■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 465 445 910
220 2017.05 490 460 950
221 2017.06 490 490 980
222 20170.7 485 485 970
223 2017.09 申込済
224以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ひまわりの約束~session3での約束⑥
さて、次は、新形式で登場したトリプルパッセージです。皆さん、結構ビビッていたようですが、実は、トリプルパッセージは大して難しくありません。

今日、お配りしているトリプルパッセージは、神崎先生のやどかり模試から抜粋したものです。僕は事前に解きましたけど、決して難しくありませんでした。トリプルパッセージといっても、ほら見てください。一つ目がinvitationです。二つ目がcalendarになっています。三つ目がemailですね。

確かに3文書の形になってはいますが、二つ目のcalendarなんて、きっと元々はinvitationに含まれていたものです。そこから分離させて3文書にしたものです。そう考えると、旧来のダブルパッセージと大して違いません。読ませる量だって際立って増えたわけではありません。むしろ、3つの短い文書になっている分、読み易くなったともいえます。

emailが3つなんていうトリプルパッセージもあるでしょうから、そんな場合はきっと文字数も増えるかと思いますが、Part7全体の文字数はきっと増えないと思います。だから、他の文書で時間は稼げます。むやみに恐れることはないんです。

トリプルパッセージで気を付けるべきは文字数の増加なんかじゃありません。設問の順番です。これまでのダブルパッセージでは、1問目と2問目が一つ目のパッセージから出題され、3つ目から二つ目のパッセージあるいは一つ目と二つ目のクロスリファレンスで出題されることが多かったわけです。

つまり、上の文書から下の文書へと順番に読んでいけば、その順番で設問が現れてくれたわけです。読み手としては楽でしたよね。しかし、トリプルパッセージでは、この前提が崩れることが多い。1問目から、いきなり三つ目の文書を読んでいないと解答できないケースすらあります。

極端な話、設問を解き始める前に、3文書とも読んでおかなくてはならないことになります。これは、ある程度、リテンション能力がないと難しい。そこで僕が推奨しているのが、3文書の関係をきちんと把握しておくということです。これが非常に重要です。

手元にお配りしているパッセージを例にとると、1つ目の文書は、Aという組織から現在のメンバーに送られているイベントの招待状だな。2つ目の文書は、そのイベントのカレンダー、日程表だな。ふむふむ。3つ目の文書は、そのいずれかのイベントに参加したメンバーから、Aという組織の誰かに送られたEメールだな。うんうん。という感じです。

この3つの関係をきっちり頭に入れておきさえすれば迷わない。これを頭に入れずに焦って字面だけ追い始めると収拾がつかなくなるのです。逆に言うと、3文書の関係をきちんと抑えておけば、読んだものは、ある程度ちゃんと記憶に残るものなのです。では今から8分間で、このトリプルパッセージの5問を解いてみてください。5分ではなく、8分にすることに意味があります。

≪模試解きタイム~8分間≫

8分経過しました。どうでしょうか?8分、目一杯かかりましたか?5分で終わったという方も多いのではないでしょうか?8分あると、5分で解けるのです。5分しかないと、気持ちばかり焦って5分では解けないものなのです。

上級者と初中級者との違いがここにあります。上級者は常に時間的に余裕を持って解いています。これがまさに5分と8分の違いであり、絶対的なアドバンテージといえます。ゆっくり読めますし、分からなかったら後でもう一回じっくり読もうと思って落ち着いて読んでいます。だから間違えないんです。

どうやったら、そうなれるか、については前段の〝英文の読み方〟〝英文を速く読むトレーニング方法〟の際にお話ししました。

以下、実際の問題解説については割愛します。神崎先生の模試に詳しく出ていますので、お持ちでない方は是非、ご購入くださいね。

本シリーズに長らくお付き合いくださいまして有難うございました<(_ _)>。

ではまた。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト


学習会 | 12:10:37 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
トリプルパッセージについて
自分の勉強不足でやどかり出版の神崎先生の著書はまだ手がつけられていない状態です。
それどころかひととおり解いたのも公式実戦test3までです。
TPは国内公式とほぼ同一のtest2までは易しく感じましたが、test3は行間を読ませる問題が多く、今までの公式系になく難しく感じました。
公開テストではさらに難しいようですが、新形式になって難化していないでしょうか?
情けない話、TOEICを愛せるレベルにほど遠い自分は勉強量が圧倒的に足りていないので国内模試にたどり着くのも時間がかかりそうです。
自分レベルは1度吐く過程を乗り越えて本当に吐血するまで勉強しないといけないと思います。
また、その経験をせずに勉強会を昨年してしまったこと、参加される方の時間を使わせてしまったこと。
本当に深く反省しています。
英語部の会合で何らかのさらなる処分がされても受けるつもりですので、その際はお伝えください。
2016-08-20 土 20:14:03 | URL | KENKOGA [編集]
Re: トリプルパッセージについて
KENKOGAさん

僕も新形式はあまりできていません。最低限はやっていますけど少ないですねえ。

テストへの関わり方は人それぞれですし、勉強量も人それぞれです。僕はそれでいいと思ってやっています。体調を崩してまでやるものではありません。

処分なんか何もありませんから、もっと自由に勉強しましょう。本来、勉強というものは楽しいものなのですよ。

ではでは(^_^)/
2016-08-22 月 17:01:05 | URL | Rabbit [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://rabbittoeic.blog.fc2.com/tb.php/1490-c6a2b13a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PAGE UP

FC2Ad