番まで見たらPart7に突入です。どうやって解きますか?通常は、文書のタイプを見ますね。letterとかemailとかarticleとかannouncementとかinformationとかchartとかinstructionとかです。その次は?

例えばSPだったら、そこからタイトルを見て、普通、設問を読みますね。選択肢は読まないけど、設問を先に読んでおく人は多い。ですが、僕はまだ、この時点では設問は読みません。ちらっと見えちゃうことはありますよ。

先に文書全体を、本文のことです。文書全体を高速で斜め読みします。一気に読みます。瞬時に分からないところは気にせず、すっ飛ばして最後まで目で追います。そうすると、大体の内容が分かります。大体、何処に何が書いてあるのかが分かります。そして、何処が分かりにくかったかが分かります。だから、一気にザッとで構わないんです。どうせ後でじっくり読むんだから。文書の長さにもよりますが、短いものなら15秒、長いものなら1分くらいですかね。

それから、初めて設問を読みます。1問目~3問目くらいまでは纏めて読みます。例外的に、NOT問題は選択肢まで全部見ます。3つは正しいから読んでおいても無駄は少ないからです。同義語問題が入っているセットはプラス1問多く読みます。

そこからもう一度、設問を頭の片隅に置いたまま、丁寧に本文を読み進めていきます。読んでいく途中で設問に関係する箇所に出会ったらスピードを緩めて、選択肢との照合作業に入ります。先に一度ザッと読んでいるので、探すのは容易いですし、どうかすると覚えていて、選択肢をパッと見ただけで正解が分かるものもあります。

正解を特定しづらい問題だけ、じっくりと何度も吟味して正解を選んでいきます。最悪の場合、消去法ですね。位置問題は、文書よりも先に読んでおいて、解答を選びます。選んだ後に、文書にそれを挿入した形で、もう一回、文頭から最後まで超高速で読んで、流れがオカシくないかを検証します。

だから、位置問題がない文書は2回、位置問題がある文書は3回読んでいることになりますね。きっちり読んでいるのはいずれも1回ですけどね。これが実態です。これ、実は、HUMMER式とTEX式を融合して、更に自分なりにアレンジしたRabbit式なんです。ここに辿りつくのに7年かかりました。

長くなりましたので、ここで一旦切ります。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト


学習会 | 12:05:15 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
Rabbit-san

すごいですね、、、。

この斜め読みのやりかたは、トップダウン法とよばれていて、いま、私がソフィージアカデミーというスクールで、習っているところです。
そこでは、ビジネス洋書を題材にして、やっています。
2016-08-19 金 22:07:51 | URL | Ichiro-HC [編集]
質問
Rabbitさん
参考になります。

質問です。
-------------------------------------
例えばSPだったら、そこからタイトルを見て、普通、設問を読みますね。選択肢は読まないけど、設問を先に読んでおく人は多い。ですが、僕はまだ、この時点では選択肢は読みません。                                         ↑ ↑ ↑  

ちらっと見えちゃうことはありますよ。
-------------------------------------

この矢印の部分は、’設問’じゃないですか?
(文の流れから推測するに・・・)
2016-08-20 土 08:22:38 | URL | Gussan [編集]
Re: タイトルなし
Ichiro-HCさん

トップダウン法とかいう読み方があるのですか(*_*;?

知りませんでした。相変わらず、いろいろと博識なのですね。また今度お会いした時に教えてくださいね(*^^*)。
2016-08-20 土 09:03:28 | URL | Rabbit [編集]
Re: 質問
Gussanさん、

> この矢印の部分は、’設問’じゃないですか?
> (文の流れから推測するに・・・)

げげっ\(゜o゜;)/!その通りです。さすが、文脈を読んでいらっしゃいますね( *゚A゚)!

ただちに修正しておきます。ご指摘有り難うございましたm(_ _)m。
2016-08-20 土 09:06:03 | URL | Rabbit [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://rabbittoeic.blog.fc2.com/tb.php/1489-1500efde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PAGE UP

FC2Ad