■プロフィール

Rabbit

Author:Rabbit
50代(男性)
私大法学部卒
東京都内に生息
海外留学・海外赴任経験なし
趣味は英語学習と居酒屋巡り
2013年10月のIPで990点取得
2014年4月の公開で990点取得
2014年5月のIPで990点取得
2014年9月のIPで990点取得
2014年10月のIPで990点取得
2014年12月のIPで990点取得
2015年1月のIPで990点取得
2015年5月のIPで990点取得
2015年7月のIPで990点取得
2015年11月のIPで990点取得
2016年3月のIPで990点取得
2016年5月のIPで990点取得
2016年7月のIPで990点取得
2016年10月のIPで990点取得
2016年11月のIPで990点取得

<受験記録>
回数 受験月 L  R  T
129 2007.03 245 305 550
130 2007.05 285 340 625
131 2007.06 280 340 620
132 2007.07 305 340 645
133 2007.09 305 355 660
134 2007.10 360 325 685
135 2007.11 330 345 675
136 2008.01 335 375 710
137 2008.03 355 305 660
138 2008.05 300 355 655
139 2008.06 380 320 700
140 2008.07 355 330 685
141 2008.09 360 345 705
142 2008.10 375 300 675
143 2008.11 315 375 690
144 2009.01 330 355 685
145 2009.03 375 390 765
146 2009.05 335 370 705
147 2009.06 365 375 740
148 2009.07 390 400 790
149 2009.09 370 390 760
150 2009.10 410 380 790
151 2009.11 420 430 850
152 2010.01 465 405 870
153 2010.03 400 465 865
154 2010.05 380 420 800
155 2010.06 430 400 830
156 2010.07 460 425 885
157 2010.09 440 415 855
158 2010.10 430 445 875
159 2010.11 445 465 910
160 2011.01 460 465 925
161 (震災のため中止)
162 2011.05 405 465 870
163 2011.06 470 455 925
164 2011.07 455 435 890
165 2011.09 495 435 930
166 2011.10 425 445 870
167 2011.11 465 465 930
168 2012.01 475 480 955
169 2012.03 495 445 940
170 2012.05 470 440 910
171 2012.06 485 445 930
172 2012.07 465 460 925
173 2012.09 450 480 930
174 2012.10 490 485 975
175 2012.11 480 475 955
176 2012.12 475 485 960
177 2013.01 495 470 965
178 2013.03 480 445 925
179 2013.04 455 480 935
180 2013.05 480 480 960
181 2013.06 470 470 940
182 2013.07 455 440 895
183 2013.09 465 455 920
184 2013.10 460 460 920
185 2013.11 490 470 960
186 2013.12 480 480 960
187 2014.01 475 490 965
188 2014.03 460 480 940
189 2014.04 495 495 990
190 2004.05 480 485 965
191 2014.06 465 475 940
192 2014.07 480 485 965
193 2014.09 495 485 980
194 2014.10 485 495 980
195 2014.11 495 490 985
196 2014.12 495 485 980
197 2015.01 470 490 960
198 2015.03 475 465 940
199 2015.04 495 485 980
200 2015.05 495 490 985
201 2015.06 475 485 960
202 2015.07 495 465 960
203 2015.09 480 475 955
204 2015.10 495 475 970
205 2015.11 475 485 960
206 2015.12 495 490 985
207 2016.01 490 485 975
208 2016.03 455 460 915
209 2016.04 490 485 975
210 2016.05 465 470 935
211 2016.06 485 490 975
212 2016.07 490 470 960
213 2016.09 465 470 935
214 2016.10 495 485 980
215 2016.11 460 485 945
216 2016.12 465 450 915
217 2017.01 485 490 975
218 2017.03 485 490 975
219 2017.04 申込み済
220 2017.05 申込み済
221以降も生きてる限り連続受験

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

新形式の傾向と対策~リスニング編
2016年5月から2016年10月まで5回の公開テストが実施されたわけですが、流石に何となく傾向が見えてきましたね。勿論、僕は全5回受験しました。テストフォームが沢山あるので、僕一人で全ての内容を網羅できる筈もありませんが、どうやら共通している傾向があるようです。

そこで、新形式導入から5ケ月が経過したこのタイミングで、自身の頭の整理のつもりで、僕が個人的に感じている新形式の傾向と対策について記述してみたいと思います。長くなりますので、リスニング編とリーディング編に分けて書いていきます。

リスニングで変化があったのは、Part3とPart4だけだとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、僕はリスニング全体に変化が及んでいると考えています。

例えば、Part1について触れると、問題数が10問から6問に減ったわけですが、難問が1問か2問で、残りは明らかに従来よりも易しくなっています。これは少ない問題数で、初級者と中級者の正解数に差をつける意図ではないでしょうか?また、正解の選択肢は易しくても、誤答選択肢は聴き取りにくい、もしくは聴こえても場面をイメージしにくいという問題が結構あります。さらに、手押し車など、従来は、写真に写っていれば必ず正解の選択肢であったものが誤答選択肢として登場しています。トーイッカー封じですね(笑)。

Part2は30問から25問に減りました。Part2が苦手な僕は、この変化には拍手喝采しました(爆)。しかし甘くはなかった・・・。直接的な応答問題が減り、間接的で、かつ、日本語であったとしても考えさせられる問題が増えたように思います。そして、読み上げのスピードが少し速くなりました。超上級者の方は感じていないようですが、僕のような中途半端な受験者の目は、いや耳は誤魔化せません(笑)。速くなっていますよ。超上級者の言葉に惑わされてはいけません。彼等は実力があり過ぎて気づいていないだけです。ビヨ~ンドしちゃってるだけです。

そして、最も変化が大きいPart3はどう変わったか?10セット30問から、13セット39問に大幅に問題数が増えました。Part3が苦手だった人には地獄の改定でしょう。Three Speakersの登場、Part4にも共通するMeaning in Context問題とグラフィック問題の登場は、問題の難化に拍車をかけました。でも、3人の会話はそれほど難しくはないんじゃないかな?3人の発話をそれぞれ別のものとして聴き分ける必要はないような気がしますから、実質、今までの2人の会話と大差ないように思えます。

MIC問題はリーディングセクションにも共通していますが、設問に出てくる表現を知らなくても何とかなりそうです。改定前は、その口語表現を知らないと解けないと思っていましたが、そうでもなさそうです。MIC問題の対策は要らないんじゃないかな?やろうとしたら、それこそ数千、いや数万にも及ぶ口語表現を覚えなくちゃならないから効率悪いですよね。その分を他のパートの勉強に充てたほうがいいと思います。

グラフィック問題のマトリクスやクーポン券、入場券の類は、音声が流れる前に得られる知識が増えるから、むしろ解き易いような印象を受けます。マップだけですね、緊張するのは・・・。そして、このパートも、少し読み上げが速くなっていますね。先読みを素早く終えて、音声に集中しないと聴き落とすケースが増えました。また、ページをめくった時の〝インターバル〟が短くなっていますから、のんびりしていると次のセットの先読みが間に合わなくなります。

Part4は基本的には、Three Speakers問題以外は、Part3と同じ変化だと思います。ただし、異様に速いナレーションの問題が1セットないし2セット登場しますので、油断できません。最後の2セットだけ速いとか、はっきりした傾向があれば、少なくとも心構えだけはできるのですが、どのセットが速いか分からないので、緊張の持続が求められます。結構、辛いですね。

以上、主に、〝新形式の傾向〟について述べてきましたが、じゃあ、対策はどうする?ということになります。どうやって準備するんだ?僕なりに考えました。

Part1は、これまでの先入観を捨てて、4つ全部の選択肢をじっくり聴いて吟味して解答する癖をつけることです。TOEIC定番の〝モノ〟が見えていても正解と決めつけない。定番表現が出てこなくても焦らないことです。練習段階から、正解が(A)だと思っても、4つ、しっかり聴き取る訓練をしておきましょう。え?そんなこと昔からやってる?そ、そですか・・・。

Part2は厄介です。最初の疑問詞だけ聴きとれば、あるいは最初の3~4語だけ聴き取れれば正解できる時代は過ぎ去りました。リッスン&リピート、シャドーイング、ディクテーション、音読、筆写などの基本練習に加え、1.25倍速での聴き取りトレーニングをしないと、25問全問正解はきついでしょう。僕は1.5倍速で口パクシャドーイングしてます。電車の中ではかなり怪しい奴です。でも、そんなこと気にしていられません。

Part3とPart4は、はっきり言って、元々先読みを全くしないという方を除き、読解スピードが速い人が絶対に有利です。旧形式と比べ、この傾向は顕著になりました。多少、先読みのリズムが崩れかけても、驚異的な読解スピードで追いつく訓練が必須です。音さえ聴こえていれば毎回満点獲れるテストではなくなりました。ビヨ~ンドしちゃってる人は別ですよ。ここでは、僕のようなフツーの人を対象に書いています。10月のテストでも、Part2で落ち込んでいたら、直ぐにPart3が始まり、32~34番の最初のセットの選択肢が長くてビビりました。ビビッてる場合じゃないんです!サッと高速で先読みできないといけません。これはトレーニング次第で、しかも短期間で何とかなります。

そして、話の流れを追いかけながら頭に残す訓練をしましょう。これは、1セット聴く度に音声を止めて、話の概要を日本語でもいいから喋ってみる訓練をするといいかなと思っています。それが言えないなら〝聴けてない〟あるいは、多少聴けていても〝理解できてない〟ということです。そして、やはり1.25倍速でのトレーニングを導入しましょう。勿論、1.0倍速できちんと聴けるようになっている素材でトレーニングするんですよ。そうしないで、いきなり高倍速で聴く訓練をしちゃうと却って遠回りになるので警告しておきます。

最後に、これまでのテストでは、パート毎の細切れの訓練で何とかなったと思いますが、新形式では45分間続けて音声を聴き、解答を続ける訓練が必要だと思います。勿論、通勤時間など、スキマ時間では細切れの訓練でいいと思いますが、加えて、週に1度くらいは実際に、リスニングのフル模試を解くことですね。体感として、新形式のリスニングの流れや疲労度を身体に覚え込ませる必要があります。これをしないと、次に控えているリーディングセクションの解答にも悪影響を与えてしまうこと必至です。

予想通り長くなりましたので、一旦切って、リーディングの傾向と対策については次稿に譲ります。あ~、久しぶりにTOEICブロガーらしい記事を書いたら疲れました・・・。

ではではー。

ブログランキングに参加しています。応援のアヒルさんクリックお願いしますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ!

スポンサーサイト


未分類 | 12:28:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
Rabbitさんに普通と言われてしまったら更に下々の者はどうしたらよいやら(;_;)

先日の公開テストで撃沈したリスニングをどうしたらいいかずっと考えていましたので、このブログを拝見して、ヒントをいただけました!ありがとうございます!
リーディング編も楽しみにしております(*^^*)
2016-10-25 火 19:06:02 | URL | りすこ [編集]
Re: タイトルなし
りすこさん

新形式のリスニングは難しいですよね。僕は新形式で変わった問題は間違えないのに、従来からある問題を落としてしまいます。新形式に過剰反応している証拠ですね(大泣)。

りすこさんも自分に合ったやり方を探してみてくださいね。僕のやり方はあくまでも参考です。自分だけの勉強方法や受験スタンスを編み出してください。

> リーディング編も楽しみにしております(*^^*)

時間がある時に書かせていただきます(^_^)/。
2016-10-26 水 09:30:23 | URL | Rabbit [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://rabbittoeic.blog.fc2.com/tb.php/1562-6a6cd31c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PAGE UP

FC2Ad